スリーウェイ マッチング ポリシー

このトピックは、スリーウェイ マッチングの例を示します。

例: 品目のスリーウェイ マッチング

概要: ケンは、Fabrikam という法人の本社のコントローラーです。 ケンは、発注書に基づくすべての仕入先請求書が購買注文明細行と一致しているか判断します (2 状況照合)。 固定資産として使用される品目の購買については、請求書が購買注文明細行および製品の受領書明細行の両方と一致する必要があります (スリーウェイ マッチング)。

Fabrikam は、世界の全域で複数の法人および従業員で運営しています。 トランザクション量が増えると、入庫と請求書との間の不一致も増加します。 これによって、資産の損金処理が発生します。 仕入先の請求書に対して支払が行われていますが、入庫した品目が注文よりも少ない場合や、品目がまったく入庫されなかった場合の不一致の識別がプロセスに含まれていません。 また、従業員がジョブを実行するためにツールおよびそのほかの機材をまだ必要としているので、支出も増加しています。 ケンは、注文した製品を仕入先が出荷し、その品目を Fabrikam の従業員が受領することが確実に行われるようにする必要があると考えています。 したがって、ケンは、組織のすべて法人に、ツーウェイ マッチングおよび スリーウェイ マッチングを求めています。 請求書照合により、消えた品目や入庫されなかった品目に関する問題の追跡と解決が確実に容易になります。

この例における請求書照合ポリシーにより、次のロールの従業員がこれらの目標を容易に達成できます。

  • ケンは、Fabrikam エンタープライズのコントローラです。 彼は、組織の従業員が仕入先への品目 (商品やサービス) の発注、それらの入荷、支払に関する問題を容易に特定および修正できるようにします。
  • フィリスとエイプリルは、Fabrikam の米国ディビジョンの買掛金勘定部門のアカウント マネージャです。 彼らは会社のポリシーを順守し、適用できる場合には、請求書が商品やサービスの発注書および入庫と一致した場合のみ、請求書に対する支払を行うことができます。
  • トニーは、Fabrikam の米国ディビジョンの生産マネージャです。 彼および他の生産担当者は、品目が注文どおりに仕入先から受領することを確認できるようにし、担当者がジョブの実行に必要なものを所有できるようにする責任を負います。

必要条件

  • ケンは、法人レベルの照合ポリシーを [スリーウェイ マッチング] に設定します。
  • ケンは、法人の [ヘッダーの照合状態を自動的に更新する] の切替えを [はい] に設定します。
  • ケンは、法人の [照合価格合計] フィールドを [割合] に設定し、許容率として 15% を入力します。
  • ケンは、品目 1500 – CNC Milicron Machine の品目レベルの照合ポリシーを [スリーウェイ マッチング] に設定します。 この品目は、Fabrikam での生産に使用される資産品目です。 この品目の請求書の価格を購買注文明細行と照合し、その数量を製品受領書と照合します。
  • トニーは、5 台の CNC Milicron Machine の要求を入力します。 Fabrikam の購買注文係のアリシアは、品目を供給する法人 Contoso に対して発注書を発行します。

    品目番号 件数 単価 正味金額 諸費用コード 請求金額
    1500 – CNC Milicron Machine 5 8,000.00 40,000.00 出荷および処理 3,000.00
  • アーニーは Contoso の売掛金勘定係であり、週の出荷を確認します。 アーニーは出荷トランザクションを選択して、CNC Milicron Machine 出荷に対する請求書を Fabrikam に送付します。 アーニーは、出荷および処理の手数料を含めます。 Fabrikam は、手数料が資産の原価の一部であると仮定します。

シナリオ

  1. サミーは、Fabrikam の入荷部門の作業者であり、Contoso から出荷される機械の合計数量を受け取ります。 彼は、製品受領書にある数量 5 を入力します。 購買発注がすべて受領されているため、発注書のステータスは [受入済] に変わります。
  2. エイプリルは、Fabrikam の買掛金勘定コーディネーターであり、Contoso から送信されてくる請求書を入力および確認します。 彼女は、次の情報を確認します。
    • スリーウェイ マッチングを必要とする品目について、請求明細行の数量は入庫済数量と一致する。 入庫済数量は、請求書と照合する製品受領書に表示されます。
    • ツーウェイ マッチングまたはスリーウェイ マッチングを必要とする品目について、請求明細行の価格は Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations, Enterprise edition で定義された許容範囲内にあります。 これには、次のタイプの価格照合が含まれます。
      • 正味単価照合 – 請求明細行の正味単価は、許容率の範囲内で、購買注文明細行の正味単価と一致します。 この例では、正味単価の許容範囲は +8% です。
      • 価格合計照合 – 請求明細行の正味金額が、許容する率、金額、または率と金額の範囲内で、購買注文明細行の正味金額に一致します。 この例では、価格合計照合の許容範囲は +15% です。

Contoso の請求書には次の情報が含まれています。

品目 梱包明細から 単価 正味金額
1500 – CNC Milicron Machine 5 8,100.00 40,500.00
出荷および取扱い 4,000.00
税申告 0.00
小計 44,500.00

Finance および Operations では、請求明細行に次の情報が含まれます。

品目番号 件数 単価 明細行の正味金額 照合ポリシー 製品受領書の数量の照合 価格照合 価格合計の照合
1500 – CNC Milicron Machine 5 8,100.00 40,500.00 スリーウェイ マッチング 成功 成功 成功

