回復用データベースを使用してデータを復元するRestore data using a recovery database

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

回復用データベース (RDB) は特別な種類のメールボックス データベースで、回復操作の一部として、復元されたメールボックス データベースをマウントし、そこからデータを抽出できます。RDB を使用すると、ユーザーが現在のデータにアクセスできる状態のまま、データベースのバックアップやコピーからデータを回復できます。A recovery database (RDB) is a special kind of mailbox database that allows you to mount and extract data from a restored mailbox database as part of a recovery operation. RDBs allow you to recover data from a backup or copy of a database without disrupting user access to current data.

RDB を作成した後で、バックアップ アプリケーションを使用するか、データベースとそのログ ファイルを RDB フォルダー構造にコピーすることで、メールボックス データベースを RDB に復元できます。次に、New-MailboxRestoreRequest コマンドレットを使用して回復したデータベースからデータを抽出できます。抽出後に、データをフォルダーにエクスポートしたり、既存のメールボックスに結合したりできます。After you create an RDB, you can restore a mailbox database into the RDB by using a backup application or by copying a database and its log files into the RDB folder structure. Then you can use the New-MailboxRestoreRequest cmdlet to extract data from the recovered database. Once extracted, the data can then be exported to a folder or merged into an existing mailbox.

RDB に関連する追加の管理タスクについては、「回復用データベース」を参照してください。For additional management tasks related to RDBs, see Recovery databases.

始める前に把握しておくべき情報What do you need to know before you begin?

  • このタスクの予想所要時間:1 分 + データベースをクリーン シャットダウン状態にし、データを抽出するためにかかる時間。Estimated time to complete this task: 1 minute, plus the time it takes to put the database into a clean shutdown state and to extract the data.

  • この手順を実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。必要なアクセス許可の一覧については、以下を参照してください。「受信者のアクセス許可」の「メールボックス回復」。You need to be assigned permissions before you can perform this procedure or procedures. To see what permissions you need, see the "Mailbox recovery" entry in the Recipients Permissions topic.

  • 一部のバックアップ アプリケーションでは、Exchange データを回復用データベースに直接復元することができます。Windows サーバーのバックアップでは、回復用データベースに復元できるのはファイル レベルのバックアップのみです。アプリケーション レベルのバックアップの回復用データベースへの復元には使用できません。Some backup applications have the ability to restore Exchange data directly to a recovery database. Windows Server Backup can restore only file-level backups to a recovery database. It cannot be used to restore application-level backups to a recovery database.

  • 回復したデータを含むデータベースとログ ファイルは、RDB フォルダー構造に復元またはコピーする必要があります。The database and log files containing the recovered data must be restored or copied into the RDB folder structure.

  • データベースがクリーン シャットダウン状態である必要があります。RDB はすべてのデータベースの代替の復元場所であるため、すべての復元済みデータベースはダーティ シャットダウンの状態です。 Eseutil /R を使用して、復元済みデータベースをクリーン シャットダウンの状態にする必要があります。The database must be in a clean shutdown state. Because an RDB is an alternate restore location for all databases, all restored databases will be in a dirty shutdown state. You must use Eseutil /R to put restored databases into a clean shutdown state.

シェルを使用して回復用データベースを使用してデータを回復するUse the Shell to recover data using a recovery database

  1. 回復用データベースに使用する場所に、復元済みデータベースとそのログ ファイルをコピーするか、データベースとそのログ ファイルを復元します。Copy a recovered database and its log files, or restore a database and it log files, to the location you will use for your recovery database.

  2. Eseutil を使用して、そのデータベースをクリーン シャットダウンの状態にします。次の例で、EXX はデータベースのログ生成プレフィックスです (E00、E01、E02 など)。Use Eseutil to bring that database into a clean shutdown state. In the following example, EXX is the log generation prefix for the database (for example, E00, E01, E02, and so on).

