Exchange Server でのユニファイドメッセージングの計画Planning for Unified Messaging in Exchange Server

適用対象: Exchange Server 2013、Exchange Server 2016Applies to: Exchange Server 2013, Exchange Server 2016

ユニファイド メッセージング (UM) 展開を計画する場合、UM を正しく展開するために考慮する必要がある要素は多岐にわたります。ユニファイド メッセージングのインフラストラクチャと展開を適切に計画できるように、ユニファイド メッセージングのさまざまな要素と各コンポーネントおよび機能について理解する必要があります。計画とこれらの問題への対応のための時間を取り分けることで、組織へのユニファイド メッセージングの展開時の問題を防止できます。When you plan your Unified Messaging (UM) deployment, there are many factors that you must consider to be able to successfully deploy UM. You must understand the different elements of Unified Messaging and each component and feature so that you can plan your Unified Messaging infrastructure and deployment appropriately. Allocating time to plan and work through these issues will help prevent problems when you deploy Unified Messaging in your organization.

新しい Exchange 組織でユニファイド メッセージングを展開したり、従来のボイス メール ソリューションやサード パーティ製のボイス メール ソリューションをアップグレードしたりする場合があります。アップグレードする場合、テレフォニーの回線交換プロトコルを受け入れるデバイスを IP を使用したデータ ネットワークに変換するかどうか、Microsoft Lync Server などのエンタープライズ VoIP ソリューションを展開するかどうかを決定する必要があります。これが UM を理解して組織用に展開するための最初の手順です。You may be deploying Unified Messaging in a new Exchange organization or upgrading from a legacy or third-party voice mail solution. If you're upgrading, you need to decide whether to convert the devices that are accepting telephony circuit-based protocols to a data network using IP or whether to deploy an Enterprise Voice solution like Microsoft Lync Server. This is just the first step in preparing yourself to understand and deploy UM for your organization.

ボイス メール システムの計画Planning your voice mail system

UM は、ボイス メール、FAX、メール メッセージングを、電話、ユーザーのコンピューター、またはモバイル デバイスからアクセスできる 1 つのストアで提供します。ユーザーは、各自の Exchange メールボックスにある音声メッセージ、メール、予定表の情報、個人用連絡先に Outlook や Outlook Web App などのメール クライアントからアクセスできます。UM provides voice mail, fax, and email messaging in one store that can be accessed from a telephone, a user's computer, or a mobile device. Users can access voice messages, email, calendar information, and personal contacts that are located in their Exchange mailbox from email clients such as Outlook and Outlook Web App.

Microsoft Exchange ユニファイド メッセージング呼び出しルーター サービスを実行しているクライアント アクセス サーバーと Microsoft Exchange ユニファイド メッセージング サービスを実行しているメールボックス サーバーは、組織内のユーザーにボイス メール機能を提供するように設計されています。Client Access servers running the Microsoft Exchange Unified Messaging Call Router service and Mailbox servers running the Microsoft Exchange Unified Messaging service are designed to provide voice mail features for users in your organization.

メールボックス サーバーは、SIP トラフィックを着信呼び出しから転送するためにクライアント アクセス サーバーに依存し、VoIP ゲートウェイ、IP PBX、またはセッション ボーダー コントローラー (SBC) との接続を確立して RTP/SRTP メディア トラフィックを受け入れます。すべてのボイス メールおよび FAX メッセージは、ユーザーのメールボックスに配信されるように、メールボックス サーバー上の Microsoft Exchange ユニファイド メッセージング サービスから送信されます。ユニファイド メッセージングでボイス メール機能を使用するユーザーの場合、Exchange メールボックスを持つ必要があります。Mailbox servers rely on Client Access servers to forward SIP traffic from incoming calls and then establish a connection with a VoIP gateway, IP PBX, or Session Border Controller (SBC) and accept the RTP/SRTP media traffic. All voice mail and fax messages are submitted from the Microsoft Exchange Unified Messaging service on a Mailbox server to be delivered to the user's mailbox. For a user to use the voice mail features with Unified Messaging, they must have an Exchange mailbox.

UM 展開の計画Planning your UM deployment

一般的に、ユニファイド メッセージング トポロジが単純であるほど、UM の展開と保守は簡単です。Generally, the simpler the Unified Messaging topology, the easier UM is to deploy and maintain. クライアントアクセスサーバーとメールボックスサーバーの数を少なくし、ユニファイドメッセージングコンポーネント (UM ダイヤルプラン、自動応答、および UM メールボックスポリシーなど) を作成して、ビジネスおよび組織の目標をサポートする必要があります。Install as few Client Access and Mailbox servers and create as few Unified Messaging components (like UM dial plans, auto attendants, and UM mailbox policies) as you need to support your business and organizational goals. 複雑なネットワーク環境とテレフォニー環境、複数のビジネス単位、その他の複雑な要因を持つ大規模企業は、比較的簡単なユニファイド メッセージング要件を持つ小規模な組織と比較して、より詳細な計画が必要になります。Large enterprises with complex network and telephony environments, multiple business units, or other complexities will require more planning than smaller organizations with relatively straightforward Unified Messaging needs.

