Configuration Manager のサービス接続ツールを使用するUse the service connection tool for Configuration Manager

適用対象:Configuration Manager (Current Branch)Applies to: Configuration Manager (current branch)

サービス接続ポイントがオフライン モードの場合は、サービス接続ツールを使用します。Use the service connection tool when your service connection point is in offline mode. これは、Configuration Manager サイト システムのサーバーがインターネットに接続されていない場合にも使用できます。You can also use it when your Configuration Manager site system servers aren't connected to the internet. このツールは、Configuration Manager の最新の更新プログラムを使用して、サイトを最新の状態に保つのに役立ちます。The tool can help you keep your site up to date with the latest updates to Configuration Manager.

このツールを実行すると、Configuration Manager クラウド サービスへの接続、階層の使用状況に関する情報のアップロード、更新プログラムのダウンロードが行われます。When you run the tool, it connects to the Configuration Manager cloud service, uploads usage information for your hierarchy, and downloads updates. クラウド サービスからお客様の環境に適切な更新プログラムが提供されるためには、使用状況データのアップロードが必要です。Uploading usage data is necessary to enable the cloud service to provide the correct updates for your environment.

[前提条件]Prerequisites

  • サイトにサービス接続ポイントがあり、 [オフライン (オンデマンド接続)] 用に構成していること。The site has a service connection point, and you configure it for an Offline, on-demand connection.

  • コマンド プロンプトから管理者としてツールを実行します。Run the tool from a command prompt as an administrator. ユーザー インターフェイスはありません。There's no user interface.

  • サービス接続ポイント、およびインターネットに接続できるコンピューターからツールを実行します。You run the tool from the service connection point and a computer that can connect to the internet. これらの各コンピューターには、x64 ビットの OS と、次のコンポーネントが必要です。Each of these computers needs to have a x64-bit OS, and have the following components:

    • Visual C++ 再頒布可能パッケージ x86 と x64 の両方のファイル。Both the Visual C++ Redistributable x86 and x64 files. Configuration Manager の既定では、これらのファイルを、サービス接続ポイントをホストする x64 バージョンのコンピューターにインストールします。By default, Configuration Manager installs the x64 version on the computer that hosts the service connection point. このコンポーネントをダウンロードするには、「Visual Studio 2013 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ」を参照してください。To download this component, see Visual C++ Redistributable Packages for Visual Studio 2013.

    • .NET Framework 4.5.2 以降.NET Framework 4.5.2 or later

  • ツールの実行に使用するアカウントには、次のアクセス許可が必要です。The account you use to run the tool needs the following permissions:

    • サービス接続ポイントをホストするコンピューターのローカル管理者Local administrator on the computer that hosts the service connection point

    • サイト データベースに対する読み取りアクセス許可Read permissions to the site database

  • インターネットにアクセスできるコンピューターとサービス接続ポイント間でファイルを転送する方法が必要です。You need a method to transfer the files between the computer with internet access and the service connection point. たとえば、ファイルと更新プログラムを格納するのに十分な空き領域がある USB ドライブなどです。For example, a USB drive with sufficient free space to store the files and updates.

概要Overview

  1. 準備: サービス接続ポイント上でツールを実行します。Prepare: Run the tool on the service connection point. 使用状況データが指定した場所にある .cab ファイルに格納されます。It puts your usage data into a .cab file at the location you specify. そのデータ ファイルを、インターネット接続しているコンピューターにコピーします。Copy the data file to the computer with an internet connection.

  2. 接続: インターネットに接続しているコンピューター上でツールを実行します。Connect: Run the tool on the computer with an internet connection. 使用状況データがアップロードされた後、Configuration Manager 更新プログラムがダウンロードされます。It uploads your usage data, and then downloads Configuration Manager updates. ダウンロードされた更新プログラムをサービス接続ポイントにコピーします。Copy the downloaded updates to the service connection point.

    それぞれ異なる階層からの複数のデータ ファイルを、一度にアップロードできます。You can upload multiple data files at one time, each from a different hierarchy. プロキシ サーバーとプロキシ サーバーのユーザーを指定することもできます。You can also specify a proxy server and a user for the proxy server.

  3. インポート: サービス接続ポイント上でツールを実行します。Import: Run the tool on the service connection point. 更新プログラムがインポートされ、サイトに追加されます。It imports the updates, and adds them to your site. その後、Configuration Manager コンソールで表示し、これらの更新プログラムをインストールできます。You can then view and install those updates in the Configuration Manager console.

