インプレース保持と訴訟ホールドIn-Place Hold and Litigation Hold

注意

exchange online (Office 365 および exchange online スタンドアロンプラン) に新しいインプレースホールドを作成するには、2017年7月1日の期限を延期しています。しかし今年度以降では、Exchange Online に新しいインプレースホールドを作成することはできません。インプレース保持を使用する代わりに、office 365 Security & コンプライアンスセンターで電子情報開示ケースまたはoffice 365 のアイテム保持ポリシーを使用することができます。新しいインプレースホールドを廃止した後でも、既存のインプレース保持を変更することができ、Exchange ハイブリッド展開での新しいインプレース保持の作成は引き続きサポートされます。また、メールボックスを訴訟ホールドの対象にすることもできます。We've postponed the July 1, 2017 deadline for creating new In-Place Holds in Exchange Online (in Office 365 and Exchange Online standalone plans). But later this year or early next year, you won't be able to create new In-Place Holds in Exchange Online. As an alternative to using In-Place Holds, you can use eDiscovery cases or Office 365 retention policies in the Office 365 Security & Compliance Center. After we decommission new In-Place Holds, you'll still be able to modify existing In-Place Holds, and creating new In-Place Holds in an Exchange hybrid deployment will still be supported. And, you'll still be able to place mailboxes on Litigation Hold.

訴訟となる可能性がある程度見込まれる場合、組織では、訴訟に関連する電子メールを含めた電子的に格納された情報 (ESI) を保持する必要があります。訴訟の詳細が明らかになる前に訴訟の可能性を予測する場合もあるため、保持の対象が広範囲にわたることもあります。組織では、特定の問題に関するすべての電子メールの保存、または特定の個人に関するすべての電子メールの保存を行う必要がある場合があります。組織の電子情報開示 (eDiscovery) の実施状況により、電子メールを保存するために、次のような方法を採用することもできます。When a reasonable expectation of litigation exists, organizations are required to preserve electronically stored information (ESI), including email that's relevant to the case. This expectation often exists before the specifics of the case are known, and preservation is often broad. Organizations may need to preserve all email related to a specific topic or all email for certain individuals. Depending on the organization's electronic discovery (eDiscovery) practices, the following measures can be adopted to preserve email:

  • エンド ユーザーに、メッセージを一切削除しないで電子メールを保持するように要求します。ただし、それでもユーザーが電子メールを意識的にまたは誤って削除する可能性はあります。End users may be asked to preserve email by not deleting any messages. However, users can still delete email knowingly or inadvertently.

  • メッセージング レコード管理 (MRM) などの自動削除メカニズムを停止することができます。このようにすると、ユーザーのメールボックスに大量の電子メールが残り、ユーザーの生産性に影響を与える可能性があります。自動削除を停止しても、ユーザーが手動で電子メールを削除することを防ぐことはできません。Automated deletion mechanisms such as messaging records management (MRM) may be suspended. This could result in large volumes of email cluttering the user mailbox, and thus impacting user productivity. Suspending automated deletion also doesn't prevent users from manually deleting email.

  • 組織によっては、電子メールをアーカイブにコピーまたは移動し、削除、変更、または改ざんされないようにしています。この方法では、アーカイブにメッセージを手動でコピーまたは移動する必要があったり、または Exchange の外部で電子メールを収集、格納するサードパーティ製品を使用したりするため、コストが増大します。Some organizations copy or move email to an archive to make sure it isn't deleted, altered, or tampered with. This increases costs due to the manual efforts required to copy or move messages to an archive, or third-party products used to collect and store email outside Exchange.

電子メールを保持しなかった場合、組織は法的リスクや財務上のリスクにさらされる可能性があります。たとえば、組織の記録保持と証拠開示手続きが調査される、不利な判決や制裁を受ける、罰金を支払うなどのリスクです。Failure to preserve email can expose an organization to legal and financial risks such as scrutiny of the organization's records retention and discovery processes, adverse legal judgments, sanctions, or fines.

次の目標を達成するためにインプレース保持または訴訟ホールドを使用できます。You can use In-Place Hold or Litigation Hold to accomplish the following goals:

  • ユーザーのメールボックスを保持の状態にして、メールボックス アイテムを変更しないで維持するPlace user mailboxes on hold and preserve mailbox items immutably.

  • ユーザーまたは自動削除プロセス (MRM など) によって削除されたメールボックス アイテムを維持するPreserve mailbox items deleted by users or automatic deletion processes such as MRM.

  • クエリベースのインプレース保持を使用して指定した基準に一致するアイテムを検索して保持するUse query-based In-Place Hold to search for and retain items matching specified criteria.

