Microsoft Dynamics 365 Server のソフトウェア要件

このトピックでは、このバージョンの Dynamics 365 Server のソフトウェアおよびアプリケーションの要件の一覧を示します。

Windows Server オペレーティング システム

このバージョンの Dynamics 365 Server は、Windows Server 64 ビット ベース コンピューター上にのみインストールできます。 このバージョンの Dynamics 365 Server のインストールと実行をサポートする Windows Server の具体的なバージョンとエディションは、次のセクションで示します。

重要

次の Windows Server の各バージョンについては、このバージョンの Dynamics 365 Server のインストールと実行はサポートされていません。

  • Windows Server 2016 必須
  • Windows Server 2012 ファミリのオペレーティング システム
  • Windows Server 2012 R2 ファミリのオペレーティング システム
  • Windows Server 2008 ファミリのオペレーティング システム

サポートされる Windows Server 2016 エディション

以下のエディションの Windows Server 2016 オペレーティング システムでは Dynamics 365 Server のインストールと実行がサポートされます。

  • Windows Server 2016 標準

  • Windows Server 2016 データ センター

Server Core インストール

Dynamics 365 for Customer Engagement ヘルプ サーバー および Microsoft Dynamics 365 レポート拡張機能 のロールを除いて、すべての Dynamics 365 Server サーバー ロールを Windows Server の Server Core インストールにインストールできます。 Server Core は、Windows Server ファミリのオペレーティング システムの最小限のサーバー インストール オプションです。 Server Core は、機能が制限された、メンテナンスがあまり必要ないサーバー環境を提供します。 Windows Server 2016 に実装されている Server Core の詳細については、「Windows Server 2016 の Server Core」 を参照してください

重要

Server Core Windows Server に Dynamics 365 Server をインストールするには、コマンド ラインからサイレント モードでセットアップを実行する必要があります。

Server Core として実行している Windows Server に ヘルプ サーバー ロールをインストールすることはできません。

Server Core に SQL Server Reporting Services 用 Microsoft Dynamics 365 Reporting Extensions をインストールすることはできません。 これは、SQL Server Reporting Services 用 Microsoft Dynamics 365 Reporting Extensions が必要とする SQL Server Reporting Services が、Server Core を実行する Windows Server にインストールできないためです。

サーバーの仮想化

Dynamics 365 for Customer Engagement サーバーは、Hyper-V と Windows Server 2016 を使用して、 または Microsoft Windows Server 仮想化検証プログラム (SVVP) に参加するベンダー製の仮想化ソリューションを使用して、仮想化環境に展開できます。 Dynamics 365 for Customer Engagement インストールの仮想化を行う前に、サーバー仮想化の制限とベスト プラクティスを理解する必要があります。

Active Directory のモード

Dynamics 365 Server を実行中のコンピューターは、以下のいずれかの Active Directory ディレクトリ サービス フォレストおよびドメインの機能レベルで実行中の、ドメインのメンバーである必要があります。

  • Windows Server 2008

  • Windows Server 2008 R2

  • Windows Server 2012

  • Windows Server 2012 R2

  • Windows Server 2016

Active Directory ドメイン および フォレストの機能レベルに関する詳細については、「フォレストおよびドメインの機能レベル」 を参照してください。

重要

  • Dynamics 365 for Customer Engagement Server を実行するコンピューターは Active Directory ドメイン コントローラーとして機能することはできません。
  • ユーザーの追加ウィザードを使用すると、現在フォレストで信頼できるドメインのユーザーのみが表示されます。 信頼された外部フォレストのユーザーはサポートされず、そのウィザードには表示されません。
  • Active Directory Application Mode (ADAM) で実行されている LDAP ディレクトリへの Dynamics 365 Server のインストールはサポートされていません。

インターネット インフォメーション サービス (IIS)

このバージョンの Dynamics 365 Server は、インターネット インフォメーション サービス (IIS) のバージョン 10 をサポートしています。

Dynamics 365 Server をインストールする前に、IIS をネイティブ モードでインストールおよび実行することをお勧めします。 ただし、IIS がインストールされておらず、Dynamics 365 for Customer Engagement サーバー ロールに必要な場合には、Microsoft Dynamics 365 Serverセットアップ によってインストールされます。

重要

Dynamics 365 for Customer Engagement では、HTTP バインディングまたは HTTPS バインディングが複数ある Web サイトは使用できません。 IIS は複数の HTTP バインディングおよび HTTPS バインディングをサポートしますが、Windows Communication Foundation (WCF) での追加バインディングの使用に制限があります。 Microsoft Dynamics 365 for Outlook を使用するときは WCF が必要です。 インストールまたはアップグレードを行う前に、Dynamics 365 for Customer Engagement に使用する Web サイトから余分なバインディングを削除するか、または別の Web サイトを選択する必要があります。

