演習 - サポート チケットの送信を確認する

完了

この演習では、新しいサポート チケットに関する電子メールを取得し、確認を送信するプロセスを作成します。

注意

この演習を正しく実行するには、有効な Web メール アカウントの資格情報を使用します。 アカウントまたはサーバーの情報が正しくない場合、プロセスは失敗します。

  1. WinAutomation を起動し、チケット確認 という名前の新しいプロセスを作成します。

    名前に「チケットの確認」と入力され、[ツールの選択] で [プロセス デザイナー] が強調表示された [新規プロセスの作成] ウィンドウのスクリーンショット。

  2. 電子メールの取得 アクションを展開して、件名の行に チケット という語句が含まれているすべての未読メールを取得するように構成します。 電子メール フォルダー フィールドには、アカウントのメインの受信トレイ フォルダーが自動的に入力されます。

    各フィールドが入力された電子メールの取得アクション。

  3. アクションの IMAP サーバー タブに移動して、IMAP サーバーの情報を入力します。

    電子メールの取得アクションの IMAP サーバー タブ。

  4. ワークスペースに For-each ループを追加し、取得した電子メールを含むリストを反復処理するように設定します。

    取得した電子メールを入力として持つ For Each ループ。

  5. ループ内で、電子メールの送信 アクションを追加して、各チケットの所有者に電子メールを送信します。 電子メールの件名に、受信した電子メールの件名と確認を表す文字を含めるように設定します。 本体に確認のテキストを含めることができます。

    各フィールドが入力された電子メールの送信アクション。

  6. アクションの SMTP サーバー タブに移動して、選択した SMTP サーバーの情報を入力します。

    電子メールの送信アクションの SMTP サーバー タブ。

  7. 電子メールの送信 アクションの下に、電子メールの処理 アクションを追加します。 取得した各電子メールを チケットを確認 という名前のフォルダーに移動するアクションを設定します。

    各フィールドが入力された電子メールの処理アクション。

  8. アクションの IMAP 設定 タブに移動して、選択した IMAP サーバーの情報を入力します。

    電子メールの処理アクションの IMAP 設定タブ。

  9. プロセスを保存した後、それを実行して、すべてのアクションが正常に実行されることをテストします。

    [チケットの確認 - プロセス デザイナー] の画面。[保存] ボタンと [実行] ボタンが強調表示されている。