タスクを自動化するためのタスク シーケンスの管理Manage task sequences to automate tasks

適用対象:Configuration Manager (Current Branch)Applies to: Configuration Manager (current branch)

Configuration Manager 環境のステップを自動化するには、タスク シーケンスを使用します。Use task sequences to automate steps in your Configuration Manager environment. こうしたステップでは、OS イメージをセットアップ先のコンピューターに展開し、一連の OS インストール ファイルから OS イメージを構築およびキャプチャし、さらにユーザー状態情報をキャプチャして復元できます。These steps can deploy an OS image to a destination computer, build and capture an OS image from a set of OS installation files, and capture and restore user state information. タスク シーケンスは Configuration Manager コンソールにあります。Task sequences are located in the Configuration Manager console. [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースで [オペレーティング システム] を展開して、 [タスク シーケンス] を選択します。In the Software Library workspace, expand Operating Systems, and select Task Sequences. [タスク シーケンス] ノードは、作成したサブフォルダーを含め、Configuration Manager 階層全体にレプリケートされます。The Task Sequences node, including subfolders that you create, is replicated throughout the Configuration Manager hierarchy. 計画の詳細については、「タスクの自動化計画に関する考慮事項」を参照してください。For planning information, see Planning considerations for automating tasks.

作成Create

タスク シーケンスの作成ウィザードを使用して、タスク シーケンスを作成します。Create task sequences by using the Create Task Sequence Wizard. このウィザードでは、次の種類のタスク シーケンスを作成することができます。This wizard can create the following types of task sequences:

編集Edit

タスク シーケンスは、ステップを追加または削除する、グループを追加または削除する、あるいはステップの順序を変更するという方法で変更します。Modify a task sequence by adding or removing steps, adding or removing groups, or by changing the order of the steps. 詳細については、「タスク シーケンス エディターを使用する」を参照してください。For more information, see Use the task sequence editor.

タスク シーケンスのポリシーのサイズを小さくするReduce the size of task sequence policy

タスク シーケンスのポリシーのサイズが 32 MB を超えると、クライアントは大きなポリシーを処理できません。When the size of the task sequence policy exceeds 32 MB, the client fails to process the large policy. その後、クライアントはタスク シーケンスの展開の実行に失敗します。The client then fails to run the task sequence deployment.

サイト データベースに格納されているタスク シーケンスのサイズは小さくなりますが、それでも大きすぎて問題が発生する場合があります。The size of the task sequence as stored in the site database is smaller, but can still cause problems if too large. クライアントによってタスク シーケンス ポリシー全体が処理される場合、拡張されたサイズが 32 MB を超えると問題が発生する可能性があります。When the client processes the entire task sequence policy, the expanded size can cause problems over 32 MB.

バージョン 2006 以降、クライアントで 32 MB のタスク シーケンス ポリシーのサイズを確認するには、マネジメントの分析情報を使用します。Starting in version 2006, to check for the 32-MB task sequence policy size on clients, use management insights.

バージョン 2010 以降、サイズが 2 MB を超えるタスク シーケンスに対するアクションが Configuration Manager によって制限されます。Starting in version 2010, Configuration Manager restricts the following actions for a task sequence in the site database that's greater than 2 MB in size:

  • タスク シーケンス エディター内での変更内容の保存Save changes in the task sequence editor
  • PowerShell コマンドレットの使用による変更内容の保存Save changes with PowerShell cmdlets
  • 新しいタスク シーケンスのインポートImport a new task sequence
  • サポートされている SDK メソッドを使用したその他の変更Any other change using supported SDK methods

たとえば、大きなタスク シーケンスに対する変更を保存しようとすると、タスク シーケンス エディターにエラーが表示されます。For example, if you try to save changes to a large task sequence, the task sequence editor will display an error.

ヒント

バージョン 2010 以降の動作によって、サイト データベースに格納されているタスク シーケンスで 2 MB のサイズ制限がチェックされます。The behavior in version 2010 and later checks for the 2 MB size limit on the task sequence as stored in the site database. クライアントによってタスク シーケンス ポリシー全体が処理される場合、拡張されたサイズが 32 MB を超えると問題が発生する可能性があります。When the client processes the entire task sequence policy, the expanded size can cause problems over 32 MB. 管理分析情報では、32 MB のタスク シーケンス ポリシー サイズがチェックされます。The management insights check for the 32 MB task sequence policy size.

バージョン 2010 以降、Configuration Manager コンソールでタスク シーケンスのリストを表示する場合は、サイズ (KB) の列を追加します。Starting in version 2010, when you view the list of task sequences in the Configuration Manager console, add the Size (KB) column. この列を使用して、問題の原因となる可能性のある大きなタスク シーケンスを特定します。Use this column to identify large task sequences that can cause problems.

タスク シーケンスのサイズを減らすためのアクションActions to reduce task sequence size

タスク シーケンスとタスク シーケンスの展開ポリシーのサイズを減らすには、次のアクションを行います。To help reduce the size of task sequences and task sequence deployment policies, take the following actions:

  • 機能のセグメントを子タスク シーケンスに分割し、[タスク シーケンスの実行] ステップを使用します。Separate functional segments into child task sequences, and use the Run Task Sequence step. データベース内で各タスク シーケンスは、2 MB 未満にしてください。Keep each task sequence less than 2 MB in the database. 各タスク シーケンスには、ポリシーのサイズに対して個別の 32 MB の制限があります。Each task sequence has a separate 32-MB limit on its policy size.

