Exchange Server でのボイスメールと UM の展開Deploying voice mail and UM in Exchange Server

適用対象: Exchange Server 2013、Exchange Server 2016Applies to: Exchange Server 2013, Exchange Server 2016

Exchange ユニファイド メッセージング (UM) を使用すると、組織内のユーザーにボイス メール サービスを提供できるようになります。ユニファイド メッセージングを展開する場合、Exchange サーバーの展開を組織の既存テレフォニー システムと統合したり、Microsoft Lync Server と統合したりする必要があります。展開を成功させるには、既存のテレフォニー インフラストラクチャを慎重に分析し、ユニファイド メッセージングのボイス メールを展開し、管理するための正しい計画手順を実行する必要があります。Exchange を Lync Server に統合する場合は、Lync Server 製品にも精通しておく必要があります。Exchange Unified Messaging (UM) enables you to provide voice mail services to users in your organization. When you deploy Unified Messaging, you must either integrate your Exchange Server deployment with the existing telephony system for your organization or integrate it with Microsoft Lync Server. A successful deployment requires you to make a careful analysis of your existing telephony infrastructure and perform the correct planning steps to deploy and manage voice mail in Unified Messaging. If you're integrating Exchange with Lync Server, you must also familiarize yourself with that product.

ユニファイド メッセージングの展開時には、組織内のテレフォニー ハードウェアに応じて複数のオプションがあります。UM をテレフォニー ネットワークに接続する場合、組織内のテレフォニー構成として次のいずれかのオプションを選択できます。When you're deploying Unified Messaging, you have multiple options depending on the telephony hardware found in your organization. If you're connecting UM to your telephony network, you may have one of the following telephony configurations in your organization:

  • 1 つまたは複数の VoIP ゲートウェイと 1 つまたは複数の PBXOne or multiple VoIP gateways with one or multiple PBXs

  • 1 つまたは複数の IP PBXOne or multiple IP PBXs

  • 1 つまたは複数の SIP が有効な PBXOne or multiple SIP-enabled PBXs

  • Microsoft Office Communications Server 2007 R2 あるいは Microsoft Lync Server 2010 または 2013Microsoft Office Communications Server 2007 R2 or Microsoft Lync Server 2010 or 2013

警告

ホスト型またはハイブリッド環境で Exchange UM を展開している場合、セッション ボーダー コントローラー (SBC) を展開する必要があります。SBC はテレフォニー ネットワークに接続するために UM を有効にしないで、組織にダイヤル トーンを提供します。ただし、SBC はパブリックまたはプライベート WAN 経由で IP プロトコルを使用して、社内 UM 展開をデータセンターに接続します。When you're deploying Exchange UM in a hosted or hybrid environment, you must deploy session border controllers (SBCs). SBCs don't enable UM to connect to a telephony network or provide a dial tone for an organization. However, they do connect your on-premises UM deployment to a datacenter using the IP protocol over a public or private WAN.

テレフォニーハードウェア: 適切な VoIP ゲートウェイ、IP PBX、または SBC を選択することは、テレフォニーネットワークを UM と統合するための最初の手順にすぎません。Telephony Hardware: Choosing the correct VoIP gateway, IP PBX, or SBC is only the first step in integrating your telephony network with UM. UM で使用するこれらのデバイスを構成し、必要なクライアント アクセス サーバーとメールボックス サーバーを展開し、必要なすべての UM コンポーネントを作成して構成する必要があります。You must configure those devices to work with UM, deploy the required Client Access and Mailbox servers, and create and configure all needed UM components. これらのコンポーネントを使用すると、回線ベースのプロトコル ネットワークを IP データ ネットワークに接続し、組織のユーザーに対してボイス メールを有効にすることができます。These components allow you to connect your circuit-based protocol network to your IP data network and enable voice mail for users in your organization. 詳細については、「 Exchange 2013 のテレフォニー アドバイザー」を参照してください。For details, see Telephony advisor for Exchange 2013.

