国内クラウドの展開National cloud deployments

Microsoft のデータセンターのグローバル ネットワークに加えて、Microsoft クラウド サービスは 3 つの独立した国内クラウドで利用できます。In addition to our global network of datacenters, Microsoft cloud services are available in three separate national clouds. これらの国内クラウド バージョンは、Microsoft エンタープライズ クラウド サービスとは物理的および論理的に独立したネットワーク インスタンスで、特定の国の地理的な境界内に限定され、現地スタッフによって運営されます。These national cloud versions are physical and logical network-isolated instances of Microsoft enterprise cloud services, which are confined within the geographic borders of specific countries and operated by local personnel. 詳細については、「Microsoft の国内クラウド」を参照してください。To learn more, see Microsoft National Clouds.

現在の国内クラウドは、次のとおりです。Current national clouds include:

  • Microsoft Cloud for US GovernmentMicrosoft Cloud for US Government
  • Microsoft Cloud GermanyMicrosoft Cloud Germany
  • 21Vianet が中国で運用している Azure と Office 365Azure and Office 365 operated by 21Vianet in China

この記事では、Microsoft Graph のさまざまな国内クラウドの展開と、各展開において開発者が利用できる機能について示します。This article provides information about the different national cloud deployments of Microsoft Graph and the capabilities within each deployment that are available to developers.

Microsoft Graph と Microsoft Graph Explorer のサービス ルート エンドポイントMicrosoft Graph and Microsoft Graph Explorer service root endpoints

次の表に、各国内クラウドの Microsoft Graph と Microsoft Graph Explorer のサービス ルート エンドポイントを示します。The following table shows the service root endpoints for Microsoft Graph and Microsoft Graph Explorer for each National cloud.

国内クラウドNational Cloud Microsoft GraphMicrosoft Graph Microsoft Graph ExplorerMicrosoft Graph Explorer
21Vianet によって運営されている Microsoft Graph ChinaMicrosoft Graph China operated by 21Vianet https://microsoftgraph.chinacloudapi.cn https://developer.microsoft.com/zh-cn/graph/graph-explorer-china
Microsoft Graph GermanyMicrosoft Graph Germany https://graph.microsoft.de サポートされていません。Not supported.
米国政府機関向け Microsoft GraphMicrosoft Graph for US Government https://graph.microsoft.com サポートされていません。Not supported.
Microsoft Graph グローバル サービスMicrosoft Graph global service https://graph.microsoft.com https://developer.microsoft.com/graph/graph-explorer

メモ: アプリから組織のデータへは、国内クラウド エンドポイント経由でのみアクセスできます。Note: Apps can only access organizational data through the national cloud endpoints. つまり、特定の国内クラウドに登録されたテナント内のデータにのみアクセスできます。This means that only data in tenants registered in the specific national cloud can be accessed. Microsoft Graph を介して個人用 Microsoft アカウントに関連付けられているコンシューマー データにアクセスを試みるアプリには、グローバル サービス (https://graph.microsoft.com) を使用する必要があります。Apps that are trying to access consumer data associated with personal Microsoft accounts through Microsoft Graph should use the global service (https://graph.microsoft.com). 国内クラウドの展開用に獲得したアクセス トークンは、グローバル サイト用に獲得したアクセス トークンと交換して使用することはできません。Access tokens acquired for a national cloud deployment are not interchangeable with those acquired for the global service.

Azure AD の OpenID Connect と OAuth2.0 のエンドポイントAzure AD OpenID Connect and OAuth2.0 endpoints

次の表に、国内クラウドごとに Microsoft Graph を呼び出すためのトークンを獲得するときに使用される Azure Active Directory (Azure AD) エンドポイントのベース URL をまとめます。The following table lists the base URLs for the Azure Active Directory (Azure AD) endpoints used to acquire tokens to call Microsoft Graph for each national cloud.

国内クラウドNational Cloud Azure AD ルート エンドポイントAzure AD root endpoint
21Vianet によって運営されている Azure AD ChinaAzure AD China operated by 21Vianet https://login.chinacloudapi.cn
Azure AD GermanyAzure AD Germany https://login.microsoftonline.de
米国政府機関向け Azure ADAzure AD for US Government https://login.microsoftonline.us
Azure AD (グローバル サービス)Azure AD (global service) https://login.microsoftonline.com

Azure AD 承認またはトークン エンドポイントへの要求は、該当する地域特有のベース URL を使用します。たとえば、ドイツの場合:Requests to the Azure AD authorization or token endpoints can be formed using the appropriate region-specific base URL. For example, for Germany:

テナント特有のエンドポイントは、前述の URL の「common」の部分を、テナント ID またはテナントの検証済みドメインに置き換えて構成できます。共通エンドポイントまたはテナント特有のエンドポイントのどちらを使用するかは、アプリの要件と、トークンを取得するために使用している認証フローによって異なります。Azure AD のアクセス トークンと Microsoft Graph について詳しくは、「認証トークンの取得」を参照してください。Tenant-specific endpoints can be formed by replacing "common" in the URLs above with either the tenant ID or a verified domain for the tenant. Whether you use the common or tenant-specific endpoints will depend upon the requirements of your app and the authentication flow you are using to get tokens. To learn more about Azure AD access tokens and Microsoft Graph, see Get auth tokens.

注: Azure AD v2.0 認証エンドポイントとトークン エンドポイントはグローバル サービスでのみ使用できます。国内クラウド展開での使用はまだサポートされていません。Note: The Azure AD v2.0 authorization and token endpoints are available on the global service only; they are not yet supported for use with national cloud deployments.

サポートされている機能Supported features

次の Microsoft Graph 機能が、注記されている場所を除くすべての国内クラウド展開で (/v1.0 エンドポイント上で) 通常利用できます。The following Microsoft Graph features are generally available (on the /v1.0 endpoint) across all national cloud deployments, except where noted:

  • ユーザーUsers
  • グループGroups
  • Excel (中国で 21Vianet によって運営されている Microsoft Graph に限定してサポート)Excel (Support is limited on Microsoft Graph operated by 21Vianet in China.)
  • OneDrive (中国で 21Vianet によって運営されている Microsoft Graph に限定してサポート)OneDrive (Support is limited on Microsoft Graph operated by 21Vianet in China.)
  • Outlook メールOutlook Mail
  • Outlook カレンダーOutlook Calendar
  • 個人用連絡先Personal Contacts
  • SharePointl (中国で 21Vianet によって運営されている Microsoft Graph に限定してサポート)SharePoint (Support is limited on Microsoft Graph operated by 21Vianet in China.)
  • デルタ クエリ (各国内クラウド展開のさまざまなリソースにおいてサポートが異なります)。Delta query (Support varies across different resources on each national cloud deployment.)
  • Webhook (各国内クラウド展開のさまざまなリソースにおいてサポートが異なります)。Webhooks (Support varies across different resources on each national cloud deployment.)

次の Microsoft Graph 追加機能が、注記されている場所を除くすべての国内クラウド展開で通常、プレビュー段階として (/beta エンドポイント上で) 利用できます。The following addtional Microsoft Graph features are available in preview (on the /beta endpoint) across all national cloud deployments, except where noted:

  • 組織の連絡先Organizational Contacts
  • アプリケーションApplications
  • サービス プリンシパルService Principals

次の Microsoft Graph 機能に関しては、国内クラウド展開ではまだサポートされていません。The following Microsoft Graph features are not yet supported on national cloud deployments:

  • Microsoft PlannerMicrosoft Planner
  • ディレクトリ スキーマの拡張Directory schema extensions
  • オープン型の拡張機能Open type extensions