Lync Server 2013 のブランチサイトでの PSTN 接続の提供Providing PSTN connectivity at a branch site in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2012-10-05Topic Last Modified: 2012-10-05

トポロジにブランチサイトを追加したり、ブランチサイトで音声インフラストラクチャをセットアップしたりするには、Microsoft Lync Server 2013、計画ツールを使用することをお勧めします。We recommend using the Microsoft Lync Server 2013, Planning Tool to add branch sites to your topology and to set up your voice infrastructure in branch sites.

計画ツールを使用していない場合は、このセクションのトピックの手順を使用します。最初にブランチサイトを追加するには、IP/公衆交換電話網 (PSTN) ゲートウェイを定義するか、または SIP トランクを構成することによって (メディアバイパスを含むかどうかにかかわらず)、音声インフラストラクチャを設定します。If you are not using the Planning Tool, use the procedures in the topics in this section—first, to add the branch sites, and then, to set up your voice infrastructure by defining the IP/public switched telephone network (PSTN) gateway and/or by configuring the SIP trunk (with or without media bypass). 構内交換 (PBX) をブランチサイトに接続する方法は、別のオプションです。Connecting a private branch exchange (PBX) to the branch site is another option.

注意

ブランチサイトの復元を提供する場合は、ブランチサイトに存続可能ブランチアプライアンス、存続可能ブランチサーバー、または Standard Edition サーバーを展開する必要があります。If you want to provide branch-site resiliency, you must deploy a Survivable Branch Appliance, a Survivable Branch Server, or Standard Edition server at the branch site. 詳細については、「展開」のドキュメントの「 存続可能ブランチアプライアンスまたはサーバーを Lync server 2013 で展開する 」または「 lync server 2013を展開する」を参照してください。For details, see Deploying a Survivable Branch Appliance or Server with Lync Server 2013 or Deploying Lync Server 2013, as appropriate, in the Deployment documentation.