EWS および Exchange のその他の web サービスの新機能What's new in EWS and other web services in Exchange

Exchange と EWS マネージ API の EWS および web サービスの新機能について説明します。Find out what's new in EWS and web services in Exchange and the EWS Managed API.

Exchange の Web サービスが更新され、新機能が含まれるようになりました。Web services in Exchange have been updated to include new features.

表1Exchange Online、Exchange 2013、および EWS マネージ API の新しい web サービス機能Table 1. New web service features in Exchange Online, Exchange 2013, and the EWS Managed API

機能Feature Exchange Online での実装Implemented in Exchange Online Exchange 2013 での実装Implemented in Exchange 2013 EWS マネージ API での実装Implemented in the EWS Managed API
電子情報開示eDiscovery
はいYes
はいYes
はいYes
アーカイブArchiving
はいYes
はいYes
はいYes
ペルソナPersonas
はいYes
はいYes
いいえNo
統合連絡先ストアUnified Contact Store
はいYes
はいYes
いいえNo
保持ポリシーRetention policies
はいYes
はいYes
はいYes
ユーザーの写真User photos
はいYes
はいYes
いいえNo
Outlook 管理用のメール アプリMail apps for Outlook management
はいYes
はいYes
はいYes
会議の新しい日時を提案するPropose new meeting time
はいYes
いいえNo
いいえNo

EWS における電子情報開示eDiscovery in EWS

電子情報開示は、SharePoint 2013 などの外部アプリケーションが Exchange データのクエリを実行できるようにするフェデレーションクエリ web サービスです。eDiscovery is a federated query web service that enables external applications, such as SharePoint 2013, to perform queries of Exchange data. 証拠開示は、主なデータの識別や保持、データの選別や確認、法廷でのデータの生成を含むいくつかのフェーズから構成されます。Discovery consists of several phases, including identifying and preserving key data, culling down and reviewing the data, and producing data in court. 電子情報開示のクエリは、Exchange と SharePoint にまたがる単一の証拠開示ワークフローを提供することで、証拠開示プロセスを容易にします。eDiscovery queries facilitate the discovery process by providing a single discovery workflow across Exchange and SharePoint.

表2電子情報開示を操作するための EWS 操作と EWS マネージ API の方法Table 2. EWS operations and EWS Managed API methods for working with eDiscovery

操作名Operation name EWS マネージ API メソッドEWS Managed API method 説明Description
GetDiscoverySearchConfiguration 操作GetDiscoverySearchConfiguration operation
ExchangeService を取得します。ExchangeService.GetDiscoverySearchConfiguration()
インプレース ホールド、保存された探索検索、探索検索が有効になっているメールボックスの構成情報を取得します。Gets configuration information for in-place holds, saved discovery searches, and the mailboxes that are enabled for discovery search.
GetHoldOnMailboxes 操作GetHoldOnMailboxes operation
ExchangeService () GetHoldOnMailboxes ()ExchangeService.GetHoldOnMailboxes()
SetHoldOnMailboxes操作を使用して設定された、クエリベースの保持の状態を取得します。Gets the status of a query-based hold, which is set by using the SetHoldOnMailboxes operation.
GetNonIndexableItemDetails 操作GetNonIndexableItemDetails operation
ExchangeService、GetNonIndexableItemDetails ()ExchangeService.GetNonIndexableItemDetails()
インデックスを作成できないアイテムの詳細を取得します。これには、アイテム識別子、エラー コード、エラーの説明、アイテムのインデックス作成を試行したタイミング、アイテムに関する追加情報が含まれますが、これに限定されません。Gets details about items that cannot be indexed. This includes, but is not limited to, the item identifier, an error code, an error description, when an attempt was made to index the item, and additional information about the item.
GetNonIndexableItemStatistics 操作GetNonIndexableItemStatistics operation
ExchangeService、GetNonIndexableItemStatistics ()ExchangeService.GetNonIndexableItemStatistics()
メールボックス内にある、インデックスを作成できないアイテムの数を取得します。Gets the count of items that cannot be indexed in a mailbox.
Getsearchablemailemail箱操作GetSearchableMailboxes operation
ExchangeService を取得します。ExchangeService.GetSearchableMailboxes()
クライアントが検索または電子情報開示を実行するアクセス許可を持つメールボックスの一覧を取得します。Gets a list of mailboxes that the client has permission to search or perform eDiscovery on.
SearchMailboxes ボックスの操作SearchMailboxes operation
ExchangeService メールボックス ()ExchangeService.SearchMailboxes()
特定のメールボックス内にある、クエリ キーワードに一致するアイテムを検索します。Searches for items in specific mailboxes that match query keywords.
SetHoldOnMailboxes 操作SetHoldOnMailboxes operation
ExchangeService () SetHoldOnMailboxes ()ExchangeService.SetHoldOnMailboxes()
アイテムにクエリベースの保持を設定します。Sets a query-based hold on items.

