回復用データベースRecovery databases

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

回復用データベース (RDB) は特別な種類のメールボックス データベースで、回復操作の一部として、復元されたメールボックス データベースをマウントし、復元されたデータベースからデータを抽出できます。New-MailboxRestoreRequest コマンドレットを使用すると、RDB からデータを抽出できます。抽出後、データをフォルダーにエクスポートしたり、既存のメールボックスに結合したりできます。RDB を使用すると、現在のデータへのユーザー アクセスを妨げずに、データベースのバックアップやコピーからデータを回復できます。A recovery database (RDB) is a special kind of mailbox database that allows you to mount a restored mailbox database and extract data from the restored database as part of a recovery operation. You can use the New-MailboxRestoreRequest cmdlet to extract data from an RDB. After extraction, the data can be exported to a folder or merged into an existing mailbox. RDBs enable you to recover data from a backup or copy of a database without disturbing user access to current data.

Microsoft Exchange Server 2013 は、データを回復用データベースに直接復元する機能をサポートしています。Microsoft Exchange Server 2013 supports the ability to restore data directly to a recovery database. 回復されたデータを回復用データベースとしてマウントすると、管理者は個々のメールボックス、またはメールボックス内の個々のアイテムを復元できます。Mounting the recovered data as a recovery database allows the administrator to restore individual mailboxes or individual items in a mailbox. 回復用データベースを復元する方法は 2 通りあります。Restoring to a recovery database can be accomplished in two ways:

  • 回復用データベースが既に存在する場合、アプリケーションはデータベースをマウント解除し、データを回復用データベースとログ ファイル上に復元してから、データベースをもう一度マウントできます。If a recovery database already exists, the application can dismount the database, restore the data onto the recovery database and log files, and then remount the database.

  • データベースとログ ファイルは任意のディスク位置に復元できます。Exchange は復元されたデータを分析してトランザクション ログを再生することで、データベースを最新の状態にします。その後、回復済みのデータベース ファイルをポイントするように回復用データベースを構成できます。The database and log files can be restored to any disk location. Exchange analyzes the restored data and replays the transaction logs to bring the databases up to date, and then a recovery database can be configured to point to already recovered database files.

メールボックス データベースと回復用データベースの相違Difference between a mailbox database and a recovery database

RDB はいくつかの点で、標準的なメールボックス データベースとは異なります。RDBs are different from standard mailbox databases in several respects:

  • RDB は、Exchange 管理シェルを使用して作成されます。An RDB is created by using the Exchange Management Shell.

  • RDB からメールを送受信することはできません。RDB へのすべてのクライアント プロトコルのアクセス (SMTP、POP3、IMAP4 など) はブロックされます。この設計のため、RDB を使用して、メールをメッセージング システムに挿入したり、メッセージング システムから削除したりすることはできません。Mail can't be sent to or from an RDB. All client protocol access to an RDB (including SMTP, POP3, and IMAP4) is blocked. This design prevents using an RDB to insert mail into or remove mail from the messaging system.

  • Microsoft Office Outlook または Outlook Web App を使用したクライアント MAPI アクセスがブロックされています。Client MAPI access using Microsoft Office Outlook or Outlook Web App is blocked. RDB では MAPI アクセスがサポートされていますが、回復ツールやアプリケーションのみによってサポートされます。MAPI access is supported for an RDB, but only by recovery tools and applications. MAPI を使用して RDB のメールボックスにログインする場合は、メールボックス GUID とデータベース GUID の両方を指定する必要があります。Both the mailbox GUID and the database GUID must be specified when using MAPI to log into a mailbox in an RDB.

  • RDB 内のメールボックスをユーザー アカウントに接続することはできません。ユーザーが RDB 内のメールボックスのデータにアクセスできるようにするには、メールボックスを既存のメールボックスに結合するか、フォルダーにエクスポートする必要があります。Mailboxes in an RDB can't be connected to user accounts. To allow a user to access the data in a mailbox in an RDB, the mailbox must be merged into an existing mailbox, or exported to a folder.

  • システムとメールボックスの管理ポリシーは適用されません。この設計により、回復プロセス中、RDB の項目はシステムによって削除されることはありません。System and mailbox management policies aren't applied. This design prevents items in an RDB from being deleted by the system during the recovery process.

  • RDB では、オンライン保守は実行されません。Online maintenance isn't performed for RDBs.

  • RDB では、循環ログを有効にすることはできません。Circular logging can't be enabled for RDBs.

  • 任意の時点でメールボックス サーバーにマウントできる RDB は 1 つのみです。RDB の使用は、メールボックス サーバーごとのデータベース制限に対してカウントされません。Only one RDB can be mounted at any time on a Mailbox server. The use of an RDB doesn't count against the database limit per Mailbox server.

  • RDB のメールボックス データベース コピーを作成することはできません。You can't create mailbox database copies of an RDB.

