データベースの移植性を使用して、メールボックス データベースを移動するMove a mailbox database using database portability

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

データベースの移植性を使用して、同じ組織内の Exchange 2013 メールボックスサーバー間で Microsoft Exchange Server 2013 メールボックスデータベースを移動できます。You can use database portability to move a Microsoft Exchange Server 2013 mailbox database between Exchange 2013 Mailbox servers in the same organization. これにより、障害が発生した場合の全体的な回復時間を減らすことができます。This can help reduce overall recovery times for some failure scenarios. 詳細については、「データベースの移植性」を参照してください。To learn more, see Database portability.

事前に必要な知識What do you need to know before you begin?

  • 予想所要時間 : 5 分に、データを復元し、データベース ファイルを移動し、Active Directory のレプリケーションが完了するまでの時間を合わせた時間。Estimated time to complete: 5 minutes, plus the time it takes to restore the data, move the database files, and wait for Active Directory replication to complete.

  • この手順を実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。必要なアクセス許可の一覧については、以下を参照してください。「受信者のアクセス許可」の「メールボックス回復」。You need to be assigned permissions before you can perform this procedure or procedures. To see what permissions you need, see the "Mailbox recovery" entry in the Recipients Permissions topic.

  • EAC を使用して、データベースの移植性を使用し回復したデータベースまたはダイヤル トーン データベースにユーザー メールボックスを移動することはできません。You can't use the EAC to move user mailboxes to a recovered or dial tone database using database portability.

ヒント

問題がある場合は、Having problems? Exchange のフォーラムで質問してください。Ask for help in the Exchange forums. Exchange Serverでフォーラムを参照してください。Visit the forums at Exchange Server.

シェルを使用して、データベースの移植性を使用し回復したデータベースまたはダイヤル トーン データベースにユーザー メールボックスを移動するUse the Shell to move user mailboxes to a recovered or dial tone database using database portability

  1. 移動するデータベースがクリーン シャットダウン状態であることを確認します。データベースがクリーン シャットダウン状態でない場合は、ソフト リカバリを実行します。Verify that the database to be moved is in a clean shutdown state. If the database isn't in a clean shutdown state, perform a soft recovery.

    注意

    ソフトウェアエラーからの回復を実行すると、コミットされていないログファイルはすべてデータベースにコミットされます。When you perform a soft recovery, any uncommitted log files are committed to the database. 必要なログファイルがすべて揃っていない場合は、ソフト回復処理を完了することはできません。If you don't have all of the required log files, you can't complete the soft recovery process. 手順 2 に進みます。Proceed to step 2.

    コミットされていないすべてのログ ファイルをデータベースにコミットするには、コマンド プロンプトから次のコマンドを実行します。To commit all uncommitted log files to the database, from a command prompt, run the following command.

    ESEUTIL /R <Enn>
    

    注意

    <Enn >ログファイルを再生するデータベースのログファイルのプレフィックスを指定します。<Enn> specifies the log file prefix for the database into which you intend to replay the log files. E <nn >で指定されたログファイルのプレフィックスは、Eseutil/r. の必須パラメーターです。The log file prefix specified by <Enn> is a required parameter for Eseutil /r.

  2. 次の構文を使用して、サーバー上にデータベースを作成します。Create a database on a server using the following syntax:

    New-MailboxDatabase -Name <DatabaseName> -Server <ServerName> -EdbFilePath <DatabaseFileNameandPath> -LogFolderPath <LogFilesPath>
    
  3. 次の構文を使用して、このデータベースを restore で書き込むことができるように設定します。Set the This database can be over written by restore attribute using the following syntax:

    Set-MailboxDatabase <DatabaseName> -AllowFileRestore $true
    
  4. 元のデータベース ファイル (.edb ファイル、ログ ファイル、Exchange Search カタログ) を、上で新しいデータベースを作成した時に指定したデータベース フォルダーに移動します。Move the original database files (.edb file, log files, and Exchange Search catalog) to the database folder you specified when you created the new database above.

  5. 次の構文を使用して、データベースをマウントします。Mount the database using the following syntax:

    Mount-Database <DatabaseName>
    
  6. データベースがマウントされたら、Set-Mailbox コマンドレットを使用して、ユーザー アカウントが新しいメールボックス サーバーのメールボックスを参照するようにユーザー アカウントの設定を変更します。古いデータベースから新しいデータベースにすべてのユーザーを移動するには、次の構文を使用します。After the database is mounted, modify the user account settings with the Set-Mailbox cmdlet so that the account points to the mailbox on the new mailbox server. To move all of the users from the old database to the new database, use the following syntax.

    Get-Mailbox -Database <SourceDatabase> |where {$_.ObjectClass -NotMatch '(SystemAttendantMailbox|ExOleDbSystemMailbox)'}| Set-Mailbox -Database <TargetDatabase>
    
  7. 以下の構文を使用して、キュー内に残っているすべてのメッセージの配信をトリガーします。Trigger delivery of any messages remaining in queues using the following syntax.

    Get-Queue <QueueName> | Retry-Queue -Resubmit $true
    

Active Directory のレプリケーションが完了したら、すべてのユーザーが新しい Exchange サーバーのメールボックスにアクセスできます。After Active Directory replication is complete, all users can access their mailboxes on the new Exchange server. 大半のクライアントは、自動検出によってリダイレクトされます。Most clients are redirected via Autodiscover. Outlook Web App ユーザーも自動的にリダイレクトされます。Outlook Web App users are also automatically redirected.

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

メールボックスが正常に移動されたことを確認するには、次の手順を実行します。To verify that you've successfully moved a mailbox, do the following:

  • Outlook Web App を使用してメールボックスを開きます。Open the mailbox using Outlook Web App.

  • Microsoft Outlook を使用してメールボックスを開きます。Open the mailbox using Microsoft Outlook.