EWS におけるアーカイブArchiving in EWS

アーカイブ メールボックスは、ユーザーに関連付けられている 2 番目のメールボックスです。通常、アーカイブ メールボックスはメールの格納域の制限に対処するために使用されます。たとえば、古いメール アイテムは、定期的に受信トレイからアーカイブ メールボックスに移動されます。 Archive mailboxes are secondary mailboxes that are associated with a user. Archive mailboxes are typically used to manage email storage limits. For example, older email items might periodically be moved from the Inbox to the archive mailbox.

Exchange では、プライマリ メールボックスの一連のメール アイテムをアーカイブするために使用できる 2 つの EWS 操作が新たに導入されました。この方法で受信トレイのアイテムをアーカイブすると、アイテムのフォルダー階層が保持されます。さらに、アーカイブ メールボックスを、クライアント上にローカルに格納することもリモートで格納することもできるようなりました。その際、アーカイブのコンテンツを指すフォルダー パスを使用し、ユーザーにはほとんど見えない方法で行うことができます。Exchange introduces two new EWS operations that you can use to archive a set of mail items from a primary mailbox. Archiving Inbox items in this way preserves the folder hierarchy of the items. In addition, archive mailboxes can now be stored either locally on a client, or remotely, in a way that is mostly opaque to a user, by using a folder path to point to the contents of the archive.

表3アーカイブを操作するための EWS 操作と EWS マネージ API の方法Table 3. EWS operations and EWS Managed API methods for working with archiving

操作名Operation name EWS マネージ API メソッドEWS Managed API method 説明Description
アーカイブアイテムの操作ArchiveItem operation
ExchangeService Items ()ExchangeService.ArchiveItems()
アイテムをプライマリ メールボックスからアーカイブ メールボックスに移動します。Moves an item from the primary mailbox to the archive mailbox.
CreateFolderPath 操作CreateFolderPath operation
実装されていません。Not implemented.
プライマリ メールボックスまたはアーカイブ メールボックスにフォルダー階層を作成します。 Creates a folder hierarchy in a primary or archive mailbox.

EWS におけるペルソナPersonas in EWS

ペルソナは、個人と関連付けられているデータのコレクションです。このデータは 1 つ以上のソースに基づき、共通のリンク ID を使用してペルソナに関連付けられます。EWS でペルソナを使用すると、複数のソースから特定の個人の情報のリンク作成、検索、参照、取得を行い、その情報を 1 つの論理エンティティに編成できます。ペルソナは連絡先とは異なります。連絡先は個人に関連付けられている 1 つのソースからのデータ コレクションです。たとえば、個人用の Outlok 連絡先やグローバル アドレス一覧 (GAL) 内のエントリがこれに相当します。A persona is a collection of data that is associated with an individual. The data can come from one or more sources and is associated with the persona by means of a common link ID. Personas in EWS enable you to link, search, browse, and retrieve information about a person from multiple sources and organize that information into a single logical entity. Personas differ from contacts in that a contact is a collection of data from a single source that is associated with an individual; for example, a personal Outlook contact or an entry in a global address list (GAL).

EWS マネージ API はこの機能を実装していません。The EWS Managed API does not implement this functionality.

注意

統合連絡先ストアは、その機能をサポートする操作を使用してペルソナ機能を公開します。The Unified Contact Store also exposes persona functionality by means of the operations that support that feature.

表4ペルソナを操作するための EWS 操作Table 4. EWS operations for working with personas

操作名Operation name 説明Description
FindPeople 操作FindPeople operation
指定した連絡先フォルダーからすべてのペルソナ オブジェクトを取得するか、指定したクエリ文字列に一致する連絡先すべてを取得します。Returns all persona objects from a specified contact folder or retrieves all contacts that match a specified query string.
GetPersona 操作GetPersona operation
ペルソナを取得します。Retrieves a persona.

