保持ラベルを自動的に適用してコンテンツを保持または削除するAutomatically apply a retention label to retain or delete content

セキュリティとコンプライアンスのための Microsoft 365 ライセンス ガイダンスMicrosoft 365 licensing guidance for security & compliance.

注意

このシナリオは、規制レコードについてはサポートしていません。This scenario is not supported for regulatory records.

保持ラベルの最も強力な機能の 1 つは、指定した条件に一致したコンテンツに自動的にラベルを適用することです。One of the most powerful features of retention labels is the ability to apply them automatically to content that matches specified conditions. この場合、組織内のユーザーが保持ラベルを適用する必要はありません。In this case, people in your organization don't need to apply the retention labels. Microsoft 365 が行います。Microsoft 365 does the work for them.

自動適用アイテム保持ラベルが強力な機能である理由は次のとおりです。Auto-applying retention labels are powerful because:

  • ユーザーのトレーニングは、一部の分類方法についてのみ必要。You don't need to train your users on all of your classifications.

  • ユーザーへの依存は、一部のコンテンツを正しく分類するためにのみ必要。You don't need to rely on users to classify all content correctly.

  • ユーザーはデータ ガバナンス ポリシーについて把握する必要がなくなるので、仕事に集中できる。Users no longer need to know about data governance policies - they can focus on their work.

コンテンツに機密情報、キーワード、検索可能なプロパティ、またはトレーニング可能な分類子のマッチが含まれている場合、保持ラベルをコンテンツに自動的に適用できます。You can apply retention labels to content automatically when that content contains sensitive information, keywords or searchable properties, or a match for trainable classifiers.

ヒント

Teams 会議のレコーディングを特定でするのに使用する検索可能なプロパティが最近リリースされました。Recently released, use searchable properties to identify Teams meeting recordings.

保持ラベルを自動的に適用するプロセスは、次の条件に基づいています。The processes to automatically apply a retention label based on these conditions:

自動適用ラベルの役割とタスクの図

次の手順を 2 つの管理手順に使用します。Use the following instructions for the two admin steps.

注意

自動ポリシーで、保持ラベルを自動的に適用するための条件によりサービス側でのラベル付けを使用します。Auto-policies use service-side labeling with conditions to automatically apply retention labels. 次の操作を行うときにラベル ポリシーを使用して保持ラベルを自動的に適用することもできます。You can also automatically apply a retention label with a label policy when you do the following:

  • SharePoint Syntex のドキュメント理解モデルに保持ラベルを適用するApply a retention label to a document understanding model in SharePoint Syntex
  • SharePoint と Outlook の既定の保持ラベルを適用するApply a default retention label for SharePoint and Outlook
  • Outlook ルールを使用してメールに保持ラベルを適用するApply a retention label to email by using Outlook rules

これらのシナリオについては、アイテム保持ラベルを作成してアプリに適用するを参照してください。For these scenarios, see Create and apply retention labels in apps.

はじめにBefore you begin

組織のグローバル管理者には、保持ラベルとそれらのポリシーを作成および編集できる完全な権限があります。The global admin for your organization has full permissions to create and edit retention labels and their policies. グローバル管理者としてサインインしていない場合は、「アイテム保持ポリシーと保持ラベルを作成して管理するために必要なアクセス許可」を参照してください。If you aren't signing in as a global admin, see Permissions required to create and manage retention policies and retention labels.

保持ラベルを自動適用する方法How to auto-apply a retention label

まず、保持ラベルを作成します。First, create your retention label. 次に、そのラベルを適用する自動ポリシーを作成します。Then create an auto-policy to apply that label. 保持ラベルを既に作成してある場合は、自動ポリシーの作成に進んでください。If you have already created your retention label, skip to creating an auto-policy.

ナビゲーション手順は、レコード管理を使用しているかどうかによって異なります。Navigation instructions depend on whether you're using records management or not. 両方のシナリオの手順を説明します。Instructions are provided for both scenarios.

