Lync Server 2013 での大規模会議のサポートの設定Setting up support for large meetings in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2014-05-12Topic Last Modified: 2014-05-12

最大 1000 ユーザーの大規模な会議をサポートするには、適切なトポロジの作成、会議のハードウェアおよびソフトウェア前提条件、および環境の適切な構成が必要です。Supporting large meetings of up to 1000 users requires creating an appropriate topology, meeting hardware and software prerequisites, and configuring the environment appropriately.

トポロジ要件Topology Requirements

1つの大規模な会議には、少なくとも1台のフロントエンドサーバーと1台のバックエンドサーバーが必要です。A single large meeting requires at least one Front End Server and one Back End Server. ただし、高可用性を実現するには、バックエンドサーバーがミラー化された2台のフロントエンドサーバープールを使用することをお勧めします。However, to provide high availability, we recommend a two Front End Server pool with mirrored Back End Servers.

大規模な会議を主催するユーザーには、このプールに所属するユーザー アカウントが必要です。The user who hosts the large meetings must have their user account homed in this pool. ただし、このプールに他のユーザー アカウントをホストすることはお勧めしません。However, we do not recommend that you host other user accounts in this pool. 代わりに、大規模な会議にのみ使用します。Instead, use it only for the large meetings. ベスト プラクティスは、大規模な会議のホストにのみ使用する特殊なユーザー アカウントをこのプールに作成することです。The best practice is to create a special user account in this pool to be used only to host large meetings. 大規模な会議の設定はパフォーマンスのために最適化されているため、通常のユーザーとして使用すると、PSTN エンドポイントが関与しているときに、P2P セッションを会議に昇格できないなどの問題が発生する可能性があります。Since the large meeting setting is optimized for performance, using it as a normal user could have problems such as the inability to promote a P2P session to a meeting when a PSTN endpoint is involved.

2 つのフロントエンド サーバーでプールを管理するには、特別な考慮が必要です。Managing a pool with exactly two Front End Servers requires some special considerations. 詳細については、「 Lync Server 2013 でのフロントエンドサーバー、インスタントメッセージング、およびプレゼンスのトポロジとコンポーネント」を参照してください。For more information, see Topologies and components for Front End Servers, instant messaging, and presence in Lync Server 2013.

さらに、大規模な会議に使用されているプールに対して、必要に応じて障害回復のバックアップとフェールオーバーを提供する場合は、別のデータセンターに専用プールを設定するのと同じように組み合わせることができます。Additionally, if you want to optionally provide disaster recovery backup and failover for the pool used for large meetings, you can pair it with a similarly set up dedicated pool in a different data center. 詳細については、「 Lync Server 2013 での高可用性と障害復旧の計画」を参照してください。For details, see Planning for high availability and disaster recovery in Lync Server 2013.

大規模な会議プールの構成Large Meetings pool configuration

トポロジについて次のような追加の注意事項があります。Additional notes about the topology include:

  • アーカイブファイルを保存するために、アーカイブサーバーが展開されて有効になっている場合は、会議コンテンツを格納するためにファイル共有が必要です。A file share is required for storing meeting content and, if Archiving Server is deployed and enabled, for storing the archiving files. ファイル共有は、プール専用にすることも、プールが展開されているサイトの別のプールで使用されているのと同じファイル共有にすることもできます。The file share can be dedicated to the pool or can be the same file share used by another pool at the site in which the pool is deployed. ファイル共有の構成の詳細については、「 Configure file storage For Lync Server 2013」を参照してください。For details about configuring the file share, see Configure file storage for Lync Server 2013.

  • 大規模な会議で PowerPoint プレゼンテーション機能を有効にするには、Office Web Apps サーバーが必要です。A Office Web Apps Server is required for enabling the PowerPoint presentation functionality in large meetings. Office Web Apps サーバーは、大規模な会議プール専用にすることも、専用プールを展開するサイトの他のプールで使用する Office Web Apps サーバーと同じにすることもできます。The Office Web Apps Server can be dedicated to the large meeting pool or, it can be the same Office Web Apps Server used by other pools at the site in which the dedicated pool is deployed.