    注意

    タスク シーケンスのステップとグループの合計数を減らすと、ポリシーのサイズに与える影響が最小限に抑えられます。Reducing the total number of steps and groups in a task sequence has minimal impact on the policy size. ポリシーの各ステップは、通常は数 KB です。Each step is generally a couple of KB in policy. ステップのグループを子タスク シーケンスに移動すると、より効果的です。Moving groups of steps to a child task sequence is more impactful.

  • 展開先のソフトウェアの更新プログラムの数を、タスク シーケンスと同じコレクションまで減らします。Reduce the number of software updates in deployments to the same collection as the task sequence.

  • [PowerShell スクリプトの実行] ステップでスクリプトを入力するのではなく、パッケージを使用してそれを参照します。Instead of entering a script in the Run PowerShell Script step, reference it via a package.

  • 実行時のタスク シーケンス "環境" のサイズには、8 KB の制限があります。There's an 8-KB limit on the size of the task sequence environment when it runs. カスタムのタスク シーケンス変数の使用状況を確認します。これは、ポリシーのサイズにも影響することがあります。Review the usage of custom task sequence variables, which can also contribute to the policy size.

  • 最後の手段として、複雑な動的タスク シーケンスを、異なるコレクションへ異なる展開を含む個別のタスク シーケンスに分割します。As a last resort, split a complex, dynamic task sequence into separate task sequences with distinct deployments to different collections.

ソフトウェア センターのプロパティSoftware Center properties

ソフトウェア センターに表示されるタスク シーケンスの詳細を構成するには、次の手順を実行します。Use the following procedure to configure the details for the task sequence displayed in Software Center. これは参考目的のみの情報です。These details are for information only.

  1. Configuration Manager コンソールで、 [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースに移動し、 [オペレーティング システム] を展開して [タスク シーケンス] を選択します。In the Configuration Manager console, go to the Software Library workspace, expand Operating Systems, and select Task Sequences.

  2. 編集するタスク シーケンスを選択し、 [プロパティ] を選択します。Select the task sequence to edit, and select Properties.

  3. [全般] タブでは、ソフトウェア センターの次の設定を使用できます。On the General tab, the following settings for Software Center are available:

    • 再起動が必要:インストール時に再起動が必要かどうかをユーザーに通知します。Restart required: Lets the user know whether a restart is required during the installation.

    • ダウンロード サイズ (MB) : タスク シーケンスについてソフトウェア センターに表示するサイズ (MB) を指定します。Download size (MB): Specifies how many megabytes are displayed in Software Center for the task sequence.

    • 推定実行時間 (分) : タスク シーケンスについてソフトウェア センターに表示する推定実行時間を分単位で指定します。Estimated run time (minutes): Specifies the estimated run time in minutes that's displayed in Software Center for the task sequence.

詳細設定Advanced settings

Configuration Manager クライアントでのタスク シーケンスの動作を構成するには、次の手順を使用します。Use the following procedure to configure the behavior of the task sequence on the Configuration Manager client.

  1. Configuration Manager コンソールで、 [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースに移動し、 [オペレーティング システム] を展開して [タスク シーケンス] を選択します。In the Configuration Manager console, go to the Software Library workspace, expand Operating Systems, and select Task Sequences.

  2. 編集するタスク シーケンスを選択し、 [プロパティ] を選択します。Select the task sequence to edit, and select Properties.

  3. [詳細設定] タブでは、次の設定を使用できます。On the Advanced tab, the following settings are available:

    • 別のプログラムを最初に実行する: タスク シーケンスが実行される前に別のパッケージの別のプログラムを実行するには、このオプションを選択します。Run another program first: Select this option to run a program in another package before the task sequence runs. 既定では、このチェック ボックスはオフです。By default, this check box is cleared. 最初に実行するように指定するプログラムを別に展開する必要はありません。You don't need to separately deploy the program that you specify to run first.

      重要

      この設定は、完全な OS で実行されるタスク シーケンスにのみ適用されます。This setting applies only to task sequences that run in the full OS. PXE またはブート メディアを使用してタスク シーケンスを開始する場合、Configuration Manager ではこの設定が無視されます。If you start the task sequence by using PXE or boot media, Configuration Manager ignores this setting.

      また、クラウド管理ゲートウェイ (CMG) を介して通信するクライアントで実行されるタスク シーケンスにも適用されません。It also doesn't apply to task sequences that run on clients that communicate via a cloud management gateway (CMG). このオプションを使用すると、CMG を介してアクセスできないパッケージの UNC ネットワーク パスが使用されます。This option uses the UNC network path of the package, which isn't accessible via CMG.

      • パッケージ: このタスク シーケンスの前に実行するプログラムを含むパッケージを参照します。Package: Browse for the package that contains the program to run before this task sequence.

      • プログラム: このタスク シーケンスの前に実行するプログラムを選択します。Program: Select the program to run before this task sequence.

      注意

      選択したプログラムをクライアントで実行するのに失敗した場合、タスク シーケンスは実行されません。If the selected program fails to run on a client, the task sequence doesn't run. 選択したプログラムが正常に実行された場合は、同じクライアントでタスク シーケンスが再実行されても、再度実行されません。If the selected program runs successfully, it doesn't run again, even if the task sequence is rerun on the same client.

    • タスク シーケンスの通知を表示しない:このオプションを選択すると、"新しいソフトウェアを利用できます" というトースト通知が非表示になります。Suppress task sequence notifications: Select this option to hide the New Software is available toast notification. ソフトウェア センターの [新しいソフトウェア] アイコンは通知領域に引き続き表示されます。You still see the New software icon from Software Center in the notification area. 既定では、このオプションは無効になっています。By default, this option is disabled.