  • RDB は、復元操作のターゲットとして使用することはできますが、バックアップ操作のターゲットとして使用することはできません。An RDB can be used as a target for restore operations, but not backup operations.

  • RDB としてマウントされた、回復したデータベースはいかなる方法でも、元のメールボックスに結び付けられることはありません。A recovered database mounted as an RDB isn't tied to the original mailbox in any way.

回復用データベースの使用Using a recovery database

RDB を使用する前に、特定の要件を満たす必要があります。Before you can use an RDB, there are certain requirements that must be met. RDB は、Exchange 2013 メールボックスデータベースにのみ使用できます。An RDB can be used for Exchange 2013 mailbox databases only. Exchange の以前のバージョンのメールボックス データベースはサポートされていません。Mailbox databases from previous versions of Exchange aren't supported. また、データの結合と抽出に使用するターゲット メールボックスは、RDB にマウントされたデータベースと同じ Active Directory フォレスト内に存在する必要があります。In addition, the target mailbox used for data merges and extraction must be in the same Active Directory forest as the database mounted in the RDB.

RDB を使用すると、次のような場合にデータを回復することができます。An RDB can be used to recover data in several situations, such as:

  • 同じサーバーのダイヤルトーン回復: 元のデータベースをバックアップから復元した後、ダイヤルトーン回復操作の一部として、RDB からの回復を実行できます。Same server dial tone recovery: You can perform a recovery from an RDB after the original database has been restored from backup, as part of a dial tone recovery operation.

  • 代替サーバーダイヤルトーン回復: 代替サーバーを使用してダイヤルトーンデータベースをホストした後、元のデータベースをバックアップから復元した後に、RDB からデータを復元することができます。Alternate server dial tone recovery: You can use an alternate server to host the dial tone database, and then later recover data from an RDB after the original database has been restored from backup.

  • メールボックスの回復: 削除済みメールボックスの保持期間が経過すると、個々のメールボックスをバックアップから回復できます。Mailbox recovery: You can recover an individual mailbox from backup when the deleted mailbox retention period has elapsed. その後、復元されたメールボックスからデータを抽出して、ターゲット フォルダーにコピーするか、別のメールボックスと結合することができます。You then extract data from the restored mailbox and copy it to a target folder or merge it with another mailbox.

  • 特定のアイテムの回復: メールボックスから削除または消去されたバックアップデータから復元できます。Specific item recovery: You can restore from backup data that has been deleted or purged from a mailbox.

注意

コンテンツをアクティブなメールボックスに回復する際、フォルダー アクセス制御リスト (ACL) は保持されません。通常、回復プロセスではメールボックス データが回復され、元のデータベースにコンテンツが結合されるので、ACL を回復またはコピーする必要はありません。Folder access control lists (ACLs) aren't preserved when recovering content into an active mailbox. Because the recovery process typically involves recovering mailbox data and merging the content back into the original database, there should be no need to recover or copy ACLs.

RDB は、次の条件とシナリオで、メールボックス データベースの回復に使用されます。An RDB is designed for mailbox database recovery under the following conditions and scenarios:

  • 元のデータベースとそのデータベース内のメールボックスに関する論理情報は、Active Directory 内で変更されずにそのまま残ります。The logical information about the original database and the mailboxes in that database remains intact and unchanged in Active Directory.

  • 1 つのメールボックスや 1 つのデータベースを復元する必要があります。回復シナリオには、次のものがあります。You need to recover a single mailbox or a single database. Recovery scenarios include:

    • ダイヤル トーン データベースの使用中に、データベースを回復または修復して、最終的には 2 つのデータベースを結合する。Recovering or repairing a database while a dial tone database is in use, with the goal of merging the two databases.

    • そのデータベースの元のサーバー以外のサーバーで、データベースを回復する。その後、必要に応じて、回復したデータを元のサーバーに結合できる。Recovering a database on a server other than the original server for that database. If needed, you can then merge the recovered data back to the original server.

    • 削除された項目の保存期間が過ぎた後、ユーザーが以前にメールボックスから削除した項目を回復する。Recovering deleted items that users previously deleted from their mailbox, after the deleted item retention period has expired.

一般的に RDB は、サーバー全体を復元する必要がある場合、複数のデータベースを復元する必要がある場合、Active Directory トポロジを変更または再構築する必要のある緊急事態の場合向けには設計されていません。RDBs are generally not designed for scenarios in which you have to restore entire servers, when you have to restore multiple databases, or when you're in an emergency situation that requires changing or rebuilding your Active Directory topology.

RDB を作成する手順について詳しくは、「回復用データベースを作成する」をご覧ください。RDB を使用する方法について詳しくは、「回復用データベースを使用してデータを復元する」をご覧ください。For detailed steps about how to create an RDB, see Create a recovery database. For detailed steps about how to use an RDB, see Restore data using a recovery database.