YearYear

Year要素は、年に応じて変化するタイムゾーンを定義するために使用されます。The Year element is used to define a time zone that changes depending on the year. この要素は省略できます。This element is optional. この要素は、Microsoft Exchange Server 2007 Service Pack 1 (SP1) で導入されました。This element was introduced in Microsoft Exchange Server 2007 Service Pack 1 (SP1).

<Year/>

stringstring

属性と要素Attributes and elements

以下のセクションで、属性、子要素、親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

なし。None.

子要素Child elements

なし。None.

親要素Parent elements

要素Element 説明Description
StandardTimeStandardTime
時間のオフセット (協定世界時 (UTC) を基準として、 Bias (utc)要素で表される時刻からのオフセットを表します。Represents an offset from the time relative to Coordinated Universal Time (UTC) that is represented by the Bias (UTC) element.
DaylightTimeDaylightTime
夏時間が計測される地域で、協定世界時 (utc) からの相対時刻からのオフセットを表します (utc)。Represents an offset from the time relative to Coordinated Universal Time (UTC) that is represented by the Bias (UTC) element in regions where daylight saving time is observed.

テキスト値Text value

Year 要素は年を表す文字列を受け取ります。The Year element accepts a string that represents a year. 年の形式は YYYY 年です。The year format is YYYY.

注釈Remarks

この要素を記述するスキーマは、Microsoft Exchange Server 2007 を実行しているコンピューターの EWS 仮想ディレクトリにあり、クライアントアクセスサーバーの役割がインストールされています。The schema that describes this element is located in the EWS virtual directory of the computer that is running Microsoft Exchange Server 2007 that has the Client Access server role installed.

要素の情報Element information

NamespaceNamespace
https://schemas.microsoft.com/exchange/services/2006/types
スキーマ名Schema Name
Types スキーマTypes schema
検証ファイルValidation File
型 .xsdTypes.xsd
空に設定可能Can be Empty
正しくないFalse

関連項目See also