    • 展開先のコンピューターでこのタスク シーケンスを無効にする: このオプションを選択すると、このタスク シーケンスを含むすべての展開が Configuration Manager によって一時的に無効にされます。Disable this task sequence on computers where it is deployed: If you select this option, Configuration Manager temporarily disables all deployments that contain this task sequence. また、タスク シーケンスは実行可能な展開のリストから削除されます。It also removes the task sequence from the list of deployments available to run. ユーザーが有効にするまで、タスク シーケンスは実行されません。The task sequence doesn't run until you enable it. 既定では、このオプションは無効になっています。By default, this option is disabled.

    • 許可された最長実行時間: 対象コンピューターでタスク シーケンスが実行されることが予想される最長時間を分単位で指定します。Maximum allowed run time: Specifies the maximum time in minutes that you expect the task sequence to run on the destination computer. ゼロ以上の整数を使用します。Use a whole number equal to or greater than zero. 既定値は 120 分です。By default, this value is 120 minutes.

      重要

      このタスク シーケンスを展開するコレクションに対してメンテナンス期間を使用している場合は、 [許容最長実行時間] がスケジュールされたメンテナンス期間より長いと、競合が発生する可能性があります。If you're using maintenance windows for the collection to which you deploy this task sequence, a conflict might occur if the Maximum allowed run time is longer than the scheduled maintenance window. 最長実行時間を 0 に設定すると、タスク シーケンスはメンテナンス期間中に開始します。If you set the maximum run time to 0, the task sequence starts during the maintenance window. メンテナンス期間が終了した後、完了または失敗するまで実行し続けます。It continues to run until it completes or fails after the maintenance window is closed. このため、最長実行時間が 0 に設定されているタスク シーケンスは、メンテナンス期間が終了した後も実行し続ける可能性があります。As a result, task sequences with a maximum run time set to 0 might run past the end of their maintenance windows. 利用可能なメンテナンス期間よりも長い期間に最長実行時間を設定すると (0 以外)、タスク シーケンスは実行されません。If you set the maximum run time to a specific period (non-zero) that exceeds the length of any available maintenance window, then that task sequence doesn't run. 詳細については、「メンテナンス期間を使用する方法」を参照してください。For more information, see How to use maintenance windows.

      この値を 0 に設定すると、Configuration Manager では、進行状況を監視するための許容最長実行時間が 12 時間 (720 分) と評価されます。If you set the value as 0, Configuration Manager evaluates the maximum allowed run time as 12 hours (720 minutes) for monitoring progress. ただし、カウントダウン期間がメンテナンス期間の値を超えない限り、タスク シーケンスは開始されます。However, the task sequence starts as long as the countdown duration doesn't exceed the maintenance window value.

      注意

      最長実行時間に達すると、ユーザーに必要な展開との対話を許可しなかった場合、Configuration Manager によってタスク シーケンスが停止されます。When it reaches the maximum run time, if you don't allow users to interact with a required deployment, then Configuration Manager stops the task sequence. タスク シーケンス自体が停止されない場合、Configuration Manager は許容最長実行時間に達した後でタスク シーケンスの監視を停止します。If the task sequence itself isn't stopped, Configuration Manager stops monitoring the task sequence after it reaches the maximum allowed run time.

    • [ブート イメージを使用する] : タスク シーケンスを実行するときに、選択したブート イメージを使用します。Use a boot image: Use the selected boot image when the task sequence is run. 別のブート イメージを選択する場合は、 [参照] を選択します。Select Browse to select a different boot image. タスク シーケンスを実行するときに選択したブート イメージの使用を無効にする場合は、このオプションをオフにします。Clear this option to disable the use of the selected boot image when the task sequence runs.

    • このタスク シーケンスを任意のプラットフォームで実行可能にする: このオプションを選択した場合は、タスク シーケンスが展開されているとき、Configuration Manager によって対象コンピューターのプラットフォームの種類は確認されません。This task sequence can run on any platform: If you select this option, Configuration Manager doesn't check the platform type of the destination computer when the task sequence runs. 既定では、このオプションはオンです。This option is selected by default.

    • このタスク シーケンスを指定されたクライアント プラットフォームでのみ実行可能にする: このオプションでは、このタスク シーケンスを実行できるプロセッサ、OS バージョン、および Service Pack を指定します。This task sequence can only run on the specified client platforms: This option specifies the processors, OS versions, and service packs on which this task sequence can run. このオプションを選択する場合は、リストからプラットフォームを 1 つ以上選択します。When you select this option, select at least one platform from the list. 既定では、プラットフォームは選択されていません。By default, no platforms are selected. Configuration Manager は、コレクション内のどの対象コンピューターが展開されたタスク シーケンスを受信するかを判断するときに、この情報を使用します。Configuration Manager uses this information when is evaluates which destination computers in a collection receive the deployed task sequence.

      注意

      ブート メディアまたは PXE からタスク シーケンスを実行すると、このオプションは無視されます。When you run a task sequence from boot media or PXE, Configuration Manager ignores this option. タスク シーケンスは、 [任意のプラットフォームで実行可能] オプションが選択されている場合と同じように実行されます。The task sequence runs as though the option This program can run on any platform is selected.

影響の大きい設定High-impact settings

タスク シーケンスを影響の大きいものとして構成し、ユーザーがそのタスク シーケンスを実行したときに表示されるメッセージをカスタマイズします。Configure a task sequence as high-impact and customize the messages that users receive when they run the task sequence.