複数のデータ ファイルをアップロードするUpload multiple data files

  • 別々の階層からエクスポートされたすべてのデータ ファイルを同じフォルダーに配置します。Put all exported data files from separate hierarchies into the same folder. 各ファイルに一意の名前を付けます。Give each file a unique name. 必要に応じて、手動で名前を変更できます。If necessary, you can manually rename them.

  • Microsoft にデータをアップロードするためにツールを実行する際に、データ ファイルが格納されているフォルダーを指定します。When you run the tool to upload data to Microsoft, you specify the folder that contains the data files.

  • データをインポートするためにツールを実行すると、その階層のデータのみがインポートされます。When you run the tool to import data, the tool only imports the data for that hierarchy.

プロキシ サーバーを指定するSpecify a proxy server

インターネットに接続しているコンピューターにプロキシ サーバーが必要な場合、このツールでは基本的なプロキシ構成がサポートされています。If the computer with an internet connection requires a proxy server, the tool supports a basic proxy configuration. 省略可能なパラメーター -proxyserveruri-proxyusername を使用してください。Use the optional parameters -proxyserveruri and -proxyusername. 詳細については、「コマンド ライン パラメーター」をご覧ください。For more information, see Command-line parameters.

ダウンロードする更新プログラムの種類を指定するSpecify the type of updates to download

このツールでは、ダウンロードするファイルを制御するオプションがサポートされています。The tool supports options to control what files you download. 既定では、サイトのバージョンに適用される最新の更新プログラムのみがダウンロードされます。By default, the tool downloads only the latest available update that applies to the version of your site. 修正プログラムはダウンロードされません。It doesn't download hotfixes.

この動作を変更するには、次のパラメーターのいずれかを使用してダウンロードするファイルの種類を変更します。To modify this behavior, use one of the following parameters to change what files it downloads:

  • -downloadall:更新プログラムや修正プログラムなど、サイトのバージョンにかかわらず、すべての更新プログラムをダウンロードします。-downloadall: Download all updates, including updates and hotfixes, whatever the version of your site.

  • -downloadhotfix:サイトのバージョンにかかわらず、すべての修正プログラムをダウンロードします。-downloadhotfix: Download all hotfixes whatever the version of your site.

  • -downloadsiteversion:サイトのバージョンよりも新しいバージョンの更新プログラムと修正プログラムをダウンロードします。-downloadsiteversion: Downloads updates and hotfixes with a later version than the version of your site.

    重要

    Configuration Manager バージョン 2002 の既知の問題が原因で、既定の動作は想定どおりに動作しません。Because of a known issue in Configuration Manager version 2002, the default behavior doesn't work as expected. バージョン 2006 に更新するか、 -downloadsiteversion パラメーターを使用して、バージョン 2002 に必要な更新プログラムをダウンロードしてください。Update to version 2006, or use the -downloadsiteversion parameter to download the necessary updates for version 2002.

詳細については、「コマンド ライン パラメーター」をご覧ください。For more information, see Command-line parameters.

ヒント

ツールによって、データ ファイルからサイトのバージョンが特定されます。The tool determines the version of your site from the data file. バージョンを確認するには、.cab ファイルで、名前にサイト バージョンが付いたテキスト ファイルを探してください。To verify the version, look in the .cab file for the text file named with the site version.

ツールを使用するUse the tool

サービス接続ツールは、Configuration Manager インストール メディアの次のパスにあります: SMSSETUP\TOOLS\ServiceConnectionTool\ServiceConnectionTool.exeThe service connection tool is in the Configuration Manager installation media at the following path: SMSSETUP\TOOLS\ServiceConnectionTool\ServiceConnectionTool.exe. 必ず、使用している Configuration Manager のバージョンに合ったサービス接続ツールを使用してください。Always use the service connection tool that matches the version of Configuration Manager that you use. サービス接続ツールを動作させるには、これらのファイルがすべて同じフォルダー内にある必要があります。All of these files must be in the same folder for the service connection tool to work.

ServiceConnectionTool フォルダーを、そのすべての内容と共にインターネットに接続しているコンピューターにコピーします。Copy the ServiceConnectionTool folder with all of its contents to the computer with an internet connection.

以下の手順のコマンド ライン例では、次のファイル名とフォルダーの場所を使用します。In this procedure, the command-line examples use the following file names and folder locations. お客様は、これらのパスとファイル名を使用する必要はありません。You don't need to use these paths and file names. ご自分の環境と設定に一致する代替を使用できます。You can use alternatives that match your environment and preferences.