    Eseutil /R EXX /l <RDBLogFilePath> /d <RDBEdbFolder>
    

    次の例は、E01 のログ生成プレフィックスと、回復用データベースとログファイルのパス E\:\Databases RDB1 を示しています。The following example illustrates a log generation prefix of E01 and a recovery database and log file path of E:\Databases\RDB1:

    Eseutil /R E01 /l E:\Databases\RDB1 /d E:\Databases\RDB1
    
  3. 回復用データベースを作成します。回復用データベースに一意の名前を付けます。ただし、EdbFilePath パラメーターにはデータベース ファイルの名前とパスを使用し、LogFolderPath パラメーターには復元済みログ ファイルの場所を使用します。Create a recovery database. Give the recovery database a unique name, but use the name and path of the database file for the EdbFilePath parameter, and the location of the recovered log files for the LogFolderPath parameter.

    New-MailboxDatabase -Recovery -Name <RDBName> -Server <ServerName> -EdbFilePath <RDBPathandFileName> -LogFolderPath <LogFilePath>
    

    次の例では、DB1 とそのログファイルを回復するために使用する回復用データベースの作成方法を示します。\これ\は、E: Databases RDB1 にあります。The following example illustrates creating a recovery database that will be used to recover DB1.edb and its log files, which are located at E:\Databases\RDB1.

    New-MailboxDatabase -Recovery -Name <RDBName> -Server <ServerName> -EdbFilePath "E:\Databases\RDB1\DB1.EDB" -LogFolderPath "E:\Databases\RDB1"
    
  4. Microsoft Exchange Information Store サービスを再開します。Restart the Microsoft Exchange Information Store service:

    Restart-Service MSExchangeIS
    
  5. 回復用データベースをマウントします。Mount the recovery database:

    Mount-database <RDBName>
    
  6. マウントされたデータベースに、復元するメールボックスが含まれていることを確認します。Verify that the mounted database contains the mailbox(es) you want to restore:

    Get-MailboxStatistics -Database <RDBName> | ft -auto
    
  7. New-MailboxRestoreRequest コマンドレットを使用して、メールボックスまたはアイテムを回復用データベースから運用中のメールボックスに復元します。Use the New-MailboxRestoreRequest cmdlet to restore a mailbox or items from the recovery database to a production mailbox.

    次の例では、メールボックス データベース DB1 にある MailboxGUID が 1d20855f-fd54-4681-98e6-e249f7326ddd の復元元メールボックスを、エイリアスが Morris の復元先メールボックスに復元します。The following example restores the source mailbox that has the MailboxGUID 1d20855f-fd54-4681-98e6-e249f7326ddd on mailbox database DB1 to the target mailbox with the alias Morris.

    New-MailboxRestoreRequest -SourceDatabase DB1 -SourceStoreMailbox 1d20855f-fd54-4681-98e6-e249f7326ddd -TargetMailbox Morris
    

    次の例では、メールボックス データベース DB1 の表示名が Morris Cornejo である復元元メールボックスの内容を Morris@contoso.com のアーカイブ メールボックスに復元します。The following example restores the content of the source mailbox that has the display name Morris Cornejo on mailbox database DB1 to the archive mailbox for Morris@contoso.com.

    New-MaiboxRestoreRequest -SourceDatabase DB1 -SourceStoreMailbox "Morris Cornejo" -TargetMailbox Morris@contoso.com -TargetIsArchive
    
  8. Get-MailboxRestoreRequest を使用してメールボックス復元要求の状態を定期的に確認します。Periodically check the status of the Mailbox restore request using Get-MailboxRestoreRequest.

    復元の状態が [完了] になったら、Remove-MailboxRestoreRequest を使用して復元要求を削除します。たとえば、次のようにです。Once the restore has a status of Completed, remove the restore request using Remove-MailboxRestoreRequest. For example:

    Get-MailboxRestoreRequest -Status Completed | Remove-MailboxRestoreRequest
    

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

メールボックスが正常に復元されたことを確認するには、Outlook または Outlook Web App を使用してターゲット メールボックスを開き、復元されたデータが存在することを確認します。To verify that you have successfully recovered the mailbox data, open the target mailbox using Outlook or Outlook Web App and verify that the recovered data is present.

ヒント

問題がある場合は、Exchange のフォーラムで質問してください。次のフォーラム、Exchange Server にアクセスしてください。Having problems? Ask for help in the Exchange forums. Visit the forums at Exchange Server.