警告

PXE 展開を使用し、最初のブート デバイスとしてネットワーク アダプターを使用するデバイス ハードウェアを構成すると、これらのデバイスでは、ユーザーの操作なしで OS 展開のタスク シーケンスを自動的に開始できます。If you use PXE deployments, and configure device hardware with the network adapter as the first boot device, these devices can automatically start an OS deployment task sequence without user interaction. 展開の検証では、この構成は管理されません。Deployment verification doesn't manage this configuration. この構成により、プロセスが簡略化され、ユーザーの操作が減少する可能性がありますが、デバイスが誤って再イメージ化されるリスクが高くなります。While this configuration may simplify the process and reduce user interaction, it puts the device at greater risk for accidental reimage.

タスク シーケンスを影響の大きいタスク シーケンスとして設定するSet a task sequence as a high-impact task sequence

次の手順を使用して、影響の大きいタスク シーケンスとして設定します。Use the following procedure to set a task sequence as high-impact.

注意

特定の条件を満たす任意のタスク シーケンスは、影響度大として自動的に定義されます。Any task sequence that meets certain conditions is automatically defined as high-impact. 詳細については、「危険度の高い展開の管理」を参照してください。For more information, see Manage high-risk deployments.

  1. Configuration Manager コンソールで、 [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースに移動し、 [オペレーティング システム] を展開して [タスク シーケンス] を選択します。In the Configuration Manager console, go to the Software Library workspace, expand Operating Systems, and select Task Sequences.

  2. 編集するタスク シーケンスを選択し、 [プロパティ] を選択します。Select the task sequence to edit, and select Properties.

  3. [ユーザー通知] タブの [これは、インパクトのあるタスク シーケンスです] をオンにします。On the User Notification tab, select This is a high-impact task sequence.

危険度の高い展開のカスタム通知を作成するCreate a custom notification for high-risk deployments

次の手順を使用して、影響の大きい展開のカスタム通知を作成します。Use the following procedure to create a custom notification for high-impact deployments.

  1. Configuration Manager コンソールで、 [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースに移動し、 [オペレーティング システム] を展開して [タスク シーケンス] を選択します。In the Configuration Manager console, go to the Software Library workspace, expand Operating Systems, and select Task Sequences.

  2. 編集するタスク シーケンスを選択し、 [プロパティ] を選択します。Select the task sequence to edit, and select Properties.

  3. [ユーザー通知] タブの [カスタム テキストを使用する] をオンにします。On the User Notification tab, select Use custom text.

    注意

    [これは、インパクトのあるタスク シーケンスです] オプションを選択した場合にのみ、ユーザー通知テキストを設定できます。You can only set user notification text when you select the option, This is a high-impact task sequence.

  4. 次の設定を構成します。Configure the following settings:

    注意

    各テキスト ボックスには最大 255 文字の制限があります。Each text box has a maximum limit of 255 characters.

    • ユーザー通知の見出しテキスト: ソフトウェア センターのユーザー通知に表示する青色のテキストを指定します。User notification headline text: Specifies the blue text that displays on the Software Center user notification. たとえば、既定のユーザー通知では、このセクションに "このコンピューターのオペレーティング システムをアップグレードすることを確認します" と表示されます。For example, in the default user notification, this section contains "Confirm you want to upgrade the operating system on this computer."

    • ユーザー通知のメッセージ テキスト: カスタム通知の本文を入力する 3 つのテキスト ボックスがあります。User notification message text: There are three text boxes that provide the body of the custom notification. すべてのテキスト ボックスでテキストを追加する必要があります。All text boxes require that you add text.

      • 1 つ目のテキスト ボックス: ユーザーの手順など、テキストのメインの本文を指定します。First text box: Specifies the main body of text, typically containing instructions for the user. たとえば、既定のユーザー通知では、このセクションには "オペレーティング システムのアップグレードには時間がかかります。また、コンピューターが数回再起動される場合があります" と表示されます。For example, in the default user notification, this section contains "Upgrading the operating system takes time and your computer might restart several times."

      • 2 つ目のテキスト ボックス: メインの本文の下に表示される太字のテキストを指定します。Second text box: Specifies the bold text under the main body of text. たとえば、既定のユーザー通知では、このセクションに "このインプレース アップグレードでは、新しいオペレーティング システムがインストールされ、アプリ、データ、設定が自動的に移行されます" と表示されます。For example, in the default user notification, this section contains "This in-place upgrade installs the new operating system and automatically migrates your apps, data, and settings."

      • 3 つ目のテキスト ボックス: 太字のテキストの下の最終行を指定します。Third text box: Specifies the last line of text under the bold text. たとえば、既定のユーザー通知では、このセクションに "開始するには、[インストール] をクリックしてください。For example, in the default user notification, this section contains "Click Install to begin. それ以外の場合は [キャンセル] をクリックしてください" のようなテキストが表示されます。Otherwise, click Cancel."

Example

たとえば、プロパティでは次のようなカスタム通知を構成できます。Let's say you configure the following custom notification in properties.

タスク シーケンス プロパティのカスタマイズされた [ユーザー通知] タブ

エンドユーザーがソフトウェア センターからインストールを開くときに、次の通知メッセージが表示されます。The following notification message displays when the end user opens the installation from Software Center.

ソフトウェア センターからのエンドユーザーに対するカスタマイズされたタスク シーケンス通知

電源プランのパフォーマンスの向上Performance improvements for power plans

バージョン 1910 以降、ハイ パフォーマンスの電源プランを使用してタスク シーケンスを実行できるようになりました。Starting in version 1910, you can now run a task sequence with the high-performance power plan. このオプションを選択すると、タスク シーケンスの全体的な速度が向上します。This option improves the overall speed of the task sequence. 組み込みの高パフォーマンスの電源プランを使用するように Windows が構成されるので、電力消費の増加と引き換えに最大のパフォーマンスを実現できます。It configures Windows to use its built-in high-performance power plan, which delivers maximum performance at the expense of higher power consumption. このオプションは、新しいタスク シーケンスに対して既定でオンになります。This option is on by default for new task sequences.