  • フロントエンドサーバーの負荷分散では、HTTP トラフィック (会議コンテンツのダウンロードなど) にハードウェア負荷分散が必要になります。Load balancing of the Front End Servers requires hardware load balancing for the HTTP traffic (such as meeting content download). SIP トラフィックには DNS 負荷分散をお勧めします。DNS load balancing is recommended for SIP traffic. 詳細については、「 Lync Server 2013 の負荷分散の要件」を参照してください。For details see Load balancing requirements for Lync Server 2013.

  • 専用の大規模会議プールに対して監視サーバーを使用する場合は、Lync Server 展開のすべてのフロントエンドサーバープール間で共有されている監視サーバーとデータベースを使用することをお勧めします。If you want to use Monitoring Server for the dedicated large-meeting pool, we recommend using the Monitoring Server and its database that are shared across all of the Front End Server pools in your Lync Server deployment.

ハードウェアとソフトウェアの要件Hardware and Software Requirements

専用の大規模会議プールのサーバーのハードウェア要件は、他の Lync Server 2013 サーバーの場合と同じです。The hardware requirements for servers in a dedicated large-meeting pool are the same as for your other Lync Server 2013 servers. ハードウェア要件の詳細については、「Lync server 2013 のサーバーハードウェアプラットフォーム」を参照してください。For details about hardware requirements, see "Server hardware platforms for Lync Server 2013.

専用の大規模会議プール内のサーバーは、すべての Lync Server 2013 ソフトウェア要件を満たす必要があります。Servers in a dedicated large-meeting pool must meet all Lync Server 2013 software requirements. ソフトウェア要件の詳細については、次のドキュメントを参照してください。For details about software requirements, please see the following documentation:

さらに、Lync Server 2013 と Lync Server 2013 クライアントの両方に最新の更新プログラムがインストールされている必要があります。Additionally, both Lync Server 2013 and all Lync Server 2013 clients must have the latest updates.

構成要件Configuration Requirements

大規模な会議専用に新しい電話会議ポリシーを作成し、専用の大規模会議プールに所属するユーザーに電話会議ポリシーを割り当てることをお勧めします。電話会議ポリシーは次の設定を使用して構成します。We recommend creating a new conferencing policy specifically for large meetings, and then assigning the conferencing policy to the users who are homed on the dedicated large-meeting pool. Configure the conferencing policy using the following settings:

  • MaxMeetingSize オプションを 1000 に設定します (既定は 250 です)。Set the MaxMeetingSize option to 1000. (The default is 250.)

  • AllowLargeMeetings オプションを True に設定します。Set the AllowLargeMeetings option to True.

  • EnableAppDesktopSharing オプションを None に設定します。Set the EnableAppDesktopSharing option to None.

  • AllowUserToScheduleMeetingsWithAppSharing オプションを False に設定します。Set the AllowUserToScheduleMeetingsWithAppSharing option to False.

  • AllowSharedNotes オプションを False に設定します。Set the AllowSharedNotes option to False.

  • AllowAnnotations オプションを False に設定します。Set the AllowAnnotations option to False.

  • DisablePowerPointAnnotations オプションを True に設定します。Set the DisablePowerPointAnnotations option to True.

  • AllowMultiview オプションを False に設定します。Set the AllowMultiview option to False.

  • EnableMultiviewJoin オプションを False に設定します。Set the EnableMultiviewJoin option to False.

注意

Lync Server 2013 で1000ユーザーの大規模な会議をサポートするには、会議ポリシーの AllowLargeMeetings 設定で、会議スケジューラを true に設定する必要があります。The support for 1000 user large meetings in Lync Server 2013 requires the AllowLargeMeetings setting in the conferencing policy for the meeting scheduler to be set to true. この設定を true に設定すると、ユーザーが会議に参加するときに、Lync の使用状況が特大の会議に最適化されます。When this setting is set to true, the Lync experience will be optimized for extra large meetings when users joins such meeting. 特に、大規模な会議では、Lync は完全な会議参加者リストの初期または更新を表示しません。これは、クライアントと Lync Server 2013 の両方のパフォーマンスのボトルネックになります。Specifically, in a large meeting, Lync will not show the initial or update of the full meeting participant list, which is a performance bottleneck for both the client and Lync Server 2013. 代わりに Lync では、ユーザーに関する情報と、会議の発表者の一覧のみが表示されます。Instead, Lync will only show information about the user and the list of presenters of the meeting. Lync は、大規模会議で利用可能な参加者の総数を適切に表示します。Lync will still properly shows total number of participants available in the large meetings.

