品質管理プロセス

この記事は、不適合製品に対する品質管理プロセスについての情報を提供します。 品質テスト機能の使用方法、不適合の定義および管理方法、および修正方法について説明します。

品質保証には、製品のテストと不適合材料の管理が含まれます。 品質管理プロセスは、サプライ チェーンの製品における高い品質レベルを保証します。 また、これらのプロセスによって、サプライ チェーンが最適化され、顧客満足度を高めることができます。 品質管理で、不適合製品を処理している際にこれらの製品の原産地に関係なく応答時間を管理することができます。 診断結果を修正タスクにリンクできます。 システムは問題を修正するためにタスクをスケジューリングすることができ、将来問題が再発するのを防ぐのに役立ちます。 また、品質管理では、問題の種類別に問題 (内部問題を含む) を追跡し、短期または長期のいずれかの解決策を特定することができます。 主要業績評価指標 (KPI) に関する統計で、以前に発生した不適合問題と修正に適用されたソリューションを分析できます。 履歴データを使用して、以前に講じた品質尺度の有効性を確認し、今後使用する適切な尺度を決定することができます。

品質管理プロセスの管理

次に品質管理プロセスの管理方法の一部を示します。

  • 「入庫操作の製品受領」または「出庫操作の製品集荷」などのトリガー ポイントに基づいた品質指示を作成します。
  • テスト結果を文書化し、結果が規定のテスト基準および許容可能な品質レベルを満たすかどうかを決定します。
  • 検査プロセス中にレポートの一部として、詳細な製品仕様書およびユーザー固有のメモに対してドキュメント管理を使用します。
  • 不適合な製品を管理したり、問題の元の原因を見つけ出すために、これらの製品を追加の不適合情報に関連付けます。
  • 不適合を管理する原価を記載します。 この原価には、不適合を修正するのに必要である品目 (予備部品など)、雑費、およびタイム シートの時間が含まれます。
  • 品質指示にリンクしている修正処理を使用して、エラー修正プロセスをスケジュールします。

品質管理プロセス

製品テストおよび品質指示

一般に、製品のテストを "品質管理" と呼び、品質指示を使用します。 品質管理機能を使用すると、次のことが行えます。

  • 材料に対して実行するテストを定義します。 これらのテストには、品質仕様、適切なテスト機器、テスト説明するドキュメント、サンプリング計画、および許容可能な品質レベル (AQL) が含まれます。
  • 品質指示を作成し、発注または製造オーダーなどを含む特定の注文、または特定の在庫数量に対して実行する必要があるテストを特定します。 品質指示は、手動で生成できるほか、品質規定に基づいて自動的に生成させることもできます。
  • 各業務プロセスにおける発注書、検査指示、製造オーダー、または販売注文に関連する品質規定を定義します。定義された品質規定は、入荷または出荷される材料のテスト要件を識別する品質指示を自動的に生成することができるようになります。
  • 品質指示のテスト結果を記録し、テスト結果を AQL と照らして検証し、テスト結果を示す分析証明を印刷します。

不適合

不適合とは、品質上の問題がある品目を示します。 不適合のプロセスは、不適合材料、問題の原因、問題タイプ、および注記の数量を示す不適合指示を作成することができます。 問題タイプの分類を定義することで、不適合材料の分析を円滑化することができます。 また、不適合材料の廃棄の指針として、不適合タグおよび不適合レポートを印刷できます。 たとえば、タグおよびレポートで、[使用不可能] または [使用制限] 条件を指定することができます。

次の表には、6 つの既定の不適合タイプが一覧表示され、各タイプに記録される情報が表示されます。

不適合タイプ ソース情報
顧客 顧客 ID 番号、販売注文番号、または販売注文トランザクションのロット番号です。 たとえば、特定の販売注文の出荷や製品の品質に関する顧客フィードバックに不適合が関連付けられることがあります。
サービス要求 顧客 ID 番号、販売注文番号、または販売注文トランザクションのロット番号です。 たとえば、特定の販売注文の出荷や品目の品質に関する顧客からの苦情に、不適合が関係付けられることがあります。
ベンダー 仕入先番号、発注書番号、または発注書トランザクションのロット番号です。 たとえば、発注書受入や納入部品に関する仕入先に、不適合が関連付けられることがあります。
運用 製造オーダー番号または製造オーダー トランザクションのロット番号です。 たとえば、生産された特定のバッチに不適合が関連付けられることがあります。
内部 品質指示番号または品質指示トランザクションのロット番号です。 たとえば、品質指示の一部として実行されるテストまたは製品の品質に関する従業員に、不適合が関連付けられることがあります。
連産品の生産 製造オーダーのバッチ処理に関連付けられる連産品製造オーダーです。

