Lync Server 2013 での Lync VDI プラグインの展開Deploying the Lync VDI plug-in in Lync Server 2013

 

最終更新日: 2012-10-03Topic Last Modified: 2012-10-03

Lync 2013 クライアントは、仮想デスクトップインフラストラクチャ (VDI) 環境での音声とビデオをサポートしています。The Lync 2013 client supports audio and video in a Virtual Desktop Infrastructure (VDI) environment. ユーザーは、オーディオデバイスやビデオデバイス (ヘッドセットやカメラなど) をローカルコンピューター (たとえば、シンクライアントや転用コンピューター) に接続できます。A user can connect an audio or video device (for example, a headset or a camera) to the local computer (for example, a thin client or repurposed computer). ユーザーは、仮想マシンに接続して、仮想マシンで実行されている Lync 2013 クライアントにサインインし、クライアントがローカルで実行されている場合と同じように、リアルタイムの音声とビデオによる通信に参加できます。The user can connect to the virtual machine, sign in to the Lync 2013 client that is running on the virtual machine, and participate in real-time audio and video communications as though the client is running locally.

Lync VDI プラグインは、ローカルコンピューターにインストールされるスタンドアロンアプリケーションであり、仮想マシン上で実行されている Lync 2013 クライアントでローカルのオーディオデバイスとビデオデバイスを使用できます。The Lync VDI Plug-in is a stand-alone application that installs on the local computer and allows the use of local audio and video devices with the Lync 2013 client running on the virtual machine. プラグインは、ローカルコンピューターに Lync をインストールする必要はありません。The plug-in does not require Lync to be installed on the local computer. 仮想マシンで実行されている Lync 2013 クライアントにユーザーがサインインすると、lync は、ローカルコンピューターで実行されている Lync VDI プラグインとの接続を確立するために、ユーザーに資格情報を再入力するように求めます。After the user signs in to the Lync 2013 client that is running on the virtual machine, Lync prompts the user to re-enter his or her credentials to establish a connection with the Lync VDI Plug-in that is running on the local computer. この接続が確立されると、ユーザーは音声通話とビデオ通話を発信および受信することができます。After this connection is established, the user is ready to make and receive audio and video calls.