大規模な会議で不要な会議機能を無効にするには、[最大会議サイズ] 設定を除き、ここで指定する他のすべての電話会議ポリシー設定が必要です。Except for the Maximum meeting size setting, all the other conferencing policy settings specified here are required in order to disable conferencing capabilities that are not necessary in large meetings.

さらに、専用の大規模会議プールを構成して、そのプールに所属し、会議スケジュールの管理を担当する各 Lync Server 2013 ユーザーが適切なアクセス許可を持つようにする必要があります。Additionally, you need to configure the dedicated large-meeting pool so that each Lync Server 2013 user that is homed on the pool and responsible for managing the meeting schedule has the appropriate permissions. これを行うには、次の操作を行います。To do this, do the following:

  • [発表者として指定] オプションを [なし] に設定します。通常は、大規模な会議のすべての参加者のうち 1 名または数名のユーザーが発表者であるため、参加者は大規模な会議で発表者として自動的には許可されないようにする必要があります。代わりに、発表者は会議のスケジュール時に明示的に指定するか、大規模な会議中に明示的に昇格する必要があります。Set the Designate as presenter option to None. Typically, one or just a few users of all the participants of a large meeting are presenters, so participants should not be automatically admitted to large meetings as presenters. Instead, the presenters should be explicitly designated at meeting scheduling time, or be explicitly promoted during the large meeting.

  • [ 割り当てられた電話会議の種類 (既定 )] チェックボックスがオフになっていることを確認します。Make sure that the Assigned conference type by default check box is not selected. この設定では、Lync 2013 用のオンライン会議アドインが常に開催者が割り当てた会議を使用して会議をスケジュールするかどうかを制御します。つまり、予約された会議の参加 URL とオーディオ情報は同じになります。This setting controls whether the Online Meeting Add-in for Lync 2013 always schedules conferences using the organizer’s assigned conference, which means that scheduled meetings have the same join URL and audio information. 小規模グループのグループ作業のシナリオでは、すべてのユーザーが自分の会議を割り当てられているため、そのような会議の種類が適切に機能します。定数参加 URL とオーディオ情報を使用すると、会議の参加が容易になります。In small group collaboration scenarios, having such assigned conference type works well because everyone has their own individual assigned conference, and the constant join URL and audio information helps to facilitate faster meeting joining. ただし、大規模な会議のシナリオでは、大規模会議サポートスタッフが1つのユーザー資格情報セットを使用して大規模な会議をスケジュールし、会議の出席者に対して参加 Url とオーディオ情報を提供します。However, in the large-meeting scenario, the large meeting support staff schedules the large meetings using a single set of user credentials, and then provides join URLs and audio information to the meeting requesters. この場合、各会議への参加に異なる URL を使用する方が適しています。In this case, using a different URL to join each meeting works better.

  • 必要でない限り [匿名ユーザーを既定で承認する] チェック ボックスがオンになっていないことを確認します。Ensure that the Admit anonymous users by default check box is not selected, unless it is required. この設定は、割り当てられた会議を使用しない場合に、Lync 2013 用オンラインミーティングアドインによってスケジュールされる既定の会議アクセスの種類に影響します。This setting affects the default meeting access type scheduled by the Online Meeting Add-in for Lync 2013 when not using an assigned conference. この設定の適切なオプションは、組織のニーズによって決まります。The appropriate option for this setting depends on your organization’s needs. 組織のほとんどの大規模な会議が社内会議の場合は、このオプションを選択しないでください。If most large meetings for your organization are internal meetings, do not select this option. ほとんどの大規模な会議に外部ユーザーが参加できるようにする必要がある場合は、このオプションを選択します。If most large meetings require that external users be able to join, select this option.