Exchange 2013 でのマルチテナント機能Multi-tenancy in Exchange 2013

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

マルチテナントの (ホストされている) Exchange 2013 展開は、電子メール、データ、ユーザー、グローバル アドレス リスト (GAL) などの一般的な Exchange オブジェクトを通常は一切共有していない複数の個別の組織または部署 (テナント) をホストするように Exchange 組織が構成されている状態と定義されます。ハードウェア、ソフトウェア、およびリソースの (すべてが同時にテナント間の論理的な分離を維持しながらの) この共有により、組織は、標準 Exchange 展開の簡潔さを活かしながら、ホスティングのニーズを満たすマルチテナント機能とサービスを提供できます。A multi-tenant (hosted) Exchange 2013 deployment is defined as one where the Exchange organization is configured to host multiple and discrete organizations or business units (the tenants) that ordinarily don't share email, data, users, global address lists (GALs), or other commonly used Exchange objects. This sharing of hardware, software and resources (all while maintaining a logical separation between tenants), allows organizations to leverage the simplicity of a standard Exchange deployment while providing multi-tenant functionality and services to meet their hosting needs.

Exchange 2013 組織におけるマルチテナンシーMulti-tenancy in Exchange 2013 organizations

Exchange 2013 では、Exchange 2010 Service Pack 2 (SP2) で使用されているアプローチによく似た、標準的なオンプレミスの Exchange インストールを使用することで引き続きホスティングがサポートされます。In Exchange 2013, we continue to support hosting by using a standard, on-premises Exchange installation similar to the approach used in Exchange 2010 Service Pack 2 (SP2). モードスイッチは/hosting廃止され、アドレス帳ポリシー (abps) の使用が、承認された独立系ソフトウェアベンダー (isv) によって提供されるホスティング管理ソリューションおよび自動化ツールと組み合わされたものです。We discontinued the /hosting mode switch and are emphasizing the use of address book policies (ABPs) in combination with hosting management solutions and automation tools provided by approved Independent Software Vendors (ISVs). これらのソリューションは、Microsoft 承認の構成ガイドラインとプラクティスのフレームワーク上に構築され、Exchange 組織にホスティング サービスと機能をより簡単、より堅牢に提供する方法を提供します。These solutions are built on a framework of Microsoft-approved configuration guidelines and practices and will offer Exchange organizations an easier, more robust way to provide hosting services and features.

Exchange 2013 は、次のプライマリ コンポーネントと機能を活用してマルチテナンシーをサポートします。Exchange 2013 supports multi-tenancy by leveraging the following primary components and features:

  • Active directory: マルチテナント exchange 組織の各ビジネスユニットに対してExchangeorganization Active Directory コンテナーを個別に使用する代わりに、exchange 2013 マルチテナントを1つのExchangeOrganization Active Directory コンテナー。Active Directory: Instead of having separate ExchangeOrganization Active Directory containers for each business unit in a multi-tenant Exchange organization, Exchange 2013 multi-tenancy is supported by using a single ExchangeOrganization Active Directory container. これにより、Active Directory 構造がさらに簡素化され、Active Directory に関わるアクセス許可の問題の発生確率を下げることができます。This allows for a simpler Active Directory structure and reduces the likelihood of Active Directory-related permission problems.

    Exchange 2013 での Active Directory 変更の詳細については、Active Directory を参照してください。To learn more about Active Directory changes in Exchange 2013, see Active Directory.

  • アドレス帳ポリシー (abps): EXCHANGE 2010 SP2 で導入された abps は、exchange 2013 で、アドレス一覧、グローバルアドレス一覧 (GAL)、および exchange 組織内のオフラインアドレス帳 (oab) へのユーザーアクセスを制御するために使用されます。Address book policies (ABPs): Introduced in Exchange 2010 SP2, ABPs are used in Exchange 2013 to control user access to an address list, the global address list (GAL), and an offline address books (OABs) in the Exchange organization. ABPs これらの異なる Active Directory オブジェクトを、個々のユーザーに割り当てられる1つの仮想オブジェクトにグループ化し、マルチテナントの組織構造に沿ってこれらのリソースの論理的なグループを作成することができます。ABPs group these different Active Directory objects into a single, virtual object that can be assigned to individual users and to create a logical grouping of these resources along a multi-tenant organizational structure. Exchange 2013 の ABP 機能は、Exchange 2010 SP2 の機能に似ています。ABP functionality in Exchange 2013 is similar to what it was in Exchange 2010 SP2.

    Exchange 2013 での ABP の詳細については、アドレス帳ポリシー を参照してください。To learn more about ABPs in Exchange 2013, see Address book policies.

  • ホスティング管理ソリューション: exchange 2013 を使用してホストされた exchange ソリューションを提供する管理者によっては、カスタマイズされたホスティング管理アプローチを使用することが有益です。Hosting management solutions: Some administrators using Exchange 2013 to provide a hosted Exchange solution will benefit from using a customized hosting management approach. Exchange 管理センター (EAC) にはいくつかの制限があるため、Microsoft はサードパーティベンダーと協力して、ホストされた Exchange のガイドラインと承認されたフレームワークに準拠するコントロールパネルと自動化ソリューションの開発を支援します。2013の組織。Due to some limitations of the Exchange admin center (EAC), Microsoft works with third-party vendors to assist them in the development of control panel and automation solutions that are in compliance with the guidelines and approved framework for hosted Exchange 2013 organizations. ホストされた Exchange ソリューションを構成する組織がこれらのツールを活用し、必要に応じてホストされた組織を管理することをお勧めします。We recommend that organizations configuring a hosted Exchange solution leverage these tools to manage their hosted organizations where circumstances require it.

    承認済みソリューション ベンダーを含む、ホストされた管理ソリューションの詳細については、「Exchange Server 2013 hosting and multi-tenancy solutions and guidance」(Exchange Server 2013のホスティングおよびマルチテナント ソリューションとガイダンス) を参照してください。To learn more about hosted management solutions, including validated solution vendors, see Exchange Server 2013 hosting and multi-tenancy solutions and guidance