Exchange 2013 UM の展開Deploy Exchange 2013 UM

適用対象: Exchange Server 2013、Exchange Server 2016Applies to: Exchange Server 2013, Exchange Server 2016

ユニファイド メッセージング (UM) では、Exchange Server 展開を組織の既存のテレフォニー システムに統合する必要があります。展開を成功させるには、既存のテレフォニー インフラストラクチャを慎重に分析し、ユニファイド メッセージングのボイス メールを展開し、管理するための正しい計画手順を実行する必要があります。Unified Messaging (UM) requires that you integrate your Exchange Server deployment with the existing telephony system for your organization. A successful deployment requires you to make a careful analysis of your existing telephony infrastructure and perform the correct planning steps to deploy and manage voice mail in Unified Messaging.

展開する前にBefore you deploy

ユニファイド メッセージングを展開する前に、以下のトピックの概念を理解しておくことを推奨します。Before you deploy Unified Messaging, we recommend that you familiarize yourself with the concepts in the following topics:

ユニファイド メッセージングを展開するDeploying Unified Messaging

IP 構内交換機 (PBX)、VoIP ゲートウェイ、または Microsoft Lync Server を使用して UM を展開する場合のいずれにおいても、ユニファイド メッセージングのすべての展開オプションには、共通する複数の手順が含まれます。これらの手順は、多数のユニファイド メッセージング ユーザーをサポートする、拡張性と可用性が高いシステムを作成するのに必要となります。これらの手順は次のとおりです。Whether you're deploying UM using IP Private Branch eXchanges (IP PBXs), VoIP gateways, or Microsoft Lync Server, all the deployment options for Unified Messaging have several steps in common. These steps are required to create a scalable and highly available system to support large numbers of Unified Messaging users. These steps are as follows:

  1. ユニファイド メッセージングのテレフォニー コンポーネントを展開して構成します。Deploy and configure your telephony components for Unified Messaging.

  2. Microsoft Exchange ユニファイド メッセージング呼び出しルーター サービスを実行するクライアント アクセス サーバー、および Microsoft Exchange ユニファイド メッセージング サービスを実行するメールボックス サーバーが正しくインストールされていることを確認します。Verify that you've correctly installed the Client Access server running the Microsoft Exchange Unified Messaging Call Router service and the Mailbox server running the Microsoft Exchange Unified Messaging service.

  3. 必要となるユニファイド メッセージング コンポーネントを作成して構成します。Create and configure the required Unified Messaging components.

  4. ユニファイド メッセージングのすべての展開後タスクを実行します。Perform any post-deployment tasks for Unified Messaging.

テレフォニー コンポーネントを展開して構成するDeploy and configure telephony components

Exchange 組織にユニファイド メッセージングを正しく展開するため、Exchange 管理者はデータ ネットワーキングの概念とテレフォニー用語と概念に精通し、UM で必要となるテレフォニー コンポーネントを正しく構成できる必要があります。新しい展開、または従来のボイス メール システムのアップグレードを行うには、テレフォニー ネットワークとユニファイド メッセージングについての多くの知識が必要です。To successfully deploy Unified Messaging in an Exchange organization, the Exchange administrator needs to become knowledgeable about data networking concepts and telephony terminology and concepts and be able to correctly configure the telephony components that UM requires. Performing a new deployment or upgrading a legacy voice mail system requires significant knowledge about telephony networks and Unified Messaging.

一般的に、UM に必要なテレフォニー コンポーネントを正しく構成するために実行すべきタスクには、次の 3 つがあります。Generally, you need to complete three tasks to successfully configure the telephony components that UM requires:

  1. Pbx 回線のプロビジョニング: スケーラブルな UM ソリューションを展開するための最初の手順は、PBX 回線のプロビジョニングです。Provision PBX lines: The first step in deploying a scalable UM solution is to provision PBX lines.

  2. チャネルを整理する: PBX ベースの音声チャネルをプロビジョニングした後、チャネルをハントグループとして編成できます。Organize channels: After you provision PBX-based voice channels, you can organize the channels into hunt groups.

  3. Voip ゲートウェイを展開する: 音声チャネルをハントグループとして編成した後、これらのチャネルを VoIP ゲートウェイで終了する必要があります。Deploy VoIP gateways: After you organize your voice channels as hunt groups, you need to end these channels at VoIP gateways. VoIP ゲートウェイと従来の PBX を使用して、テレフォニー ネットワークで使用されている回線交換プロトコルを、IP ベースのパケット交換プロトコルに変換します。VoIP gateways are used with a legacy PBX to convert the circuit-switched protocols found on a telephony network to IP-based packet-switched protocols.

ユニファイド メッセージングを展開するときに、組織のテレフォニー ネットワークとデータ ネットワークを統合する場合は、テレフォニー ネットワーク コンポーネントとデータ ネットワーク コンポーネントを正しく構成する必要があります。ユニファイド メッセージングを正しく展開するには、以下のコンポーネントやインターフェイスも構成する必要があります。When you integrate your organization's telephony and data networks during the deployment of Unified Messaging, you need to configure the telephony and data networking components correctly. You also need to configure the following components or interfaces to successfully deploy Unified Messaging:

メールボックス サーバーおよびクライアント アクセス サーバーをインストールするInstall the Mailbox and Client Access servers

Exchange ユニファイド メッセージングを展開する予定の組織は、さまざまな展開のパスを利用できます。Different deployment paths are available for organizations that plan to deploy Exchange Unified Messaging. これらのパスはすべて同じ終了 (ユニファイドメッセージングの展開を成功させる) をリードしていますが、各顧客のニーズと開始点が異なるため、それぞれのパスは若干異なります。Although these paths all lead to the same end (a successful deployment of Unified Messaging) each path is slightly different because each customer's needs and starting points are different. ただし、一般的には、サポートされているすべての展開シナリオ (新規インストールとアップグレード) で作業開始時の状態や展開方法は共通しています。However, generally there are common starting points and paths that cover all supported deployment scenarios, including new installations and upgrades. 次の手順に従って、クライアント アクセス サーバーおよびメールボックス サーバーを展開します。Follow these steps to deploy your Client Access and Mailbox servers:

  1. 既存のインフラストラクチャが特定の前提条件を満たしていることを確認します。Verify that your existing infrastructure meets certain prerequisites. 詳細については、「 Exchange 2013 の前提条件」を参照してください。For details, see Exchange 2013 prerequisites.

  2. 新しい Exchange 2013 組織を展開します。詳細については、「セットアップ ウィザードを使用して Exchange 2016 メールボックスの役割をインストールする」を参照してください。Deploy your new Exchange 2013 organization. For details, see Install Exchange 2013 using the Setup wizard.

