Microsoft Graph での教育機関 API の操作Working with education APIs in Microsoft Graph

Microsoft Graph の教育機関 API は、Office 365 のリソースとデータを、学校、学生、教師、クラス、入学を含む教育機関のシナリオと関連する情報によって強化します。The education APIs in Microsoft Graph enhance Office 365 resources and data with information that is relevant for education scenarios, including schools, students, teachers, classes, and enrollments. これにより、教育関連のリソースと統合するソリューションのビルドが簡単になります。This makes it easy for you to build solutions that integrate with educational resources.

教育機関 API には名簿リソースや割り当てリソースが含まれ、Microsoft Teams の名簿サービスとのやり取りに使用できます。The education APIs include rostering resources and assignments resources that you can use to interact with the rostering services in Microsoft Teams. これらのリソースを使用して、学校の名簿を管理できます。You can use these resources to manage a school roster.

認証Authorization

Microsoft Graph で教育機関 API を呼び出すために、アプリはアクセス トークンを取得する必要があります。To call the education APIs in Microsoft Graph, your app will need to acquire an access token. アクセス トークンの詳細については、「Microsoft Graph を呼び出すためのトークンの取得」を参照してください。For details about access tokens, see Get access tokens to call Microsoft Graph. また、アプリには適切なアクセス許可も必要です。Your app will also need the appropriate permissions. 詳細については、「教育機関アクセス許可」を参照してください。For more information, see Education permissions.

Microsoft Graph の教育機関 API と統合されたアプリを展開するには、まず学校の IT 管理者が、アプリが要求するアクセス許可に同意する必要があります。To deploy apps that are integrated with the Education APIs in Microsoft Graph, school IT admins must first grant consent to the permissions requested by the app. アクセス許可が変更にならない限り、この同意は一度だけ与えられる必要があります。This consent has to be granted only once, unless the permissions change. 管理者が同意した後、アプリはテナント内のすべてのユーザーに対してプロビジョニングされます。After the admin consents, the app is provisioned for all users in the tenant.

同意ダイアログ ボックスを表示するには、次の REST 呼び出しを使用します。To show a consent dialog box, use the following REST call.

GET https://login.microsoftonline.com/{tenant}/adminconsent?
client_id={clientId}&state=12345&redirect_uri={redirectUrl}
パラメーターParameter 説明Description
テナントTenant 学校のテナント ID です。Tenant ID of the school. onmicrosoft.com を含む、完全な ID を使用します。Use the full ID, which includes onmicrosoft.com.
clientIdclientId アプリのクライアント ID です。Client ID of the app.
redirectUrlredirectUrl アプリのリダイレクト URL です。App redirect URL.

名簿Rostering

名簿 API により、Microsoft School Data Sync でプロビジョニングされた学校の Office 365 テナントからデータを抽出できます。これらの API により、学校、部署、教師、学生、名簿に関する情報にアクセスできます。The rostering APIs enable you to extract data from a school's Office 365 tenant provisioned with Microsoft School Data Sync. These APIs provide access to information about schools, sections, teachers, students, and rosters. API は、アプリのみの (同期) シナリオと、アプリ + ユーザー (対話型) シナリオの両方をサポートします。The APIs support both app-only (sync) scenarios, and app + user (interactive) scenarios. 対話型シナリオをサポートする API は、API を呼び出すユーザー ロールに基づく、領域に適した RBAC ポリシーを適用します。The APIs that support interactive scenarios enforce region-appropriate RBAC policies based on the user role calling the API. これにより、テナント内の管理構成に関わらず、一貫した API および最小のポリシー サーフェスが提供されます。This provides a consistent API and minimal policy surface, regardless of the administrative configuration within tenants. さらに、API は教育機関に特有のアクセス許可も提供し、適切なユーザーがデータに確実にアクセスできるようにします。In addition, the APIs also provide education-specific permissions to ensure that the right user has access to the data.

名簿 API を使用すれば、アプリ ユーザーは次のことを把握できます。You can use the rostering APIs to enable an app user to know:

  • 自分が誰かWho I am
  • 自分が出席する、または教えるクラスWhat classes I attend or teach
  • 何を、いつまでにする必要があるかWhat I need to do and by when

名簿 API は、次の重要なリソースを提供します。The rostering APIs provide the following key resources:

名簿 API は次のシナリオをサポートします。The rostering APIs support the following scenarios:

次の手順Next steps

Microsoft Graph 教育機関 API を使用して、学校の名簿にアクセスする教育機関向けソリューションをビルドする。Use the Microsoft Graph education APIs to build education solutions that access school rosters. 詳細情報To learn more:

  • 自分のシナリオに最も役立つリソースと方法を検討する。Explore the resources and methods that are most helpful to your scenario.
  • Graph エクスプローラーで API を試す。Try the API in the Graph Explorer.