EWS における統合連絡先ストアUnified Contact Store in EWS

統合連絡先ストアは、Office 製品間で一貫性のある連絡先操作を提供し、同じ連絡先ストアを使用するサード パーティ製アプリケーションの統合ポイントとして動作する機能です。The Unified Contact Store is a feature that provides a consistent contact experience across Office products and acts as an integration point for third-party applications to use the same contact store. これにより、ユーザーとアプリケーションは、連絡先情報を保存、管理、およびアクセスし、Lync、Exchange 2013、Outlook、Outlook Web App、および統合連絡先ストアへのアクセスを実装するその他のアプリケーションの間で、それらをグローバルに利用できるようになります。It allows users and applications to store, manage, and access contact information and make it available globally among Lync, Exchange 2013, Outlook, Outlook Web App and any other application that implements access to the Unified Contact Store. Exchange は、統合連絡先ストアを利用するための連絡先ストアです。Exchange is the contact store for the Unified Contact Store experience.

EWS マネージ API はこの機能を実装していません。The EWS Managed API does not implement this functionality.

表5統合連絡先ストアを操作するための EWS 操作Table 5. EWS operations for working with the Unified Contact Store

操作名Operation name 説明Description
AddNewImContactToGroup 操作AddNewImContactToGroup operation
新しい IM 連絡先をグループに追加します。Adds a new IM contact to a group. 統合連絡先ストアには、最大 1000 件の連絡先を含めることができます。The Unified Contact Store can contain a maximum of 1000 contacts.
AddImContactToGroup 操作AddImContactToGroup operation
既存の IM 連絡先をグループに追加します。Adds an existing IM contact to a group. 統合連絡先ストアには、最大 1000 件の連絡先を含めることができます。The Unified Contact Store can contain a maximum of 1000 contacts.
AddImGroup 操作AddImGroup operation
新しい IM グループを追加します。Adds a new IM group. 統合連絡先ストアには、最大 64 個のグループを含めることができます。The Unified Contact Store can contain a maximum of 64 groups.
AddNewTelUriContactToGroup 操作AddNewTelUriContactToGroup operation
新しい連絡先を、連絡先の電話番号に基づいたグループに追加します。Adds a new contact to a group based on a contact's phone number.
Adddeploy Grouptoimlist 操作AddDistributionGroupToImList operation
新しい配布リスト グループを追加します。Adds a new distribution list group. 統合連絡先ストアには、最大 64 個のグループを含めることができます。The Unified Contact Store can contain a maximum of 64 groups.
GetImItemList 操作GetImItemList operation
IM グループと IM 連絡先のペルソナの一覧を取得します。Retrieves a list of IM groups and IM contact personas.
GetImItems 操作GetImItems operation
指定の IM グループと IM 連絡先ペルソナの情報を取得します。Retrieves information about the specified IM groups and IM contact personas.
RemoveContactFromImList 操作RemoveContactFromImList operation
すべての IM グループから、指定の連絡先を削除します。Removes the specified contact from all IM groups.
RemoveImContactFromGroup 操作RemoveImContactFromGroup operation
特定のグループから IM 連絡先を削除します。Removes an IM contact from a group.
RemoveDistributionGroupFromImList 操作RemoveDistributionGroupFromImList operation
指定の IM 配布リスト グループを削除します。Removes the specified IM distribution list group.
RemoveImGroup 操作RemoveImGroup operation
指定の IM グループを削除します。Removes the specified IM group.
SetImGroup 操作SetImGroup operation
グループの表示名を変更します。Changes the display name of a group.

EWS における保持ポリシーRetention policies in EWS

保持ポリシーは、1 つ以上の保持タグをグループ化したり、フォルダーや個別のアイテム (たとえば、メール、ボイス メール メッセージなど) に保持設定を適用したり、保持設定をメールボックスに適用したりするために Exchange で使用するポリシーです。Retention policies are policies that are used in Exchange to group one or more retention tags, to apply retention settings to folders or individual items such as email and voice mail messages, and to apply retention settings to a mailbox.

Exchange には、次の 3 種類の保持タグがあります。Exchange includes three types of retention tags:

  • 既定のポリシー タグ。他の種類の保持タグが適用されていないメールボックス アイテムに適用されます。Default policy tags that apply to mailbox items that have no other type of retention tag applied.

  • システム フォルダー ポリシー タグ。受信トレイなどの既定のフォルダーに適用されます。System folder policy tags that are applied to default folders such as the Inbox.

  • 個人タグ。ユーザーが、作成するフォルダーや個別のアイテムに適用できます。Personal tags that a user can apply to folders they create or to individual items.