SQL Server のエディション

以下の SQL Server のエディションのいずれかを、Dynamics 365 for Customer Engagement 用にインストールして実行し、使用可能にする必要があります。

  • Microsoft SQL Server 2017 Enterprise1
  • Microsoft SQL Server 2017 Standard1
  • Microsoft SQL Server 2017 Developer (非運用環境専用の場合)1
  • Microsoft SQL Server 2016 Enterprise Service Pack 2
  • Microsoft SQL Server 2016 Standard Service Pack 2
  • Microsoft SQL Server 2016 Developer Service Pack 2 (非運用環境専用の場合)

重要

インターネットからの Microsoft Dynamics 365 Customer Engagement (on-premises) へのアクセス - クレームベース認証と IFD の要件

インターネットに接続する展開 (IFD) では、以下のアイテムの使用が必要であるか、推奨されます。 ここでは、Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) をセキュリティ トークン サービス (STS) として使用していることを前提とします。

重要

クレームベース認証を使用し、Dynamics 365 for Customer Engagement を IFD 用に構成している場合を除き、Dynamics 365 for Customer Engagement Web サイトのインターネットへのエクスポートはサポートされていません。

同様に、Outlook Anywhere (RPC over HTTP) は、インターネット経由で Dynamics 365 Server の設置型展開に Dynamics 365 for Outlook を接続するためのソリューションとしてサポートされていません。 Dynamics 365 Server の設置型展開は、IFD 用にコンフィギュレーションされる必要があります。

タブレット PC 用 Dynamics 365 が Dynamics 365 Server の新しい展開に正常に接続できるためには、IIS を実行中のサーバー上で Dynamics 365 Server の修復を実行する必要があります。ここで、Web アプリケーション サーバー ロールは、インターネットに接続する展開の構成ウィザードが正常に終了した 後に インストールされます。

  • Dynamics 365 Server がインストールされているコンピューターが Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) フェデレーション サーバーなどの セキュリティ トークン サービス (STS) サービスにアクセスできる必要があります。 Dynamics 365 Server では、以下の Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) のバージョンがサポートされています:

    • Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) 2.1 (Windows Server 2012)
    • Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) Windows Server 2012 R2 AD FS (Windows Server 2012 R2)
    • Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) Windows Server 2016 AD FS.
  • IFD を構成する前に、Web コンポーネントの以下の条件を確認します。

    • Dynamics 365 for Customer Engagement を単一サーバー構成でインストールする場合、Active Directory フェデレーション サービス 2.0 は既定の Web サイトにインストールされる点に注意してください。 このため、Dynamics 365 for Customer Engagement 用の新しい Web サイトを作成する必要があります。

    • インターネットに接続する展開の構成ウィザード を実行する場合は、Transport Layer Security (TLS) または Secure Sockets Layer (SSL) を使用するように構成された Web サイトで Dynamics 365 Server が実行している必要があります。 Microsoft Dynamics 365 Serverセットアップ では Web サイトの TLS/SSL は構成されません。

    • Dynamics 365 for Customer Engagement Web アプリケーションがインストールされる IIS Web サイトでは TLS/SSLを必要とすることをお勧めします。

    • Web サイトは単一バインディングであることが必要です。 HTTPS と HTTP のバインディングまたは 2 つの HTTPS バインディングか 2 つの HTTP バインディングを持つ Web サイトなど、複数の IIS バインディングの場合、Dynamics 365 for Customer Engagement の実行はサポートされていません。

    • クレームベース認証の構成ウィザードが実行されているコンピューターから Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) フェデレーション メタデータ ファイルへのアクセスが必要です。 以下に注意します。

      • フェデレーション メタデータのエンドポイントが Web サービス信頼モデル (WS-Trust) 1.3 標準を使用している必要があります。 WS-Trust 2005 標準など、以前の標準を使用したエンドポイントはサポートされていません。 Active Directory フェデレーション サービス 2.0 では、WS-Trust 1.3 のすべてのエンドポイントの URL パスに /trust/13/ が含まれています。
    • 暗号化証明書。 以下の暗号化証明書が必要です。 ワイルドカード証明書を使用するときなど、両方の目的に同じ暗号化証明書を使用できます。

      重要

      カスタム証明書要求を使用して作成した証明書を使用する場合、使用されたテンプレートが レガシー キー テンプレートである必要があります。 CNG キー テンプレートを使用して作成したカスタム証明書要求は、Dynamics 365 for Customer Engagement と互換性がありません。 カスタム証明書要求のテンプレートに関する詳細については、「カスタム証明書要求を作成する」を参照してください。

      • クレーム暗号化。 クレームベース認証には、認証用の暗号化証明書を提供する ID が必要です。 この証明書は、Dynamics 365 Server のインストール先のコンピューターによって信頼されている必要があるため、クレームベース認証の構成ウィザード が実行されているローカルの [個人] ストアに配置されている必要があります。