  • アイテムを無期限にまたは特定の期間維持する。Preserve items indefinitely or for a specific duration.

  • さまざまなケースまたは調査に対応できるようユーザーに複数の保持を設定する。Place a user on multiple holds for different cases or investigations.

  • MRM を中断する必要をなくしユーザーが保持を意識しないで済むようにするKeep holds transparent from the user by not having to suspend MRM.

  • 保持状態にあるアイテムのインプレース電子情報開示検索を有効にするEnable In-Place eDiscovery searches of items placed on hold.

インプレース保持のシナリオIn-Place Hold scenarios

以前のバージョンの Exchange では、法的情報保留の概念は、ユーザーのすべてのメールボックスデータを無期限に保持するか、ホールドが解除されるまで保持することです。Exchange Online のインプレース保持には、次のパラメーターを指定できる新しいモデルが含まれています。In previous versions of Exchange, the notion of legal hold is to hold all mailbox data for a user indefinitely or until when hold is removed. In Exchange Online, In-Place Hold includes a new model that allows you to specify the following parameters:

  • 保持するもの: キーワード、送信者、受信者、開始日と終了日などのクエリパラメーターを使用して、保持するアイテムを指定できます。また、保留にする電子メールメッセージや予定表アイテムなどのメッセージの種類を指定することもできます。What to hold: You can specify which items to hold by using query parameters such as keywords, senders and recipients, start and end dates, and also specify the message types such as email messages or calendar items that you want to place on hold.

  • 保持期間: アイテムの保持期間を指定できます。How long to hold: You can specify a duration for items on hold.

この新しいモデルを使用した場合、インプレース保持により、詳細な保持ポリシーを作成し、次のようなシナリオでメールボックス アイテムを保持できます。Using this new model, In-Place Hold allows you to create granular hold policies to preserve mailbox items in the following scenarios:

  • 無期限保持: 無期限の保持シナリオは、訴訟ホールドに似ています。メールボックスアイテムを保持して、電子情報開示の要件を満たすことができるようにすることを目的としています。訴訟または調査期間中は、アイテムが削除されることはありません。期間が事前にわからないため、終了日は構成されません。すべてのメールアイテムを無期限に保持するには、インプレースホールドを作成するときにクエリパラメーターや期間を指定しません。Indefinite hold: The indefinite hold scenario is similar to Litigation Hold. It's intended to preserve mailbox items so you can meet eDiscovery requirements. During the period of litigation or investigation, items are never deleted. The duration isn't known in advance, so no end date is configured. To hold all mail items indefinitely, you don't specify any query parameters or time duration when creating an In-Place Hold.

  • クエリベースの保持: 指定されたクエリパラメーターに基づいてアイテムを保持している場合は、クエリベースのインプレース保持を使用できます。キーワード、開始日、終了日、送信者および受信者のアドレス、メッセージの種類などのクエリパラメーターを指定できます。クエリベースのインプレース保持を作成した後、クエリパラメーターに一致する既存のメールボックスアイテムと今後のメールボックスアイテム (後日受信したメッセージを含む) は保持されます。Query-based hold: If your organization preserves items based on specified query parameters, you can use a query-based In-Place Hold. You can specify query parameters such as keywords, start and end dates, sender and recipient addresses, and message types. After you create a query-based In-Place Hold, all existing and future mailbox items (including messages received at a later date) that match the query parameters are preserved.

    重要

    通常、添付ファイルにインデックスを付けることができなかったために検索不能としてマークされているアイテムは、クエリパラメーターと一致しているかどうかを判断できないため、保持されます。部分的にインデックスが作成されたアイテムの詳細については、「 Office 365 のコンテンツ検索での一部インデックス付きアイテム」を参照してください。Items that are marked as unsearchable, generally because of failure to index an attachment, are also preserved because it can't be determined whether they match query parameters. For more details about partially indexed items, see Partially indexed items in Content Search in Office 365.

  • 時間ベースの保持: インプレース保持と訴訟ホールドの両方で、アイテムを保持する期間を指定することができます。期間は、メールボックスアイテムが受信または作成された日付から計算されます。Time-based hold: Both In-Place Hold and Litigation Hold allow you to specify a duration of time for which to hold items. The duration is calculated from the date a mailbox item is received or created.