手順 1: 保持ラベルを作成するStep 1: Create a retention label

  1. Microsoft 365 コンプライアンス センターで、次のいずれかの場所に移動します。In the Microsoft 365 compliance center, navigate to one of the following locations:

    • レコード管理を使用している場合:If you are using records management:

      • [ソリューション] > [レコード管理] > [ファイル計画] タブ > [+ラベルを作成] > [保持ラベル]Solutions > Records management > File plan tab > + Create a label > Retention label
    • レコード管理を使用していない場合:If you are not using records management:

      • [ソリューション] > [情報ガバナンス] > [ラベル] タブ > + [ラベルを作成]Solutions > Information governance > Labels tab > + Create a label

    すぐにオプションが表示されませんか?Don't immediately see your option? 最初に [すべて表示] を選択します。First select Show all.

  2. ウィザードでプロンプトに従います。Follow the prompts in the wizard. レコード管理を使用している場合:If you are using records management:

  3. ラベルを作成し、ラベルの公開、ラベルの自動適用、またはラベルの保存のオプションが表示されたら、[このラベルを特定の種類のコンテンツに自動適用する] を選択してから、[完了] を選択すると、次の手順の手順 2 に直接進む自動ラベル作成ウィザードが起動します。After you have created the label and you see the options to publish the label, auto-apply the label, or just save the label: Select Auto-apply this label to a specific type of content, and then select Done to start the Create auto-labeling wizard that takes you directly to step 2 in the following procedure.

既存のラベルを編集するには、そのラベルを選択してから [ラベルの編集] オプションを選択し、手順 2 からラベルの説明や 有効な設定を変更するための保持の編集ウィザードを開始します。To edit an existing label, select it, and then select the Edit label option to start the Edit retention wizard that lets you change the label descriptions and any eligible settings from step 2.

手順 2: 自動適用ポリシーを作成するStep 2: Create an auto-apply policy

自動適用ポリシーを作成する場合、指定した条件に基づいてコンテンツに自動的に適用する保持ラベルを選択します。When you create an auto-apply policy, you select a retention label to automatically apply to content, based on the conditions that you specify.

  1. Microsoft 365 コンプライアンス センターで、次のいずれかの場所に移動します。In the Microsoft 365 compliance center, navigate to one of the following locations:

    • レコード管理を使用している場合: 情報ガバナンス:If you are using records management: Information governance:

      • [ソリューション] > [レコード管理] > [ラベル ポリシー] タブ > [自動適用ラベル]Solutions > Records management > Label policies tab > Auto-apply a label
    • レコード管理を使用していない場合:If you are not using records management:

      • [ソリューション] > [情報ガバナンス] > [ラベル ポリシー] タブ > [自動適用ラベル]Solutions > Information governance > Label policies tab > Auto-apply a label

    すぐにオプションが表示されませんか?Don't immediately see your option? 最初に [すべて表示] を選択します。First select Show all.

  2. 自動ラベル作成ウィザードの指示に従います。Follow the prompts in the Create auto-labeling wizard.

    保持ラベルを自動的に適用する条件の構成については、このページの「自動適用の保持ラベルの条件の構成」セクションをご覧ください。For information about configuring the conditions that automatically apply the retention label, see the Configuring conditions for auto-apply retention labels section on this page.

    保持ラベルでサポートされている場所については、「保持ラベルと場所」のセクションをご覧ください。For information about the locations supported by retention labels, see the Retention labels and locations section.

既存の自動適用ポリシーを編集するには、ポリシーを選択して、アイテム保持ポリシーの編集ウィザードを起動します。このウィザードでは、手順 2 で選択した保持ラベルと有効な設定を変更できます。To edit an existing auto-apply policy, select it to start the Edit retention policy wizard that lets you change the selected retention label and any eligible settings from step 2.