タスク シーケンスが開始されると、ほとんどのシナリオで、現在有効になっている電源プランが記録されます。When the task sequence starts, in most scenarios it records the currently enabled power plan. その後、アクティブな電源プランが Windows の既定の 高パフォーマンス プランに切り替わります。It then switches the active power plan to the Windows default High Performance plan. タスク シーケンスによってコンピューターが再起動されると、このプロセスが繰り返されます。If the task sequence restarts the computer, it repeats this process. タスク シーケンスの最後に、電源プランが保存済みの値にリセットされます。At the end of the task sequence, it resets the power plan to the stored value. この機能は Windows と Windows PE の両方で動作しますが、仮想マシンには影響しません。This functionality works in both Windows and Windows PE, but has no impact on virtual machines.

  • タスク シーケンスが Windows PE で開始された場合、タスク シーケンスでは、現在有効になっている電源プランが後で再利用できるように記録されることはありません。If the task sequence starts in Windows PE, the task sequence doesn't record the currently enabled power plan for later reuse.

  • コンピューターを再イメージ化する OS 展開タスク シーケンス (ワイプおよび読み込み) では、古い OS の電源プランの設定は保持されません。An OS deployment task sequence that reimages the computer (wipe and load) doesn't preserve the power plan setting of the old OS. タスク シーケンスの最後に、既定の [バランス] 電源プランが復元されます。At the end of the task sequence, it restores the default Balanced power plan.

重要

Configuration Manager のこの新機能を利用するには、サイトを更新した後、クライアントを最新バージョンに更新します。To take advantage of this new Configuration Manager feature, after you update the site, update clients to the latest version. また、最新のクライアント コンポーネントを含むようにブート イメージを更新します。Also update boot images to include the latest client components. サイトとコンソールを更新すると Configuration Manager コンソールに新しい機能が表示されますが、クライアントのバージョンも最新になるまでは完全なシナリオは機能しません。While new functionality appears in the Configuration Manager console when you update the site and console, the complete scenario isn't functional until the client version is also the latest.

  1. Configuration Manager コンソールで、 [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースに移動します。In the Configuration Manager console, go to the Software Library workspace. [オペレーティング システム] を展開して、 [タスク シーケンス] ノードを選択します。Expand Operating Systems, and select the Task Sequences node.

  2. 既存のタスク シーケンスを作成または選択し、 [プロパティ] を選択します。Create or choose an existing task sequence, and then select Properties.

  3. [パフォーマンス] タブに切り替えます。Switch to the Performance tab.

  4. [Run as high performance power plan](高パフォーマンスの電源プランとして実行) オプションを有効にします。Enable the option to Run as high performance power plan.

警告

パフォーマンスの低いハードウェア上では、この設定は注意して使用してください。Be cautious with this setting on low performance hardware. 大量のシステム操作を長時間にわたって実行すると、ローエンドのハードウェアに負荷がかかる可能性があります。Running intense system operations for an extended period of time can strain low-end hardware. 具体的なガイダンスについては、ハードウェアの製造元にご確認ください。Check with your hardware manufacturer for specific guidance.

バージョン 2010 以降、最新のスタンバイのデバイスでこのオプションを使用できるようになりました。Starting in version 2010, you can now use this option on devices with modern standby. また、これはその既定の電源プランがない他のデバイスもサポートしています。It also supports other devices that don't have that default power plan. このタスク シーケンス オプションを使用すると、ハイ パフォーマンス の既定値と同様の一時的な電源プランが構築されます。When you use this task sequence option, it creates a temporary power plan that's similar to the default for High Performance. タスク シーケンスが完了すると、元の電源プランに戻り、一時プランが削除されます。After the task sequence completes, it reverts to the original power plan, and deletes the temporary plan.

既知の問題Known issue

通常、タスク シーケンスのプロパティの設定を変更すると、既存のすべての展開が更新されます。Usually, when you change settings in task sequence properties, it updates all existing deployments. タスク シーケンスのプロパティでこのパフォーマンス設定を変更しても、タスク シーケンスの既存の展開には影響しません。When you change this performance setting in the task sequence properties, it doesn't affect any existing deployments of the task sequence. ハイ パフォーマンスを実現するためにこの設定を有効または無効にするには、新しいタスク シーケンスの展開を作成します。To enable or disable this setting for high performance, create a new task sequence deployment.

参照コンテンツの配布Distribute referenced content

コンテンツを参照するタスク シーケンスをクライアントで実行する前に、そのコンテンツを配布ポイントに配布します。Before clients run a task sequence that references content, distribute that content to distribution points. 任意の時に、タスク シーケンスを選択してそのコンテンツを配布し、配布用の参照パッケージの新しい一覧を作成することができます。At any time, you can select the task sequence and distribute its content to build a new list of reference packages for distribution. 更新されたコンテンツを持つタスク シーケンスに変更を加える場合、これをクライアントに対して使用可能にする前に、コンテンツを再配布します。If you make changes to the task sequence with updated content, redistribute the content before it's available to clients. タスク シーケンスで参照されるコンテンツを配布するには、次の手順に従います。Use the following procedure to distribute the content that is referenced by a task sequence.

参照コンテンツを配布ポイントに配布するプロセスProcess to distribute referenced content to distribution points

  1. Configuration Manager コンソールで、 [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースに移動し、 [オペレーティング システム] を展開して [タスク シーケンス] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Software Library workspace, expand Operating Systems, and then select the Task Sequences node.