この行で請求書照合プロセスが渡されるので、請求書を転記できます。

例: 品目および仕入先の組み合わせに対する スリーウェイ マッチング

集計: ケンは、Fabrikam という法人企業のコントローラです。 ケンは、発注書に基づくすべての請求書が購買注文明細行と一致しているか判断します (2 状況照合)。 キャシーは、Fabrikam のマレーシア ディビジョンの簿記担当者です。 彼女は、マレーシアの特定の仕入先から注文された選択した品目が、購買注文明細行および製品受領書明細行の両方と一致する必要があることを指定します (スリーウェイ マッチング)。 さらに、彼女は、特定の発注書の照合ポリシーをより高レベルの照合に書き換えることもできます。

数量および金額は小さく、マレーシアのある仕入先からの配送に問題がありました。 これらの理由により、キャシーは、マレーシアで調達する特定の品目と仕入先の組み合わせに対して、管理レベルをスリーウェイ マッチングに設定します。

この例における請求書照合ポリシーにより、次のロールの従業員がこれらの目標を容易に達成できます。

  • ケンは、Fabrikam エンタープライズのコントローラです。 彼は、組織の従業員が仕入先への品目 (商品やサービス) の発注、それらの入荷、支払に関する問題を容易に特定および修正できるようにします。
  • キャシーは、Fabrikam のマレーシア ディビジョンの簿記担当者です。 彼女は会社のポリシーを順守し、請求書に対する支払を、請求書が発注書明細行と、商品やサービスの受領を表す製品受領書と一致した場合のみ行うようにします。 彼女は、特定の品目の管理レベルをスリーウェイ マッチングに引き上げて、運用原価を管理することもできます。

必要条件

  • ケンは、法人レベルの照合ポリシーを [ツーウェイ マッチング] に設定します。
  • ケンは、法人の [照合価格合計] フィールドを [割合] に設定し、許容率として 10% を入力します。
  • ケンは、すべての品目の単価の許容範囲を 2% に設定します。
  • キャシーは、品目 PH2500 – コンピューターと仕入先 Contoso について、品目と仕入先の組み合わせレベルの照合ポリシーを [スリーウェイ マッチング] に設定します。
  • アリシアは、Fabrikam のマレーシア ディビジョンの発注係であり、次の表に示す 3 品目を供給 Contoso に発注書を発行します。 彼女は、発注書を作成するとき、ワイヤレス マウスの照合ポリシーをツーウェイ マッチングの代わりにスリーウェイ マッチングに書き換えます。

    品目番号 件数 単価 正味金額 照合ポリシー (既定値) 照合ポリシー (購買注文明細行で)
    PH2500 – コンピューター 2 2,500.00 5,000.00 スリーウェイ マッチング スリーウェイ マッチング
    MM01 – ワイヤレス マウス 2 40.00 80.00 ツーウェイ マッチング スリーウェイ マッチング
    USB ドライブ 200 10.00 2,000.00 ツーウェイ マッチング ツーウェイ マッチング

シナリオ

  1. 品目が到着します。 サミーは、Fabrikam のマレーシア ディビジョンの入荷部門の作業者であり、邪魔されて、製品受領書をただちに転記しません。
  2. エイプリルは、Fabrikam の買掛金勘定コーディネーターであり、Contoso から送信されてくる請求書を入力および確認します。 彼女は、次の情報を確認します。
    • スリーウェイ マッチングを必要とする品目について、請求明細行の数量は入庫済数量と一致する。 入庫済数量は、請求書と照合する製品受領書に表示されます。
    • ツーウェイ マッチングまたはスリーウェイ マッチングを必要とする品目について、請求明細行の価格は Finance および Operations で定義された許容範囲内にあります。 これには、次のタイプの価格照合が含まれます。
      • 正味単価照合 – 請求明細行の正味単価は、許容率の範囲内で、購買注文明細行の正味単価と一致します。 この例では、正味単価の許容範囲は +2% です。
      • 価格合計照合 – 請求明細行の正味金額が、許容する率、金額、または率と金額の範囲内で、購買注文明細行の正味金額に一致します。 この例では、価格合計照合の許容範囲は +10% です。

Contoso の請求書には次の情報が含まれています。

品目 梱包明細から 単価 正味金額
PH2500 – コンピューター 2 2,500.00 5,000.00
MM01 – ワイヤレス マウス 2 41.00 82.00
USB ドライブ 200 10.05 2,010.00
合計請求 7,092.00

Finance および Operations では、請求明細行に次の情報が含まれます。

品目番号 件数 単価 明細行の正味金額 照合ポリシー 製品受領書の数量の照合 価格照合 価格合計の照合
PH2500 – コンピューター 2 2,500.00 5,000.00 スリーウェイ マッチング 失敗 成功 成功
MM01 – ワイヤレス マウス 2 41.00 82.00 スリーウェイ マッチング 失敗 失敗 成功
USB ドライブ 200 10.05 2010.00 ツーウェイ マッチング 成功 成功

次の項目に注意します。

  • PH2500 – Computer の行では、請求明細行が製品受領書と一致しないため、[製品受領書の数量の照合] 列に警告アイコンが表示されています。
  • MM01 – ワイヤレス マウスの行では、請求明細行が製品受領書と一致しないため、[製品受領書の数量の照合] 列に警告アイコンが表示されています。 2% の正味単価の許容範囲を超過しているので、[単位価格照合] 列に警告アイコンが表示されています。
  • USB ドライブの行では、ツーウェイ マッチングで請求明細行と製品受領書行の数量が一致しないため、[製品受領書の数量の照合] 列が空白になります。

請求書照合が不一致の請求書の転記の承認が必要な場合、価格照合エラーと数量の照合エラーのある請求書を転記できるようにするには、その前に [請求書照合の詳細] ページで [照合不一致を伴う転記の承認] の切替えを選択しておく必要があります。 承認が必要でない場合、他の転記エラーがなければ、請求書の処理を続行できます。

詳細については、「買掛金請求書照合」 を参照してください。