組織でユニファイド メッセージングを計画する際に考慮する必要がある領域の一部を次に示します。The following are some of the areas that you should consider when planning for Unified Messaging in your organization:

  • 組織の要件: ビジネスニーズ、ボイスメールシステムの展開の有用性、物理ネットワークおよびビジネストポロジ、組織のセキュリティ要件を評価します。Organizational requirements: Evaluate your business needs, the usefulness of deploying a voice mail system, your physical network and business topology, and security requirements for your organization.

  • テレフォニー要件: 既存のテレフォニー、回線交換ネットワーク、およびボイスメールシステムを確認します。Telephony requirements: Review your existing telephony, circuit-switched network, and voice mail system.

  • ネットワークの要件: LAN および WAN の接続ポイント、デバイスを含む、現在のパケット交換 IP ネットワーク設計を分析します。Network requirements: Analyze your network topology, your current packet-switched IP network design including your LAN and WAN connectivity points, and devices.

  • Active Directory (ディレクトリサービス): 現在の実装と設計を調べ、UM を統合する方法について考えます。Active Directory (directory service): Inspect your current implementation and design and think about how to integrate UM.

  • [展開モデル]: ハイブリッド、オンラインのみ、または社内の UM 展開を使用するかどうかを決定します。Deployment model: Decide whether you want to have a hybrid, online-only, or on-premises UM deployment.

  • Exchange の要件: 以下を決定します。Exchange requirements: Determine the following:

    • ボイス メールを使用するユーザー数。How many users will be using voice mail.

    • 展開する UM の機能およびサービス (同時呼び出し、ユーザーの内部および外部アクセス、受信 FAX、ボイス メールのプレビューなど)。Which UM features and services you want to deploy, such as concurrent calls, internal and external access for users, incoming faxing, Voice Mail Preview, and so on.

    • 展開する必要があるクライアント アクセス サーバー数とメールボックス サーバー数。The number of Client Access and Mailbox servers you'll need to deploy.

    • ボイス メール ユーザーのストレージ要件およびクォータ。The storage requirements and quotas for voice mail users.

    • 高可用性とサイトの復元に最適な設計。これには、パフォーマンスを保証するための、UM システムの要件、可用性と拡張性の高い UM 展開の実現、システム ハードウェアの要件が含まれます。The best design for high availability and site resiliency. This includes UM system requirements, providing a highly available and scalable UM deployment, and system hardware requirements to ensure performance.

  • テレフォニーコンポーネントとデバイスとの統合: 従来のテレフォニー機器または Microsoft Lync Server を使用するかどうかを決定します。Integration with telephony components and devices: Decide whether to use traditional telephony equipment or Microsoft Lync Server. VoIP ゲートウェイ、テレフォニー機器、クライアント アクセス サーバー、メールボックス サーバーの配置場所と、組織でエンタープライズ VoIP を有効にするかどうかを検討します。Consider where to place VoIP gateways, telephony equipment, and Client Access and Mailbox servers, and whether you want to enable Enterprise Voice in your organization.

テレフォニー ネットワークの接続Connecting your telephony network

ユニファイド メッセージングでは、Exchange サーバーの展開を既存のテレフォニー システムと統合したり、Microsoft Lync Server と統合したりする必要があります。UM ボイス メールを正常に展開して管理できるように、既存のテレフォニー インフラストラクチャと Microsoft Lync Server を慎重に分析して正確な計画手順に従う必要があります。Unified Messaging requires that you integrate your Exchange Server deployment with your existing telephony system or integrate it with Microsoft Lync Server. You need to make a careful analysis of your existing telephony infrastructure and Microsoft Lync Server, and then follow the correct planning steps so you can deploy and manage UM voice mail successfully.

Voip ゲートウェイ: 適切な voip ゲートウェイ、IP PBX、SIP 対応 PBX、または SBC を選択することは、テレフォニーネットワークを UM と統合する最初のステップに過ぎません。VoIP gateways: Choosing the correct VoIP gateway, IP PBX, SIP-enabled PBX, or SBC is just the first step in integrating your telephony network with UM. これらのデバイスを UM と共に動作するように構成し、必要なクライアント アクセス サーバーとメールボックス サーバーを展開し、必要なすべての UM コンポーネントを作成および構成する必要があります。You must configure those devices to work with UM, deploy the required Client Access and Mailbox servers, and create and configure all necessary UM components. これらのコンポーネントにより、回線ベースのプロトコル ネットワークから IP データ ネットワークへの接続を確立して、ユーザーのボイス メールを有効にすることができます。These components allow you to make the connection from your circuit-based protocol network to your IP data network and enable voice mail for your users.