Microsoft Lync server: ユニファイドメッセージングは、Microsoft lync server を使用して、ボイスメッセージング、インスタントメッセージング、拡張プレゼンス、音声ビデオ会議、および電子メールを結合し、使いやすい統合コミュニケーションの経験を提供します。Microsoft Lync Server: Unified Messaging can use Microsoft Lync Server to combine voice messaging, instant messaging, enhanced presence, audio/video conferencing, and email into a familiar, integrated communications experience. UM と Lync Server の統合には、次の利点があります。Integrating UM and Lync Server has the following benefits:

  • さまざまなアプリケーションで拡張プレゼンス通知が可能。ユーザーは、連絡先が応答可能かどうかを常に把握できます。Enhanced presence notifications across a variety of applications that keep users informed of the availability of contacts.

  • インスタント メッセージング、ボイス メッセージング、会議、電子メール、およびその他の通信方法が統合され、ユーザーはタスクに最適な方法を選択できます。ユーザーは、必要に応じて方法を切り替えることもできます。Integration of instant messaging, voice messaging, conferencing, email, and other communication methods to enable users to select the most appropriate method for the task. Users can also switch from one method to another as needed.

  • インターネットに接続できる場所ならばどこからでも利用可能な、代替通信手段が用意されている。Availability of communications alternatives from any location where an Internet connection is available.

  • テレフォニー、インスタント メッセージング、および会議のためのスマート クライアント (Microsoft Lync)。A smart client (Microsoft Lync) for telephony, instant messaging, and conferencing.

  • 複数のデバイス間でユーザーの操作性が維持される。Continuity of the user experience across multiple devices.

Lync Server の詳細については、「Microsoft Lync Server」を参照してください。For more information about Lync Server, see Microsoft Lync Server.

展開手順Deployment steps

ユニファイド メッセージングでは、さまざまな展開オプションを使用できます。各オプションには、拡張性と可用性に優れたシステムを構築して多数のユーザーをサポートするために必要な共通の手順がいくつかあります。これらの手順は次のとおりです。Many deployment options are available for Unified Messaging. Each option has several steps in common that are required to create a scalable and highly available system to support large numbers of users. These steps are as follows:

  1. テレフォニー コンポーネントまたは Microsoft Lync Server をユニファイド メッセージングと共に展開および構成します。Deploy and configure your telephony components or Microsoft Lync Server with Unified Messaging.

  2. ユニファイド メッセージングで必要となるクライアント サーバーおよびメールボックス サーバーが正常にインストールされていることを確認します。Verify that you've correctly installed the Client Access and Mailbox servers that are required by Unified Messaging.

    警告

    VoIP ゲートウェイまたは IP PBX を構成して UM SIP および RTP トラフィックを Exchange 2013 クライアント アクセス サーバーへ送信する前に、少なくとも 1 つ以上の Exchange 2013 メールボックス サーバーを組織に展開する必要があります。You must deploy at least one Exchange 2013 Mailbox server in your organization before you configure the VoIP gateways or IP PBXs to send UM SIP and RTP traffic to the Exchange 2013 Client Access servers.

  3. UM ダイヤル プラン、UM IP ゲートウェイ、UM ハント グループおよび UM メールボックス ポリシーなどの必要なユニファイド メッセージング コンポーネントを作成、構成します。Create and configure the required Unified Messaging components including UM dial plans, UM IP gateways, UM hunt groups, and UM mailbox policies.

  4. 相互 TLS の証明書の展開や、UM 自動応答の作成、クライアント機能の作成などの展開後の作業を行います。Perform post-deployment tasks including deploying certificates for mutual TLS, creating UM auto attendants, and client features.

ユニファイド メッセージングの展開の詳細については、「Exchange 2013 UM の展開」を参照してください。For details about deploying Unified Messaging, see Deploy Exchange 2013 UM.

ユニファイド メッセージング環境を Microsoft Lync Server と統合する場合は、他にも計画の際に考慮するべきことがあります。詳細については、「Exchange 2013 UM および Lync Server の展開の概要」を参照してください。If you're integrating your Unified Messaging environment with Microsoft Lync Server, there are additional planning considerations. For details, see Deploying Exchange 2013 UM and Lync Server overview.