1つのメールボックスに割り当てることができるアイテム保持ポリシーは1つだけですが、ポリシーには、さまざまな種類の1つ以上の保持タグを関連付けることができます。Only one retention policy can be assigned to a mailbox, but the policy can have one or more retention tags of various types linked to it. 保持タグは、いつでもアイテム保持ポリシーにリンクすることも、そのリンクを解除することもできます。Retention tags can be linked to or unlinked from a retention policy at any time. Exchange の EWS は新しい操作GetUserRetentionPolicyTagsを公開し、EWS マネージ API は、アイテム保持ポリシーにリンクされているすべてのタグの一覧を提供する新しいメソッドExchangeService ()を実装します。EWS in Exchange exposes a new operation, GetUserRetentionPolicyTags, and the EWS Managed API implements a new method, ExchangeService.GetUserRetentionPolicyTags(), that provides a list of all the tags that are linked to a retention policy. CreateItemCreateFolderupdateitemupdateitemGetItem、およびgetfolder操作を使用して、アイテムとフォルダーのアイテム保持ポリシータグを設定および取得することができます。You can set and retrieve retention policy tags for items and folders by using the CreateItem, CreateFolder, UpdateItem, UpdateFolder, GetItem, and GetFolder operations.

ユーザーの写真を要求するRequesting user photos

Getuserphoto 操作の2つの実装のいずれか ( RESTまたは SOAP) を使用して、Exchange サーバーからユーザーの写真を要求できます。You can request user photos from the Exchange server by using one of the two implementations of the GetUserPhoto operation: REST or SOAP. REST エンドポイントは、標準の HTTPS GET 要求を使用してユーザーの写真を取得します。The REST endpoint uses a standard HTTPS GET request to get the user photo. このサービスは、Exchange に格納されているユーザーの写真か、Active Directory ドメイン サービス (AD DS) からの写真を返します。The service will either return a user photo stored in Exchange or a photo from Active Directory Domain Services (AD DS).

EWS マネージ API はこの機能を実装していません。The EWS Managed API does not implement this functionality. ただし、EWS マネージ API を使用して、連絡先に添付されている写真を取得することによって、メールボックスに格納されているユーザーの写真を戻すことができます。You can, however, use the EWS Managed API to return user photos that are stored in a mailbox by getting the photo that is attached to a contact.

EWS で送信者をブロックしメールを迷惑メールとしてマークするBlock senders and mark email as junk in EWS

Ews の新しいmarkasjunk 操作または EWS マネージ API のExchangeService ()メソッドを使用して、送信者をブロックし、電子メールを迷惑メールとしてマークできるようになりました。You can now block senders and mark email as junk by using the new MarkAsJunk operation in EWS or the ExchangeService.MarkAsJunk() method in the EWS Managed API.

Outlook 用のメール アプリMail apps for Outlook

EWS には、Outlook のメール アプリを管理するサポートが含まれるようになりました。 EWS now includes support for managing mail apps for Outlook.

表6Outlook 用メールアプリを操作するための EWS 操作と EWS マネージ API のメソッドTable 6. EWS operations and EWS Managed API methods for working with mail apps for Outlook

操作名Operation name EWS マネージ API メソッドEWS Managed API method 説明Description
DisableApp 操作DisableApp operation
ExchangeService ()ExchangeService.DisableApp()
インストールされているアプリを無効にします。Disables an installed app.
GetAppManifests 操作GetAppManifests operation
ExchangeService ()ExchangeService.GetAppManifests()
メールボックスのアプリ マニフェストを取得します。Gets the app manifests for a mailbox.
GetAppMarketplaceUrl 操作GetAppMarketplaceUrl operation
ExchangeService () GetAppMarketplaceUrl ()ExchangeService.GetAppMarketplaceUrl()
App Marketplace URL を取得します。Gets the app marketplace URL.
GetClientAccessToken 操作GetClientAccessToken operation
ExchangeService () GetClientAccessToken ()ExchangeService.GetClientAccessToken()
クライアント アクセス トークンを取得します。Gets client access tokens.
InstallApp 操作InstallApp operation
ExchangeService ()ExchangeService.InstallApp()
メールボックスのアプリをインストールします。Installs an app for a mailbox.
アン Installapp 操作UninstallApp operation
ExchangeService アプリExchangeService.UninstallApp
メールボックスのアプリをアンインストールします。Uninstalls an app from a mailbox.

会議の新しい日時を提案するPropose new meeting time

新しい日時の提案機能は、Exchange のバージョン 15.00.0800.007 で導入されました。これにより、会議参加者は会議開催者に対して会議の新しい日時を提案できます。The propose new time feature was introduced in version 15.00.0800.007 of Exchange. This allows meeting attendees to propose new meeting times to the meeting organizer.

EWS マネージ API はこの機能を実装していません。The EWS Managed API does not implement this functionality.

関連項目See also