    警告

    UM SIP と RTP トラフィックを Exchange 2013 クライアント アクセス サーバーに送信するように VoIP ゲートウェイまたは IP PBX を構成するには、その前に、組織内に 1 台以上の Exchange 2013 メールボックス サーバーを展開しておく必要があります。You must deploy at least one Exchange 2013 Mailbox server in your organization before you configure the VoIP gateways or IP PBXs to send UM SIP and RTP traffic to the Exchange 2013 Client Access servers.

  3. クライアント アクセス サーバーおよびメールボックス サーバーが正常にインストールされていることを確認します。サーバーをインストールした後で、インストールを確認し、サーバーのセットアップ ログを確認することをお勧めします。詳細については、「Exchange 2013 のインストールの確認」を参照してください。Verify that you've correctly installed the Client Access and Mailbox servers. After you install the servers, we recommend that you verify the installation and review the server setup logs. For details, see Verify an Exchange 2013 installation.

必要な UM 言語パックを追加しますAdd the required UM language packs

UM 言語パックを使用すると、発信者と Outlook Voice Access ユーザーは複数の言語でボイス メール システムを操作できます。また、追加の言語パックをメールボックス サーバーにインストールすると、発信者と Outlook Voice Access ユーザーはその言語で電子メール メッセージを聞いたり、ボイス メール システムを操作したりすることができます。UM language packs enable callers and Outlook Voice Access users to interact with the voice mail system in multiple languages. After you install an additional language pack on a Mailbox server, callers and Outlook Voice Access users can hear email messages and interact with the voice mail system in that language.

Exchange を初めてインストールした時点では、英語 (米国) が既定の言語であり、ダイヤル プランで使用できる唯一の言語オプションです。UM 言語パックをメールボックス サーバーにインストールすると、ダイヤル プランの既定の言語を構成するときに、言語パックに関連付けられた言語が使用可能なオプションとして一覧表示されます。既定では、UM 自動応答は UM ダイヤル プランに関連付けられるため、UM 自動応答を作成すると、UM 自動応答は関連付けられた UM ダイヤル プランの既定の言語設定を使用します。ただし、この設定は UM 自動応答が作成された後で変更できます。When you first install Exchange, U.S. English will be the default language, and the only available language option for your dial plan. After you install a UM language pack on a Mailbox server, the language associated with the language pack will be listed as an available option when you configure the default language for the dial plan. By default, because UM auto attendants are associated with a UM dial plan when they're created, they use the default language setting of the associated UM dial plan. However, this setting can be changed after the UM auto attendant is created.

Um 言語パックを追加するには、setup.exe コマンドを使用するか、またはExchange Server 2013 um 言語パックから um 言語パックをダウンロードした後に、 * <umlanguagepack>* のインストールプログラムを実行します。You can add UM language packs by using the Setup.exe command or by running the <UMLanguagePack>.exe installation program after you've downloaded the UM language pack from Exchange Server 2013 UM Language Packs. ただし、UM 言語パックを削除するには、Setup.exe コマンドを使用する必要があります。However, you have to use the Setup.exe command to remove a UM language pack. Exchange 管理シェルコマンドレットはありません。これを使用して、メールボックスサーバーに対して言語の追加または削除を行うことができます。There's no Exchange Management Shell cmdlet that you can use to add or remove languages from a Mailbox server. UM 言語パックをインストールする方法の詳細については、「 um 言語パックをインストールする」を参照してください。For more information about how to install a UM language pack, see Install a UM language pack.

注意

既定では、メールボックス サーバーをインストールすると、U.S. 英語の言語 (en-US) がインストールされます。メールボックス サーバーをコンピューターから削除しないと、削除できません。By default, when you install a Mailbox server, the U.S. English language (en-US) is installed. It can't be removed unless you remove the Mailbox server from the computer.

UM コンポーネントを作成して構成するCreate and configure UM components

ユニファイド メッセージングの展開と運用のためには、いくつかの UM コンポーネントが必要です。ユニファイド メッセージング コンポーネントにより、テレフォニー インフラストラクチャとユニファイド メッセージング環境が接続されます。クライアント アクセス サーバーおよびメールボックス サーバーを正常にインストールしたら、次の手順に従います。Several UM components are required for the deployment and operation of Unified Messaging. Unified Messaging components connect the telephony infrastructure with the Unified Messaging environment. After you've successfully installed the Client Access and Mailbox servers, follow these steps.

手順 1:UM ダイヤル プランを作成して構成するStep 1: Create and configure UM dial plans

UM ダイヤル プランは、ユニファイド メッセージングの動作にとって重要であり、ユニファイド メッセージングをネットワークに正常に展開するために必要なものです。クライアント アクセス サーバーおよびメールボックス サーバーを正常にインストールした後、UM ダイヤル プランが最初に作成するコンポーネントになります。UM dial plans are important to the operation of Unified Messaging and are required to successfully deploy Unified Messaging on your network. After you've successfully installed your Client Access and Mailbox servers, a UM dial plan will be the first component that you'll create.

既定では、UM ダイヤル プランと、そのダイヤル プランに関連付けられたクライアント アクセス サーバーおよびメールボックス サーバーは、暗号化を使用せずにデータを送受信します。セキュリティで保護されていないモードでは、VoIP および SIP トラフィックは暗号化されません。ダイヤル プランを作成するとき、または作成した後、相互トランスポート層セキュリティ (相互 TLS) を使用して、VoIP および SIP トラフィックを暗号化するようにダイヤル プランを構成できます。相互 TLS を使用するには、ダイヤル プランをセキュリティで保護された SIP モードまたはセキュリティで保護されたモードに設定します。また、UM 開始モードを TLS またはデュアルに設定し、Exchange サーバーおよび VoIP ゲートウェイ、IP PBX またはセッション ボーダー コントローラー (SBC) の信頼されている証明書を作成して配布します。VoIP セキュリティ設定を構成した後、クライアント アクセス サーバーおよびメールボックス サーバーの起動モードを構成する必要があります。詳細については、「メールボックス サーバーのスタートアップ モードを構成する」または「クライアント アクセス サーバーのスタートアップ モードを構成する」を参照してください。By default, UM dial plans and Client Access and Mailbox servers that are associated with the dial plan send and receive data without using encryption. In Unsecured mode, the VoIP and SIP traffic won't be encrypted. When you create the dial plan or after you've created the dial plan, you can configure the dial plan to encrypt the VoIP and SIP traffic by using Mutual Transport Layer Security (mutual TLS). If you will be using mutual TLS, you will set the dial plan to SIP secured or Secured, set the UM start mode to TLS or Dual, and create and distribute a trusted certificate be the Exchange servers and the VoIP gateways, IP PBXs or session border controllers (SBCs). After you configure the VoIP security setting, you'll have to configure the startup mode for the Client Access and Mailbox servers. For details, see Configure the startup mode on a Mailbox server or Configure the startup mode on a Client Access server.

