Lync Server 2013 での自動検出の計画Planning for Autodiscover in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2013-02-16Topic Last Modified: 2013-02-16

Lync server 2010 の累積的な更新プログラムで、Lync Server の自動検出が導入されました。11月2011。Autodiscover was introduced for Lync Server in the Cumulative Update for Lync Server 2010: November 2011. この自動検出の初期実装の主な目的は、Lync Mobile が Mobility service (Mcx) を特定する手段を提供することでした。The primary purpose for this initial implementation of Autodiscover was to provide a means for Lync Mobile to locate the Mobility service (Mcx). Lync Server 2013 の自動検出サービスは、サーバーとユーザーのサービスを検索するためにすべてのクライアントが使用するサービスになりました。The Autodiscover service in Lync Server 2013 is now a service used by all clients to locate server and user services. Microsoft Lync Server 2013 自動検出サービスは、ディレクターおよびフロントエンドサーバー上で実行されます。The Microsoft Lync Server 2013 Autodiscover service runs on Directors and Front End Servers.

ヒント

自動検出とクライアントへの通知についてのより技術的な知識については、「 Lync Server 2013 の自動検出について」を参照してください。For a more technical understanding of Autodiscover and what is communicated to clients, see Understanding Autodiscover in Lync Server 2013.
モビリティは依然として別個のシナリオであり、Mobility service ではまだ特別な計画が必要です。Mobility is still a distinct scenario and the Mobility services still require some special planning. 詳細については、「 Lync Server 2013 でのモビリティの計画」を参照してください。For additional details, see Planning for mobility in Lync Server 2013.

Lync Server 2010 で自動検出が導入された場合、既存のサーバー展開に対する証明書の変更を必要とするサービスを実装するために必要な妥協が行われました。When Autodiscover was introduced in Lync Server 2010, there were compromises that needed to be made in order to implement a service that required potential certificate changes to existing server deployments. HTTPS のポート TCP 443、または HTTP のポート TCP 80 経由で自動検出を使用することができます。Autodiscover could be used over port TCP 443 for HTTPS or over port TCP 80 for HTTP. HTTPS を使用することを決定した場合は、必要な lyncdiscover.<domain> および DNS レコードを格納するために、リバースプロキシ、ディレクター、フロントエンドサーバーの証明書を再発行する必要がありました lyncdiscoverinternal.<domain>If the decision was made to use HTTPS, certificates on reverse proxies, Directors, and Front End Servers needed to be reissued in order to accommodate the required lyncdiscover.<domain> and lyncdiscoverinternal.<domain> DNS records. HTTP を使用することを決定した場合は、証明書の既存の名前を使用するために DNS の CNAME (またはエイリアス) レコードを使用して、証明書の再発行を回避することができます。If the decision was to use HTTP, the reissue of certificates could be avoided by using DNS CNAME (or alias) records to use existing names on the certificates. HTTP を使用することは、初期通信が暗号化されていなかったことを意味します。Using HTTP did mean that the initial communications were unencrypted.

Lync Server 2013 はすべてのクライアントに対して自動検出を使用するため、主なシナリオは、HTTPS のみを使用して lyncdiscover で証明書を作成することです。<domain>Because Lync Server 2013 uses Autodiscover for all clients, the main scenario is to use HTTPS exclusively and to create certificates with lyncdiscover.<domain> リバースプロキシ、ディレクター、フロントエンドサーバーの構成の一部として。as part of the configuration of reverse proxies, Directors and Front End Servers. Lync Server 2010 からアップグレードされた展開に自動検出を実装する場合、HTTP を使用して証明書の再発行を回避することができます。If you are implementing Autodiscover into an upgraded deployment from Lync Server 2010, you may want to use HTTP to avoid reissuing certificates. 両方のシナリオのガイダンスについては、以下のセクションで説明します。Guidance for both scenarios is provided in the following sections.

重要

外部 web サービス公開ルールで使用される証明書のサブジェクトの別名リストには、lyncdiscover が含まれている必要があります。 <組織 > 内の各 SIP ドメインの microsoft.rtc.management.xds.sipdomain エントリ。The subject alternative name list on certificates used by the external web services publishing rule must contain a lyncdiscover.<sipdomain> entry for each SIP domain within your organization. ディレクター、フロントエンドサーバー、およびリバースプロキシで必要とされるサブジェクトの別名エントリの詳細については、「 証明書の概要-Lync Server 2013 での自動検出」を参照してください。For details about the subject alternative name entries that are required for Directors, Front End Servers, and reverse proxies, see Certificate summary - Autodiscover in Lync Server 2013.