Microsoft Lync server: ユニファイドメッセージングは、Microsoft lync server を使用して、ボイスメッセージング、インスタントメッセージング、拡張プレゼンス、音声ビデオ会議、および電子メールを結合し、使いやすい統合コミュニケーションの経験を提供します。Microsoft Lync Server: Unified Messaging can use Microsoft Lync Server to combine voice messaging, instant messaging, enhanced presence, audio/video conferencing, and email into a familiar, integrated communications experience. UM と Microsoft Lync Server との統合には、次の利点があります。Integrating UM and Microsoft Lync Server has the following benefits:

  • さまざまなアプリケーションで拡張プレゼンス通知が可能。ユーザーは、連絡先が応答可能かどうかを常に把握できます。Enhanced presence notifications across a variety of applications that keep users informed of the availability of contacts.

  • インスタント メッセージング、ボイス メッセージング、会議、メール、その他の通信方法が統合され、ユーザーはタスクに最適な方法を選択できます。ユーザーは、必要に応じて方法を切り替えることもできます。Integration of instant messaging, voice messaging, conferencing, email, and other communication methods, which enables users to select the most appropriate method for the task. Users can also switch from one method to another as needed.

  • インターネットに接続できる場所ならばどこからでも利用可能な、代替通信手段が用意されている。Availability of communications alternatives from any location where an Internet connection is available.

  • テレフォニー、インスタント メッセージング、および会議のためのスマート クライアント (Microsoft Lync)。A smart client (Microsoft Lync) for telephony, instant messaging, and conferencing.

  • 複数のデバイス間でユーザーの操作性が維持される。Continuity of the user experience across multiple devices.

Microsoft Lync Server について詳しくは、「Microsoft Lync Server 2013 プレビュー」をご覧ください。For more information about Microsoft Lync Server, see Microsoft Lync Server.

注意

ユニファイド メッセージングの計画および展開により難しい問題が発生する可能性があります。Planning and deploying Unified Messaging can pose certain challenges. Exchange およびボイス メール システムに関する技術的な経験に応じて、ユニファイド メッセージングの専門家の支援を受けることをお勧めします。Depending on your technical experience with Exchange and voice mail systems, you might want to obtain the assistance of a Unified Messaging specialist. Exchange ユニファイド メッセージングの専門家の支援を受けることで、従来のボイス メール システムやサード パーティ製のボイス メール システムから Exchange ユニファイド メッセージングへの円滑な移行を、確実に行うことができます。An Exchange Unified Messaging specialist will help make sure that there's a smooth transition from a legacy or third-party voice mail system to Exchange Unified Messaging. 新しい展開、または従来のボイス メール システムのアップグレードを行うには、VoIP ゲートウェイ、PBX、ユニファイド メッセージングについての多くの知識が必要です。Performing a new deployment or upgrading a legacy voice mail system requires significant knowledge about VoIP gateways, PBXs, and Unified Messaging. ユニファイドメッセージングの専門家に問い合わせるには、「 Microsoft ソリューションプロバイダ」ページを参照してください。To contact a Unified Messaging specialist, see the Microsoft solution providers page.

展開手順Deployment steps

ユニファイド メッセージングでは、さまざまな展開オプションを使用できます。各オプションには、拡張性と可用性に優れたシステムを構築して多数のユーザーをサポートするために必要な共通の手順がいくつかあります。これらの手順は次のとおりです。Many deployment options are available for Unified Messaging. Each option has several steps in common that are required to create a scalable and highly-available system to support large numbers of users. These steps are as follows:

  1. テレフォニー コンポーネントまたは Microsoft Lync Server をユニファイド メッセージングと共に展開および構成します。Deploy and configure your telephony components or Microsoft Lync Server with Unified Messaging.

  2. ユニファイド メッセージングで必要となるクライアント サーバーおよびメールボックス サーバーが正常にインストールされていることを確認します。Verify that you've correctly installed the Client Access and Mailbox servers that are required by Unified Messaging.

  3. UM ダイヤル プラン、UM IP ゲートウェイ、UM ハント グループ,UM メールボックス ポリシーなどの必要なユニファイド メッセージング コンポーネントを作成および構成します。Create and configure the required Unified Messaging components, including UM dial plans, UM IP gateways, UM hunt groups, and UM mailbox policies.

  4. 相互 TLS の証明書の取得、UM 自動応答、FAX の構成などの展開後の作業を行います。Perform post-deployment tasks, including obtaining certificates for mutual TLS, creating UM auto attendants, and configuring faxing.

ユニファイド メッセージングの展開の詳細については、「Exchange 2013 UM の展開」を参照してください。For details about deploying Unified Messaging, see Deploy Exchange 2013 UM.

ユニファイド メッセージング環境を Microsoft Lync Server と統合する場合は、他にも計画の際に考慮するべきことがあります。詳細については、「Exchange 2013 UM および Lync Server の展開の概要」を参照してください。If you're integrating your Unified Messaging environment with Microsoft Lync Server, there are additional planning considerations. For details, see Deploying Exchange 2013 UM and Lync Server overview.