自動適用ラベル ポリシーを使用してコンテンツにラベル付けをした後で、コンテンツやポリシーを変更したり、新しい自動適用ラベル ポリシーを使用したりして、適用されているラベルを自動的に削除したり変更したりすることはできません。After content is labeled by using an auto-apply label policy, the applied label can't be automatically removed or changed by changing the content or the policy, or by a new auto-apply label policy. 詳細については、「一度に 1 つの保持ラベルのみ」を参照してください。For more information, see Only one retention label at a time.

自動適用の保持ラベルの条件の構成Configuring conditions for auto-apply retention labels

コンテンツに次の内容が含まれている場合は、保持ラベルを自動的にコンテンツに適用できます。You can apply retention labels to content automatically when that content contains:

特定の種類の機密情報によるコンテンツへのラベルの自動適用Auto-apply labels to content with specific types of sensitive information

警告

現在、この構成には既知の制限があり、選択した機密情報タイプに一致する場合、ラベルのないすべてのメールに常に選択した保持ラベルが適用されます。This configuration currently has a known limitation where all unlabeled emails always have the selected retention label applied when there is a match for your chosen sensitive information types. たとえば、自動適用ポリシーを特定のユーザーに限定したり、ポリシーに Exchange 以外の場所を選択したりしても、一致する場合は常にラベルのないメールにラベルが適用されます。For example, even if you scope your auto-apply policy to specific users, or select locations other than Exchange for the policy, the label is always applied to unlabeled emails when there is a match.

機密情報用に自動適用の保持ラベル ポリシーを作成するときに、データ損失防止 (DLP) ポリシーを作成するときと同じポリシー テンプレートの一覧が表示されます。When you create auto-apply retention label policies for sensitive information, you see the same list of policy templates as when you create a data loss prevention (DLP) policy. 各テンプレートは、特定の種類の機密情報を見つけるように事前に設定されています。Each template is preconfigured to look for specific types of sensitive information. たとえば、ここに示されているテンプレートは、プライバシー カテゴリからの U.S. ITIN、SSN、パスポート番号、および U.S 個人を特定できる情報 (PII) データ テンプレート を検索します。For example, the template shown here looks for U.S. ITIN, SSN, and passport numbers from the Privacy category, and U.S Personally Identifiable Information (PII) Data template:

機密情報の種類によるポリシー テンプレート

機密情報の種類の詳細については、「機密情報の種類のエンティティ定義」を参照してください。To learn more about the sensitivity information types, see Sensitive information type entity definitions. 現在、このシナリオでは、完全なデータ一致ドキュメント フィンガープリンティングはサポートされていません。Currently, exact data matches and document fingerprinting are not supported for this scenario.

ポリシー テンプレートを選択すると、すべての種類の機密情報を追加または削除したり、インスタンス数と一致精度を変更したりできます。次に示すスクリーンショットの例では、保持ラベルは次の場合にのみ自動的に適用されます。After you select a policy template, you can add or remove any types of sensitive information, and you can change the instance count and match accuracy. In the example screenshot shown next, a retention label will be auto-applied only when:

  • 検出される機密情報の種類には、一致精度 (または信頼度) が少なくとも 75 はあります。The type of sensitive information that's detected has a match accuracy (or confidence level) of at least 75. 機密情報の種類の多くは、複数のパターンで定義されています。高い一致精度が指定されたパターンにはより多くの証拠 (キーワード、日付、アドレスなど) が見つかることが必要とされるのに対して、低い一致精度が指定されたパターンでは必要とされる証拠は少なくなります。Many sensitive information types are defined with multiple patterns, where a pattern with a higher match accuracy requires more evidence to be found (such as keywords, dates, or addresses), while a pattern with a lower match accuracy requires less evidence. 最小 一致精度が低いほど、コンテンツは条件に一致しやすくなります。The lower the min match accuracy, the easier it is for content to match the condition.

  • 3 種類の機密情報のうち、1 から 9 個のインスタンスを含むコンテンツ。The content contains between 1 and 9 instances of any of these three sensitive information types. 宛先 値を削除すると、値は 任意 に変更されます。You can delete the to value so that it changes to Any.