  2. [タスク シーケンス] 一覧で、配布するタスク シーケンスを選択します。In the Task Sequence list, select the task sequence that you want to distribute.

  3. リボンの [ホーム] タブの [展開] グループで、 [コンテンツの配布] を選択します。On the Home tab of the ribbon, in the Deployment group, select Distribute Content. このアクションにより、コンテンツの配布ウィザードが起動します。This action starts the Distribute Content Wizard.

  4. [全般] ページで、配布対象のタスク シーケンスが正しく選択されていることを確認します。On the General page, verify that the correct task sequence is selected for distribution.

  5. [コンテンツ] ページで、配布するコンテンツ (タスク シーケンスによって参照されるブート イメージなど) を確認します。On the Content page, verify the content to distribute, such as the boot image referenced by the task sequence.

  6. [コンテンツの配布先] ページで、タスク シーケンスのコンテンツの配布先となるコレクション、配布ポイント、または配布ポイント グループを指定します。On the Content Destination page, specify the collections, distribution point, or distribution point group where you want to distribute the task sequence contents.

    重要

    選択したタスク シーケンスで既に特定の配布ポイントに配布されている参照コンテンツを参照する場合、その配布ポイントはウィザードの一覧には表示されません。If the task sequence that you selected references content that's already distributed to a specific distribution point, the wizard doesn't list that distribution point.

  7. ウィザードを完了します。Complete the wizard.

また、タスク シーケンスで参照されるコンテンツを事前設定できます。You can also prestage the content referenced in the task sequence. Configuration Manager により、ファイル、関連する依存関係、選択したコンテンツに関連するメタデータを含む、圧縮された事前設定コンテンツ ファイルが作成されます。Configuration Manager creates a compressed, prestaged content file that contains the files, associated dependencies, and associated metadata for the content that you select. その後、サイト サーバー、セカンダリ サイト、または配布ポイントでコンテンツを手動でインポートします。Then you manually import the content at a site server, secondary site, or distribution point. コンテンツ ファイルを事前設定する方法について詳しくは「 Prestage content」 (コンテンツの事前設定) を参照してください。For more information about how to prestage content files, see Prestage content.

デプロイDeploy

詳細については、「 Deploy a task sequence」をご覧ください。For more information, see Deploy a task sequence.

エクスポートとインポートExport and import

関連オブジェクトとともに、またはなしで、タスク シーケンスをエクスポートおよびインポートします。Export and import task sequences with or without their related objects. この参照コンテンツには、次のオブジェクトが含まれています。This referenced content includes the following objects:

  • OS イメージOS images
  • ブート イメージBoot images
  • クライアント インストール パッケージなどのパッケージPackages like the client install package
  • ドライバー パッケージDriver packages
  • 依存関係を持つアプリケーションApplications with dependencies
  • タスク シーケンスの実行 ステップで参照されるその他のタスク シーケンスOther task sequences referenced with the Run task sequence step

タスク シーケンスをエクスポートおよびインポートする際には、次の点を考慮してください。Consider the following points when you export and import task sequences:

  • Configuration Manager では、タスク シーケンス内のパスワードはエクスポートされません。Configuration Manager doesn't export passwords in the task sequence. パスワードを含むタスク シーケンスをエクスポートおよびインポートする場合は、インポートされたタスク シーケンスを編集して、任意のパスワードを再入力します。If you export and import a task sequence that contains passwords, edit the imported task sequence to reenter any passwords. パスワードを含むことがある次の手順を確認します。Review the following steps that may include a password:

  • 動的変数の設定 ステップでタスク シーケンスをエクスポートするとき、 [シークレット値] の設定で構成されている変数の値はエクスポートされません。When you export a task sequence with the Set Dynamic Variables step, Configuration Manager doesn't export values for variables that you configure with the Secret value setting. タスク シーケンスのインポート後に、これらの変数の値を再入力します。Reenter the values for these variables after you import the task sequence.

  • 複数のプライマリ サイトがある場合は、中央管理サイトにタスク シーケンスをインポートします。When you have multiple primary sites, import task sequences at the central administration site.

タスク シーケンスをエクスポートするプロセスProcess to export task sequences

  1. Configuration Manager コンソールで、 [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースに移動し、 [オペレーティング システム] を展開して [タスク シーケンス] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Software Library workspace, expand Operating Systems, and then select the Task Sequences node.

  2. [タスク シーケンス] 一覧で、エクスポートするタスク シーケンスを選択します。In the Task Sequence list, select the task sequences that you want to export. 複数のタスク シーケンスを選択すると、それらはすべて 1 つのエクスポート ファイルに保存されます。If you select more than one task sequence, they're all stored in one export file.

  3. リボンの [ホーム] タブの [タスク シーケンス] グループで、 [エクスポート] を選択します。On the Home tab of the ribbon, in the Task Sequence group, select Export. このアクションにより、タスク シーケンスのエクスポート ウィザードが起動します。This action starts the Export Task Sequence Wizard.

  4. [全般] ページで、次の設定を行います。On the General page, specify the following settings:

    • ファイル:エクスポート ファイルの場所と名前を指定します。File: Specify the location and name of the export file. ファイル名を直接入力する場合は、必ず .zip 拡張子をファイル名に含めてください。If you enter the file name directly, be sure to include the .zip extension to the file name. エクスポート ファイルを参照する場合は、自動的にファイル名の拡張子が追加されます。If you browse for the export file, the wizard automatically adds this file name extension.