      • TLS/SSL (HTTPS) 暗号化。 TLS/SSL 暗号化の証明書は、org.contoso.com、auth.contoso.com、dev.contoso.com のようなホスト名に対して有効である必要があります。 この要件を満たすために、単一のワイルドカード証明書 (*.contoso.com)、サブジェクトの別名をサポートする証明書、または名前ごとの個別証明書を使用できます。 ホスト名ごとの個別証明書は、Web サーバーの役割ごとに異なるサーバーを使用する場合にのみ有効です。 2 つの HTTPS バインディングや 2 つの HTTP バインディングを持つ Web サイトなど、複数の IIS バインディングの場合、Dynamics 365 for Customer Engagement の実行はサポートされていません。 利用できるオプションの詳細については、証明機関サービス会社または証明機関の管理者に問い合わせてください。

  • 各 Microsoft Dynamics 365 Customer Engagement (on-premises) Web サイトの CRMAppPool アカウントには、クレームベース認証を構成するときに指定される暗号証明書の秘密キーに対する読み取り権限が必要です。 証明書 Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップインを使用すると、ローカル コンピューター アカウントの個人用ストアにある暗号証明書に対する権限を編集できます。

事前にインストールしておく必要があるソフトウェア コンポーネント

Dynamics 365 Server をインストールする前に、SQL Server を実行しているコンピューターに以下の SQL Server コンポーネントをインストールして実行しておく必要があります。

  • SQL ワード ブレーカー

    Dynamics 365 for Customer Engagement の一部の言語エディションにのみ必要です。 SQL Server がサポートする言語で提供されているワード ブレーカーのバージョンの詳細については、「検索用ワード ブレーカーとステミング機能の構成と管理」を参照してください。

  • SQL Server エージェント サービス

  • SQL Server フルテキスト インデックス

Dynamics 365 Server をインストールするコンピューターに以下のコンポーネントをインストールして実行しておく必要があります。

  • サービス業

    • インデックス サービス

      このサービスをインストールする方法については、Windows Server のドキュメントを参照してください。

    • IIS 管理

    • World Wide Web Publishing

    • Net.Tcp ポート共有サービス

  • Windows Data Access Components (MDAC)

  • Microsoft ASP.NET (登録が必要ですが、実行している必要はありません)

前提条件の確認

Dynamics 365 Server をインストールする前に、以下について理解しておく必要があります。

  • SQL Server は Dynamics 365 Server と同じコンピューターまたは別のコンピューターにインストールできます。

  • Dynamics 365 Server と SQL Server を異なるコンピューターにインストールする場合は、両方を Active Directory ディレクトリ サービスの同じドメインに配置する必要があります。

  • SQL Server は Windows 認証または混合モード認証のいずれかを使用してインストールできます (セキュリティを強化するためには、Windows 認証をお勧めします。また、Dynamics 365 for Customer Engagement では Windows 認証のみを使用します)。

  • ネットワークにログオンするために SQL Server が使用するサービス アカウントは、ドメイン ユーザー アカウント (推奨) または SQL Server がサポートする組み込みシステム アカウント (ネットワーク サービス、ローカル サービス、またはローカル システム) である必要があります。 SQL Server のサービス アカウントがローカル管理者である場合、Dynamics 365 Server のインストールは失敗します。

  • SQL Server サービスが開始している必要があります。このサービスは、コンピューターの起動時に自動的に開始するように構成できます。

  • SQL Server Reporting Services サービスが開始している必要があります。このサービスは、コンピューターの起動時に自動的に開始するように構成する必要があります。

  • SQL Server エージェント サービスを開始している必要があります。 このサービスは、コンピューターの起動時に自動的に開始するように構成できます。

  • 必須ではありませんが、照合順序指定子、並べ替え順、および SQL 照合順序に関する SQL Server の既定の設定を受け入れることをお勧めします。 Dynamics 365 for Customer Engagement は、大文字と小文字を区別する並べ替え順と、大文字と小文字を区別しない並べ替え順の両方をサポートします。

  • Microsoft Dynamics 365 Serverセットアップでは、SQL Server を使用した認証のために、少なくとも 1 つのネットワーク プロトコルが有効である必要があります。 既定では、SQL Server をインストールすると TCP/IP プロトコルが有効です。 ネットワーク プロトコルは SQL Server 構成マネージャー で表示できます。

関連項目

Microsoft Dynamics 365 Server 向けの Microsoft SQL Server ハードウェア要件
Microsoft Dynamics 365 Customer Engagement (on-premises) レポートの要件

注意

ドキュメントの言語設定についてお聞かせください。 簡単な調査を行います。 (この調査は英語です)

この調査には約 7 分かかります。 個人データは収集されません (プライバシー ステートメント)。