  • サービス接続ポイント上の Configuration Manager インストール メディアのソース ファイルへのパス: C:\SourceThe path to the Configuration Manager installation media source files on the service connection point: C:\Source

  • コンピューター間で転送するデータを格納する USB ドライブへのパス: D:\USB\The path to a USB drive where you store the data to transfer between computers: D:\USB\

  • サイトからエクスポートするデータ ファイルの名前: UsageData.cabThe name of the data file that you export from the site: UsageData.cab

  • ツールによってダウンロードされた Configuration Manager の更新プログラムが格納される空のフォルダーの名前: UpdatePacksThe name of the empty folder where the tool stores downloaded updates for Configuration Manager: UpdatePacks

準備Prepare

  1. サービス接続ポイントをホストするコンピューター上で、管理者としてコマンド プロンプトを開き、ツールの場所にディレクトリを変更します。On the computer that hosts the service connection point, open a command prompt as an administrator, and change directory to the tool location. 次に例を示します。For example:

    cd C:\Source\SMSSETUP\TOOLS\ServiceConnectionTool\

  2. 次のコマンドを実行して、データ ファイルを準備します。Run the following command to prepare the data file:

    ServiceConnectionTool.exe -prepare -usagedatadest D:\USB\UsageData.cab

    注意

    複数の階層からのデータ ファイルを同時にアップロードする場合は、各データ ファイルに一意の名前を付けます。If you'll upload data files from more than one hierarchy at the same time, give each data file a unique name. 必要に応じて、後でファイルの名前を変更できます。If necessary, you can rename files later.

    ファイル内のデータは、お客様がサイトに対して構成した診断と使用状況データのレベルに基づいています。The data in the file is based on the level of diagnostic and usage data that you configure for the site. 詳細については、診断結果と使用状況データの概要に関する記事をご覧ください。For more information, see Overview of diagnostics and usage data. ツールを使用してデータを CSV ファイルにエクスポートし、内容を表示できます。You can use the tool to export the data to a CSV file to view the contents. 詳細については、「-export」をご覧ください。For more information, see -export.

  3. ツールによる使用状況データのエクスポートが完了したら、インターネットにアクセスできるコンピューターにデータ ファイルをコピーします。After the tool finishes exporting the usage data, copy the data file to a computer that has access to the internet.

接続Connect

  1. インターネットにアクセスできるコンピューター上で、管理者としてコマンド プロンプトを開き、ツールの場所にディレクトリを変更します。On the computer with internet access, open a command prompt as an administrator, and change directory to the tool location. この場所は ServiceConnectionTool フォルダー全体のコピーです。This location is a copy of the entire ServiceConnectionTool folder. 次に例を示します。For example:

    cd D:\USB\ServiceConnectionTool\

  2. 次のコマンドを実行してデータ ファイルをアップロードし、Configuration Manager の更新プログラムをダウンロードします。Run the following command to upload the data file and download the Configuration Manager updates:

    ServiceConnectionTool.exe -connect -usagedatasrc D:\USB -updatepackdest D:\USB\UpdatePacks

    その他の例については、「コマンド ライン パラメーター」をご覧ください。For more examples, see Command line parameters.

    注意

    このコマンド ラインを実行すると、次のエラーが表示される場合があります。When you run this command line, you might see the following error:

    ハンドルされない例外: System.UnauthorizedAccessException:パス 'C:\Users\jqpublic\AppData\Local\Temp\extractmanifestcab\95F8A562.sql' へのアクセスが拒否されました。Unhandled Exception: System.UnauthorizedAccessException: Access to the path 'C:\Users\jqpublic\AppData\Local\Temp\extractmanifestcab\95F8A562.sql' is denied.

    このエラーは無視してかまいません。You can safely ignore this error. エラー ウィンドウを閉じて続行してください。Close the error window to continue.

  3. ツールによる更新プログラムのダウンロードが完了したら、それらをサービス接続ポイントにコピーします。After the tool finishes downloading the updates, copy them to the service connection point.

インポートImport

  1. サービス接続ポイントをホストするコンピューター上で、管理者としてコマンド プロンプトを開き、ツールの場所にディレクトリを変更します。On the computer that hosts the service connection point, open a command prompt as an administrator, and change directory to the tool location. 次に例を示します。For example:

    cd C:\Source\SMSSETUP\TOOLS\ServiceConnectionTool\

  2. 次のコマンドを実行して、更新プログラムをインポートします。Run the following command to import the updates:

    ServiceConnectionTool.exe -import -updatepacksrc D:\USB\UpdatePacks

  3. インポートが完了したら、コマンド プロンプトを閉じます。After the import completes, close the command prompt. 該当する階層の更新プログラムのみがインポートされます。It only imports updates for the applicable hierarchy.