    • タスク シーケンスの依存関係をエクスポートしたくない場合は、 [タスク シーケンスのすべての依存関係をエクスポート] オプションをオフにします。If you don't want to export task sequence dependencies, deselect the option to Export all task sequence dependencies. 既定では、すべての関連オブジェクトがスキャンされて、タスク シーケンスと共にエクスポートされます。By default, the wizard scans for all the related objects and exports them with the task sequence. これにはアプリケーションと子タスク シーケンスに関するあらゆる依存関係が含まれます。These dependencies include any for applications and child task sequences.

    • パッケージ ソースからエクスポート場所にコンテンツをコピーしたくない場合は、 [選択したタスク シーケンスとその依存関係をすべてエクスポート] オプションをオフにします。If you don't want to copy the content from the package source to the export location, deselect the option to Export all content for the selected task sequences and dependencies. このオプションを選択すると、タスク シーケンスのインポート ウィザードでインポート パスが新しいパッケージ ソースの場所として使用されます。If you select this option, the Import Task Sequence Wizard uses the import path as the new package source location.

    • 管理者のコメント: エクスポートするタスク シーケンスの説明を追加します。Administrator comments: Add a description of the task sequences to export.

  5. ウィザードを完了します。Complete the wizard.

次の出力ファイルが作成されます。The wizard creates the following output files:

  • コンテンツをエクスポートしない場合: .zip ファイル。If you don't export content: a .zip file.

  • コンテンツをエクスポートする場合: export _files という名前の .zip ファイル ( export は、エクスポートされるコンテンツを含む .zip ファイルの名前)。If you export content: a .zip file and a folder named export _files, where export is the name of the .zip file that contains the exported content.

タスク シーケンスをエクスポートするときにコンテンツを含める場合は、必ず .zip ファイルと export _files フォルダーをコピーしてください。そうしないと、インポートが失敗します。If you include content when you export a task sequence, make sure that you copy the .zip file and the export _files folder, or the import fails.

タスク シーケンスをインポートするプロセスProcess to import task sequences

  1. Configuration Manager コンソールで、 [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースに移動し、 [オペレーティング システム] を展開して [タスク シーケンス] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Software Library workspace, expand Operating Systems, and then select the Task Sequences node.

  2. リボンの [ホーム] タブにある [作成] グループで、 [タスク シーケンスのインポート] を選択します。On the Home tab of the ribbon, in the Create group, select Import Task Sequence. このアクションにより、タスク シーケンスのインポート ウィザードが起動します。This action starts the Import Task Sequence Wizard.

  3. リボンの [全般] ページで、エクスポートされた .zip ファイルを指定します。On the General page of the ribbon, specify the exported .zip file.

  4. [ファイル コンテンツ] ページで、インポートするオブジェクトごとに必要なアクションを選択します。On the File Content page, select the action that you require for each object that you import. このページには、Configuration Manager で検出されたインポート対象のすべてのオブジェクトが表示されます。This page shows all the objects that Configuration Manager found to import.

    • まだオブジェクトがまったくインポートされていない場合は、 [新規作成] を選択します。If the object has never been imported, select Create New.

    • 既にオブジェクトがインポートされている場合は、次のいずれかのアクションを選択します。If the object has been previously imported, select one of the following actions:

      • 重複を無視する (既定): このアクションでは、オブジェクトはインポートされません。Ignore Duplicate (default): This action doesn't import the object. 代わりに、既存のオブジェクトがタスク シーケンスにリンクされます。Instead, the wizard links the existing object to the task sequence.

      • 上書き: 既存のオブジェクトがエクスポートされたオブジェクトで上書きされます。Overwrite: This action overwrites the existing object with the imported object. アプリケーションについては、リビジョンを追加して既存のアプリケーションを更新したり、新しいアプリケーションを作成したりすることができます。For applications, you can add a revision to update the existing application or create a new application.

  5. ウィザードを完了します。Complete the wizard.

タスク シーケンスをインポートしたら、タスク シーケンスを編集して、元のタスク シーケンスに含まれていたパスワードを指定してください。After you import the task sequence, edit the task sequence to specify any passwords that were in the original task sequence. セキュリティ上の理由により、パスワードはエクスポートされません。For security reasons, passwords aren't exported.

ヒント

バージョン 2010 以降、Configuration Manager コンソールでオブジェクトをインポートする場合は、現在のフォルダーにインポートされるようになりました。Starting in version 2010, when you import an object in the Configuration Manager console, it now imports to the current folder. 以前の Configuration Manager では、インポートされたオブジェクトは常にルート ノードに配置されていました。Previously, Configuration Manager always put imported objects in the root node.

失敗時に前のページに戻るReturn to previous page on failure

タスク シーケンスを実行し、エラーが発生した場合は、タスク シーケンス ウィザードの前のページに戻ることができます。When you run a task sequence, and there's a failure, you can return to a previous page of the task sequence wizard. 前のバージョンの Configuration Manager では、エラーが発生すると、タスク シーケンスを再起動する必要がありました。In prior versions of Configuration Manager, you had to restart the task sequence when there was a failure. 次のシナリオでは [前へ] ボタンを使用します。Use the Previous button in the following scenarios:

  • Windows PE でコンピューターを起動する場合、タスク シーケンスが使用できるようになる前に、タスク シーケンス ブートス トラップ ダイアログ ボックスが表示される場合があります。When a computer starts in Windows PE, the task sequence bootstrap dialog might display before the task sequence is available. このシナリオで [次へ] を選択すると、タスク シーケンスの最終ページが表示され、使用できるタスク シーケンスがないことを示すメッセージが示されます。When you select Next in this scenario, the final page of the task sequence displays with a message that there are no task sequences available. ここで、 [前へ] を選択すると、使用できるタスク シーケンスをもう一度検索することができます。Now, you can select Previous to search again for available task sequences. タスク シーケンスが使用可能になるまで、このプロセスを繰り返すことができます。You can repeat this process until the task sequence is available.

