Lync Server 2013 でのメディアバイパスの概要Overview of media bypass in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2012-09-21Topic Last Modified: 2012-09-21

メディアバイパスは、展開する仲介サーバーの数を最小限に抑える場合に便利です。Media bypass is useful when you want to minimize the number of Mediation Servers deployed. 通常、仲介サーバープールは中央サイトに展開され、ブランチサイトのゲートウェイを制御します。Typically, a Mediation Server pool will be deployed at a central site, and it will control gateways at branch sites. メディアバイパスを有効にすると、ブランチサイトのクライアントからの公衆交換電話網 (PSTN) 通話のメディアを、それらのサイトのゲートウェイを介して直接流すことができます。Enabling media bypass allows media for public switched telephone network (PSTN) calls from clients at branch sites to flow directly through the gateways at those sites. Lync Server 2013 の発信通話ルートとエンタープライズ音声ポリシーを適切に構成して、ブランチサイトのクライアントからの PSTN 通話を適切なゲートウェイにルーティングできるようにする必要があります。Lync Server 2013 outbound call routes and Enterprise Voice policies must be properly configured so that PSTN calls from clients at a branch site are routed to the appropriate gateway.

Wi-Fi ネットワークは通常、有線ネットワークよりも多くのパケット損失を発生します。Wi-Fi networks typically experience more packet loss than wired networks. このパケット損失からの回復は、通常、ゲートウェイで対応可能なものではありません。Recovery from this packet loss is not typically something that can be accommodated by gateways. そのため、ワイヤレスサブネットに対してバイパスを有効にする必要があるかどうかを判断する前に、Wi-Fi ネットワークの品質を評価することをお勧めします。Therefore, we recommend that you evaluate the quality of a Wi-Fi network before determining whether bypass should be enabled for a wireless subnet. 待機時間の短縮と、パケット損失からの復旧についても考慮されています。There is a tradeoff in latency reduction versus recovery from packet loss to consider, as well. RTAudio は、仲介サーバーをバイパスしない通話で利用できるコーデックで、パケット損失を処理するのに適しています。RTAudio, a codec which is available for calls that do not bypass the Mediation Server, is better suited for handling packet loss.

エンタープライズ Voip 構造が整ったら、メディアバイパスの計画は簡単です。After your Enterprise Voice structure is in place, planning for media bypass is straightforward.

  • ブランチサイトへの WAN リンクを含まない集中管理トポロジの場合は、微調整された制御は必要ないため、グローバルメディアバイパスを有効にすることができます。If you have a centralized topology without WAN links to branch sites, you can enable global media bypass, because fine-tuned control is unnecessary.

  • 1つまたは複数のネットワーク地域とその関連ブランチサイトで構成される分散トポロジを使用している場合は、次のことを決定します。If you have a distributed topology that consists of one or more network regions and their affiliated branch sites, determine the following:

    • 仲介サーバーのピアが、メディアバイパスに必要な機能をサポートできるかどうか。Whether your Mediation Server peers are able to support the capabilities required for media bypass.

    • 各ネットワーク地域のどのサイトが適切に接続されているか。Which sites in each network region are well-connected.

    • ネットワークにとって、メディアバイパスと通話受付管理のどの組み合わせが適切か。Which combination of media bypass and call admission control is appropriate for your network.

メディアバイパスを有効にすると、ネットワーク地域、およびその地域内の帯域幅制限のないすべてのネットワークサイトに対して、一意のバイパス ID が自動的に生成されます。When you enable media bypass, a unique bypass ID is automatically generated for a network region, and for all network sites without bandwidth constraints within that region. 地域内の帯域幅制限があるサイト、および帯域幅制限がある WAN リンクを介して地域に接続されたサイトには、それぞれ固有の一意のバイパス Id が割り当てられます。Sites with bandwidth constraints within the region and sites connected to the region over WAN links with bandwidth constraints are each assigned their own unique bypass IDs.

ユーザーが PSTN を呼び出すと、仲介サーバーはクライアントサブネットのバイパス ID とゲートウェイサブネットのバイパス ID を比較します。When a user makes a call to the PSTN, the Mediation Server compares the bypass ID of the client subnet with the bypass ID of the gateway subnet. 2つのバイパス Id が一致する場合、通話でメディアバイパスが使用されます。If the two bypass IDs match, media bypass is used for the call. バイパス Id が一致しない場合は、通話のメディアが仲介サーバーを経由して流れる必要があります。If the bypass IDs do not match, media for the call must flow through the Mediation Server.

ユーザーが PSTN から通話を受信すると、ユーザーのクライアントはそのバイパス ID を PSTN ゲートウェイのバイパス ID と比較します。When a user receives a call from the PSTN, the user’s client compares its bypass ID to that of the PSTN gateway. 2つのバイパス Id が一致する場合、メディアは、仲介サーバーをバイパスして、ゲートウェイからクライアントに直接送られます。If the two bypass IDs match, media flows directly from the gateway to the client, bypassing the Mediation Server.

Lync 2010 またはそれ以上のクライアントとデバイスのみが、仲介サーバーとメディアバイパスの対話をサポートしています。Only Lync 2010 or above clients and devices support media bypass interactions with a Mediation Server.

重要

メディアバイパスをグローバルに有効にするだけでなく、各 PSTN トランクでメディアバイパスを個別に有効にする必要があります。In addition to enabling media bypass globally, you must enable media bypass individually on each PSTN trunk. バイパスがグローバルに有効になっているが、特定の PSTN トランクに対して有効になっていない場合は、その PSTN トランクを含むすべての呼び出しに対してメディアバイパスが呼び出されません。If bypass is enabled globally, but is not enabled for a particular PSTN trunk, media bypass will not be invoked for any calls involving that PSTN trunk. また、メディアバイパスが サイトと地域の情報を使用するように設定されている場合は、ルーティング可能なすべてのサブネットを、それらが配置されているサイトに関連付ける必要があります。In addition, when media bypass is set to Use Site and Region Information, you must associate all routable subnets with the sites in which they are located. バイパスが必要ないサイト内にルーティング可能なサブネットがある場合は、メディアバイパスを有効にする前に、これらのサブネットを新しいサイト内でグループ化する必要があります。If there are routable subnets within a site for which bypass is not wanted, these subnets should be grouped within a new site before you enable media bypass. これにより、unroutable サブネットに異なるバイパス ID が割り当てられるようになります。Doing so will assure that the unroutable subnets are assigned a different bypass ID.