ライフサイクルに関する FAQ - 固定ポリシー

発行元:2016 年 8 月 24 日水曜日

検索 製品のライフサイクルを検索するには、こちらから検索してください。

メインストリームと延長サポートの違いとは

固定ポリシーのサポート フェーズの概要を示す表については、固定ライフサイクル ポリシーを参照してください。

どのようなユーザーが延長サポート フェーズでサポートを受けることができますか。

延長サポートは、すべてのお客様が利用できます。 延長サポートは、コンシューマー向けソフトウェア (デスクトップ オペレーティング システム ソフトウェアを除く)、マルチメディア製品、モダン ポリシーの対象となるオンライン サービスまたは製品には提供されません。 延長サポートフェーズに含まれる内容を確認するには、 固定ライフサイクル ポリシーに移動します。

Microsoft は、延長サポート フェーズ中には保証サポート、設計の変更、または新しい機能の要請を受け付けません。

ライフサイクル ポリシーの下で現在サポートされている Microsoft 製品を実行していますが、オペレーティング システムがサポートされなくなった場合も、依然としてサポートを受けることができますか。

問題が Microsoft 製品に固有で、固定ポリシーの範囲内である場合、Microsoft はサポートを提供します。 問題がオペレーティング システムと Microsoft 製品の組み合わせの結果である場合、その問題はサポートされません。

Service Pack のライフサイクル ポリシーはどのようなものですか。

マイクロソフト ライフサイクル ポリシーでは、マイクロソフト製品のテクニカル サポートとセキュリティ更新プログラムを利用するには、製品のサポート対象の Service Pack がインストールされている必要があります。 固定のライフサイクル ポリシーを参照するには、ここにアクセスしてください。

マイクロソフト ライフサイクル ポリシーでは、マイクロソフト製品のテクニカル サポートとセキュリティ更新プログラムを利用するには、製品のサポート対象の Service Pack がインストールされている必要があります。 固定のライフサイクル ポリシーを参照するには、ここにアクセスしてください。

製品または Service Pack のサポートについては、製品のライフサイクル データベースを検索してください。

固定のライフサイクル ポリシーは、統合サポートとどのように作用しますか?

メインストリーム サポート フェーズでは、すべてのお客様が製品サポートの特典を利用できます。 延長サポート フェーズでは、すべてのお客様にセキュリティ更新プログラムが提供され、有償の支援サポートが利用できます。 延長サポート中である製品用のセキュリティ以外の更新プログラムを要請するには、延長修正プログラム サポートが必要です。 延長修正プログラム サポートには、統合サポートが前提条件になります。 統合サポートを契約しているお客様は、サポート窓口と協力して、特定の状況で利用可能なオプションを決定できます。

顧客とパートナーは製品とサービスのライフサイクルをどのように推定できますか。

固定のライフサイクル ポリシーは、ある製品に対してマイクロソフトがサポートとサービスを提供する期間を正確に決めるよう設計されています。 ほとんどの場合、Microsoft では 10 年以上のサポートを提供しています。 ライフサイクルは 5 年間のメインストリーム サポートとそれに続く 5 年間の延長サポートから構成されています。 コンシューマー向けソフトウェアおよびマルチメディア製品では、少なくとも 5 年間のメインストリーム サポートを提供します。 延長サポートは、コンシューマー向けソフトウェア、マルチメディア製品、モダン ポリシーの対象となる製品には提供されません。

ライフサイクルの日付については、 製品ライフサイクル データベースを検索してください。

Windows オペレーティング システムのライフサイクル ポリシーは、コンシューマー向けと企業向けでは異なりますか。

用途 (個人または企業用) に関係なく、すべてのデスクトップ オペレーティング システム製品には、固定のポリシーに従って少なくとも 10 年間のサポートが提供されます。 これには 5 年間のメインストリーム サポートと、最新の Service Pack または更新プログラム上での 5 年間の延長サポートが含まれます。 マイクロソフトは、デスクトップ オペレーティング システム製品のコンシューマー用バージョンと業務用バージョンで、サポートを差別化していません。

メジャー製品のマイナー リリースのライフサイクル ポリシーはどのようなものですか。

マイナー リリースは、メジャー製品リリースと同じライフサイクルに従います。

この例として、Windows Server 2012 R2 があります。この製品のメインストリーム サポート フェーズおよび延長サポートフェーズは親製品である Windows Server 2012 と同じです。 同様に、Dynamics AX 2012 R3 のライフサイクルの日付は、Dynamics AX 2012 の初期リリースと同じになります。

固定のライフサイクル ポリシーの下でコンポーネントはどのようにサポートされますか。

コンポーネントのサポートは、その親製品またはプラットフォームと同じです。 親製品またはプラットフォームがメインストリームまたは延長サポートの場合、コンポーネントも同じです。 親製品またはプラットフォームがサポート終了になった場合、コンポーネントもサポート終了になります。

例: あるコンポーネントが Microsoft Windows に対してライセンスされている場合、Windows のサポートが終了する同じ日付にコンポーネントのサポートは終了します。

Note

場合によっては、コンポーネントには、その親製品から独立したセキュリティ更新プログラムまたは機能強化が提供されます。 提供されしだい、コンポーネントの更新プログラムをインストールすることをお勧めします。

プログラム アドオンのライフサイクル ポリシーはどのようなものですか。

アドオンは、アドオンが動作する製品でサポートされます。 ただし、サポートは少なくとも 12 か月前に通知することにより終了される場合があります。

プログラム ツールのライフサイクル ポリシーはどのようなものですか。

ツールは、ツールが動作する製品でサポートされます。 ただし、サポートは少なくとも 12 か月前に通知することにより終了される場合があります。

延長サポート フェーズで、セキュリティ以外の更新プログラムは必要なく、電話サポートのみが必要です。 延長修正プログラム サポートが必要ですか?

