MDM での HoloLens の登録

Microsoft Intuneなどのソリューションを使用して、複数の microsoft HoloLens デバイスを同時に管理できます。 設定の管理、インストールするアプリの選択、組織のニーズに合わせたセキュリティ構成の設定を行うことができます。 「Microsoft Intune を使用して Windows Holographic を実行するデバイスを管理する」、Windows Holographic でサポートされている構成サービス プロバイダー (CSP)Windows Holographic for Business でサポートされているポリシーに関するトピックを参照してください。

注意

VPN、Bitlocker、キオスク モードの機能を含むモバイル デバイス管理 (MDM) は、Windows Holographic for Business にアップグレードした場合にのみ使用できます。

要件

組織が HoloLens デバイスを管理するには、モバイル デバイス管理 (MDM) をセットアップする必要があります。 MDM プロバイダーには、Microsoft Intune や、Microsoft MDM API を使うサード パーティ プロバイダーを使うことができます。

MDM への自動登録

Azure Active Directory (Azure AD) と、認証用の AAD トークンを受け入れる MDM ソリューション (現在のところ、Microsoft Intune と AirWatch でのみサポートされている場合) を組織で使っている場合、IT 管理者はユーザーが Azure AD アカウントにサインインした後 MDM 登録が自動的に行われるように Azure AD を構成できます。 Azure AD の登録を構成する方法をご覧ください。

自動登録が有効な場合、追加の手動登録は必要ありません。 ユーザーが Azure AD アカウントでサインインすると、最初の実行エクスペリエンスを完了した後デバイスが MDM に登録されます。

設定アプリを使った登録

最初の実行エクスペリエンス時にデバイスが MDM に登録されない場合、ユーザーは設定アプリを使って組織の MDM サーバーにデバイスを手動で登録できます。

  1. [設定] > [アカウント] > [職場のアクセス] の順に移動します。

  2. [デバイス管理 (MDM) に登録する] を選び、組織アカウントを入力します。 組織のサインイン ページにリダイレクトされます。

  3. MDM サーバーでの認証に成功すると、成功を示すメッセージが表示されます。

これで、デバイスが MDM サーバーに登録されました。 ポリシー、証明書、アプリを取得するにはデバイスを再起動する必要があります。 設定アプリに、デバイスがデバイス管理に登録されたことが反映されます。