    組織が特定の期間 (7 年など) にすべてのメールボックスアイテムを保持する必要がある場合は、保持中のアイテムが一定期間保持されるように、時間ベースの保持を作成できます。たとえば、時間ベースのインプレース保持に配置されていて、保存期間が365日に設定されているメールボックスがあるとします。受信した日付から300日後にそのメールボックス内のアイテムが削除された場合、そのメールボックスは完全に削除されるまでにさらに65日保持されます。アイテム保持ポリシーと組み合わせて時間ベースのインプレース保持を使用して、アイテムが指定された期間に保持され、その期間を過ぎると完全に削除されるようにすることができます。If your organization requires that all mailbox items be preserved for a specific period, for example 7 years, you can create a time-based hold so that items on hold are retained for a specific period of time. For example, consider a mailbox that's placed on a time-based In-Place Hold and has a retention period set to 365 days. If an item in that mailbox is deleted after 300 days from the date it was received, it's held for an additional 65 days before being permanently deleted. You can use a time-based In-Place Hold in conjunction with a retention policy to make sure items are preserved for the specified duration and permanently removed after that period.

インプレース ホールドを使用して、ユーザーに複数のホールドを設定できます。ユーザーに複数のホールドが設定されている場合は、任意のクエリベースのホールドからの検索クエリが結合されます ( OR 演算子を使用)。この場合、メールボックスに設定される、すべてのクエリベースの保持のキーワードの最大数は 500 です。500 を超えるキーワードがある場合、メールボックス内のすべてのコンテンツ (検索条件に一致するコンテンツだけでなく) が保持されます。キーワードの合計数が 500 以下になるまで、すべてのコンテンツが保持されます。You can use In-Place Hold to place a user on multiple holds. When a user is placed on multiple holds, the search queries from any query-based hold are combined (with OR operators). In this case, the maximum number of keywords in all query-based holds placed on a mailbox is 500. If there are more than 500 keywords, then all content in the mailbox is placed on hold (not just that content that matches the search criteria). All content is held until the total number of keywords is reduced to 500 or less.

インプレース保持と訴訟ホールドIn-Place Hold and Litigation Hold

訴訟ホールドメールボックスのLitigationHoldEnabledプロパティを使用して、メールボックスの内容を保持します。インプレース保持には、クエリパラメーターと複数の保留を配置する機能に基づく詳細な保持機能があります。訴訟ホールドでは、すべてのアイテムを保留にすることしかできません。メールボックスが訴訟ホールドの対象になっている場合は、アイテムを保持する期間を指定することもできます。期間は、メールボックスアイテムが受信または作成された日付から計算されます。期間が設定されていない場合、アイテムは無期限に、または保持が解除されるまで保持されます。Litigation Hold uses the LitigationHoldEnabled property of a mailbox to place mailbox content on hold. Whereas In-Place Hold provides granular hold capability based on query parameters and the ability to place multiple holds, Litigation Hold only allows you to place all items on hold. You can also specify a duration period to hold items when a mailbox is placed on Litigation Hold. The duration is calculated from the date a mailbox item is received or created. If a duration isn't set, items are held indefinitely or until the hold is removed.

メールボックスが1つ以上のインプレース保持に配置され、訴訟ホールド (期間なし) に同時に設定されている場合、すべてのアイテムは無期限に、または保留が削除されるまで保持されます。訴訟ホールドを削除しても、そのユーザーが依然として1つ以上のインプレース保持に配置されている場合、インプレース保持条件に一致するアイテムは、保留設定で指定された期間保持されます。When a mailbox is placed on one or more In-Place Holds and on Litigation Hold (without a duration period) at the same time, all items are held indefinitely or until the holds are removed. If you remove Litigation Hold and the user is still placed on one or more In-Place Holds, items matching the In-Place Hold criteria are held for the period specified in the hold settings.

注意

メールボックスをインプレース保持または訴訟ホールドの対象にすると、プライマリメールボックスとアーカイブメールボックスの両方にホールドが適用されます。Exchange ハイブリッド展開でオンプレミスのプライマリメールボックスを保留にすると、クラウドベースのアーカイブメールボックス (有効な場合) もホールドの対象になります。When you place a mailbox on In-Place Hold or Litigation Hold, the hold is placed on both the primary and the archive mailbox. If you place an on-premises primary mailbox on hold in an Exchange hybrid deployment, the cloud-based archive mailbox (if enabled) is also placed on hold.

