在庫仕訳帳

注意

このトピックは、Dynamics 365 for Finance and Operations Enterprise Edition と Dynamics 365 for Retail の両方に適用されます。

この記事では、在庫仕訳帳を使用してさまざまなタイプの物理在庫トランザクションを転記する方法について説明します。

Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations の在庫仕訳帳は、払出と入荷の転記、在庫移動、部品表 (BOM) の作成など、さまざまなタイプの現物在庫トランザクション転記に使用されます。 これらの在庫仕訳帳はすべて同様の方法で使用されますが、異なるタイプに分類されます。

在庫仕訳帳のタイプ

次の在庫仕訳帳タイプを使用できます。

  • 移動
  • 在庫調整
  • 移動
  • BOM
  • 品目到着
  • 生産入力
  • 棚卸
  • タグ棚卸

移動

在庫移動仕訳帳を使用している場合、在庫を追加するときに品目に原価を追加できますが、仕訳帳を作成するときに総勘定元帳の相手勘定を指定して、特定の総勘定元帳勘定に追加の原価を手動で割り当てる必要があります。 この在庫仕訳帳タイプは、別の部門に対して品目を経費として扱う場合、または経費の目的で在庫から品目を削除する場合に便利です。

在庫調整

在庫調整仕訳帳を使用している場合、在庫を追加するときに品目に原価を追加できます。 追加の原価は、品目グループの転記プロファイルの設定に基づいて特定の総勘定元帳勘定に自動的に転記されます。 品目が既定の総勘定元帳の相手勘定を保持する必要がある場合に在庫数量に対する損益を更新するために、この在庫仕訳帳タイプを使用します。 在庫調整仕訳帳を転記すると、在庫入庫または払出が転記され、在庫金額が変更され、元帳トランザクションが作成されます。

移動

原価の意味を関連付けずに、場所別在庫、バッチ、または製品バリアント間で品目を移動するために移動仕訳帳を使用できます。 たとえば、ある倉庫から同じ会社内の別の倉庫に品目を移動できます。 移動仕訳帳を使用する場合、「開始」在庫分析コードと「終了」在庫分析コードの両方を指定する必要があります (たとえば、サイトと倉庫の場合)。 定義した在庫分析コードの手持在庫が、それに応じて変更されます。 在庫移動は、材料の移動を即時で反映します。 輸送中在庫は追跡されません。 輸送中在庫を追跡する必要がある場合、代わりに移動オーダーを使用する必要があります。 振替仕訳帳を転記する場合、各仕訳帳明細行につき、2 つの在庫トランザクションが作成されます。

  • 「移動元」の場所での在庫払出
  • 「移動先」の場所での在庫入庫

BOM

BOM を完了済と報告する場合、BOM 仕訳帳を作成できます。 BOM 仕訳帳を使用して、BOM を直接転記できます。 この転記は、関連付けられた BOM と BOMに含まれる製品の在庫払出とともに、製品の在庫入庫を生成します。 この在庫仕訳帳のタイプは、工順が必要ではない場合に単純かつ大量の生産シナリオに役立ちます。

品目到着

着荷仕訳帳を使用して、品目の入庫を登録することができます (たとえば、発注書から)。 着荷仕訳帳は、着荷の概要ページから着荷管理の一部として作成するか、品目到着ページから手動で仕訳入力を作成できます。 着荷仕訳帳名を有効にしてピッキング場所を確認する場合、Finance and Operations は受け取った品目の場所を検索し、スペースがある場合、受入品目の行先の場所を生成します。

生産入力

生産入力仕訳帳は、着荷仕訳帳のように機能しますが、製造オーダーに使用されます。

棚卸

棚卸仕訳帳によって、品目や品目グループに登録される現在の手持在庫を修正でき、実際の現物棚卸を転記して、差を調整するために必要な調整を行えます。 さまざまな特性を持つ品目を棚卸仕訳帳に含められるように、棚卸ポリシーを棚卸グループと関連付けて、これらの品目をグループ化できます。 たとえば、棚卸グループを設定して、特定の頻度を持つ品目の棚卸や、在庫が特定のレベルまで落ちた場合の品目の棚卸が可能です。 棚卸グループを定義する方法の詳細については、「在庫棚卸プロセスの定義 (タスク ガイド)」を参照してください。

タグ棚卸

タグ棚卸仕訳帳は、番号を付けられたタグをロット番号に割り当てるために使用されます。 タグには、タグ番号、品目番号と品目数量を含める必要があります。 タグが 1 回だけ使用され、すべてのタグが使用されていることを保証するには、固有の番号順序を持つタグの一意のセットが、すべての品目番号に存在している必要があります。 3 つのステータス値を各タグに設定できます。

  • 使用済 – このタグで棚卸が行われた品目番号。
  • 無効 – このタグで無効にされた品目番号。
  • なし – このタグで品目番号がないもの。

タグ棚卸仕訳帳を転記すると、タグ棚卸仕訳帳明細行に基づいて新しい棚卸仕訳帳が作成されます。 タグ棚卸に関する詳細については、「在庫タグ棚卸」を参照してください。

仕訳帳の使用

仕訳帳明細行には、一度に 1 人のユーザーのみがアクセスできます。 仕訳帳明細行を作成するために複数のユーザーが仕訳帳に同時にアクセスする必要がある場合、これらのユーザーは情報の上書きを回避するために現在使用されていない仕訳帳を選択する必要があります。 複数の部門が同じ仕訳帳タイプを使用する状況では、複数の仕訳帳名 (たとえば、部門ごとに 1 つ) を作成すると便利です。 また、各転記ルーティンがそれぞれ固有の在庫仕訳帳に入力されるように仕訳帳を分割しておくと便利です。 在庫トランザクションに関連付けれられた転記ルーティンについて、定期的な在庫調整用の仕訳帳と、棚卸用の別の仕訳帳を作成します。

仕訳帳明細行の転記

追加トランザクションから品目をロックするまで、作成した仕訳帳明細行をいつでも転記できます。 明細行を転記せずに仕訳帳を閉じても、仕訳帳に入力したデータはその仕訳帳にそのまま残ります。