Microsoft Graph でのファイルの作業

重要

Microsoft Graphバージョンの API /beta は変更される可能性があります。 実稼働アプリケーションでこれらの API を使用することは、サポートされていません。 API が v1.0 で使用できるかどうかを確認するには、バージョン セレクターを 使用 します。

Microsoft Graph を使用して、OneDrive、OneDrive for Business、および SharePoint のドキュメント ライブラリに配置されるファイルに接続するアプリケーションを作成できます。Microsoft Graph を使用することで、ユーザーのドキュメントを単に格納することから、複雑なファイル共有の複雑なシナリオまで、Microsoft 365 に格納されるファイルに関するさまざまなエクスペリエンスを構築できます。

Microsoft Graph では、ファイルを操作するための 2 種類のリソースが公開されています。

  • Drive - ドキュメント ライブラリやユーザーの OneDrive など、ファイルの論理コンテナーを表します。
  • DriveItem -ドキュメント、写真、ビデオ、フォルダーなど、ドライブ内のアイテムを表します。

ファイル間での相互作用のほとんどは、DriveItem リソース間での相互作用によって発生します。次に、DriveItem リソースの例を示します。

{
  "@content.downloadUrl":"https://public-sn3302.files.1drv.com/y2pcT7OaUEExF7EHOlpTjCE55mIUoiX7H3sx1ff6I-nP35XUTBqZlnkh9FJhWb_pf9sZ7LEpEchvDznIbQig0hWBeidpwFkOqSKCwQylisarN6T0ecAeMvantizBUzM2PA1",
  "createdDateTime": "2016-09-16T03:37:04.72Z",
  "cTag": "aYzpENDY0OEYwNkM5MUQ5RDNEITU0OTI3LjI1Ng",
  "eTag": "aRDQ2NDhGMDZDOTFEOUQzRCE1NDkyNy4w",
  "id":"D4648F06C91D9D3D!54927",
  "lastModifiedBy": {
    "user": {
      "displayName": "Daron Spektor",
      "id": "d4648f06c91d9d3d"
    }
  },
  "name":"BritishShorthair.jpg",
  "size":35212,
  "image":{
    "height":398,
    "width":273
  },
  "file": {
    "hashes":{
      "sha1Hash":"wmgPQ6jrSeMX7JP1XmstQEGM2fc="
    }
  }
}

Drive リソースと DriveItem リソースでは、次の異なる 3 つの方法でデータを公開します。

  • プロパティ (ID名前など) は単純な値 (文字列、数値、ブール値) を公開します。
  • ファセット (ファイル写真など) は複雑な値を公開します。ファイルまたはフォルダーのファセットの有無は、DriveItem の動作およびプロパティを示します。
  • 参照 (サムネイルなど) はその他のリソースのコレクションを指します。

一般的にアクセスされるリソース

ファイルの相互作用に関するほとんどの API 要求では、Drive または DriveItem にアクセスするために以下の基本リソースのいずれかを使用します。

パス リソース
/me/drive ユーザーの OneDrive。
/me/drives そのユーザーに使用できる OneDrive リソースを列挙します。
/drives/{drive-id} ドライブの ID を使用して特定の Drive にアクセスします。
/drives/{drive-id}/root/children 特定の Drive のルートにある DriveItem リソースを列挙します。
/me/drive/items/{item-id} 一意の ID を使用してユーザーの OneDrive にある DriveItem にアクセスします。
/me/drive/special/{special-id} 既知の名前を使用してユーザーの OneDrive にある特別な (名前付き) フォルダーにアクセスします。
/users/{user-id}/drive 別のユーザーの一意の ID を使用してそのユーザーの OneDrive にアクセスします。
/groups/{group-id}/drive グループの一意の ID を使用してグループの既定のドキュメント ライブラリにアクセスします。
/shares/{share-id} sharedId や共有 URL を使用して DriveItem にアクセスします。

一意の ID を使用して Drive 内の DriveItem にアドレス指定することに加え、既知のリソースからの相対パスを使用することによってアプリで DriveItem にアドレス指定することもできます。パスを使用してアドレス指定するには、コロン (:) を使用して相対パスをエスケープします。次の表に、コロンを使用してパスでアイテムをアドレス指定するいくつかの方法を示します。

Path リソース
/me/drive/root:/path/to/file ユーザーの OneDrive ルート フォルダーへの相対パスを使用して DriveItem にアクセスします。
/me/drive/items/{item-id}:/path/to/file 別のアイテム (folder ファセットを持つ DriveItem) への相対パスを使用して DriveItem にアクセスします。
/me/drive/root:/path/to/folder:/children ユーザーの OneDrive のルートへの相対パスを使用して DriveItem の子を一覧表示します。
/me/drive/items/{item-id}:/path/to/folder:/children 別のアイテムへの相対パスを使用して DriveItem の子を一覧表示します。

ドライブ リソース

ドライブ リソースは、ユーザーの OneDrive または SharePoint ドキュメント ライブラリ内の最上位のオブジェクトです。ほぼすべてのファイル操作は、特定のドライブ リソースをアドレス指定することによって開始されます。

ドライブの一意の ID または UserGroup、組織の既定のドライブを使用して、ドライブ リソースをアドレス指定できます。

DriveItem リソース

DriveItem は、ドライブのファイル システム内のオブジェクトです。/items/{item-id} 構文で id を使用して、または /root:/path/to/item/ 構文でファイル システム パスを使用して、それらにアクセスできます。

DriveItem には、アイテムの id および機能に関するデータを提供する_ファセット_が存在します。

folder ファセットを持つ DriveItem は、アイテムのコンテナーとして機能し、フォルダーの下のアイテムのコレクションを指す参照を持ちます。

共有フォルダーおよびリモート アイテム

OneDrive 個人ユーザーは、別のドライブから自分の OneDrive に 1 つ以上の共有アイテムを追加できます。これらの共有のアイテムは、remoteItem ファセットを持つコレクションの DriveItem として表示されます。

共有フォルダーとリモート アイテムの操作方法の詳細については、「リモート アイテムおよび共有フォルダー」を参照してください。

共有とアクセス許可

OneDrive と SharePoint のドキュメント ライブラリの最も一般的な操作の 1 つは、他のユーザーとコンテンツを共有することです。Microsoft Graph を使用することによって、アプリで共有リンクを作成し、アクセス許可を追加してドライブ内のアイテムに招待状を送信することができます。

Microsoft Graph では、アプリで共有リンクから共有コンテンツに直接アクセスすることもできます。

新機能

この API セットに関する 最新機能や更新プログラム を検索してください。