詳細については、以下を参照してください。For more information, see:

メールボックスをインプレース保持の状態にするPlacing a mailbox on In-Place Hold

Discovery management役割ベースのアクセス制御 (RBAC) 役割グループに追加された、または法的情報保留とメールボックス検索の管理役割が割り当てられている権限のあるユーザーは、メールボックスユーザーをインプレース保持に配置できます。最低限の特権を割り当てる一方で、組織の法務部門のレコード管理者、コンプライアンス責任者、または弁護士にタスクを委任することができます。Discovery Management 役割グループの割り当ての詳細については、「 Exchange の電子情報開示のアクセス許可を割り当てる」を参照してください。Authorized users that have been added to the Discovery Management role-based access control (RBAC) role group or assigned the Legal Hold and Mailbox Search management roles can place mailbox users on In-Place Hold. You can delegate the task to records managers, compliance officers, or attorneys in your organization's legal department, while assigning the least privileges. To learn more about assigning the Discovery Management role group, see Assign eDiscovery permissions in Exchange.

メールボックスをインプレース保持の対象にするには、exchange 管理センター (EAC) または exchange Online PowerShell のget-mailboxsearchおよび関連コマンドレットでインプレースの電子情報開示 & 保持ウィザードを使用できます。メールボックスをインプレース保持の状態にする方法の詳細については、「インプレース保持を作成または削除する」を参照してください。You can use the In-Place eDiscovery & Hold wizard in the Exchange admin center (EAC) or the New-MailboxSearch and related cmdlets in Exchange Online PowerShell to place a mailbox on In-Place Hold. To learn more about placing a mailbox on In-Place Hold, see Create or remove an In-Place Hold.

多くの組織では、保留中の場合にユーザーに通知する必要があります。また、メールボックスが保持されている場合、メールボックスユーザーに適用可能なすべてのアイテム保持ポリシーを中断する必要はありません。メッセージは予想どおりに削除されるため、ユーザーは保留中であることに気付かないことがあります。組織でユーザーによる保持の通知が必要な場合は、メールボックスユーザーの保持コメントプロパティに通知メッセージを追加し、 RetentionUrlプロパティを使用して詳細情報を web ページにリンクすることができます。Outlook 2010 以降では、通知と URL が backstage エリアに表示されます。メールボックスのこれらのプロパティを追加および管理するには、Exchange Online PowerShell を使用する必要があります。Many organizations require that users be informed when they're placed on hold. Additionally, when a mailbox is on hold, any retention policies applicable to the mailbox user don't need to be suspended. Because messages continue to be deleted as expected, users may not notice they're on hold. If your organization requires that users on hold be informed, you can add a notification message to the mailbox user's Retention Comment property and use the RetentionUrl property to link to a web page for more information. Outlook 2010 and later displays the notification and URL in the backstage area. You must use Exchange Online PowerShell to add and manage these properties for a mailbox.

パブリック フォルダーを保持の対象にするPlacing public folders on hold

Exchange Online では、インプレース保持を使用してパブリックフォルダーを保持に配置できます。パブリックフォルダーに対して訴訟ホールドを使用することはサポートされていません。インプレース保持を作成する場合、唯一のオプションは、組織内のすべてのパブリックフォルダーにホールドを配置することです。その結果、すべてのパブリックフォルダーメールボックスにインプレースホールドが適用されます。In Exchange Online, you can place public folders on hold by using a In-Place Hold. Using Litigation Hold for public folders isn't supported. When you create an In-Place Hold, the only option is to place a hold on all public folders in your organization. The result is that an In-Place Hold is placed on all public folder mailboxes.

また、パブリックフォルダーをインプレース保持に配置すると、パブリックフォルダー階層の同期プロセスに関連する電子メールメッセージも保持されます。これにより、階層の同期に関連する電子メールアイテムが何千も保持されることがあります。これらのメッセージによって、パブリックフォルダーメールボックスの回復可能なアイテムフォルダーの記憶域クォータがいっぱいになることがあります。これを回避するには、クエリベースのインプレース保持を作成し、次property:valueのペアを検索クエリに追加します。Additionally, when you place public folders on In-Place Hold, email messages related to the public folder hierarchy synchronization process are also preserved. This might result in thousands of hierarchy synchronization related email items being preserved. These messages can fill up the storage quota for the Recoverable Items folder on public folder mailboxes. To prevent this, you can create a query-based In-Place Hold and add the following property:value pair to the search query:

NOT(subject:HierarchySync*)

件名に "HierarchySync" という語句を含む (パブリック フォルダー階層の同期に関連した) メッセージはどれも保持されなくなります。The result is that any message (related to the synchronization of the public folder hierarchy) that contains the phrase "HierarchySync" in the subject line is not placed on hold.

