Microsoft Graph データ接続の概要Overview of Microsoft Graph data connect (preview)

Microsoft Graph には、作業方法、コミュニケーション方法、共同作業方法、時間管理方法に関する情報を含む、従業員とその職場に関するリッチ データが含まれています。Microsoft Graph contains rich data about workers and their workplace, including information about how people work and how they communicate, collaborate, and manage their time. Microsoft Graph データ接続が Microsoft Azure へ移動するデータを簡素化するツールを提供することで、ユーザーはデータの操作に最適な開発とホスティング ツールにアクセスできるようになります。Microsoft Graph data connect brings this data to Microsoft Azure, which gives you access to the best development and hosting tools to work with this data. これにより、Microsoft Graph データに対する完全なコントロールを維持したまま、生産性を向上させる、革新的な業界固有のアプリケーションを活用することができます。This enables customers to benefit from innovative or industry-specific applications that enhance their productivity, while they keep full control over their Microsoft Graph data. Microsoft は、お客様が期待する、より安全なコントロールを提供しています。Microsoft is bringing along the more secured control that customers expect.

Microsoft Graph データ接続を使用する理由Why use Microsoft Graph data connect?

Office 365 管理者は、組織のデータを大量に移動し管理することに固有の課題について、慎重に考慮する必要があります。Office 365 administrators must carefully consider the challenges inherent in moving and managing significant amounts of their organizational data. Microsoft Graph データ接続は、データの新しいコントロール方法を管理者に提供するよう設計されています。データを使用して、データに基づく分析情報を作成するアプリを構築できます。Microsoft Graph data connect is designed to give administrators new controls over their data; you can use that data to build apps that create data-driven insights.

Microsoft Graph の同意モデルでは、管理者またはユーザーは、特定の定義済みエンティティ セットへのアクセスを求めるアプリケーションの要求に対してのみ、許可または拒否することができます。In the Microsoft Graph consent model, an administrator or user can only grant or deny an application’s request to access specific, predefined sets of entities. たとえば、Mail.Read への要求には、すべてのプロパティを持つメッセージ インスタンス全体を含む、Outlook メールをサポートする固定のエンティティ セットに対する読み取りアクセス権が含まれます。For example, a request for Mail.Read includes read access to a fixed set of entities that support Outlook mail, including entire message instances with all its properties. それに対して、Microsoft Graph データ接続の場合、同意対象の細分化が可能です。つまり、アプリケーションがあるエンティティ内の特定のプロパティに対するアクセスを要求したり、そのプロパティ内のデータをフィルター処理したりすることが可能になります。In contrast, Microsoft Graph data connect enables more granular consent, allowing applications to request access to specific properties in an entity, or filter the data in these properties. 管理者が Microsoft Graph データへのアクセスを明示的に承認しないかぎり、アクセスは許可されません。Administrators must give explicit approval to access Microsoft Graph data before access is granted. 要求では、要求するアクセスのレベルを指定し、データ ポリシーの適用、要求理由、要求データのスキーマを記述する必要があります。The request must specify the level of access requested and describe data policy enforcement, the reason for the request, and the schema of the data requested. 結果として、アプリケーションはその機能で必要とするデータ以外は使用することができず、関連性のないコンテンツは除外されます。As a result, applications can use only the data that is essential to their function, and unrelated content is excluded. たとえば、アプリはメールのメタデータをのみを使用し、本文と添付ファイルは除外します。For example, an app might consume email headers but exclude body content and attachments.

データ ガバナンスの提供Provide data governance

Microsoft は、お客様のデータの状態に関する、Microsoft Graph と Azure 間の豊富で密接したコミュニケーションを促進しています。Microsoft is facilitating rich, connected communication between Microsoft Graph and Azure with respect to the status of customers’ data. Microsoft Graph データ接続を介してアプリケーションを構築する場合、準拠する予定の詳細なポリシーのセットを指定できます。When you build apps via Microsoft Graph data connect, you can specify a set of detailed policies that you intend to comply with. Office 365 管理者はこれらのポリシーを確認し、同意することができます。Office 365 administrators can then review and consent to these policies. この方法により、コンプライアンス管理のオーバーヘッドを最小限に抑えることができます。This practice minimizes compliance management overhead. 同意がなされると、Microsoft はそのアプリケーションのポリシーへの準拠状況を監視します。When consent is given, Microsoft monitors the application’s adherence to policy. 組織により設定されたポリシーにアプリケーションが違反している (または違反しようとしている) 場合、Microsoft はそのアプリケーションへのデータの提供を停止します。If an application violates (or attempts to violate) a policy established by the organization, Microsoft stops the flow of data to that application.

大量のデータへのアクセス権の取得Get access to data at scale

リッチ アプリケーションでは、多くの場合は組織内の多数のユーザーが同時に、大量のデータに対してアクセスすることが必要となります。Rich applications require access to large amounts of data, often from many users in your organization at once. 従来のトランザクション データ モデルの場合、このようなデータ提供を実現するためには、複雑なインフラストラクチャを構築し、何千もの API 呼び出しを実行する必要があります。With the traditional transactional data model, you need to build a complex infrastructure and make thousands of API calls to orchestrate this data delivery. Microsoft Graph データ接続の場合、Azure Data Factory を利用して、定期的に、いくつかの簡単な手順だけで、組織の Office 365 のデータをアプリケーションに提供できます。Microsoft Graph data connect uses the power of Azure Data Factory to deliver Office 365 data from your organization to your application, on a repeatable schedule, with just a few simple steps.

API リファレンスAPI reference

このサービスの API リファレンスをお探しですか?Looking for the API reference for this service?

次の手順Next steps

作業を開始するには、「Microsoft Graph データ接続の開始」を参照してください。To get started, see Get started with Microsoft Graph data connect.