Finance および Operations の財務分析

Finance および Operations の財務報告では、財務およびビジネスのプロフェッショナルが財務諸表を作成、管理、展開、および表示できます。 効率的にさまざまな種類のレポートをデザインするために従来のレポートの制約を超えて移動します。

財務報告書には、分析コードのサポートが含まれます。 したがって、勘定区分または分析コードは、すぐに使用できます。 その他のツールや構成手順を実行する必要はありません。

財務諸表の設定

財務諸表の設定 ページには、システムのすべての財務分析コードの一覧があります。 一般会計 > 元帳の設定 > 財務諸表の設定

財務諸表の設定 ページには、財務諸表でレポートするデータを特定する 2 つのセクションがあります。

分析コード タブ - 異なる会社がさまざまな分析コードおよび勘定構造を使用するため、レポートでどのユーザーがすべての財務分析コードを表示するかの順序を特定する方法はありません。 このページでは、財務分析コードを財務諸表でレポートを作成および表示する際に表示する順序を設定することができます。

属性 タブ で、仕入先 および 顧客 をフィルタ リングやレポート デザインの属性として使用する機能を必要とするかどうかを選択します。 トランザクションを転記する際に、複数の仕入先または顧客を単一伝票に入力しない場合、仕入先および顧客に関するレポートのみが役立ちます。 仕入先または顧客を選択すると、統合にさらに時間が追加されます。

財務報告書のコンポーネント

財務報告書の次のコンポーネントで、レポートの作成、表示、およびスケジュールが簡単にできます。

コンポーネント 関数 追加情報
レポート デザイナー レポートを定義して生成するために、組み合わせるレポートの構成要素を作成します。 レポート ウィザードで、デザイン プロセスの経験が少ないユーザーをサポートします。 上級者になると、新しいレポートの構成要素を作成したり、要求に合わせて既存の構成要素を変更したりできます。
レポート スケジューラ 1 つのレポートまたはレポートのグループをスケジュールして、定期的に生成されるようにします。 財務諸表の生成

機能

機能 説明
レポート デザインの柔軟性 レポート デザイナーでは、レポートをデザインする際に次のレポート オプションを提供します。
  • 分析コードの組み合わせを保存し、複数のレポートの分析コードを再利用します。
  • 分析コードの説明を書式設定して表示する方法を制御します。
  • レポートの構成要素から除外した勘定または分析コードを識別します。
  • ローリング予測のヘッダー書式を設定します。
財務諸表のコラボレーション 次の機能は、レポートの生成および配布の管理に役立ちます。
  • レポートをスケジュールして、毎日、毎週、月単位、または年単位基準で自動的に生成されるようにします。
  • 読み取り専用 XPS 形式にエクスポートして、デジタル署名でドキュメントのセキュリティを向上します。
  • Microsoft Excel ワークシートにエクスポートします。
  • レポートを共有するために、レポートへのリンクを含む電子メール メッセージを作成できます。
対話型レポートの表示 対話型機能で、次のタスクを実行できます。
  • 表示しているレポートのレポートの日付を変更します。
  • 表示しているレポートの通貨を変更します。
  • 概要ビューまたは詳細ビューのいずれかでレポートを表示します。
  • レポート コンテンツに特定の分析コードまたは分析コードの組み合わせを制限するのには、分析コード フィルターを追加します。
  • レポート コンテンツに特定の属性または属性の組み合わせを制限するのには、属性フィルターを追加します。

参照

財務諸表の生成