回復用データベースを作成するCreate a recovery database

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

シェルを使用して、回復操作の一部として復元されたデータベースのデータをマウントおよび抽出するための特別な種類のメールボックスデータベースである回復用データベースを作成できます。You can use the Shell to create a recovery database, a special kind of mailbox database that's used to mount and extract data from the restored database as part of a recovery operation. 回復用データベースを作成した後、回復用データベースまたは復元されたメールボックスデータベースを回復用データベースに移動し、 get-mailboxrestorerequestコマンドレットを使用して、回復したデータベースからデータを抽出できます。After you create a recovery database, you can move a recovered or restored mailbox database into the recovery database, and then use the New-MailboxRestoreRequest cmdlet to extract data from the recovered database. 抽出後、データをフォルダーにエクスポートしたり、既存のメールボックスに結合したりできます。After extraction, the data can then be exported to a folder or merged into an existing mailbox. 回復用データベースを使用すると、現在のデータへのユーザーアクセスを中断せずに、データベースのバックアップまたはコピーからデータを回復できます。Using recovery databases, you can recover data from a backup or copy of a database without disrupting user access to current data.

回復用データベースに関連する他の管理タスクについては、こちらを参照してください。Looking for other management tasks related to recovery databases? 回復用データベースをチェックアウトします。Check out Recovery databases.

始める前に把握しておくべき情報What do you need to know before you begin?

  • このタスクの予想所要時間: 1 分Estimated time to complete this task: 1 minute

  • この手順を実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。必要なアクセス許可の一覧については、以下を参照してください。「受信者のアクセス許可」の「メールボックス回復」。You need to be assigned permissions before you can perform this procedure or procedures. To see what permissions you need, see the "Mailbox recovery" entry in the Recipients Permissions topic.

  • このトピックの手順で使用可能なキーボード ショートカットについては、「Exchange 管理センターのキーボード ショートカット」を参照してください。For information about keyboard shortcuts that may apply to the procedures in this topic, see Keyboard shortcuts in the Exchange admin center.

ヒント

問題がある場合は、Having problems? Exchange のフォーラムで質問してください。Ask for help in the Exchange forums. Exchange Serverでフォーラムを参照してください。Visit the forums at Exchange Server.

シェルを使用して回復用データベースを作成するUse the Shell to create a recovery database

この例では、メールボックス サーバー MBX2 上に回復用データベース RDB1 を作成します。This example creates the recovery database RDB1 on the Mailbox server MBX2.

New-MailboxDatabase -Recovery -Name RDB1 -Server MBX2

この例では、データベース ファイルとログ フォルダーのカスタム パスを使用して、メールボックス サーバー MBX1 上に回復用データベース RDB2 を作成します。This example creates the recovery database RDB2 on the Mailbox server MBX1 using a custom path for the database file and log folder.

New-MailboxDatabase -Recovery -Name RDB2 -Server MBX1 -EdbFilePath "C:\Recovery\RDB2\RDB2.EDB" -LogFolderPath "C:\Recovery\RDB2"

構文およびパラメーターの詳細については、「New-MailboxDatabase」を参照してください。For detailed syntax and parameter information, see New-MailboxDatabase.

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

回復用データベースが正常に作成されたことを確認するには、次の手順を実行します。To verify that you've successfully created a recovery database, do the following:

  • シェルで次のコマンドを実行して、回復用データベースの構成情報を表示します。In the Shell, run the following command to display configuration information for the recovery database.

    Get-MailboxDatabase <RecoveryDatabaseName> | Format-List
    

その他のタスクOther Tasks

回復用データベースを作成した後、回復用データベースを使用して、データを回復することもできます。詳細な手順については、「回復用データベースを使用してデータを復元する」を参照してください。After you create a recovery database, you may also want to restore data using a recovery database. For detailed steps, see Restore data using a recovery database.