コンパイル コマンド ラインのサンプル (Visual Basic)Sample compilation command lines (Visual Basic)

Visual Studio 内から Visual Basic プログラムをコンパイルする代わりに、コマンド ラインからコンパイルして、実行可能 (.exe) ファイルまたはダイナミックリンク ライブラリ (.dll) ファイルを生成することができます。As an alternative to compiling Visual Basic programs from within Visual Studio, you can compile from the command line to produce executable (.exe) files or dynamic-link library (.dll) files.

Visual Basic のコマンドライン コンパイラでは、入力および出力ファイル、アセンブリ、デバッグおよびプリプロセッサ オプションを制御するオプションの完全なセットがサポートされます。The Visual Basic command-line compiler supports a complete set of options that control input and output files, assemblies, and debug and preprocessor options. 各オプションは、-option/option の 2 つの交換可能な形式で使用できます。Each option is available in two interchangeable forms: -option and /option. このドキュメントでは、-option 形式のみを示します。This documentation shows only the -option form.

次の表に、自分で使用するために変更できるコマンド ラインのサンプルをいくつか一覧表示します。The following table lists some sample command lines you can modify for your own use.

終了To 使用Use
File.vb をコンパイルし、File.exe を作成するCompile File.vb and create File.exe vbc -reference:Microsoft.VisualBasic.dll File.vb
File.vb をコンパイルし、File.dll を作成するCompile File.vb and create File.dll vbc -target:library File.vb
File.vb をコンパイルし、My.exe を作成するCompile File.vb and create My.exe vbc -out:My.exe File.vb
File.vb をコンパイルし、ライブラリ、および File.dll という名前の参照アセンブリの両方を作成するCompile File.vb and create both a library and a reference assembly named File.dll vbc -target:library -ref:.\debug\bin\ref\file.dll File.vb
最適化を有効にし、DEBUG シンボルを定義して、現在のディレクトリにあるすべての Visual Basic ファイルをコンパイルし、File2.exe を生成するCompile all Visual Basic files in the current directory, with optimizations on and the DEBUG symbol defined, producing File2.exe vbc -define:DEBUG=1 -optimize -out:File2.exe *.vb
現在のディレクトリにあるすべての Visual Basic ファイルをコンパイルし、ロゴや警告を表示せずに、File2.dll のデバッグ バージョンを生成するCompile all Visual Basic files in the current directory, producing a debug version of File2.dll without displaying the logo or warnings vbc -target:library -out:File2.dll -nowarn -nologo -debug *.vb
現在のディレクトリにあるすべての Visual Basic ファイルをコンパイルし、Something.dll に出力するCompile all Visual Basic files in the current directory to Something.dll vbc -target:library -out:Something.dll *.vb

ヒント

Visual Studio IDE を使用してプロジェクトをビルドする場合、関連する vbc コマンドに関する情報をそのコンパイラ オプションと共に出力ウィンドウに表示できます。When you build a project by using the Visual Studio IDE, you can display information about the associated vbc command with its compiler options in the output window. この情報を表示するには、[オプション] ダイアログ ボックス、[プロジェクトおよびソリューション]、[ビルド/実行] の順に開き、 [MSBuild プロジェクト ビルドの出力の詳細][通常] またはそれ以上の詳細レベルに設定します。To display this information, open the Options Dialog Box, Projects and Solutions, Build and Run, and then set the MSBuild project build output verbosity to Normal or a higher level of verbosity.

関連項目See also