  • タスク シーケンスを実行しても、依存するコンテンツ パッケージが配布ポイントでまだ使用できない場合、タスク シーケンスは失敗します。When you run a task sequence, but dependent content packages aren't available yet on distribution points, the task sequence fails. 存在しないコンテンツがまだ配布されていない場合は、ここで配布します。If the missing content wasn't distributed yet, distribute it now. または、コンテンツが配布ポイントで使用できるようになるまで待ちます。Or wait for the content to be available on distribution points. その後、 [前へ] を選択して、コンテンツでタスク シーケンスをもう一度検索します。Then select Previous to have the task sequence search again for the content.

コレクション変数とデバイス変数Collection and device variables

コンピューターおよびコレクションのカスタム タスク シーケンス変数を定義することができます。You can define custom task sequence variables for computers and collections. コンピューターに対して定義する変数を、コンピューターごとのタスク シーケンス変数といいます。Variables that you define for a computer are referred to as per-computer task sequence variables. コレクションについて定義される変数を、コレクションごとのタスク シーケンス変数といいます。Variables defined for a collection are referred to as per-collection task sequence variables. 詳細については、「コレクション変数とデバイス変数」を参照してください。For more information, see Collection and device variables.

追加のアクションAdditional actions

タスク シーケンスを選択する場合にその他のアクションを使用して、タスク シーケンスを管理することができます。You can manage task sequences by using additional actions when you select a task sequence.

編集Edit

詳細については、「タスク シーケンス エディターを使用する」を参照してください。For more information, see Use the task sequence editor.

[ウェイクアップ時間 (デスクトップ コンピューター)] を有効にして、デスクトップ コンピューターが、スケジュールされた更新またはソフトウェアのインストールを実行するために、スリープ状態または休止状態から復帰する時刻を指定します。Enable

タスク シーケンスを有効にしてクライアントが実行できるようにします。Enables the task sequence so that clients can run it. 有効にした後でタスク シーケンスを再展開する必要はありません。You don't need to redeploy a task sequence after it's enabled.

無効化Disable

タスク シーケンスを無効にしてコンピューターで実行できないようにします。Disables the task sequence so that it can't run on computers. 無効になっているタスク シーケンスは展開できますが、有効にするまでコンピューターでは実行されません。You can deploy a disabled task sequence, but computers don't run the task sequence until you enable it.

エクスポートExport

詳しくは、「タスク シーケンスのエクスポートおよびインポート」をご覧ください。For more information, see Export and import task sequences.

コピーCopy

選択されたタスク シーケンスのコピーを作成します。Makes a copy of the selected task sequence. このアクションは、既存のタスク シーケンスを基にして新しいタスク シーケンスを作成する場合に便利です。This action is useful to create a new task sequence that's based on an existing task sequence.

タスク シーケンスのコピーをフォルダーに作成すると、そのコピーは、タスク シーケンス ノードが最新の情報に更新されるまで表示されます。When you make a copy of a task sequence in a folder, the copy is listed in that folder until you refresh the task sequence node. 更新後、コピーはルート フォルダーに表示されます。After the refresh, the copy appears in the root folder.

最新の情報に更新Refresh

選択したタスク シーケンスの詳細を更新します。Refreshes the details for the selected task sequence.

削除Delete

選択したタスク シーケンスを削除します。Deletes the selected task sequence.

段階的な展開の作成Create Phased Deployment

詳しくは、「段階的展開の作成」をご覧ください。For more information, see Create phased deployments.

デプロイDeploy

詳細については、「 Deploy a task sequence」をご覧ください。For more information, see Deploy a task sequence.

[ドライバー パッケージ]Distribute Content

コンテンツの配布ウィザードを開始して、参照されているコンテンツを配布ポイントに送信します。Starts the Distribute Content Wizard to send the referenced content to distribution points.

事前設定コンテンツ ファイルの作成Create Prestaged Content File

タスク シーケンスのコンテンツを事前設定するために、事前設定コンテンツ ファイルの作成ウィザードを起動します。Starts the Create Prestaged Content File Wizard to prestage the task sequence content. 事前定義済みコンテンツ ファイルの作成方法については、「Prestage content」 (コンテンツの事前設定) を参照してください。For information about how to create a prestaged content file, see Prestage content.

移動Move

選択したタスク シーケンスを、その [タスク シーケンス] ノード内の別のフォルダーに移動します。Moves the selected task sequence to another folder in the Task Sequences node.

セキュリティ スコープの設定Set Security Scopes

選択したタスク シーケンスに対するセキュリティ スコープを選択します。Select the security scopes for the selected task sequence. 詳細については、「 セキュリティ スコープ」をご覧ください。For more information, see Security scopes.

プロパティProperties

詳しくは、「ソフトウェア センターのプロパティを構成する」および「タスク シーケンスの詳細設定を構成する」をご覧ください。For more information, see Configure Software Center properties and Configure advanced task sequence settings.

表示View

表示 アクションがタスク シーケンスの既定値です。The View action on task sequences is the default. このアクションにより、タスク シーケンスのステップを編集用にロックすることなく、表示することができます。This action lets you see the steps of the task sequence without locking it for editing. 詳細については、「タスク シーケンス エディターを使用する」を参照してください。For more information, see Use the task sequence editor.

関連項目See also