StatusFrequencyStatusFrequency

Statusfrequency要素は、サーバーによって再試行が試行される最大タイムアウト時間 (分単位) を表します。The StatusFrequency element represents the maximum timeout value, in minutes, in which retries are attempted by the server.

登録Subscribe

PushSubscriptionRequestPushSubscriptionRequest

StatusFrequencyStatusFrequency

<StatusFrequency/>

SubscriptionStatusFrequencyTypeSubscriptionStatusFrequencyType

属性と要素Attributes and elements

以下のセクションで、属性、子要素、親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

なし。None.

子要素Child elements

なし。None.

親要素Parent elements

要素Element 説明Description
PushSubscriptionRequestPushSubscriptionRequest
プッシュベースのイベント通知サブスクリプションのサブスクリプションを表します。Represents a subscription to a push-based event notification subscription.

テキスト値Text value

この要素を使用する場合は、整数を表すテキスト値が必要です。A text value that represents an integer is required if this element is used. この要素で使用できる値は、1 ~ 1440 の範囲です。The possible values for this element are 1 to 1440, inclusive. この要素は省略できます。This element is optional. 既定値は 30 分です。The default value is 30 minutes.

注釈Remarks

Statusfrequency値は、プッシュ通知またはクライアントからのステータス ping に対する応答が受信されない場合に、プッシュ通知を再試行するためにサーバーによって使用されます。The StatusFrequency value is used by the server to retry a push notification when it does not receive a response to a push notification or status ping from the client. サーバーが応答を受信しない場合は、通知の送信を停止する前に、何度か通知の送信を再試行します。If the server does not receive a response, it retries sending the notification several times before it stops sending the notification. EWS では、既定の再試行間隔は30秒で、その後の再試行は常に最後の再試行間隔の2倍の時間になります。In EWS, the default retry interval is 30 seconds and subsequent retries are always double the time of the last retry interval. サーバー上の他の負荷が原因で遅延が発生する可能性があるので、再試行時間は正確ではありません。Retry times are not exact as they can be delayed due to other loads on the server. 次の表に、既定のStatusfrequency値 (サーバーで遅延が発生しなかった場合) によって割り当てられた30分間の再試行間隔を示します。The following table shows how the retry intervals occur in the 30 minutes allotted by the default StatusFrequency value (assuming the server did not encounter any delays).

再試行Retry Seconds TimeTime
.00
.00
初期同期Initial sync
1 1
3130
00:3000:30
pbm-22
6060
01:0001:00
1/33
120120
02:0002:00
4 4
240240
04:0004:00
5 5
480480
08:0008:00
6 6
960960
16:0016:00
7 7
19201920
32:00- Statusfrequencyの既定値である30を超えたため、再試行を送信しない32:00 - StatusFrequency default value of 30 exceeded, retry not sent

Statusfrequencyで指定された時間を超える期間、クライアントがサーバーからの通知メッセージを受信しない場合、クライアントはサブスクリプションの再作成などの操作を実行する必要があります。If the client does not receive notification messages from the server for a period of time that exceeds twice the time specified by StatusFrequency, the client should take an action such as recreating the subscription.

この要素を記述するスキーマは、Exchange Web サービスをホストする IIS 仮想ディレクトリに置かれています。The schema that describes this element is located in the IIS virtual directory that hosts Exchange Web Services.

要素の情報Element information

NamespaceNamespace
https://schemas.microsoft.com/exchange/services/2006/types
スキーマ名Schema name
Types スキーマTypes schema
検証ファイルValidation file
型 .xsdTypes.xsd
空にすることができます。Can be empty
正しくないFalse

関連項目See also

サブスクライブ操作Subscribe operation

GetEvents 操作GetEvents operation

Unsubscribe 操作Unsubscribe operation

WatermarkWatermark