保留と [回復可能なアイテム] フォルダーHolds and the Recoverable Items folder

インプレース保持と訴訟ホールドでは、回復可能なアイテムフォルダーを使用してアイテムを保持します。回復可能なアイテムフォルダーは、以前のバージョンの Exchange の "収集" と呼ばれる機能に置き換えられました。回復可能なアイテムフォルダーは、outlook、outlook Web App、および他の電子メールクライアントの既定のビューでは表示されません。回復可能なアイテムフォルダーの詳細については、「回復可能なアイテムフォルダー」を参照してください。In-Place Hold and Litigation Hold uses the Recoverable Items folder to preserve items. The Recoverable Items folder replaces the feature informally known as the dumpster in previous versions of Exchange. The Recoverable Items folder is hidden from the default view of Outlook, Outlook Web App, and other email clients. To learn more about the Recoverable Items folder, see Recoverable Items folder.

既定では、ユーザーが [削除済みアイテム] フォルダー以外のフォルダーからメッセージを削除すると、メッセージは [削除済みアイテム] フォルダーに移動されます。これを移動と呼びます。ユーザーが (SHIFT キーを押して del キーを押して) アイテムを削除したり、[削除済みアイテム] フォルダーからアイテムを削除したりすると、メッセージは [回復可能なアイテム] フォルダーに移動され、ユーザーの表示が消えます。By default, when a user deletes a message from a folder other than the Deleted Items folder, the message is moved to the Deleted Items folder. This is known as a move. When a user soft deletes an item (accomplished by pressing the SHIFT and DELETE keys) or deletes an item from the Deleted Items folder, the message is moved to the Recoverable Items folder, thereby disappearing from the user's view.

回復可能なアイテムフォルダー内のアイテムは、ユーザーのメールボックスに対して構成された削除済みアイテムの保存期間に対して保持されます。既定では、削除済みアイテムの保存期間は、Exchange Online メールボックスの場合は14日です。回復可能なアイテムフォルダーの記憶域のクォータを構成することもできます。これにより、回復可能なアイテムフォルダーが急速に増大するために、潜在的なサービス拒否 (DoS) 攻撃から組織を保護します。メールボックスがインプレースホールドまたは訴訟ホールドの対象になっていない場合は、回復可能なアイテムの警告クォータを超えた場合、またはアイテムがフォルダー内に存在した場合に、そのアイテムが最初の回復可能なアイテムフォルダーから完全に削除されます。削除済みアイテムの保存期間よりも前。Items in the Recoverable Items folder are retained for the deleted item retention period configured for the user's mailbox. By default, the deleted item retention period is 14 days for Exchange Online mailboxes. You can also configure a storage quota for the Recoverable Items folder. This protects the organization from a potential denial of service (DoS) attack due to rapid growth of the Recoverable Items folder. If a mailbox isn't placed on In-Place Hold or Litigation Hold, items are purged permanently from the Recoverable Items folder on a first in, first out basis when the Recoverable Items warning quota is exceeded, or the item has resided in the folder for a longer duration than the deleted item retention period.

回復可能なアイテム フォルダーでは、次のサブフォルダーを使用して、さまざまなサイトの削除済みアイテムを格納し、インプレース保持および訴訟ホールドを容易にします。The Recoverable Items folder contains the following subfolders used to store deleted items in various sites and facilitate In-Place Hold and Litigation Hold:

  • **** 削除-削除済みアイテムフォルダーから削除されたアイテムまたは他のフォルダーから削除されたアイテムを削除サブフォルダーに移動し、outlook および outlook Web App で削除済みアイテムを復元する機能を使用すると、ユーザーに対して表示されます。既定では、メールボックスに対して構成された削除済みアイテムの保存期間の期限が切れるまで、アイテムはこのフォルダーに格納されます。Deletions - Items removed from the Deleted Items folder or soft-deleted from other folders are moved to the Deletions subfolder and are visible to the user when using the Recover Deleted Items feature in Outlook and Outlook Web App. By default, items reside in this folder until the deleted item retention period configured for the mailbox expires.

  • パージ-ユーザーが回復可能なアイテムフォルダーからアイテムを削除すると (outlook および outlook Web App の削除済みアイテムの復元ツールを使用して)、アイテムは [削除] フォルダーに移動されます。メールボックスに対して構成された削除済みアイテムの保存期間を超えるアイテムも、削除フォルダーに移動されます。[削除済みアイテムを復元] ツールを使用している場合、このフォルダー内のアイテムはユーザーに表示されません。管理フォルダーアシスタントがメールボックスを処理すると、削除フォルダー内のアイテムがメールボックスから削除されます。メールボックスユーザーが訴訟ホールドの対象になっている場合、管理フォルダーアシスタントはこのフォルダー内のアイテムを削除しません。Purges - When a user deletes an item from the Recoverable Items folder (by using the Recover Deleted Items tool in Outlook and Outlook Web App, the item is moved to the Purges folder. Items that exceed the deleted item retention period configured for the mailbox are also moved to the Purges folder. Items in this folder aren't visible to users if they use the Recover Deleted Items tool. When the Managed Folder Assistant processes the mailbox, items in the Purges folder are purged from the mailbox. When you place the mailbox user on Litigation Hold, the Managed Folder Assistant doesn't purge items in this folder.