不適合は問題タイプと関連付けられます。 問題タイプは、問題タイプ ページで各不適合タイプに関連付けることができる問題タイプを定義します。 たとえば、[サービス要求] タイプによる不適合の問題タイプは顧客からの苦情を反映し、[内部不適合] タイプによる不適合の問題タイプは欠陥コードの分類を表します。

新しい不適合を作成する場合は、不適合タイプおよび問題タイプを選択します。 最初の承認ステータスは、アクションの要求を表す [新規] です。 次のステップでは、承認ステータスを [承認済] または [拒否] に変更することにより不適合に対するアクションを行うかどうかを示すことができます。 また、(別のチェック ボックスをオンにすることにより) 不適合をクローズして不適合の処理が完了したことを示したり、不適合を再オープンして追加の検討が必要であることを示すこともできます。

ドキュメントを添付することにより、不適合に対するコメントを入力できます。 [ドキュメント タイプ] ページを使用して不適合の一意のドキュメント タイプを定義することができます。 [レポートの設定] ページを使用して、不適合レポートおよび不適合タグにこのドキュメント タイプのコメントを印刷するかどうかを定義できます。 適合レポートおよび不適合タグは、材料の廃棄に有用です。 不適合に関連付けられている選択基準に基づいて、レポートおよびタグを選択的に生成できます。 これらの基準には、不適合番号、品目、顧客、仕入先、およびステータスが含まれます。

不適合レポートには不適合番号、品目、問題タイプが表示されます。 レポート設定ポリシーに応じて、レポートには不適合に関連する注記が表示される場合があります。 不適合のタグには、類似情報が表示され、欠陥のある材料の廃棄を処理するために不適合に割り当てた検査ゾーンおよびタイプ (たとえば、[使用の制限] または [使用不可] を含む) も表示されます。

承認された不適合

オプションで、承認された不適合に対して 1 つまたは複数の関連操作を定義できます。 関連操作は、実行する必要がある作業を表し、定義した品質操作のリストと作業の理由についての説明テキストを含んでいます。 操作を定義した後、作業を実行するのに必要な雑費、品目および、およびタイム シート労働時間をオプションで定義できます。 計算された原価が関連操作に対して表示され、計算された合計原価が不適合に対して表示されます。 計算されたコストおよび (品目、労働時間、および雑費に関する) 基礎となる詳細は照会情報を表し、品質管理機能内でのみ使用されます。

オプションで、最初に品質指示の照会を実行した後に新しい品質指示を作成することで、不適合から品質指示を作成できます。 たとえば、品質指示で、欠陥のある材料をテスト (または再テスト) する必要性を識別できます。 新しく作成された品質指示には、元の不適合へのリンクが表示されます。

オプションで、1 つの不適合を別の不適合にリンクし、既存の不適合から新しい不適合を作成することができます。 たとえば、リンクは品質上の問題間の相互接続を反映できます。

修正処理

[修正] ページで修正する必要がある不適合のリストを作成することができます。 各修正の品目は、検出された問題の原因となった診断タイプと関連付けられます。 [修正] ページには、誰がいつ修正アクションを実行する必要があるかに関する情報も含まれています。 問題の詳細と、文書を修正に添付することによって必要となる修正アクションを記述できます。 不適合を解決または修正した後、[完了] を選択して、修正品目を「閉じ」ます。 また、解決策が短期間ソリューションであったことを示すことができます。

[ドキュメント タイプ] ページを使用して修正の一意のドキュメント タイプを定義することができます。 [レポートの設定] ページを使用して、修正レポートにこのドキュメント タイプのコメントを印刷するかどうかを定義できます。 印刷された修正レポートには、不適合に関する情報および関連する不適合におけるメモを表示されます。 レポートには、診断タイプや関連する修正メモなどの修正情報が含まれます。

参照

品質管理の有効化

不適合管理の有効化

在庫ブロック

検査指示

品質指示の設定 (タスク ガイド)

商品の品質の調査 (タスク ガイド)