仮想マシンのバックアップ

完了

Azure Backup を使用した Azure 仮想マシンのバックアップは簡単で、そのプロセスは単純です。

作成、使用、およびバックアップを行う 3 つのステップ。

  1. Recovery Services コンテナーを作成します。 ファイルとフォルダーをバックアップするには、データを保存するリージョンに Recovery Services コンテナーを作成する必要があります。 また、geo 冗長 (既定) またはローカル冗長のいずれかの方法で、ストレージをレプリケートする方法を決定する必要もあります。 既定では、コンテナーには geo 冗長ストレージがあります。 プライマリ バックアップ ストレージ エンドポイントとして Azure を使用している場合は、既定の geo 冗長ストレージを使用します。 プライマリ以外のバックアップ ストレージ エンドポイントとして Azure を使用している場合は、ローカル冗長ストレージを選択します。ローカル冗長ストレージを選択すると、Azure にデータを格納するコストが削減されます。
  2. ポータルを使用してバックアップを定義します。 定義された間隔でデータのスナップショットを取得してデータを保護します。 これらのスナップショットは復旧ポイントと呼ばれ、Recovery Services コンテナーに格納されます。 VM を修復または再構築する必要がある場合は、保存されている復旧ポイントのいずれかから VM を復元することができます。 バックアップ ポリシーは、データのスナップショットをいつ取得し、それらのスナップショットをいつまで保持するかのマトリックスを定義します。 VM をバックアップするためのポリシーを定義するときに、バックアップ ジョブを 1 日に 1 回トリガーできます。
  3. 仮想マシンをバックアップします。 バックアップ拡張機能を動作させるには、Azure VM エージェントを Azure 仮想マシンにインストールする必要があります。 ただし、VM を Azure ギャラリーから作成した場合、VM エージェントは既に仮想マシンに存在します。 オンプレミスのデータ センターから移行された VM には、VM エージェントがインストールされていません。 このような場合は、VM エージェントをインストールする必要があります。