以下の手順を実行して、新しい UM ダイヤル プランを作成します。Perform the following procedure to create a new UM dial plan.

UM ダイヤル プランを作成するCreate a UM dial plan

  1. Exchange 管理センター (EAC) で、[(images/JJ218640.c1e75329-d6d7-4073-a27d-498590bbb558(EXCHG.150).gif "")ユニファイドメッセージング > UM ダイヤルプラン] に移動し、 **** [追加![] アイコン]追加アイコンをクリックします。In the Exchange admin center (EAC), navigate to Unified Messaging > UM dial plans, and then click Add Add Icon.

  2. [UM ダイヤル プランの新規作成] ページで、次のボックスを入力します。On the New UM Dial Plan page, complete the following boxes:

    • [名前: ダイヤルプランの名前を入力します。Name: Type the name of the dial plan. 一意な UM ダイヤル プラン名を必ず指定する必要があります。A UM dial plan name is required and must be unique. 入力した名前は、EAC とシェルの表示のためにのみ使用されます。The name you type is used only for display purposes in the EAC and the Shell. ただし、次の文字を含めることはできません。The maximum length of a UM dial plan name is 64 characters, and it can include spaces. ただし、" / \ [ ] : ; | = , + * ? を含めることはできません。However, it can't include any of the following characters: " / \ [ ] : ; | = , + * ? < >.

      重要

      ダイヤルプラン名のボックスには 64 文字を使用できますが、ダイヤルプランの名前は 49 文字を超えることはできません。Although the box for the name of the dial plan can accept 64 characters, the name of the dial plan can't be longer than 49 characters. これは、ダイヤルプランを作成するときに、"ダイヤルプラン <名> の既定のポリシー" という名前の既定の UM メールボックスポリシーも作成されるためです。This is because, when you create a dial plan, a default UM mailbox policy is also created that has the name <DialPlanName> Default Policy. UM ダイヤルプランと UM メールボックスポリシーの両方のnameパラメーターは、64 文字の長さにすることができます。The name parameter for both the UM dial plan and UM mailbox policy can be 64 characters long.

    • [内線番号の長さ (桁数)]: ダイヤルプランの内線番号の桁数を入力します。Extension length (digits): Enter the number of digits for extension numbers in the dial plan. 内線番号の桁数は、PBX で作成されるテレフォニー ダイヤル プランに基づいています。The number of digits for extension numbers is based on the telephony dial plan created on a PBX. たとえば、テレフォニー ダイヤル プランに関連付けられているユーザーが、同じテレフォニー ダイヤル プランを使用している別のユーザーに電話をかけるときに 4 桁の内線番号をダイヤルしている場合は、内線番号の桁数として 4 を選択します。For example, if a user associated with a telephony dial plan dials a four-digit extension to call another user in the same telephony dial plan, you select 4 as the number of digits in the extension.

      これは 1 ~ 20 の値を持つ必須ボックスです。一般的な内線番号の長さは、3 ~ 7 個の数字です。既存のテレフォニー環境で内線番号が使用されている場合は、それらの内線番号と同じ桁数を指定する必要があります。This is a required box that has a value range from 1 through 20. The typical extension length is from 3 through 7 numbers. If your existing telephony environment includes extension numbers, you must specify a number of digits that matches the number of digits in those extensions.

      内線電話番号ダイヤル プランにユーザーがリンクされている場合は、内線電話番号ダイヤル プランを作成する際に、ユーザーの内線番号を入力する必要があります。UM が有効なユーザーが SIP URI ダイヤル プランまたは E.164 ダイヤル プランにリンクされている場合は、セッション開始プロトコル (SIP) ダイヤル プランまたは E.164 ダイヤル プランにおいても内線番号が必要になります。この内線番号は、Outlook Voice Access ユーザーが Exchange メールボックスにアクセスするときに使用します。When you create a Telephone extension dial plan, you're required to enter an extension number for the user when they're linked to a Telephone extension dial plan. An extension number is also required with Session Initiation Protocol (SIP) dial plans or E.164 dial plans when a UM-enabled user is linked to a SIP URI or E.164 dial plan. This extension number is used by Outlook Voice Access users when they access their Exchange mailbox.

    • この設定の範囲は 0 ~ 200 です。既定の設定は 100 です。UM サーバーに現在接続されている音声呼び出し数の監視に使用できるパフォーマンス カウンターがあります。Dial plan type: A Uniform Resource Identifier (URI) is a string of characters that identifies or names a resource. The main purpose of this identification is to enable VoIP devices to communicate with other devices over a network using specific protocols. URIs are defined in schemes that define a specific syntax and format and the protocols for the call. In simple terms, this format is passed from the IP PBX or PBX. After you create a UM dial plan, you won't be able to change the URI type without deleting the dial plan, and then re-creating the dial plan to include the correct URI type. You can select one of the following URI types for the dial plan:

      • 内線電話番号: これは、最も一般的な URI の種類です。Telephone extension: This is the most common URI type. VoIP ゲートウェイまたは IP 構内交換機 (PBX) からの発信元と発信先の情報は、Tel:512345 または 512345@<IP address> のいずれかの形式で一覧表示されます。The calling and called party information from the VoIP gateway or IP Private Branch eXchange (PBX) is listed in one of the following formats: Tel:512345 or 512345@<IP address>. これは、ダイヤル プランの既定の URI タイプです。This is the default URI type for dial plans.

      • [ SIP URI]: sip ルーティングをサポートする IP PBX などのセッション開始プロトコル (SIP) URI ダイヤルプランを使用する必要がある場合、または Microsoft Office Communications Server 2007 R2 または Microsoft Lync Server とユニファイドメッセージングを統合している場合は、この uri タイプを使用します。SIP URI: Use this URI type if you must have a Session Initiation Protocol (SIP) URI dial plan such as an IP PBX that supports SIP routing or if you're integrating Microsoft Office Communications Server 2007 R2 or Microsoft Lync Server and Unified Messaging. VoIP ゲートウェイからの呼び出し元および呼び出し先情報。The calling and called party information from the VoIP gateway. IP PBX、Communications Server 2007 R2 または Lync Server は、sip:<username>@<domain または IP address>:Port 形式の SIP アドレスとして一覧表示されます。IP PBX, or Communications Server 2007 R2 or Lync Server is listed as a SIP address in the following format: sip:<username>@<domain or IP address>:Port.

      • **** E.164: e.164 は、各割り当て番号に国コード、国内の行先コード、および加入者番号が含まれている、公衆電話システムの国際番号計画です。E.164: E.164 is an international numbering plan for public telephone systems in which each assigned number contains a country code, a national destination code, and a subscriber number. VoIP ゲートウェイまたは IP PBX から送信される発信元情報および発信先情報は、Tel:+14255550123 の形式で一覧表示されます。The calling and called party information sent from the VoIP gateway or IP PBX is listed in the following format: Tel:+14255550123.

