Microsoft Graph Sdk をインストールするInstall the Microsoft Graph SDKs

Microsoft Graph Sdk は、GitHub およびポピュラーなプラットフォームパッケージマネージャーを通じてプロジェクトに含めることができます。The Microsoft Graph SDKs are available to be included in your projects via GitHub and popular platform package managers. このトピックでは、Microsoft Graph SDK をプロジェクトにインストールする方法について説明します。This topic describes how you can install the Microsoft Graph SDK into your project.

Microsoft Graph .NET SDK をインストールするInstall the Microsoft Graph .NET SDK

Microsoft Graph .NET SDK は、次の NuGet パッケージに含まれています。The Microsoft Graph .NET SDK is included in the following NuGet packages:

  • Microsoft Graph -エンドポイントにv1.0 fluent API を使用してアクセスするためのモデルと要求ビルダーが含まれています。Microsoft.Graph - Contains the models and request builders for accessing the v1.0 endpoint with the fluent API. Microsoft graph は、Microsoft Graph に依存しています。Microsoft.Graph has a dependency on Microsoft.Graph.Core.
  • Microsoft Graphには、fluent API を使用してエンドポイントにbetaアクセスするためのモデルと要求ビルダーが含まれています。Microsoft.Graph.Beta - Contains the models and request builders for accessing the beta endpoint with the fluent API. Microsoft graph には、Microsoft Graph に依存しています。Microsoft.Graph.Beta has a dependency on Microsoft.Graph.Core.
  • Microsoft graph- coreライブラリを使用して、microsoft graph を呼び出すことができます。Microsoft.Graph.Core - The core library for making calls to Microsoft Graph.
  • Microsoft graph SDK と共に使用する Microsoft Authentication Library (MSAL) の認証シナリオベースのラッパーを提供します。Microsoft.Graph.Auth - Provides an authentication scenario-based wrapper of the Microsoft Authentication Library (MSAL) for use with the Microsoft Graph SDK. Microsoft graph は、Microsoft Graph に依存しています。Microsoft.Graph.Auth has a dependency on Microsoft.Graph.Core.

Visual Studio またはパッケージマネージャーコンソールでパッケージマネージャー UIを使用して、Microsoft graph のパッケージをプロジェクトにインストールすることができます。You can use either the Package Manager UI in Visual Studio or the Package Manager Console to install the Microsoft.Graph packages into your project. 次のパッケージマネージャーコンソールコマンドを実行すると、Microsoft graph、microsoft graph、および Microsoft graph ライブラリがインストールされます。The following Package Manager Console commands will install the Microsoft.Graph, Microsoft.Graph.Core, and Microsoft.Graph.Auth libraries. Microsoft graph は、Microsoft Graph の依存関係としてインストールされます。Microsoft.Graph.Core is installed as a dependency of Microsoft.Graph.

Install-Package Microsoft.Graph
Install-Package Microsoft.Graph.Auth -IncludePrerelease

Microsoft Graph Java SDK をインストールするInstall the Microsoft Graph Java SDK

Microsoft Graph Java SDK は、次のパッケージに含まれています。The Microsoft Graph Java SDK is included in the following packages:

  • microsoft graph -エンドポイントにv1.0 fluent API を使用してアクセスするためのモデルと要求ビルダーが含まれています。microsoft-graph - Contains the models and request builders for accessing the v1.0 endpoint with the fluent API.
  • microsoft graph-Core-microsoft graph に電話をかけるためのコアライブラリ。microsoft-graph-core - The core library for making calls to Microsoft Graph.
  • microsoft graph -auth -MICROSOFT graph SDK で使用する Microsoft authentication LIBRARY (msal) の認証シナリオベースのラッパーを提供します。microsoft-graph-auth - Provides an authentication scenario-based wrapper of Microsoft Authentication Library (MSAL) for use with the Microsoft Graph SDK.

Gradle を使用して Microsoft Graph Java SDK をインストールするInstall the Microsoft Graph Java SDK via Gradle

Microsoft graph のリポジトリとコンパイル依存関係をプロジェクトの gradle に追加します。Add the repository and a compile dependency for microsoft-graph to your project's build.gradle:

repository {
    jcenter()
}

dependency {
    // Include the sdk as a dependency
    compile('com.microsoft.graph:microsoft-graph:1.2.+')
}

Maven を使用して Microsoft Graph Java SDK をインストールするInstall the Microsoft Graph Java SDK via Maven

Pom の dependencies 要素に依存関係を追加します。Add the dependency in the dependencies element in pom.xml:

<dependency>
    <groupId>com.microsoft.graph</groupId>
    <artifactId>microsoft-graph</artifactId>
    <version>1.2.0</version>
</dependency>

Microsoft Graph Javascript SDK をインストールするInstall the Microsoft Graph Javascript SDK

Microsoft Graph Javascript SDK は、次のパッケージに含まれています。The Microsoft Graph Javascript SDK is included in the following packages:

  • Microsoft Graph への呼び出しを行うためのコアライブラリ (npm) (英語) @microsoft@microsoft/microsoft-graph-client (npm)- The core library for making calls to Microsoft Graph.
  • @microsoft/サンプル (npm)-microsoft graph エンティティの Typescript 型です。@microsoft/microsoft-graph-types (npm) - The Typescript types for the Microsoft Graph entities.