  • discoveryhold -ユーザーがインプレースホールドに配置されている場合、削除済みのアイテムはこのフォルダーに移動されます。管理フォルダーアシスタントはメールボックスを処理するときに、このフォルダー内のメッセージを評価します。インプレース保持クエリに一致するアイテムは、クエリで指定された保持期間が切れるまで保持されます。保持期間が指定されていない場合、アイテムは無期限に、またはユーザーが保留リストから削除されるまで保持されます。DiscoveryHold - If a user is placed on an In-Place Hold, deleted items are moved to this folder. When the Managed Folder Assistant processes the mailbox, it evaluates messages in this folder. Items matching the In-Place Hold query are retained until the hold period specified in the query. If no hold period is specified, items are held indefinitely or until the user is removed from the hold.

  • バージョン-ユーザーがインプレース保持または訴訟ホールドの対象となっている場合、メールボックスアイテムは、ユーザーまたはプロセスによって改ざんまたは変更されないように保護する必要があります。これは、コピーオンライトプロセスを使用して実現されます。ユーザーまたはプロセスがメールボックスアイテムの特定のプロパティを変更すると、変更がコミットされる前に、元のアイテムのコピーが [バージョン] フォルダーに保存されます。プロセスは、その後の変更に対して繰り返されます。Versions フォルダーにキャプチャされたアイテムもインデックスが作成され、電子情報開示検索で返されます。保持が削除されると、[バージョン] フォルダー内のコピーは管理フォルダーアシスタントによって削除されます。Versions - When a user placed on In-Place Hold or Litigation Hold, mailbox items must be protected from tampering or modification by the user or a process. This is accomplished using a copy-on-write process. When a user or a process changes specific properties of a mailbox item, a copy of the original item is saved in the Versions folder before the change is committed. The process is repeated for subsequent changes. Items captured in the Versions folder are also indexed and returned in eDiscovery searches. After the hold is removed, copies in the Versions folder are removed by the Managed Folder Assistant.

書き込み時コピーをトリガーするプロパティProperties that trigger copy-on-write

アイテムの種類Item type 書き込み時コピーをトリガーするプロパティProperties that trigger copy-on-write
メッセージ (IPM.Note*)Messages (IPM.Note*)
投稿 (IPM.Post*)Posts (IPM.Post*)
件名Subject
本文Body
添付ファイルAttachments
送信者/受信者Senders/Recipients
送信/受信日Sent/Received Dates
メッセージおよび投稿以外のアイテムItems other than messages and posts 以下を除く、表示可能なプロパティへの変更:Any change to a visible property, except the following:
アイテムの場所 (アイテムがフォルダー間で移動した場合)Item location (when an item is moved between folders)
アイテムのステータスの変更 (開封済みまたは未開封)Item status change (read or unread)
アイテムに適用する保持タグへの変更Changes to retention tag applied to an item
既定のフォルダーの下書きにあるアイテムItems in the default folder Drafts なし (下書きフォルダーのアイテムはコピーオンライトから除外されます)None (items in the Drafts folder are exempt from copy on write)

重要

会議出席依頼の返信を出席者から受信し、その会議の追跡情報が更新される際に、会議の開催者のメールボックスにある予定表アイテムに対するコピーオンライトが無効になります。予定表アイテムとアラームを設定されたアイテムについては、ReminderTime および ReminderSignalTime プロパティに対してコピーオンライトが無効にされます。これらのプロパティに対する変更は、コピーオンライトでキャプチャされません。RSS フィードへの変更は、コピーオンライトでキャプチャされません。Copy-on-write is disabled for calendar items in the organizer's mailbox when meeting responses are received from attendees and the tracking information for the meeting is updated. For calendar items and items that have a reminder set, copy-on-write is disabled for the ReminderTime and ReminderSignalTime properties. Changes to these properties are not captured by copy-on-write. Changes to RSS feeds aren't captured by copy-on-write.

