Azure DevOps を使用してアプリケーションをビルドする

中級
DevOps エンジニア
管理者
開発者
Azure
Azure DevOps

Azure DevOps を利用すれば、アプリケーションをビルドし、テストし、あらゆるクラウドまたはオンプレミスにデプロイできます。 アプリケーションの継続的なビルド、テスト、検証を実現するビルド パイプラインを構成する方法について学習します。

このラーニング パスはシリーズの一部です。 最も関心のあるトピックを選択することも、各トピックを順番に進めることもできます。 このシリーズのラーニング パスは次のとおりです。

The trophy for the Build applications with Azure DevOps learning path.

パート 2: Azure DevOps でアプリケーションをビルドする

このラーニング パスでは、以下について説明します。

  • Azure Pipelines と GitHub を使用し、他のユーザーと共同作業してアプリケーションをビルドする
  • 自動化されたテストをパイプラインで実行し、コードの品質を検証する
  • ソース コードやサードパーティ コンポーネントをスキャンし、脆弱性がないか確認する
  • 連動してアプリケーションをビルドする複数のパイプラインを定義する
  • Microsoft ホステッド エージェントと独自のビルド エージェントの両方を使用し、アプリケーションをビルドする

このラーニング パス内のモジュール

アプリケーションのビルド プロセスを自動化する継続的インテグレーション (CI) パイプラインを設定します。

他のユーザーと共同作業を行って、最高品質のコードのみをマージします。

コードの品質を向上させるために、パイプラインで自動テストを設定します。

Azure Pipelines 内でのアプリケーションのビルド時に、オープンソース コンポーネントのセキュリティの脆弱性をスキャンし、それらのライセンス評価を評価します。

アプリケーションとそれによって使用されるパッケージをビルド パイプライン全体で管理します。

Microsoft ホステッド エージェントがニーズを満たさない場合に、独自のビルド エージェントを使用する方法について説明します。