その必要はありません。 延長サポート フェーズで製品のテクニカル サポートを受けるには、延長修正プログラム サポートは必要ありません。

マイクロソフトは延長サポート以外のサポートを提供しますか?

Microsoft は、地域の法律、市場の状況、およびサポート要件が、世界の各地域または業種によって異なることを理解しています。 そのため、Microsoft は延長サポートを超えるサポートおよび/またはサービス オプションを提供する場合があります。 これらのオプションでは、支援サポートとセキュリティまたはセキュリティ以外の更新プログラムを含む場合があり、またライフサイクルのサポート終了日を超えて延長される場合があります。

Microsoft の支援サポートおよび有償サポート サービスの終了後、どのようなオプションがありますか。

Microsoft は、すべてのお客様が最新の状態を維持して、確実にサポートを受け、最新の製品に存在する革新技術を利用できるようにすることを推奨します。 最新の状態を維持すると、セキュリティ上のリスクとコンプライアンスに関するリスクが最小限になり、多くの場合で総所有コストも低くなります。

製品が延長サポートから移行すると、その製品に対して拡張セキュリティ更新プログラム (ESU) プログラムが利用可能でない限り、それ以上のサポートは提供されません。 延長セキュリティ更新(ESU)プログラムについて詳しくは、こちらをご覧ください。 ESU が提供されない場合、お客様は以下にアクセスできません

  • セキュリティ更新プログラムまたはセキュリティ以外の修正プログラム

  • 無料または有料のサポート オプション

  • Microsoft 製品開発リソース

  • オンライン コンテンツ (サポート技術情報など) の更新

    製品がまだセルフヘルプ サポートのフェーズ内であれば、オンライン コンテンツを利用できる場合があります。

セキュリティ更新プログラムに関する Microsoft のポリシーはどのようなものですか?

Microsoft は、セキュリティを強化した製品を提供するよう取り組んでいます。 Microsoft の長期的な目標は、すべての製品からリリース前にセキュリティ上の脆弱性を除去することです。 開発中に脆弱性を除去するよう努めていますが、今日、ソフトウェアの脆弱性は依然として現実に存在するため、発見された時点で対応する準備が必要になります。 Microsoft では、できる限りセキュリティを確保するために、最新の製品リリース、セキュリティ更新プログラム、Service Pack をインストールすることをアドバイスしています。 Microsoft では、以前の製品に対してセキュリティ更新プログラムを提供できない場合があります。それらの製品のリスクを容認しているのは、セキュリティ要件の要求がより厳しくなっているためです。 セキュリティ アドバイザリとセキュリティ情報の最新情報については、Microsoft セキュリティ レスポンス センター (MSRC) をご覧ください。

Microsoft は自社製品にどれだけの期間セキュリティ更新プログラムを提供しますか。

更新プログラムは、製品のライフサイクルの期間サポートされます。

特定の製品のサポートおよびサービス タイムラインに関する詳細については、ライフサイクル製品データベースを検索してください。

更新プログラムは、更新プログラムの設計対象である Service Pack にのみインストールする必要があります。 Microsoft は、商習慣上妥当である場合は常にサポート対象である Service Pack 用のセキュリティ更新プログラムを作成し、すべてのお客様に提供しています。 お客様は、固定のライフサイクル ポリシーに従ってサポートされる Service Pack 用の、セキュリティ関連ではない更新プログラムを要請することができます。

ユーザーがセキュリティ更新プログラムを受け取るには、統合サポートが必要ですか。

その必要はありません。 セキュリティ更新プログラムが作成される場合、その製品のライフサイクルの期間中、標準的なセキュリティ リリース プロセスを介してすべてのお客様に提供されます。 月例のセキュリティ リリースは、毎月第 2 火曜日に行われます。

統合サポートなしの延長サポート中、Microsoft からセキュリティ以外の更新プログラムがリリースされることがありますか。

はい。 Microsoft ライフサイクル ポリシーでは、延長サポート フェーズ中に、特定のセキュリティ以外の更新プログラムを作成して一般に配布することができます。 たとえば、自動更新または Windows Server Update Service を通じた継続的な接続とサービス提供を実現する、セキュリティ以外の更新プログラムを提供する必要が生じる場合があります。

Microsoft がセキュリティ更新プログラムをリリースする日が製品のサポート終了日と同じ場合はどうなりますか。

Microsoft がセキュリティ更新プログラムをリリースする日が製品ライフサイクルの終了日と同じ場合は、セキュリティ更新プログラムをお客様に提供します。 セキュリティ更新プログラムのサポートは、少なくとも 30 日間継続されます。

サポート終了後にセキュリティ更新プログラムを受け取る権利をお持ちのお客様は、セキュリティ更新プログラムのリリース後 30 日間以上サポートが提供されます。