        警告

        E.164: E.164 は公衆電話システム用の国際番号付けプランであり、割り当てられる各番号には、国コード、国内宛先コード、および加入者番号が含まれます。VoIP ゲートウェイまたは IP PBX から送信される発信元情報および発信先情報は、次の形式で一覧表示されます。Tel:+14255550123。After you create a dial plan, you will be unable to change the URI type without deleting the dial plan, and then re-creating the dial plan to include the correct URI type.

    • [ Voip セキュリティモード]: このドロップダウンリストを使用して、UM ダイヤルプランの VoIP セキュリティ設定を選択します。VoIP security mode: Use this drop-down list to select the VoIP security setting for the UM dial plan. ダイヤル プランに対して次のいずれかのセキュリティ設定を選択できます。You can select one of the following security settings for the dial plan:

      • セキュリティで保護されていません。既定では、UM ダイヤルプランを作成すると、SIP 信号または RTP トラフィックを暗号化しないように設定されます。Unsecured: By default, when you create a UM dial plan, it is set to not encrypt the SIP signaling or RTP traffic. セキュリティで保護されていないモードでは、UM ダイヤル プランに関連付けられたクライアント アクセス サーバーとメールボックス サーバーは、暗号化を使用しないで、VoIP ゲートウェイ、IP PBX、SBC、およびその他のクライアント アクセス サーバーとメールボックス サーバーからデータを送受信します。In unsecured mode, the Client Access and Mailbox servers associated the UM dial plan send and receive data from VoIP gateways, IP PBXs, SBCs and other Client Access and Mailbox servers using no encryption. セキュリティで保護されていないモードでは、リアルタイム転送プロトコル (RTP) メディア チャネルばかりでなく SIP 信号情報も暗号化されません。In unsecured mode, neither the Realtime Transport Protocol (RTP) media channel nor the SIP signaling information is encrypted.

      • [セキュリティで保護された SIP]  この [セキュリティで保護された SIP] を選択すると、SIP 信号トラフィックのみが暗号化され、RTP メディア チャネルは依然として TCP を使用し、暗号化されません。SIP secured  When you select SIP secured, only the SIP signaling traffic is encrypted, and the RTP media channels still use TCP, which isn't encrypted. SIP がセキュリティで保護されている場合、SIP 信号トラフィックおよび VoIP データの暗号化には、相互トランスポート層セキュリティ (TLS) が使用されます。With SIP secured, Mutual Transport Layer Security (TLS) is used to encrypt the SIP signaling traffic and VoIP data.

      • セキュリティで保護された SIP: [セキュリティで保護された SIP] を選択すると、SIP 信号トラフィックのみが暗号化され、RTP メディア チャネルは依然として TCP を使用し、暗号化されません。SIP がセキュリティで保護されている場合、SIP 信号トラフィックおよび VoIP データの暗号化には、相互トランスポート層セキュリティ (TLS) が使用されます。Secured: When you select Secured, both the SIP signaling traffic and the RTP media channels are encrypted. Both the secure signaling media channel that uses Secure Realtime Transport Protocol (SRTP) and the SIP signaling traffic use mutual TLS to encrypt the VoIP data.

    • [国/地域コード]: このボックスを使用して、発信通話に使用する国/地域コード番号を入力します。Country/Region code: Use this box to type the country/region code number to be used for outgoing calls. この番号は、ダイヤルされた電話番号の前に自動的に付加されます。This number will automatically be prepended to the telephone number that's dialed. このボックスには、1 から 4 桁の数値を入力できます。This box accepts from 1 through 4 digits. たとえば、米国内の国/地域コードは 1 です。For example, in the United States, the country/region code is 1. イギリスの国/地域コードは 44 です。In the United Kingdom, it's 44.

  3. [保存] をクリックします。Click Save.

    重要

    Exchange の以前のバージョンでは、ユニファイド メッセージング サーバーを UM ダイヤル プランに追加する必要がありました。Exchange 2013 では、クライアント アクセス サーバーおよびメールボックス サーバーを内線電話番号ダイヤル プランまたは E.164 ダイヤル プランに関連付けることができません。クライアント アクセス サーバーおよびメールボックス サーバーは、すべての種類のダイヤル プランにおけるすべての着信呼び出しに応答します。ただし、UM を Microsoft Lync Server に統合する場合は、Lync Server との正しい動作のために、すべてのクライアント アクセス サーバーおよびメールボックス サーバーをすべての SIP URI ダイヤル プランに追加して、呼び出しのルーティングを有効にする必要があります。In previous versions of Exchange, the Unified Messaging server had to be added to a UM dial plan. In Exchange 2013, Client Access and Mailbox servers can't be associated with a Telephone extension or E.164 dial plan. Client Access and Mailbox servers will answer all incoming calls for all types of dial plans. However, if you're integrating UM with Microsoft Lync Server, you must add all Client Access and Mailbox servers to all SIP URI dial plans to enable call routing to work correctly with Lync Server.

手順 2:UM IP ゲートウェイを作成および構成するStep 2: Create and configure your UM IP gateways

UM IP ゲートウェイとは、VoIP ゲートウェイ ハードウェア デバイスまたは IP PBX のことを指します。UM IP ゲートウェイと UM ハント グループの組み合わせにより、VoIP ゲートウェイまたは IP PBX と UM ダイヤル プランの間のリンクが確立されます。A UM IP gateway represents either a VoIP gateway hardware device or an IP PBX. The combination of the UM IP gateway and a UM hunt group establishes a link between a VoIP gateway or IP PBX and a UM dial plan.

ダイヤル プランで VoIP セキュリティを作成するか有効にすると、以下の手順のいずれかで作成する UM IP ゲートウェイは、VoIP セキュリティを使用する UM ダイヤル プランと関連付けられます。If you've created or enabled VoIP security on a dial plan, the UM IP gateway that you create by using one of the following procedures will be associated with a UM dial plan that uses VoIP security. この場合、UM IP ゲートウェイを作成するのに、IP アドレスではなく完全修飾ドメイン名を使用する必要があります。In that case, you must use a fully qualified domain name (FQDN) to create the UM IP gateway, and not an IP address. TCP ポート 5061 をリッスンするように UM IP ゲートウェイを構成する必要もあります。You must also configure the UM IP gateway to listen on TCP port 5061. TCP ポート5061をリッスンするように UM IP ゲートウェイを構成するには、次Set-UMIPGateway -identity MyUMIPGateway -Port 5061のコマンドを実行します。To configure a UM IP gateway to listen on TCP port 5061, run the following command: Set-UMIPGateway -identity MyUMIPGateway -Port 5061. VoIP ゲートウェイまたは IP PBX もポート 5061 で 相互 TLS の要求待ちをするように構成されていることを確認します。You must also verify that any VoIP gateways or IP PBXs have also been configured to listen on port 5061 for mutual TLS.

