Power Automate Desktop 開発の基本

初級
アプリ作成者
開発者
機能コンサルタント
Microsoft Power Platform
Power Automate

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

Power Automate Desktop が、アクション、変数、条件、ループなどの一般的な開発概念とタスクをどのように処理するかについて説明します。

学習の目的

このモジュールの内容は次のとおりです。

  • フロー デザイナーを使用してフローを最初から作成する
  • アクションと変数の使用方法について学ぶ
  • フロー デザイナーのテストおよびデバッグ機能について理解する
  • 個々のアクションのエラー処理のプロパティを構成する
  • UI の要素と画像の使用について理解する
  • サブフローを使用してフローの一部を区分けし、再利用する