DiscoveryHold、Purges および Versions フォルダーはユーザーに表示されませんが、回復可能なアイテム フォルダーのすべてのアイテムは Exchange Search によってインデックス処理され、インプレースの電子証拠開示を使用して表示可能になります。メールボックス ユーザーがインプレース保持または訴訟ホールドから解除された後は、DiscoveryHold フォルダー、Purges フォルダーおよび Versions フォルダー内のアイテムは管理フォルダー アシスタントによって削除されます。Although the DiscoveryHold, Purges, and Versions folders aren't visible to the user, all items in the Recoverable Items folder are indexed by Exchange Search and are discoverable using In-Place eDiscovery. After a mailbox user is removed from In-Place Hold or Litigation Hold, items in the DiscoveryHold, Purges, and Versions folders are purged by the Managed Folder Assistant.

保留とメールボックス クォータHolds and mailbox quotas

回復可能なアイテムフォルダー内のアイテムは、ユーザーのメールボックスクォータに対して計算されません。Exchange Online では、回復可能なアイテムフォルダーには独自のクォータがあります。Exchange では、 RecoverableItemsWarningQuota および _ableitemsquota_メールボックスのプロパティの既定値はそれぞれ 20 gb と 30 gb に設定されています。Exchange Online では、メールボックスを訴訟ホールドまたはインプレース保持の対象にすると、ユーザーのプライマリメールボックス内の回復可能なアイテムフォルダーのクォータは自動的に 100 GB に増加します。保留中のメールボックスのプライマリメールボックスの [回復可能なアイテム] フォルダーの記憶域クォータが、制限に近づいている場合は、次の操作を行うことができます。Items in the Recoverable Items folder aren't calculated toward the user's mailbox quota. In Exchange Online, the Recoverable Items folder has its own quota. For Exchange, the default values for the RecoverableItemsWarningQuota and RecoverableItemsQuota mailbox properties are set to 20 GB and 30 GB respectively. In Exchange Online, the quota for the Recoverable Items folder (in the user's primary mailbox) is automatically increased to 100 GB when you place a mailbox on Litigation Hold or In-Place Hold. When the storage quota for the Recoverable Items folder in the primary mailbox of a mailbox on hold is close to reaching its limit, you can do the following things:

  • アーカイブメールボックスを有効にして自動拡張アーカイブを有効にする-アーカイブメールボックスを有効にし、Exchange の自動拡張アーカイブ機能をオンにして、回復可能なアイテムフォルダーの記憶域の容量を無制限に有効にすることができます。オンライン。この結果、プライマリメールボックスの回復可能なアイテムフォルダーでは 110 GB、ユーザーのアーカイブ内の回復可能なアイテムフォルダーの記憶域の容量に制限はありません。「[方法] office 365 Security & コンプライアンスセンターでアーカイブメールボックスを有効にする」および「 office 365 で無制限のアーカイブを有効にする」を参照してください。Enable the archive mailbox and turn on auto-expanding archiving - You can enable an unlimited storage capacity for the Recoverable Items folder simply by enabling the archive mailbox and then turning on the auto-expanding archiving feature in Exchange Online. This results in 110 GB for the Recoverable Items folder in the primary mailbox and an unlimited amount of storage capacity for the Recoverable Items folder in the user's archive. See how: Enable archive mailboxes in the Office 365 Security & Compliance Center and Enable unlimited archiving in Office 365.

    :Notes:

    • 回復可能なアイテムフォルダーの記憶域のクォータを超えているメールボックスのアーカイブを有効にした後、管理フォルダーアシスタントを実行して、メールボックスを処理するようにアシスタントを手動でトリガーし、期限切れのアイテムが移動されるようにすることができます。アーカイブメールボックス内の回復可能なアイテムフォルダー。手順については、「ホールド状態のメールボックスの回復可能なアイテムのクォータを増やす」のステップ4を参照してください。After you enable the archive for a mailbox that's close to exceeding the storage quota for the Recoverable Items folder, you might want to run the Managed Folder Assistant to manually trigger the assistant to process the mailbox so that expired items are moved the Recoverable Items folder in the archive mailbox. For instructions, see Step 4 in Increase the Recoverable Items quota for mailboxes on hold.

    • ユーザーのメールボックス内のその他のアイテムも新しいアーカイブ メールボックスに移動される可能性があることに注意してください。この移動はアーカイブ メールボックスを有効にした後で行われる可能性がある旨、ユーザーに通知することを検討してください。Note that other items in the user's mailbox might be moved to the new archive mailbox. Consider telling the user that this might happen after you enable the archive mailbox.