以下の手順を実行して、新しい UM IP ゲートウェイを作成します。Perform the following procedure to create a new UM IP gateway.

UM IP ゲートウェイを作成するCreate a UM IP gateway

  1. EAC で、[ユニファイドメッセージング >のUM IP ゲートウェイ] に移動し**** 、追加![] アイコン追加アイコンをクリックします。In the EAC, navigate to Unified Messaging > UM IP Gateways, and then click Add Add Icon.

  2. [UM IP ゲートウェイの新規作成] ページで、以下の情報を入力します。On the New UM IP gateway page, enter the following information:

    • Name: このボックスを使用して、UM IP ゲートウェイの一意の名前を指定します。Name: Use this box to specify a unique name for the UM IP gateway. これは、EAC に表示される表示名です。This is a display name that appears in the EAC. UM IP ゲートウェイの作成後に表示名を変更する必要がある場合、最初に既存の UM IP ゲートウェイを削除し、次に適切な名前を持つ別の UM IP ゲートウェイを作成します。If you have to change the display name of the UM IP gateway after it's been created, you must first delete the existing UM IP gateway, and then create another UM IP gateway that has the appropriate name. UM IP ゲートウェイ名は必須ですが、表示にのみ使用されます。The UM IP gateway name is required, but it's used for display purposes only. 組織では複数の UM IP ゲートウェイを使用することがあるため、UM IP ゲートウェイにはわかりやすい名前を使用することをお勧めします。Because your organization may use multiple UM IP gateways, we recommend that you use meaningful names for your UM IP gateways. UM IP ゲートウェイ名は最大 64 文字です。スペースも使用できます。The maximum length of a UM IP gateway name is 64 characters, and it can include spaces. ただし、" / \ [ ] : ; | = , + * ? を含めることはできません。However, it can't include any of the following characters: " / \ [ ] : ; | = , + * ? < >.

    • Address: ip アドレスまたは完全修飾ドメイン名 (FQDN) のいずれかを使用して UM ip ゲートウェイを構成できます。Address: You can configure a UM IP gateway with either an IP address or a fully qualified domain name (FQDN). このボックスを使用すると、VoIP ゲートウェイ、SIP 有効 PBX、IP PBX、SBC、または FQDN に対して構成された IP アドレスを指定できます。Use this box to specify the IP address configured on the VoIP gateway, SIP-enabled PBX, IP PBX, or SBC, or an FQDN. このボックスには、有効で正しい形式の FQDN のみ指定できます。This box accepts only FQDNs that are valid and formatted correctly.

      このボックスには、英数字と数字を入力できます。You can enter alphabetical and numeric characters in this box. IPv4 アドレス、IPv6 アドレス、および FQDN がサポートされています。IPv4 addresses, IPv6 addresses, and FQDNs are supported. UM IP ゲートウェイと、セキュリティで保護された SIP モードまたはセキュリティ保護されたモードで運用されているダイヤル プランの間で相互 TLS を使用するには、FQDN を使用して UM IP ゲートウェイを構成する必要があります。If you want to use mutual TLS between a UM IP gateway and a dial plan operating in either SIP secured or Secured mode, you must configure the UM IP gateway with an FQDN. また、ポート 5061 で接続要求を待つように構成し、VoIP ゲートウェイまたは IP PBX もすべてポート 5061 で相互 TLS の接続要求を待つように構成されていることを確認する必要があります。You must also configure it to listen on port 5061 and verify that any VoIP gateways or IP PBXs have also been configured to listen for mutual TLS requests on port 5061. UM IP ゲートウェイを構成するには、次のコマンドSet-UMIPGateway -identity MyUMIPGateway -Port 5061を実行します。To configure a UM IP gateway, run the following command: Set-UMIPGateway -identity MyUMIPGateway -Port 5061.

      FQDN を使用する場合、IP アドレスについてホスト名を正しく解決できるように、VoIP ゲートウェイに対して DNS ホスト レコードを正しく構成したことも確認する必要があります。また、IP アドレスの代わりに FQDN を使用していて、かつ UM IP ゲートウェイの DNS 構成が変更される場合、UM IP ゲートウェイをいったん無効化してから有効化し、UM IP ゲートウェイの構成情報が正しく更新されていることを確認する必要があります。If you use an FQDN, you must also make sure that you've correctly configured a DNS host record for the VoIP gateway so that the host name will be correctly resolved to an IP address. Also, if you use an FQDN instead of an IP address, and the DNS configuration for the UM IP gateway is changed, you must disable and then enable the UM IP gateway to make sure that configuration information for the UM IP gateway is updated correctly

    • [ Um ダイヤルプラン]: [参照] をクリックして、um IP ゲートウェイに関連付ける um ダイヤルプランを選択します。UM dial plan: Click Browse to select the UM dial plan that you want to associate with the UM IP gateway. UM IP ゲートウェイに関連付ける UM ダイヤル プランを選択すると、既定の UM ハント グループも作成され、選択した UM ダイヤル プランに関連付けられます。When you select a UM dial plan to associate with a UM IP gateway, a default UM hunt group is also created and associated with the UM dial plan that you selected. UM ダイヤル プランを選択しない場合、UM ハント グループを手動で作成し、作成した UM IP ゲートウェイとその UM ハント グループを関連付ける必要があります。If you don't select a UM dial plan, you must manually create a UM hunt group and then associate that UM hunt group with the UM IP gateway that you create.

  3. [保存] をクリックします。Click Save.

手順 3:UM ハント グループを作成して構成する (オプション)Step 3: Create and configure your UM hunt groups (optional)

ハントグループは、ユーザーによって共有される pbx または IP pbx リソースまたは内線番号のグループを表すために使用される用語です。Hunt group is a term that's used to describe a group of PBX or IP PBX resources or extension numbers that are shared by users. ハント グループは、特定のビジネス単位で発着信される呼び出しを効率的に配信するために使用されます。Hunt groups are used to efficiently distribute calls into or out of a given business unit.

UM IP ゲートウェイを作成して、その UM IP ゲートウェイを UM ダイヤル プランと関連付けると、既定の UM ハント グループが作成されます。これまでに作成した UM IP ゲートウェイの個数に応じて、別の UM ハント グループを同じ、または別の UM IP ゲートウェイに関連付けることができます。If you've created a UM IP gateway and associated the UM IP gateway with a UM dial plan, a default UM hunt group has been created. You can associate another UM hunt group with the same or a different UM IP gateway, depending on the number of UM IP gateways that you've created.

UM ハント グループを作成すると、UM ダイヤル プラン内で指定されているすべてのメールボックス サーバーが、VoIP ゲートウェイと通信できるようになります。詳細については、「UM ハント グループ」を参照してください。When you create a UM hunt group, you enable all Mailbox servers that are specified within the UM dial plan to communicate with a VoIP gateway. For details, see UM hunt groups.

