Bicep の基礎

初級
開発者
管理者
ソリューション アーキテクト
Azure
Azure Resource Manager

Bicep を使用すると、Azure リソースをデプロイできます。 Bicep では、アプリケーション コードのように扱う宣言型の構文が使用されます。 インフラストラクチャをコードとして扱うことで、インフラストラクチャの要件に加えられた変更を追跡し、デプロイの一貫性と反復可能性を高めることができます。

Azure Resource Manager テンプレート (ARM テンプレート) を記述するための JSON 構文に慣れている場合は、Bicep の方が構文が簡潔で、よりタイプ セーフであることに気づくでしょう。 実際、Bicep ファイルは標準の ARM テンプレートにコンパイルされます。

このラーニング パスを使用して、Bicep の使用を開始しましょう。 次のような内容です。

  • Bicep が Azure へのデプロイに適切な選択肢であるかどうかを判断する。
  • Bicep の宣言構文と Bicep テンプレートの構造について理解する。
  • Bicep の機能 (パラメーター、条件、ループなど) を適用して、インフラストラクチャのデプロイ方法を制御する。
  • 複雑なデプロイを、より小規模で再利用可能なコンポーネントに分割するモジュールを定義する。

このラーニング パスの各モジュールで、Azure CLI および Azure PowerShell と一緒に使用するためのオプションが提供されます。 Bicep コードを記述および検証するには、Visual Studio Code を使用します。

ヒント

領域の専門家から Bicep についてライブで学びたいですか。 2022 年 3 月 8 日以降は毎週火曜日 (太平洋時間) に担当の専門家と一緒にライブで学習できます。

Bicep について学習するには、次の 3 つのラーニング パスを受講することをお勧めします。

その後、Bicep コードをデプロイパイプラインに追加することに興味を持つかもしれません。 使用するツールに基づいて、次の2つのラーニングパスのいずれかを取得します:

前提条件

Azure Resource Manager と Azure リソース グループに精通していることをお勧めしますが、必須ではありません。

このラーニング パス内のモジュール

コードとしてのインフラストラクチャ、Azure Resource Manager、Bicep を使用して、クラウド デプロイを迅速かつ自信を持ってスケーリングする利点について説明します。 Bicep が宣言型デプロイ ツールとしてどのデプロイの種類に適しているかを判断します。

Bicep テンプレート内で Azure リソースを定義します。 デプロイの一貫性と信頼性を向上させ、必要な手作業の労力を減らし、環境間でデプロイを拡張します。 テンプレートは柔軟性があり、パラメーター、変数、式、モジュールを使用して再利用できます。

Bicep パラメーターを使用して、各デプロイ時にテンプレートの情報を提供します。 デコレーターを追加して、パラメーターをわかりやすく、操作しやすくし、機密データも保護します。 パラメーターの値は、コマンド ラインとパラメーター ファイルを使用して指定します。

特定の制約が適用されている場合にのみリソースをデプロイします。 ループを使用して、プロパティが似ている複数のリソースをデプロイします。

再利用可能なモジュールを設計して構築し、Bicep テンプレートを簡素化します。 パラメーターと出力を使用して、複数のモジュールを組み合わせてテンプレートを作成します。