  • メールボックスのカスタムアイテム保持ポリシーを作成するメールボックスのアーカイブメールボックスおよび自動拡張アーカイブを有効にすることに加えて、訴訟ホールドまたはインプレース保持の場合は、Exchange でカスタム mrm アイテム保持ポリシーを作成することもできます。保留中のメールボックスのオンライン。これにより、ホールドしていないメールボックスに適用される既定の mrm ポリシーとは異なるメールボックスにアイテム保持ポリシーを適用することができます。これにより、メールボックス専用に設計された保持タグを保持することができます。これには、回復可能なアイテムフォルダーの新しい保持タグの作成が含まれます。Create a custom retention policy for mailboxes on hold - In addition to enabling the archive mailbox and auto-expanding archiving for mailboxes on Litigation Hold or In-Place Hold, you might also want to create a custom MRM retention policy in Exchange Online for mailboxes on hold. This let's you apply a retention policy to mailboxes on hold that's different from the Default MRM Policy that's applied to mailboxes that aren't on hold. This lets you to apply retention tags that are specifically designed for mailboxes on hold. This includes creating a new retention tag for the Recoverable Items folder.

詳細については、「ホールド状態のメールボックスの回復可能なアイテムのクォータを増やす」を参照してください。For more information, see Increase the Recoverable Items quota for mailboxes on hold.

保持と電子メール転送Holds and email forwarding

ユーザーは、outlook と outlook Web App を使用してメールボックスのメール転送を設定できます。電子メール転送を使用すると、ユーザーは自分のメールボックスに送信された電子メールメッセージを組織内または組織外にある別のメールボックスに転送するようにメールボックスを構成できます。メール転送は、元のメールボックスに送信されたメッセージがそのメールボックスにコピーされず、転送先アドレスにのみ送信されるように構成できます。Users can use Outlook and Outlook Web App to set up email forwarding for their mailbox. Email forwarding lets users configure their mailbox to forward email messages sent to their mailbox to another mailbox located in or outside of their organization. Email forwarding can be configured so that any message sent to the original mailbox isn't copied to that mailbox and is only sent to the forwarding address.

メールボックスに対してメール転送が設定されていて、メッセージが元のメールボックスにコピーされていない場合、メールボックスが保持されている場合はどうなりますか?メールボックスの保持設定は、配信プロセス中に確認されます。メッセージがメールボックスの保持条件を満たしている場合は、メッセージのコピーが [回復可能なアイテム] フォルダーに保存されます。つまり、電子情報開示ツールを使用して元のメールボックスを検索し、別のメールボックスに転送されたメッセージを検索することができます。If email forwarding is set up for a mailbox and messages aren't copied to the original mailbox, what happens if the mailbox is on hold? The hold settings for the mailbox are checked during the delivery process. If the message meets the hold criteria for the mailbox, a copy of the message is saved to the Recoverable Items folder. That means you can use eDiscovery tools to search the original mailbox to find messages that were forwarded to another mailbox.

保持中のメールボックスの削除Deleting a mailbox on hold

訴訟ホールドまたはインプレース保持に配置されたメールボックスの対応する Office 365 アカウントを削除すると、メールボックスは非アクティブなメールボックスに変換されます。これは、回復可能な削除によって削除されたメールボックスの種類です。非アクティブなメールボックスは、ユーザーが組織を離れた後に、ユーザーのメールボックスの内容を保持するために使用されます。非アクティブなメールボックス内のアイテムは、非アクティブになる前にメールボックスに設定された保持期間中は保持されます。これにより、管理者、コンプライアンス責任者、またはレコード管理者は、Office 365 セキュリティ & コンプライアンスセンターのコンテンツ検索ツールを使用して、非アクティブなメールボックスのコンテンツにアクセスして検索することができます。非アクティブなメールボックスは、電子メールを受信できません。また、組織の共有アドレス帳やその他のリストには表示されません。詳細については、「 Office 365 の非アクティブなメールボックスの概要」を参照してください。When you delete the corresponding Office 365 account for a mailbox that's been placed on Litigation Hold or In-Place Hold, the mailbox is converted to an inactive mailbox, which is a type of soft-deleted mailbox. Inactive mailboxes are used to preserve the contents of a user's mailbox after they leave your organization. Items in an inactive mailbox are preserved for the duration of the hold that was placed on the mailbox before it was made inactive. This allows administrators, compliance officers, or records managers to use the Content Search tool in the Office 365 Security & Compliance Center to access and search the contents of an inactive mailbox. Inactive mailboxes can't receive email and aren't displayed in your organization's shared address book or other lists. For more information, see Overview of inactive mailboxes in Office 365.