UM ハント グループを作成するCreate a UM hunt group

  1. EAC で、[ユニファイド メッセージング] > [UM ダイヤル プラン] に移動します。In the EAC, navigate to Unified Messaging > UM dial plans. リストビューで、変更する UM ダイヤルプランを選択し、[編集] 編集**** アイコンをクリックします。In the list view, select the UM dial plan you want to change, and then click Edit Edit icon.

  2. [ Um ダイヤルプラン] ページの [ um ハントグループ] で**** 、追加![] アイコン追加アイコンをクリックします。On the UM Dial Plan page, under UM Hunt Groups, click Add Add Icon.

  3. [UM ハント グループの新規作成] ページで、次のボックスを入力します。On the New UM Hunt Group page, complete the following boxes:

    • [関連付けられた UM ip ゲートウェイ]: この表示専用ボックスには、um ハントグループに関連付けられる um ip ゲートウェイの名前が表示されます。Associated UM IP gateway: This display-only box shows the name of the UM IP gateway that will be associated with the UM hunt group.

    • Name: このボックスを使用して、UM ハントグループの表示名を作成します。Name: Use this box to create the display name for the UM hunt group. UM ハント グループ名は必須で、一意である必要があります。ただし、この名前は、EAC とシェルでの表示のためにのみ使用されます。A UM hunt group name is required and must be unique, but it's used only for display purposes in the EAC and the Shell. 作成後にハントグループの表示名を変更する必要がある場合は、最初に既存のハントグループを削除してから、適切な名前を持つ別のハントグループを作成する必要があります。If you have to change the display name of the hunt group after it's been created, you must first delete the existing hunt group and then create another hunt group that has the appropriate name.

      組織で複数のハント グループを使用する場合は、ハント グループに対してわかりやすい名前を使用することをお勧めします。If your organization uses multiple hunt groups, we recommend that you use meaningful names for your hunt groups. UM ハント グループ名の長さの上限は 64 文字で、スペースも使用できます。The maximum length of a UM hunt group name is 64 characters, and it can include spaces. ただし、" / \ [ ] : ; | = , + * ? を含めることはできません。However, it can't include any of the following characters: " / \ [ ] : ; | = , + * ? < >.

    • ダイヤルプラン: [参照] をクリックして、UM ハントグループに関連付けるダイヤルプランを選択します。Dial plan: Click Browse to select the dial plan that will be associated with the UM hunt group. ハント グループとダイヤル プランの関連付けは必須です。Associating a hunt group with a dial plan is required. UM ハント グループは、1 つの UM IP ゲートウェイと 1 つの UM ダイヤル プランにのみ関連付けることができます。A UM hunt group can be associated with only one UM IP gateway and one UM dial plan.

    • [パイロット id]: このボックスを使用して、pbx または IP pbx で構成されているパイロット識別子またはパイロット id を一意に識別する文字列を指定します。Pilot identifier: Use this box to specify a string that uniquely identifies the pilot identifier or pilot ID configured on the PBX or IP PBX.

      このボックスでは、内線番号または SIP (セッション開始プロトコル) URI (Uniform Resource Identifier) を使用できます。このボックスは英数字の入力に対応しています。従来の PBX では数字のパイロット ID が使用されますが、IP PBX では SIP URI が使用される場合もあります。An extension number or a Session Initiation Protocol (SIP) Uniform Resource Identifier (URI) can be used in this box. Alphanumeric characters are accepted in this box. For legacy PBXs, a numeric value is used as a pilot identifier. However, some IP PBXs can use SIP URIs.

  4. [保存] をクリックします。Click Save.

手順 4:UM メールボックス ポリシーを作成して構成するStep 4: Create and configure a UM mailbox policy

UM メールボックス ポリシーは、ユーザーに対してユニファイド メッセージングを有効にするときに必要です。UM が有効な各ユーザーのメールボックスは、単一の UM メールボックス ポリシーにリンクされている必要があります。UM メールボックス ポリシーを作成した後で、UM が有効な 1 つ以上のメールボックスをその UM メールボックス ポリシーにリンクします。これにより、その UM メールボックス ポリシーに関連付けられた UM が有効なユーザーに対して、PIN の最低桁数やサインインの最大試行回数などの PIN セキュリティ設定を制御できます。UM mailbox policies are required when you enable users for Unified Messaging. The mailbox of each UM-enabled user must be linked to a single UM mailbox policy. After you create a UM mailbox policy, you link one or more UM-enabled mailboxes to the UM mailbox policy. This lets you control PIN security settings such as the minimum number of digits in a PIN or the maximum number of failed sign-in attempts for the UM-enabled users who are associated with the UM mailbox policy.

UM ダイヤル プランを作成するたびに、UM メールボックス ポリシーも作成されます。Every time that you create a UM dial plan, a UM mailbox policy is also created. UM メールボックスポリシーには、 < ** > "" という名前の既定のポリシー "という名前が付けられます。The UM mailbox policy will be named <DialPlanName> Default Policy. ただし、新しい UM メールボックス ポリシーを作成する必要がある場合、以下の手順を実行します。However, if you have to create a new UM mailbox policy, perform the following procedure.

UM メールボックス ポリシーを作成するCreate a UM mailbox policy

  1. EAC で、[ユニファイド メッセージング] > [UM ダイヤル プラン] に移動します。In the EAC, navigate to Unified Messaging > UM dial plans. リストビューで、変更する UM ダイヤルプランを選択し、[編集] 編集**** アイコンをクリックします。In the list view, select the UM dial plan you want to modify, and then click Edit Edit icon.

  2. [ Um ダイヤルプラン] ページの [ Um メールボックスポリシー] **** で、[追加]アイコン追加アイコンをクリックします。On the UM dial plan page, under UM Mailbox Policies, click Add Add Icon.

  3. [UM メールボックス ポリシーの新規作成] ページで、 [名前] テキスト ボックスに新しい UM メールボックス ポリシーの名前を入力します。On the New UM Mailbox Policy page, in the Name text box, enter the name of the new UM mailbox policy.

    このボックスを使用して、UM メールボックス ポリシーに一意の名前を指定します。これは、EAC に表示される表示名です。UM メールボックス ポリシーを作成した後にその表示名を変更する必要が生じた場合は、まず既存の UM メールボックス ポリシーを削除し、その後で適切な名前を持つ別の UM メールボックス ポリシーを作成する必要があります。UM が有効なユーザーが UM メールボックス ポリシーに関連付けられている場合は、UM メールボックス ポリシーを削除できません。Use this box to specify a unique name for the UM mailbox policy. This is a display name that appears in the EAC. If you must change the display name of the UM mailbox policy after it's been created, you must first delete the existing UM mailbox policy, and then create another UM mailbox policy that has the appropriate name. You can't delete a UM mailbox policy if any UM-enabled users are associated with it.

