Power Automate Desktop での高度なロジックの実装

中級
アプリ作成者
開発者
機能コンサルタント
Microsoft Power Platform
Power Automate

Power Automate Desktop のシステム フロー、コントロール フロー、マウス カーソルの疑似アクションに加え、テキスト、日付、時刻を操作する方法について学びます。

前提条件

  • Power Automate Desktop についての基本的な知識

このラーニング パス内のモジュール

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

メッセージ ボックスを使用すると、ユーザーと対話して入力を要求するか、出力を提供することができます。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

アクションと関数が実装される順序を変更する機能は、フロー制御と呼ばれます。 Power Automate Desktop では、フロー制御アクションを通じてフロー制御を実行できます。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

Power Automate Desktop には、テキストと datetime の値を操作するためのアクションが用意されています。 これらのテキストおよび datetime のアクションによって、プロセスで標準化されたデータ形式を採用することができます。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

マウスの動きとクリックや、入力やキーの押下をシミュレートするプロセスを作成する方法について説明します。 このモジュールでは、マウスを使用して画面上の特定のイメージまたは領域を選択して検索する方法についても説明します。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

Power Automate Desktop では、システムとサービスのアクションを通じて、Microsoft Windows オペレーティングシステムの基本となるその他のタスクのオートメーションをサポートしています。