これらのオプションの詳細については、DLP のドキュメント「一致の難易度を上下するためにルールを調整する」にある次のガイダンスを参照してください。For more information about these options, see the following guidance from the DLP documentation Tuning rules to make them easier or harder to match.

機密情報の種類を識別するためのオプション

機密情報の種類を使用して保持ラベルの自動適用を検討する場合:To consider when using sensitive information types to auto-apply retention labels:

  • 新しいアイテムや変更されたアイテムには、自動的にラベルを付けることができます。New and modified items can be auto-labeled.

キーワードまたは検索可能なプロパティによるコンテンツへの自動適用ラベルAuto-apply labels to content with keywords or searchable properties

特定の単語、フレーズ、または検索可能なプロパティの値を含むクエリを使用して、コンテンツにラベルを自動で適用できます。AND、OR、NOT などの検索演算子を使用してクエリを絞り込むことができます。You can auto-apply labels to content by using a query that contains specific words, phrases, or values of searchable properties. You can refine your query by using search operators such as AND, OR, and NOT.

クエリ エディター

キーワード クエリ言語 (KQL) 構文の詳細については、「キーワード クエリ言語 (KQL) 構文のリファレンス」をご覧ください。For more information about the query syntax that uses Keyword Query Language (KQL), see Keyword Query Language (KQL) syntax reference.

クエリ ベースの自動適用ポリシーは、電子情報開示コンテンツの検索と同じ検索インデックスを使用してコンテンツを識別します。Query-based auto-apply policies use the same search index as eDiscovery content search to identify content. 使用できる検索可能なプロパティの詳細については、「キーワード クエリとコンテンツ検索の検索条件」を参照してください。For more information about the searchable properties that you can use, see Keyword queries and search conditions for Content Search.

キーワードまたは検索可能なプロパティを使用して保持ラベルを自動適用する際の考慮事項:Some things to consider when using keywords or searchable properties to auto-apply retention labels:

  • 新規、変更、および既存のアイテムには、SharePoint、OneDrive、および Exchange の自動ラベルが付けられます。New, modified, and existing items will be auto-labeled for SharePoint, OneDrive, and Exchange.

  • SharePoint の場合、クロールされたプロパティとカスタム プロパティは、これらの KQL クエリではサポートされていないため、事前定義された管理プロパティのみを使用する必要があります。For SharePoint, crawled properties and custom properties aren't supported for these KQL queries and you must use only predefined managed properties. ただし、既定で絞り込み条件として有効になっている管理プロパティ (RefinableDate00-19、RefinableString00-99、RefinableInt00-49、RefinableDecimals00-09、および RefinableDouble00-09) を使用して、テナント レベルでマッピングを使用できます。However, you can use mappings at the tenant level with the predefined managed properties that are enabled as refiners by default (RefinableDate00-19, RefinableString00-99, RefinableInt00-49, RefinableDecimals00-09, and RefinableDouble00-09). 詳細については、「クロールされたプロパティと管理プロパティの概要 (SharePoint Server)」を参照してください。手順については、「新しい管理プロパティの作成」を参照してください。For more information, see Overview of crawled and managed properties in SharePoint Server, and for instructions, see Create a new managed property.

  • カスタム プロパティを絞り込み条件プロパティの 1 つにマップする場合は、24 時間待ってから、保持ラベルの KQL クエリで使用してください。If you map a custom property to one of the refiner properties, wait 24 hours before you use it in your KQL query for a retention label.

  • SharePoint の管理プロパティはエイリアスを使用して名前を変更できますが、ラベルの KQL クエリにはこれらを使用しないでください。Although SharePoint managed properties can be renamed by using aliases, don't use these for KQL queries in your labels. 「RefinableString01」のように、管理プロパティの実際の名前を常に指定します。Always specify the actual name of the managed property, for example, "RefinableString01".

  • スペースまたは特殊文字を含む値を検索するには、二重引用符 (subject:"Financial Statements") で語句を囲みます。例: " "To search for values that contain spaces or special characters, use double quotation marks (" ") to contain the phrase; for example, subject:"Financial Statements".