    UM メールボックスポリシー名は必須ですが、表示専用として使用されます。The UM mailbox policy name is required, but it is used for display purposes only. 組織では複数の UM メールボックスポリシーを使用する場合があるため、UM メールボックスポリシーにはわかりやすい名前を使用することをお勧めします。Because your organization may use multiple UM mailbox policies, we recommend that you use meaningful names for your UM mailbox policies. UM メールボックスポリシー名の最大長は64文字で、スペースを含めることができます。The maximum length of a UM mailbox policy name is 64 characters, and it can include spaces. ただし、" / \ [ ] : ; | = , + * ? を含めることはできません。However, it can't include any of the following characters: " / \ [ ] : ; | = , + * ? < >.

  4. [保存] をクリックして、新しい UM メールボックス ポリシーを保存します。UM メールボックス ポリシーを保存すると、PIN ポリシー、ボイス メール機能、および保護ボイス メールの設定を含むすべての既定の設定が有効になります。既定の設定をカスタマイズまたは変更する場合は、 Set-UMMailbox コマンドレットを使用して、作成したばかりの UM メールボックス ポリシーの設定を変更します。Click Save to save the new UM mailbox policy. When you save the UM mailbox policy, all of the default settings including PIN policies, voice mail features, and Protected Voice Mail settings are enabled. If you want to customize or change any default settings, use the Set-UMMailbox cmdlet to change the settings for the UM mailbox policy you just created.

手順 5:UM 自動応答を作成して構成する (オプション)Step 5: Create and configure UM auto attendants (optional)

ユニファイド メッセージングを使用すると、組織のニーズに応じて、1 つ以上の UM 自動応答を作成することができます。UM 自動応答を作成するとき、組織の音声メニュー システムを作成します。組織の内外から電話をかけてきた発信者は、メニュー システムを使用することで組織内のユーザーや部署を見つけて、通話したり呼び出しを転送できます。Unified Messaging enables you to create one or more UM auto attendants, depending on the needs of your organization. When you create a UM auto attendant, you create a voice menu system for your organization. Callers from outside or inside your organization can then move through the menu system to locate and place or transfer calls to users or departments in your organization.

発信者は、デュアル トーン多重周波数 (DTMF) 入力 (タッチトーン入力) または音声入力を使用して、メニュー システム内を移動できます。自動音声認識 (ASR) を使用して、ユーザーが音声入力できるようにするには、UM 自動応答を音声対応にする必要があります。Callers can move through the menu system by using dual tone multi-frequency (DTMF), also known as touchtone, or voice inputs. For Automatic Speech Recognition (ASR) to work, so users can use voice inputs, you must speech-enable the UM auto attendant.

ユニファイド メッセージングでの自動応答の作成と使用はオプションです。ただし、新しい UM 自動応答を作成する必要がある場合、以下の手順を実行します。Creating and using auto attendants is optional in Unified Messaging. However, if you want to create a new UM auto attendant, perform the following procedure.

UM 自動応答を作成するCreate a UM auto attendant

  1. EAC で、[ **** ユニファイドメッセージング >のum ダイヤルプラン] に移動し、自動応答を追加する um ダイヤルプランを選択してから、[編集]編集アイコンをクリックします。In the EAC, navigate to Unified Messaging > UM dial plans, select the UM dial plan for which you want to add an auto attendant, and then click Edit Edit icon.

  2. [ Um ダイヤルプラン] ページの [ um 自動応答] の**** 下にある [追加]アイコン追加アイコンをクリックします。On the UM Dial Plan page, under UM Auto Attendants, click Add Add Icon.

  3. [UM 自動応答の新規作成] ページで、以下のボックスに入力します。On the New UM auto attendant page, complete the following boxes:

    • Name: このボックスを使用して、UM 自動応答の表示名を作成します。Name: Use this box to create the display name for the UM auto attendant. 一意な UM 自動応答名を必ず指定する必要があります。A UM auto attendant name is required and must be unique. ただし、EAC およびシェルでは表示専用として使用されます。However, it's used only for display purposes in the EAC and the Shell.

      自動応答を作成した後にその表示名を変更する必要がある場合は、最初に既存の UM 自動応答を削除してから、適切な名前を持つ別の自動応答を作成する必要があります。組織で複数の UM 自動応答を使用している場合は、UM 自動応答にわかりやすい名前を使用することをお勧めします。UM 自動応答名は最大で 64 文字で、空白を含めることができます。If you have to change the display name of the auto attendant after it's created, you must first delete the existing UM auto attendant and then create another auto attendant that has the appropriate name. If your organization uses multiple UM auto attendants, we recommend that you use meaningful names for your UM auto attendants. The maximum length of a UM auto attendant name is 64 characters, and it can include spaces.

      新しい UM 自動応答には空白を含んだ名前を付けることができますが、ユニファイド メッセージングを Office Communications Server 2007 R2 または Microsoft Lync Server と統合する場合は、自動応答の名前に空白を含めることはできません。したがって、表示名に空白を含む自動応答を作成し、その後 Office Communications Server 2007 R2 または Lync Server と統合する場合は、まずその自動応答を削除してから、表示名に空白を含まない別の自動応答を作成する必要があります。Although you can name a new UM auto attendant to include spaces, if you integrate Unified Messaging with Office Communications Server 2007 R2 or Microsoft Lync Server, the name of the auto attendant can't include spaces. Therefore, if you created an auto attendant that has spaces in the display name and you're integrating with Office Communications Server 2007 R2 or Lync Server, you must first delete that auto attendant and then create another auto attendant that doesn't include spaces in the display name.

    • [この自動応答を作成して有効にする]: UM 自動応答の作成が完了したときに自動応答が着信呼び出しに応答するようにするには、このチェックボックスをオンにします。Create this auto attendant as enabled: Select this check box to enable the auto attendant to answer incoming calls when you finish creating the UM auto attendant. 既定では、新しい自動応答は無効な状態で作成されます。By default, a new auto attendant is created as disabled.

      UM 自動応答を無効な状態で作成する場合は、自動応答の作成を完了した後に EAC またはシェルを使用して、自動応答を有効にすることができます。If you decide to create the UM auto attendant as disabled, you can use the EAC or the Shell to enable the auto attendant after you finish creating the auto attendant.

    • 音声コマンドに応答するように自動応答を設定する: UM 自動応答の音声認識を有効にするには、このチェックボックスをオンにします。Set the auto attendant to respond to voice commands: Select this check box to speech-enable the UM auto attendant. 自動応答の音声認識が有効な場合、電話をかけてきた人は、音声入力またはタッチトーン入力を使用して、UM 自動応答のシステムまたはカスタム プロンプトに応答できます。If the auto attendant is speech-enabled, callers can respond to the system or custom prompts used by the UM auto attendant using touchtone or voice inputs. 既定では、作成直後の自動応答は音声認識に対応しません。By default, the auto attendant won't be speech-enabled when it's created.

