Exchange 2013 の SOAP 自動検出 XML 要素SOAP Autodiscover XML elements for Exchange 2013

Exchange の SOAP 自動検出 web サービスの XML 要素参照情報を検索します。Find XML element reference information for the SOAP Autodiscover web service in Exchange.

このセクションのドキュメントは、クライアントとサーバー間で送信される SOAP 自動検出 XML 要素のインスタンスに基づいています。The documentation in this section is based on the SOAP Autodiscover XML element instances that are sent between the client and server. この XML インスタンスドキュメントは、SOAP 自動検出サービスをホストする仮想ディレクトリにある WSDL ファイルおよびスキーマファイルに基づいています。This XML instance documentation is based on the WSDL and schema files that are located in the virtual directory that hosts the SOAP Autodiscover service. 認証されたユーザーは、次のいずれかのような URL を使用して、WSDL およびスキーマファイルを参照できます。Authenticated users can browse to the WSDL and schema files by using a URL that is similar to one of the following:

  • WSDL ファイルの場所を指定し http://<yourclientaccessserver>.com/autodiscover/services.wsdl ます。http://autodiscover.<yourclientaccessserver>.com/autodiscover/services.wsdlThe location of the WSDL file: http://<yourclientaccessserver>.com/autodiscover/services.wsdl or http://autodiscover.<yourclientaccessserver>.com/autodiscover/services.wsdl

  • メッセージスキーマの場所を指定し http://<yourclientaccessserver>.com/autodiscover/messages.xsd ます。http://autodiscover.<yourclientaccessserver>.com/autodiscover/messages.xsdThe location of the messages schema: http://<yourclientaccessserver>.com/autodiscover/messages.xsd or http://autodiscover.<yourclientaccessserver>.com/autodiscover/messages.xsd

SOAP 自動検出の WSDL ファイルおよびスキーマファイルの場所は、Exchange のインストールによって異なります。The location of the SOAP Autodiscover WSDL and schema files varies based on the Exchange installation.

メッセージ .xsd スキーマファイルは、自動検出 SOAP ヘッダーと SOAP 本文で送信できる XML 要素について説明します。The messages.xsd schema file describes the XML elements that can be sent in an Autodiscover SOAP header and SOAP body. このファイルは、特定の要求と応答メッセージの相互作用に対して XML 構造をどのように使用できるかについての一般的なロードマップを提供します。This file provides a general roadmap of what the XML structure can be for a given request-response message interaction. クライアントとサーバー間で送信される実際の XML 構造は、オプションと使用されるコンテキストに基づいています。The actual XML structure that is sent between the client and server is based on the options and the context in which it is used. スキーマファイルでは、可能な XML が定義されています。The schema files define what XML is possible. ネットワーク上で送信される実際の XML の範囲は、呼び出された操作、要求された情報、およびサーバー側の設定に基づいています。The actual range of XML that is sent over the wire is based on which operation is called, the requested information, and the server-side settings.

関連項目See also