  • Path の代わりに DocumentLink プロパティを使用して、URL に基​​づいてアイテムを照合します。Use the DocumentLink property instead of Path to match an item based on its URL.

  • 後方一致ワイルドカード検索 (*cat など) や部分文字列ワイルドカード検索 (*cat* など) はサポートされていません。Suffix wildcard searches ( such as *cat) or substring wildcard searches (such as *cat*) aren't supported. ただし、プレフィックス ワイルドカード検索 (cat* など) はサポートされています。However, prefix wildcard searches (such as cat*) are supported.

  • 部分的にインデックス付けされたアイテムは、想定するアイテムにラベルを付けない、または NOT 演算子を使用するときにラベル付けから除外されると想定するアイテムにラベルを付ける責任があることに注意してください。Be aware that partially indexed items can be responsible for not labeling items that you're expecting, or labeling items that you're expecting to be excluded from labeling when you use the NOT operator. 詳細については、「コンテンツ検索で部分的にインデックスが作成されたアイテム」を参照してください。For more information, see Partially indexed items in Content Search.

クエリの例:Examples queries:

WorkloadWorkload Example
ExchangeExchange subject:"Financial Statements"
ExchangeExchange recipients:garthf@contoso.com
SharePointSharePoint contenttype:document
SharePointSharePoint site:https://contoso.sharepoint.com/sites/teams/procurement AND contenttype:document
Exchange または SharePointExchange or SharePoint "customer information" OR "private"

より複雑な例:More complex examples:

次の SharePoint のクエリは、Word 文書または Excel スプレッドシートが、キーワード passwordpasswords、または pw を含む場合に、それらを識別します。The following query for SharePoint identifies Word documents or Excel spreadsheets when those files contain the keywords password, passwords, or pw:

(password OR passwords OR pw) AND (filetype:doc* OR filetype:xls*)

次の Exchange のクエリは、単語 nda またはフレーズ 秘密保持契約書 を含む Word 文書または PDF を、それらの文書がメールに添付されている場合に識別します。The following query for Exchange identifies any Word document or PDF that contains the word nda or the phrase non disclosure agreement when those documents are attached to an email:

(nda OR "non disclosure agreement") AND (attachmentnames:.doc* OR attachmentnames:.pdf)

次の SharePoint のクエリは、クレジット カード番号を含むドキュメントを識別します。The following query for SharePoint identifies documents that contain a credit card number:

sensitivetype:"credit card number"

次のクエリには、合法的なコンテンツを含むドキュメントまたはメールを識別するのに役立ついくつかの一般的なキーワードが含まれています。The following query contains some typical keywords to help identify documents or emails that contain legal content:

ACP OR (Attorney Client Privilege*) OR (AC Privilege)

次のクエリには、人事用のドキュメントまたはメールを識別するのに役立つ一般的なキーワードが含まれています。The following query contains typical keywords to help identify documents or emails for human resources:

(resume AND staff AND employee AND salary AND recruitment AND candidate)

この最後の例では、キーワード間に常に演算子を含めるというベスト プラクティスを使用していることに注意してください。Note that this final example uses the best practice of always including operators between keywords. キーワード (または 2 つの property:value 式) 間のスペースは、AND を使用することと同じになります。A space between keywords (or two property:value expressions) is the same as using AND. 演算子を常に追加することで、このクエリの例では、キーワードを含むコンテンツではなく、これらのキーワードをすべて含むコンテンツのみを識別することが容易になります。By always adding operators, it's easier to see that this example query will identify only content that contains all these keywords, instead of content that contains any of the keywords. キーワードのいずれかを含むコンテンツを識別する場合は、AND の代わりに OR を指定します。If your intention is to identify content that contains any of the keywords, specify OR instead of AND. この例が示すように、常に演算子を指定すると、クエリを正しく解釈するのが容易になります。As this example shows, when you always specify the operators, it's easier to correctly interpret the query.