      発信者に対して、U.S. 英語 (en-US) 以外の言語での音声認識が有効な自動応答を使用するためには、適切な UM 言語パックをインストールし、自動応答でこの言語を使用するようにプロパティを構成する必要があります。メールボックス サーバーをインストールすると、en-US UM 言語パックは既定でインストールされます。For callers to use a speech-enabled auto attendant in a language other than U.S. English (en-US), you must install the appropriate UM language pack and configure the properties of the auto attendant to use this language. The en-US UM language pack is installed by default when you install a Mailbox server.

    • [アクセス番号]: このボックスを使用して、発信者が自動応答に接続するために使用する内線番号または電話番号を入力します。Access numbers: Use this box to enter the extension or telephone numbers that callers will use to reach the auto attendant. ボックスに内線番号または電話番号を入力し、追加**** ![] アイコンをクリックして、その番号を一覧に追加します。Type an extension number or telephone number in the box, and then click Add Add Icon to add the number to the list. 入力した内線番号または電話番号の桁数と、関連付けられている UM ダイヤル プランで構成されている内線番号の桁数とが一致する必要はありません。The number of digits in the extension number or telephone number that you provide doesn't have to match the number of digits for an extension number configured on the associated UM dial plan. これは、UM 自動応答では直通電話が許可されるためです。This is because direct calls are allowed to UM auto attendants.

      入力できる内線番号またはパイロット ID の数に制限はありません。ただし、内線番号または電話番号を指定せずに新しい自動応答を作成することもできます。内線番号または電話番号は必須ではありません。The number of extension numbers or pilot identifiers you can enter is unlimited. However, you may create a new auto attendant without listing an extension number or telephone number. An extension number or telephone number isn't required.

      既存の内線番号またはパイロット ID を編集または削除できます。You can edit or remove an existing extension number or pilot identifier. 既存の内線番号または電話番号を編集する**** には、[edit edit icon] をクリックします。To edit an existing extension number or telephone number, click Edit Edit icon. 既存の内線番号または電話番号を一覧から削除するに**** は、[削除]アイコンをクリックします。To remove an existing extension number or telephone number from the list, click Remove Remove icon.

  4. [保存] をクリックします。Click Save.

ユニファイド メッセージングの展開後の作業Post-deployment tasks for Unified Messaging

クライアント アクセス サーバーおよびメールボックス サーバーの新しいインストールを終え、ユニファイド メッセージングを正しく展開した後には、展開後タスクを完了する必要があります。展開後タスクを実行することで、ユニファイド メッセージングのユーザーを有効にし、UM 展開をセキュリティ保護し、UM が有効なユーザーの受信 FAX を展開できます。After you complete a new installation of the Client Access and Mailbox servers and have successfully deployed Unified Messaging, you should complete the post-deployment tasks. The post-deployment tasks will help you enable users for Unified Messaging, secure your UM deployment, and deploy incoming faxing for UM-enabled users.

ユーザーのボイス メールを有効にするEnable users for voice mail

VoIP ゲートウェイまたは IP PBX を展開し、クライアント アクセス サーバーおよびメールボックス サーバーをインストールし、ユニファイド メッセージングに必要なコンポーネントを作成した後、ユーザーがユニファイド メッセージングを利用できるようにする必要があります。詳細については、「ボイス メール用にユーザーを有効にする」を参照してください。After you've deployed your VoIP gateways or IP PBXs, installed the Client Access and Mailbox servers, and created the components required for Unified Messaging, you need to enable your users for Unified Messaging. For details, see Enable a user for voice mail.

ボイス メールを保護するProtect voice mail

ユニファイド メッセージングは、Active Directory Rights Management サービス (AD RMS) を使用して組織の音声メッセージを保護するよう構成できます。この機能は保護されたボイス メールとして知られています。音声メッセージが保護されていると、受信者がそのメッセージを転送できないだけでなく、メッセージの内容にアクセスできるのは UM でメッセージの宛先になっている 1 人または複数の受信者のみになります。保護された音声メッセージにアクセスするには、Microsoft Outlook 2010 またはそれ以降のバージョンや、Outlook Web App、Outlook Voice Access を使用します。詳細については、「ボイス メールを保護する」を参照してください。Unified Messaging can be configured to use Active Directory Rights Management Services (AD RMS) to protect voice messages for an organization. This feature is known as Protected Voice Mail. When a voice message is protected, the recipient is not only blocked from forwarding the message, but UM also assures that only the intended recipient or recipients of the message can access its content. Protected voice messages can be accessed by using Microsoft Outlook 2010 or later, Outlook Web App, or Outlook Voice Access. For details, see Protect voice mail.

UM の相互 TLSMutual TLS for UM

相互 TLS を使用して、クライアント アクセス サーバーおよびメールボックス サーバーが送受信する SIP およびリアルタイム トランスポート プロトコル (RTP) トラフィックを暗号化するには、以下のタスクを実行します。To use mutual TLS to encrypt SIP and Realtime Transport Protocol (RTP) traffic that's sent and received by your Client Access and Mailbox servers, perform the following tasks:

UM が有効なユーザーの PIN ポリシーPIN policies for UM-enabled users

ユニファイド メッセージングでは、PIN ポリシーは UM メールボックス ポリシーで定義および構成されます。ユーザーのユニファイド メッセージングを有効にするときに、そのユーザーを既存の UM メールボックス ポリシーに関連付けます。UM メールボックス ポリシーで構成されている UM PIN ポリシーは、組織のセキュリティ要件に基づくものにする必要があります。UM が有効なユーザーの PIN 設定を構成する方法の詳細については、「Outlook Voice Access PIN セキュリティの設定」を参照してください。In Unified Messaging, PIN policies are defined and configured on a UM mailbox policy. When you enable a user for Unified Messaging, you associate the user with an existing UM mailbox policy. The UM PIN policies that are configured on the UM mailbox policy should be based on the security requirements of your organization. For more information about how to configure PIN settings for UM-enabled users, see Set Outlook Voice Access PIN security.

クライアント ボイス メール機能をセットアップするSet up client voice mail features

サーバーおよび必要な UM コンポーネントを展開した後、オプションでいくつかのボイス メール関連機能を構成できます。詳細については、以下のトピックを参照してください。After you've deployed your servers and the required UM components, there are several optional voice mail-related features that you can configure. For more information, see the following:

重要

ユニファイド メッセージング環境を Microsoft Lync Server と統合する場合は、他にも計画の際に考慮するべきことがあります。詳細については、「Exchange 2013 UM および Lync Server の展開の概要」を参照してください。If you're integrating your Unified Messaging environment with Microsoft Lync Server, there are additional planning considerations. For details, see Deploying Exchange 2013 UM and Lync Server overview.