バージョン 2107 Microsoft Endpoint Configuration Managerの更新プログラム、早期更新リング

適用対象: Configuration Manager (現在のブランチ、バージョン 2107)

KB10503003 の概要

PowerShell スクリプトを通じて、現在のブランチバージョン 2107 の初期更新リング展開にオプトインした管理者Microsoft Endpoint Configuration Manager更新プログラムを利用できます。 Configuration Manager コンソールの [更新プログラムと サービス ] ノードで更新プログラムにアクセスできます。

この更新プログラムは、バージョン 2107 がグローバルに利用可能になった後に解決された重要な、遅刻の問題に取り組む。 この記事では、最も重要な変更点について要約します。

この更新プログラムは、2021 年 8 月 18 日または後日にバージョン 2107 をダウンロードしたサイトには適用されません。 したがって、これらのサイトの Configuration Manager コンソールには表示されません。

修正される問題

  • テナント接続が有効になっている場合、すべてのデバイスが管理センターですぐにMicrosoft エンドポイント マネージャー表示されるとは言えません。
  • クライアントは、タスク シーケンスで参照されているアプリケーションのポリシーをダウンロードできないので、タスク シーケンスを実行できません。

    • 既存のクライアントに展開されたタスク シーケンスの場合、次のようなエラーが報告されます execmgr.log

      Failed to load policy from XML ''
      Could not find the policy in WMI for Application <Application Unique ID>
      
    • PXE に展開されたタスク シーケンスの場合、次のようなエラーが報告されます SMSTS.log

      cannot get the 'Signature' node
      oPolicyAssignments.RequestAssignments(), HRESULT=80004005
      
  • サイト システムに 14.28.29914 より新Visual C++バージョンのバージョンがある場合、管理ポイントのインストールまたは更新は失敗します。
  • CMPivot のお気に入りのクエリでは、予期しない文字が表示される場合や、最後のコンマ ( ) の後に切り詰 \r \t められることがあります ,
  • クライアントをバージョン 2010 または 2103 からバージョン 2107 にアップグレードすると、一部のデバイスで次のポリシーが適用されない場合があります。

    • Azure Virtual Desktop などの複数Windows Enterpriseデバイスの共同管理ポリシー
    • 任意のバージョンのデスクトップWindows分析
    • Windowsx86 および Windows 10のビジネス ポリシー ARM
    • Microsoft Edge x64 および x86 Windows 10ブラウザー プロファイル

バージョン 2107 Microsoft Endpoint Configuration Manager更新リングの更新情報

この更新プログラムは、バージョン 2107 の一般公開の早期更新リング ビルドを使用してインストールされた環境用に Configuration Manager コンソールの [更新プログラムとサービス] ノードで利用できます。 これらのビルドは、2021 年 8 月 2 日から 8 月 18 日の間にダウンロード可能でした。

インストールされているビルドを確認するには、コンソールの [更新プログラムとサービス] ノードの詳細ウィンドウに [パッケージ GUID] 列を追加して、パッケージ GUID を探します。 この更新プログラムは、次の GUID を持つパッケージからバージョン 2107 の最初のウェーブ インストールに適用されます。

  • 86FE4AF1-68A1-4AD4-B435-91995D30ECD6
  • 8D0F9A5B-B21D-438F-AC56-38428FECB787
  • 142D394F-4E40-4574-AB8F-D182200DF03C
  • 248DC1EB-4B98-4483-BAF3-08C678C1CD0A

再起動情報

この更新プログラムはコンピューターの再起動を必要としますが、インストール後 にサイトのリセットを 開始します。

置換情報の更新

この更新プログラムでは、以前にリリースされた更新プログラムは置き換えされません。

その他のインストール情報

この更新プログラムをプライマリ サイトにインストールした後、既存のセカンダリ サイトを手動で更新する必要があります。 Configuration Manager コンソールでセカンダリ サイトを更新するには、[管理サイト構成サイトのセカンダリ サイトの回復] を選択し、セカンダリ サイト > > > を選択します。 プライマリ サイトは、更新されたファイルを使用してセカンダリ サイトを再インストールします。 セカンダリ サイトの構成と設定は、この再インストールの影響を受けずにいます。 そのプライマリ サイトの下に新しいセカンダリ サイト、アップグレードされたサイト、および再インストールされたセカンダリ サイトは、自動的にこの更新プログラムを受け取る。

サイト データベースでSQL Serverコマンドを実行して、セカンダリ サイトの更新バージョンが親プライマリ サイトの更新バージョンと一致するかどうかを確認します。

select dbo.fnGetSecondarySiteCMUpdateStatus ('SiteCode_of_secondary_site')
  • 値 1 が返された場合、サイトは最新の状態で、すべての修正プログラムが親プライマリ サイトに適用されます。
  • 値 0 が返された場合、サイトはプライマリ サイトに適用される修正プログラムをインストールしていないので、[セカンダリ サイトの回復] オプションを使用してセカンダリ サイトを更新する必要があります。

バージョン情報

次の主要なコンポーネントは、指定されたバージョンに更新されます。

コンポーネント バージョン
サイト 5.00.9058.1000
Configuration Manager コンソール 5.2107.1059.2300
クライアント 5.00.9058.1018

ファイル情報

ファイル情報は、ダウンロード可能なテキスト ファイルKB10503003_FileList.txt 使用できます。

リリース履歴

  • 2021 年 8 月 30 日: 初期リリース

参照

2107 の変更の概要

Configuration Manager の更新とサービス