Microsoft Teams 会議のレコーディングMicrosoft Teams meeting recordings

注意

Teams 会議のレコーディングを保持したり削除したりする機能は、レコーディングを OneDrive や SharePoint に保存する前には機能しません。The ability to retain and delete Teams meeting recordings won't work before recordings are saved to OneDrive or SharePoint. 詳細については、「OneDrive for Business と SharePoint または Stream を使用して会議の記録を行う」を参照してください。For more information, see Use OneDrive for Business and SharePoint Online or Stream for meeting recordings.

ユーザーの OneDrive アカウントまたは SharePoint に保存されている Microsoft Teams 会議のレコーディングを特定するには、キーワード クエリ エディター で次のように指定します。To identify Microsoft Teams meeting recordings that are stored in users' OneDrive accounts or in SharePoint, specify the following for the Keyword query editor:

ProgID:Media AND ProgID:Meeting

会議のレコーディングは OneDrive に保存されている場合がほとんどですが、チャネル会議の場合は SharePoint に保存されています。Most of the time, meeting recordings are saved to OneDrive. But for channel meetings, they are saved in SharePoint.

トレーニング可能な分類子を使用して、ラベルをコンテンツに自動的に適用するAuto-apply labels to content by using trainable classifiers

トレーニング可能な分類子のオプションを選択すると、組み込み分類子またはカスタム分類子のいずれかを選択できます。When you choose the option for a trainable classifier, you can select one of the built-in classifiers, or a custom classifier. 組み込み分類子には、履歴書ソース コード個人を標的にしたハラスメント冒とく、および 脅威 が含まれます。The built-in classifiers include Resumes, SourceCode, Targeted Harassment, Profanity, and Threat:

トレーニング可能な分類子の選択

注意事項

組み込みの [不快な言葉] は、誤検知の数が多いため、廃止予定です。We are deprecating the Offensive Language built-in classifier because it has been producing a high number of false positives. この組み込み分類子を使用しないでください。現在使用している場合は、ビジネス プロセスを移動する必要があります。Don't use this built-in classifier and if you are currently using it, you should move your business processes off it. 代わりに、[個人を標的にしたハラスメント]、[冒涜的表現]、および [脅威] の組み込み分類子を使用することをお勧めします。We recommend using the Targeted Harassment, Profanity, and Threat built-in classifiers instead.

このオプションを使用してラベルを自動的に適用するには、SharePoint サイトとメールボックスには少なくとも 10 MB のデータが必要です。To automatically apply a label by using this option, SharePoint sites and mailboxes must have at least 10 MB of data.

トレーニング可能な分類子の詳細については、「トレーニング可能な分類子の詳細 (プレビュー)」を参照してください。For more information about trainable classifiers, see Learn about trainable classifiers.

ヒント

Exchange でトレーニング可能な分類子を使用している場合は、「コンテンツ エクスプローラーで分類子を再トレーニングする方法 (プレビュー)」を参照してください。If you use trainable classifiers for Exchange, see How to retrain a classifier in content explorer.

トレーニング可能な分類子を使用して保持ラベルの自動適用を検討する場合:To consider when using trainable classifiers to auto-apply retention labels:

  • 新規アイテムと変更されたアイテム、および過去 6 か月の既存のアイテムにはラベルを付けることができます。New and modified items can be auto-labeled, and existing items from the last six months.

保持ラベルが有効になるまでの所要時間How long it takes for retention labels to take effect

保持ラベルを自動適用する場合、条件に一致する既存のコンテンツすべてに保持ラベルが適用されるまでに最大 7 日間かかります。When you auto-apply retention labels, it can take up to seven days for the retention labels to be applied to all existing content that matches the conditions.

