MustOverride (Visual Basic)MustOverride (Visual Basic)

プロパティまたはプロシージャがこのクラスで実装されておらず、派生クラスでオーバーライドされてから使用できるようにする必要があることを指定します。Specifies that a property or procedure is not implemented in this class and must be overridden in a derived class before it can be used.

コメントRemarks

MustOverride は、プロパティまたはプロシージャの宣言ステートメントでのみ使用できます。You can use MustOverride only in a property or procedure declaration statement. MustOverride を指定するプロパティまたはプロシージャは、クラスのメンバーである必要があります。また、クラスはMustInheritに設定する必要があります。The property or procedure that specifies MustOverride must be a member of a class, and the class must be marked MustInherit.

ルールRules

  • 不完全な宣言です。Incomplete Declaration. MustOverrideを指定すると、End FunctionEnd Property、または End Sub ステートメントではなく、プロパティまたはプロシージャに追加のコード行を指定することはできません。When you specify MustOverride, you do not supply any additional lines of code for the property or procedure, not even the End Function, End Property, or End Sub statement.

  • 結合された修飾子。Combined Modifiers. 同じ宣言内で NotOverridableOverridable、または Shared と共に MustOverride を指定することはできません。You cannot specify MustOverride together with NotOverridable, Overridable, or Shared in the same declaration.

  • シャドウとオーバーライド。Shadowing and Overriding. シャドウとオーバーライドは、どちらも継承された要素を再定義しますが、その方法は大きく異なります。Both shadowing and overriding redefine an inherited element, but there are significant differences between the two approaches. 詳細については、「 Visual Basic でのシャドウ」を参照してください。For more information, see Shadowing in Visual Basic.

  • 代替語句。Alternate Terms. オーバーライドでは使用できない要素は、純粋仮想要素と呼ばれることもあります。An element that cannot be used except in an override is sometimes called a pure virtual element.

MustOverride 修飾子は、次のコンテキストで使用できます。The MustOverride modifier can be used in these contexts:

Function ステートメントFunction Statement

Property ステートメントProperty Statement

Sub ステートメントSub Statement

関連項目See also