Npmを使用して、Microsoft GRAPH Javascript SDK をインストールすることができます。You can use npm to install the Microsoft Graph Javascript SDK:

npm install @microsoft/microsoft-graph-client
npm install @microsoft/microsoft-graph-types --save-dev

Microsoft Graph の目的-C SDK をインストールするInstall the Microsoft Graph Objective-C SDK

Microsoft Graph の目的-C SDK は、iOS と macOS の両方のプラットフォームをサポートしており、Cocoアポストロフィ Ds または Carthage のどちらかを使用してプロジェクトにインストールできます。The Microsoft Graph Objective-C SDK supports both iOS and macOS platforms and can be installed into your project using either CocoaPods or Carthage.

Cocoアポストロフィを使用して Microsoft Graph の目標-C SDK をインストールするInstall the Microsoft Graph Objective-C SDK using Cocoapods

Podfile に次の行を追加して、xcode プロジェクトに、目的の C Microsoft Graph SDK および Microsoft Graph の目的-C Auth SDK を含めます。Add the following line in your podfile to include the Objective-C Microsoft Graph SDK and Microsoft Graph Objective-C Auth SDK in your xcode project:

pod 'MSGraphClientSDK'
pod 'MSGraphMSALAuthProvider'

Carthage を使用して Microsoft Graph の目標-C SDK をインストールするInstall the Microsoft Graph Objective-C SDK using Carthage

次の手順を実行して、 Carthageパッケージマネージャーを使用して、microsoft Graph の目的-c SDK と microsoft Graph の目標-c Auth sdk をインストールします。Perform the following steps to install the Microsoft Graph Objective-C SDK and Microsoft Graph Objective-C Auth SDK using the Carthage package manager.

  1. 目標-C SDK GitHub リポジトリとリリースタグを指定するCartfileを作成します。Create a Cartfile that specifies the Objective-C SDK GitHub repository and release tag to target.
github "microsoftgraph/msgraph-sdk-objc" "tags/<latest_release_tag>"
github "microsoftgraph/msgraph-sdk-objc-auth" "tags/<latest_release_tag>"
  1. carthage update を実行します。Run carthage update. これにより、依存関係が Carthage/チェックアウトフォルダーにフェッチされ、MSGraphClientSDK ライブラリが作成されます。This will fetch dependencies into a Carthage/Checkouts folder and then builds the MSGraphClientSDK library.

  2. Xcode を使用して、アプリケーションターゲットの [全般設定] タブの [リンクされたフレームワークとライブラリ] セクションで、 Msgraphclientsdk. フレームワークmsgraphmsalauthproviderを、ディスクの carthage/Build フォルダーからドラッグアンドドロップします。Using Xcode, in your application target's General settings tab, in the Linked Frameworks and Libraries section, drag and drop the MSGraphClientSDK.framework and MSGraphMSALAuthProvider.framework from the Carthage/Build folder on disk.

  3. アプリケーションターゲットの [ビルドフェーズの設定] タブで、 + アイコンをクリックして、[スクリプトフェーズの新規実行] を選択します。On your application target's Build Phases settings tab, click the + icon and choose New Run Script Phase. シェル (ex:/bin/sh) を指定し、次の内容をスクリプトに追加する実行スクリプトを作成します。Create a run script in which you specify your shell (ex: /bin/sh), and add the following contents to the script:

/usr/local/bin/carthage copy-frameworks
  1. 入力ファイルで使用するフレームワークへのパスを追加します。Add the paths to the frameworks you want to use under Input Files.
$(SRCROOT)/Carthage/Build/iOS/MSGraphClientSDK.framework
$(SRCROOT)/Carthage/Build/iOS/MSGraphMSALAuthProvider.framework

Microsoft Graph PHP SDK をインストールするInstall the Microsoft Graph PHP SDK

Microsoft GRAPH PHP SDKpackagist.orgから入手でき、次の方法でインストールできます。The Microsoft Graph PHP SDK is available from packagist.org and can be installed in the following ways:

Composer を使用して Microsoft Graph PHP SDK を手動でインストールするInstall the Microsoft Graph PHP SDK manually using composer

composer require microsoft/microsoft-graph

Composer を使用して Microsoft Graph PHP SDK をインストールするInstall the Microsoft Graph PHP SDK using composer.json

{
    "require": {
        "microsoft/microsoft-graph": "^1.8"
    }
}

Microsoft Graph Ruby SDK をインストールするInstall the Microsoft Graph Ruby SDK

Microsoft Graph RUBY SDKrubygems.orgから入手でき、次のコマンドを使用してインストールできます。The Microsoft Graph Ruby SDK is available from rubygems.org and can be installed using the following command:

gem install microsoft_graph