  4. Configuration Manager コンソールで、 [管理] ワークスペースに移動し、 [更新とサービス] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Administration workspace, and select the Updates and Servicing node. インポートされた更新プログラムをインストールできるようになりました。Imported updates are now available to install. 詳細については、コンソール内の更新プログラムのインストールに関するページを参照してください。For more information, see Install in-console updates.

ログ ファイルLog files

  • ServiceConnectionTool.log:サービス接続ツールを実行するたびに、このログ ファイルに書き込まれます。ServiceConnectionTool.log: Each time you run the service connection tool, it writes to this log file. ログ ファイルのパスは、常にツールと同じ場所です。The path of the log file is always the same location as the tool. このログ ファイルには、使用するパラメーターに基づいて、ツールの使用状況に関する簡単な情報が記録されます。This log file provides simple details about the tool usage based on the parameters you use. ツールを実行するたびに、ツールによって既存のログ ファイルが置き換えられます。Each time you run the tool, the tool replaces any existing log file.

  • ConfigMgrSetup.log:接続フェーズ中、ツールによって、システム ドライブのルートにあるこのログ ファイルに書き込みが行われます。ConfigMgrSetup.log: During the Connect phase, the tool writes to this log file at the root of the system drive. このログ ファイルには、より詳細な情報が記録されます。This log file provides more detailed information. たとえば、ツールによってダウンロードされるファイルや、ハッシュのチェックが成功したかどうかなどです。For example, what files the tool downloads, and if the hash checks are successful.

コマンド ライン パラメーターCommand-line parameters

このセクションでは、サービス接続ツールで使用できるすべてのパラメーターをアルファベット順に示します。This section lists in alphabetical order all of the available parameters for the service connection tool.

-connect-connect

インターネットにアクセスできるコンピューター上で接続フェーズ中に使用します。Use during the Connect phase on the computer with internet access. Configuration Manager クラウド サービスへの接続、データ ファイルのアップロード、更新プログラムのダウンロードが行われます。It connects to the Configuration Manager cloud service to upload the data file, and download updates.

次のパラメーターが必要です。It requires the following parameters:

  • -usagedatasrc:アップロードするデータ ファイルの場所-usagedatasrc: The location of the data file to upload
  • -updatepackdest:ダウンロードされた更新プログラム用のパス-updatepackdest: A path for the downloaded updates

次の省略可能なパラメーターを使用することもできます。You can also use the following optional parameters:

  • -proxyserveruri:プロキシ サーバーの FQDN-proxyserveruri: The FQDN of the proxy server
  • -proxyusername:プロキシ サーバーのユーザー名-proxyusername: A user name for the proxy server
  • -downloadall:更新プログラムや修正プログラムなど、サイトのバージョンにかかわらず、すべてのものをダウンロードします。-downloadall: Download everything, including updates and hotfixes, whatever the version of your site.
  • -downloadhotfix:サイトのバージョンにかかわらず、すべての修正プログラムをダウンロードします。-downloadhotfix: Download all hotfixes, whatever the version of your site.
  • -downloadsiteversion:サイトのバージョンよりも新しいバージョンの更新プログラムと修正プログラムをダウンロードします。-downloadsiteversion: Download updates and hotfixes that have a later version than the version of your site.

プロキシ サーバーを使用しない接続の例Example of connect without a proxy server

ServiceConnectionTool.exe -connect -usagedatasrc D:\USB\ -updatepackdest D:\USB\UpdatePacks

プロキシ サーバーを使用する接続の例Example of connect with a proxy server

ServiceConnectionTool.exe -connect -usagedatasrc D:\USB\Usagedata.cab -updatepackdest D:\USB\UpdatePacks -proxyserveruri itproxy.contoso.com -proxyusername jqpublic

サイトのバージョンの適用可能な更新プログラムのみをダウンロードする接続の例Example of connect to download only site version applicable updates

ServiceConnectionTool.exe -connect -downloadsiteversion -usagedatasrc D:\USB -updatepackdest D:\USB\UpdatePacks

-dest-dest

エクスポートする CSV ファイルのパスとファイル名を指定するための、 -export パラメーターと共に必須のパラメーターです。A required parameter with the -export parameter to specify the path and file name of the CSV file to export. 詳細については、「-export」をご覧ください。For more information, see -export.