自動適用ラベルが有効になるタイミングの図

予期されるラベルが 7 日経っても表示されない場合は、コンプライアンス センターの [ラベル ポリシー] ページから選択して、自動適用ポリシーの 状態 を確認します。If the expected labels don't appear after seven days, check the Status of the auto-apply policy by selecting it from the Label policies page in the compliance center. オフ (エラー) の状態が表示され、場所の詳細に、ポリシーの展開 (SharePoint の場合) またはポリシーの再展開 (OneDrive の場合) に予想よりも時間がかかっているというメッセージが表示される場合は、Set-RetentionCompliancePolicy PowerShell コマンドを実行して、ポリシーの配布を再試行してください:If you see the status of Off (Error) and in the details for the locations see a message that it's taking longer than expected to deploy the policy (for SharePoint) or to try redeploying the policy (for OneDrive), try running the Set-RetentionCompliancePolicy PowerShell command to retry the policy distribution:

  1. セキュリティ/コンプライアンス センターの PowerShell に接続するConnect to Security & Compliance Center PowerShell.

  2. 次のコマンドを実行します。Run the following command:

    Set-RetentionCompliancePolicy -Identity <policy name> -RetryDistribution
    

保持ラベルとそのポリシーの更新Updating retention labels and their policies

保持ラベルや自動適用ポリシーを編集すると、その保持ラベルが既にコンテンツに適用されている場合、新しく識別されるコンテンツに加えて、そのコンテンツにも更新された設定が自動的に適用されます。When you edit a retention label or auto-apply policy, and the retention label is already applied to content, your updated settings will automatically be applied to this content in addition to content that's newly identified.

ラベルやポリシーを作成して保存した後には変更できない設定があり、それらは以下のものを含みます。Some settings can't be changed after the label or policy is created and saved, which include:

  • 保持ラベル名とアイテム保持ポリシー名および保持期間を除く保持設定。The retention label and policy name, and the retention settings except the retention period. ただし、アイテムにラベルが付けられた時期に基づいて保持期間が設定されている場合、保持期間を変更することはできません。However, you can't change the retention period when the retention period is based on when items were labeled.
  • アイテムをレコードとしてマークするオプション。The option to mark items as a record.

保持ラベルの削除Deleting retention labels

どの保持ラベル ポリシーにも現在含まれていない保持ラベルや、イベントベースの保持用に構成されていない保持ラベルを削除したり、アイテムを規制レコードとしてマークしたりできます。You can delete retention labels that aren't currently included in any retention label policies, that aren't configured for event-based retention, or mark items as regulatory records.

削除可能な保持ラベルについては、アイテムに適用されている場合、削除に失敗し、ラベル付きアイテムを識別するためのコンテンツ エクスプローラーへのリンクが表示されます。For retention labels that you can delete, if they have been applied to items, the deletion fails and you see a link to content explorer to identify the labeled items.

ただし、コンテンツ エクスプローラーにラベルが付いているアイテムが表示されるまでに最大 2 日かかる場合があります。However, it can take up to two days for content explorer to show the items that are labeled. このシナリオでは、コンテンツ エクスプローラーへのリンクを表示せずに保持ラベルが削除されることがあります。In this scenario, the retention label might be deleted without showing you the link to content explorer.

変更を防止するためにポリシーをロックするLocking the policy to prevent changes

ポリシーをオフにしたり、ポリシーを削除したり、制限を緩和したりすることができないようにする必要がある場合は、「保管ロックを使用して、アイテム保持ポリシーと保持ラベル ポリシーへの変更を制限する」を参照してください。If you need to ensure that no one can turn off the policy, delete the policy, or make it less restrictive, see Use Preservation Lock to restrict changes to retention policies and retention label policies.

次の手順Next steps

保持ラベルを使用して、SharePoint に保存されているドキュメントのライフサイクルを管理するを参照してください。例として、SharePoint の管理プロパティで、自動適用ポリシー保持ラベルを使用し、保持期間を開始するために、イベントベースの保持を使用するというシナリオがあります。See Use retention labels to manage the lifecycle of documents stored in SharePoint for an example scenario that uses an auto-apply retention label policy with managed properties in SharePoint, and event-based retention to start the retention period.