Microsoft Graph クライアントを作成するCreate a Microsoft Graph client

Microsoft Graph クライアントは、Microsoft Graph を呼び出すことが簡単になるように設計されています。The Microsoft Graph client is designed to make it simple to make calls to Microsoft Graph. アプリケーションの有効期間中は、単一のクライアントインスタンスを使用できます。You can use a single client instance for the lifetime of the application. Microsoft Graph クライアントパッケージをプロジェクトに追加してインストールする方法については、「 SDK をインストールする」を参照してください。For information about how to add and install the Microsoft Graph client package into your project, see Install the SDK.

次のコード例は、サポートされている言語で認証プロバイダを使用して Microsoft Graph クライアントのインスタンスを作成する方法を示しています。The following code examples show how to create an instance of a Microsoft Graph client with an authentication provider in the supported languages. 認証プロバイダーは、アプリケーションのアクセストークンの取得を処理します。The authentication provider will handle acquiring access tokens for the application. 言語とプラットフォームごとに、さまざまな認証プロバイダを使用できます。Many different authentication providers are available for each language and platform. さまざまなアプリケーションプロバイダーが、さまざまなクライアントシナリオをサポートしています。The different application providers support different client scenarios. シナリオに適したプロバイダーとオプションの詳細については、「認証プロバイダーを選択する」を参照してください。For details about which provider and options are appropriate for your scenario, see Choose an Authentication Provider.

// Build a client application.
IPublicClientApplication publicClientApplication = PublicClientApplicationBuilder
            .Create("INSERT-CLIENT-APP-ID")
            .Build();
// Create an authentication provider by passing in a client application and graph scopes.
DeviceCodeProvider authProvider = new DeviceCodeProvider(publicClientApplication, graphScopes);
// Create a new instance of GraphServiceClient with the authentication provider.
GraphServiceClient graphClient = new GraphServiceClient(authProvider);