-downloadall-downloadall

更新プログラムや修正プログラムなど、サイトのバージョンにかかわらず、すべてのものをダウンロードするための、 -connect パラメーターと共に使用する省略可能なパラメーターです。An optional parameter with the -connect parameter to download everything, including updates and hotfixes, whatever the version of your site. 詳細については、「-connect」をご覧ください。For more information, see -connect.

-downloadhotfix-downloadhotfix

サイトのバージョンにかかわらず、すべての修正プログラムのみをダウンロードするための、 -connect パラメーターと共に使用する省略可能なパラメーターです。An optional parameter with the -connect parameter to only download all hotfixes, whatever the version of your site. 詳細については、「-connect」をご覧ください。For more information, see -connect.

-downloadsiteversion-downloadsiteversion

サイトのバージョンよりも新しいバージョンの更新プログラムと修正プログラムのみをダウンロードするための、 -connect パラメーターと共に使用する省略可能なパラメーターです。An optional parameter with the -connect parameter to only download updates and hotfixes that have a later version than the version of your site. 詳細については、「-connect」をご覧ください。For more information, see -connect.

-export-export

使用状況データを CSV ファイルにエクスポートするために、準備フェーズ中に使用します。Use during the Prepare phase to export usage data to a CSV file. サービス接続ポイント上で管理者として実行します。Run it as an administrator on the service connection point. この操作により、Microsoft にアップロードする前に使用状況データの内容を確認できます。This action lets you review the contents of the usage data before you upload to Microsoft. CSV ファイルの場所を指定するには、 -dest パラメーターが必要です。It requires the -dest parameter to specify the location of the CSV file.

エクスポートの例Example of export

-export -dest D:\USB\usagedata.csv

-import-import

インポート フェーズ中にサービス接続ポイント上で使用して、サイトに更新プログラムをインポートします。Use during the Import phase on the service connection point to import the updates to the site. ダウンロードされた更新プログラムの場所を指定するには、 -updatepacksrc パラメーターが必要です。It requires the -updatepacksrc parameter to specify the location of the downloaded updates.

インポートの例Example of import

ServiceConnectionTool.exe -import -updatepacksrc D:\USB\UpdatePacks

-prepare-prepare

準備フェーズ中にサービス接続ポイント上で使用して、サイトから使用状況データをエクスポートします。Use during the Prepare phase on the service connection point to export usage data from the site. エクスポートされたデータ ファイルの場所を指定するには、 -usagedatadest パラメーターが必要です。It requires the -usagedatadest parameter to specify the location of the exported data file.

準備の例Example of prepare

ServiceConnectionTool.exe -prepare -usagedatadest D:\USB\UsageData.cab

-proxyserveruri-proxyserveruri

プロキシ サーバーの FQDN を指定するための、 -connect パラメーターと共に使用する省略可能なパラメーターです。An optional parameter with the -connect parameter to specify the FQDN of your proxy server. 詳細については、「-connect」をご覧ください。For more information, see -connect.

-proxyusername-proxyusername

プロキシ サーバーで認証するユーザー名を指定するための、 -connect パラメーターと共に使用する省略可能なパラメーターです。An optional parameter with the -connect parameter to specify the username to authenticate with your proxy server. 詳細については、「-connect」をご覧ください。For more information, see -connect.

-updatepackdest-updatepackdest

ダウンロードされた更新プログラム用のパスを指定するための、 -connect パラメーターと共に必須のパラメーターです。A required parameter with the -connect parameter to specify a path for the downloaded updates. 詳細については、「-connect」をご覧ください。For more information, see -connect.

-updatepacksrc-updatepacksrc

ダウンロードされた更新プログラムのパスを指定するための、 -import パラメーターと共に必須のパラメーターです。A required parameter with the -import parameter to specify a path of the downloaded updates. 詳細については、「-import」をご覧ください。For more information, see -import.

-usagedatadest-usagedatadest

エクスポートされたデータ ファイルのパスとファイル名を指定するための、 -prepare パラメーターと共に必須のパラメーターです。A required parameter with the -prepare parameter to specify a path and file name of the exported data file. 詳細については、「-prepare」をご覧ください。For more information, see -prepare.

次のステップNext steps

コンソール内の更新プログラムのインストールInstall in-console updates

診断および使用状況データを使用する方法How to view diagnostics and usage data