モバイル アプリのホーム ページ

このトピックでは、Microsoft Dynamics 365 for Unified Operations モバイル アプリについて説明し、組織で実装するのに役立つリソースへのリンクを提供します。

注意

以前のモバイル アプリの名前は、Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations でした。

概要

モバイル アプリにより、組織が業務プロセスをモバイル デバイスで使用可能になります。 IT 管理者が組織用のモバイル ワークスペースを有効にすると、ユーザーはアプリにログインしてすぐにモバイル デバイスから業務プロセスの実行を開始できます。 モバイル アプリには、生産性を高めるのに役立つ次の機能が含まれています。

  • ネットワーク接続が断続的な場合やモバイル デバイスが完全にオフラインの場合でも、ユーザーは業務データを表示、編集、および処理できます。 デバイスがネットワーク接続を再確立する際に、オフライン データ操作は Dynamics 365 for Finance and Operations、Enterprise Edition、または Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations と自動的に同期します。
  • IT 管理者または開発者は、組織に合わせたモバイル ワークスペースを構築し公開することができます。 アプリは既存のコード資産を使用します。 したがって、検証手順、ビジネス ロジック、またセキュリティ コンフィギュレーションも再実装の必要はありません。
  • IT 管理者または開発者は、Web クライアントに含まれているポイント アンド クリック ワークスペース デザイナーを使用してモバイル ワークスペースを簡単に設計できます。
  • IT 管理者または開発者は、ビジネス ロジック拡張フレームワークを使用してワークスペースのオフライン機能を必要に応じて最適化できます。 デバイスがオフラインの間もデータは引き続き処理されるため、デバイスが常時ネットワーク接続していなくても、モバイル シナリオは豊富で流動的なままです。

モバイル アプリの要素

モバイル アプリのナビゲーションは、ダッシュボード、ワークスペース、ページ、およびアクションという 4 つの基本概念で構成されています。

モバイル アプリのナビゲーション概念

  1. アプリを起動すると、ダッシュボード に移動します。
  2. ダッシュボードでは、公開された ワークスペース の一覧が表示されます。
  3. 各ワークスペースでは、そのワークスペースで使用可能な ページ の一覧が表示されます。
  4. ページ上では、いくつかの操作を行うことができます。 次にいくつか例を挙げます。

    • 詳細データの表示。
    • エンティティの詳細または明細行などの関連データの他のページに移動します。
    • そのページに有効な アクション の一覧を参照してください。 アクションで、データ作成もしくは既存データの編集ができます。

実装プロセス

次の図では、Microsoft に提供されるモバイル ワークスペースとカスタム モバイル ワークスペースの両方を実装するためのプロセスを表示します。

モバイル アプリの実装プロセス

次の表には、Microsoft によって提供されるモバイル ワークスペースとカスタム モバイル ワークスペースの両方を実装する際に役立つリソースへのリンクが含まれています。 最初の列の番号は、前述の図の番号付きの手順に対応します。

ステップ 役割 アクション アクションを完了するのに役立つリソース
1 システム管理者 Finance and Operations または 組織内の Finance and Operations を実装します。
2 システム管理者 Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations バージョン 1611 を使用している場合 : Microsoft が提供するモバイル ワークスペースを有効にする KB をダウンロードしインストールします。 詳細については、次のトピックを参照してください。
3 システム管理者 Microsoft が提供するモバイル ワークスペースを公開します。 モバイル ワークスペースの公開
4 開発者もしくは独立系ソフトウェア ベンダー (ISV) モバイル フレームワークを使用して、カスタム モバイル ワークスペースを作成します。
5 ISV カスタム モバイル ワークスペースを含む配置可能パッケージを作成し、Microsoft Dynamics Lifecycle Services (LCS) にそのパッケージをアップロードします。 配置可能パッケージを作成
6 システム管理者 独立系ソフトウェア ベンダー (ISV) が提供するカスタム ワークスペースの含まれた配置可能パッケージを適用します。 配置可能パッケージの適用
7 システム管理者 ISV が提供するカスタム モバイル ワークスペースを公開します。 モバイル ワークスペースの公開
8 ユーザー モバイル アプリのダウンロードとインストール。
9 ユーザー ログインして、モバイル アプリを使用します。 アプリには、システム管理者によって公開されたモバイル ワークスペースが含まれています。 Microsoft が提供したモバイル ワークスペースの一覧は、最近リリースされたモバイル ワークスペース を参照してください。