Lync Server 2013 での Active Directory スキーマの準備Preparing the Active Directory schema in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2012-08-27Topic Last Modified: 2012-08-27

Active Directory ドメインサービスの準備を開始する前に、Windows メモ帳などのテキストエディターを使用してスキーマファイルを開くか、または lync server 2013 によって使用される Active directory スキーマ拡張、クラス、属性 を参照して、lync server 2013 に対して変更されるすべての Active Directory ドメインサービスのスキーマ拡張を確認できます。Before you begin preparing Active Directory Domain Services, you can open the schema files by using a text editor, such as Windows Notepad, or see Active Directory schema extensions, classes, and attributes used by Lync Server 2013 to review all the Active Directory Domain Services schema extensions that will be modified for Lync Server 2013. Lync Server は、次の4つのスキーマファイルを使用します。Lync Server uses four schema files:

  • ExternalSchema は、Microsoft Exchange Server との相互運用性に使用されます。ExternalSchema.ldf, which is used for interoperability with Microsoft Exchange Server

  • ServerSchema。これは、プライマリ Lync Server 2013 スキーマファイルです。ServerSchema.ldf, which is the primary Lync Server 2013 schema file

  • BackCompatSchema.ldf (以前のリリースのコンポーネントとの相互運用性を確保するために使用されます)BackCompatSchema.ldf, which is used for interoperability with any components from prior releases

  • VersionSchema.ldf (準備したスキーマのバージョン情報を保持するために使用されます)VersionSchema.ldf, which is used for version information of the prepared schema

以前のリリースから移行しているかどうかや、クリーン インストールを実行しているかどうかに関係なく、すべての .ldf ファイルがスキーマの準備時にインストールされます。All .ldf files are installed during schema preparation, regardless of whether you are migrating from a previous release or performing a clean installation. これらのスキーマファイルは、上記の一覧に示されている順序でインストールされ、 \ \ インストールメディアの Support スキーマフォルダーにあります。These schema files are installed in the sequence shown in the preceding list and are located in the \Support\schema folder on the installation media.

Lync Server スキーマ拡張機能は、すべてのドメイン間でレプリケートされ、ネットワークトラフィックに影響します。The Lync Server schema extensions are replicated across all domains, which impacts network traffic. スキーマの準備は、ネットワークの使用率が低いときに実行してください。Run schema preparation at a time when network usage is low.

注意

Lync 1.0 モバイルクライアント用の Microsoft® Office Communicator Mobile 2007 R2 および Microsoft® Office Communicator Mobile のサポートを Lync Server 2013 展開に追加する必要がある場合は、Lync Server 2013 のインストール時に Microsoft Office Communications Server 2007 R2 用の Active Directory スキーマを準備する必要があります。If you need to add support for Microsoft® Office Communicator Mobile 2007 R2 for Java and Microsoft® Office Communicator Mobile for Nokia 1.0 mobile clients to your Lync Server 2013 deployment, you need to prepare the Active Directory schema for Microsoft Office Communications Server 2007 R2 during installation of Lync Server 2013. 必要なソフトウェアおよびドキュメントについては、「」を参照してください https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkId=207172For the necessary software and documentation, see https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkId=207172.

ADSI エディターADSI Edit

Active Directory サービス インターフェイス エディター (ADSI エディター) は AD DS の管理ツールです。これを使用すると、スキーマの準備およびレプリケーションを確認できます。Active Directory Service Interfaces Editor (ADSI Edit) is an AD DS administration tool that you can use to verify schema preparation and replication.

既定では、AD DS の役割をインストールしてサーバーをドメイン コントローラーにするときに ADSI エディターがインストールされます。ADSI Edit is installed by default when you install the AD DS role to make a server a domain controller. Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2 の場合、ADSI Edit (adsiedit) はリモートサーバー管理ツール (RSAT) に含まれています。For Windows Server 2008 and Windows Server 2008 R2, ADSI Edit (adsiedit.msc) is included with the Remote Server Administration Tools (RSAT). また、RSAT をドメイン メンバー サーバーまたはスタンドアロン サーバーにインストールすることもできます。You can also install RSAT on domain member servers or stand-alone servers. RSAT パッケージは、既定で、Windows のインストール時にこれらのサーバーにコピーされますが、インストールされません。The RSAT package is copied to these servers by default when you install Windows, but it is not installed by default. 各ツールをインストールするには、サーバー マネージャを使用します。You install individual tools by using Server Manager. ADSI エディターは、[役割管理ツール][Active Directory ドメイン サービス ツール][Active Directory ドメイン コントローラー ツール] を順に展開すると見つかります。ADSI Edit is included under Role Administration Tools, Active Directory Domain Services Tools, Active Directory Domain Controller Tools.

Windows Server 2003 の場合、ADSI エディターはサポート ツールに付属しています。For Windows Server 2003, ADSI Edit is included with the Support Tools. サポートツールは、サポートツールフォルダーの Windows Server 2003 CD から \ 入手 \ するか、「windows Server 2003 Service Pack 2 32-Bit Support tools」からダウンロードでき https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkId=125770 ます。The Support Tools are available from the Windows Server 2003 CD in the \SUPPORT\TOOLS folder, or you can download them from “Windows Server 2003 Service Pack 2 32-bit Support Tools” at https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkId=125770. 製品 CD からサポートツールをインストールする手順については、「Windows サポートツールをインストールする」を参照して https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkId=125771 ください。Instructions for installing the Support Tools from the product CD are available from “Install Windows Support Tools” at https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkId=125771. サポート ツールをインストールすると、adsiedit.dll が自動的に登録されます。Adsiedit.dll is automatically registered when you install the support tools. ただし、ファイルをコンピューターにコピーした場合は、ツールを実行する前に、regsvr32 コマンドを実行して adsiedit.dll ファイルを登録する必要があります。If, however, you copied the files to your computer, you must run the regsvr32 command to register the adsiedit.dll file before you can run the tool.