Microsoft Identity Manager 2016 SP2 の展開

このセクションの記事では、これまでに FIM または MIM が展開されていない新規のサーバー上に、エンド ユーザー セルフ サービス シナリオのために Microsoft Identity Manager (MIM) 2016 を展開するための手順を提供します。

Note

このセクションで説明する展開トポロジは、MIM 初心者の学習のみを目的としています。 運用展開のトポロジの詳細については、容量計画ガイドを参照してください。 運用規模または運用用途の場合、MIM を展開する前にこのドキュメントを確認することをお勧めします。

Privileged Access Management のシナリオは、専用拠点のフォレスト環境が必要な点が、他の MIM シナリオとは異なる展開方法です。 アプリケーションのデプロイの詳細については、「MIM のPrivileged Access Managementを構成する」をMIM参照Privileged Access Management。

アプリケーションをデプロイするMIM、前身の FIM 2010 R2 のプロセスと似ています。 FIM のドキュメントを参照する必要がある場合は、「Forefront Identity Manager 2010 R2 Deployment Guide」(Forefront Identity Manager 2010 R2 展開ガイド) をご覧ください。

1: ドメインを準備する

MIM は Active Directory (AD) と連動するため、次の手順に従って AD ドメイン コントローラーを構成します。

次へ: ID 管理サーバーを準備する

自分のドメインを配置して構成したら、会社の ID 管理サーバーを準備します。

サポートされるプラットフォームについて詳しくは、MIM 2016 以降でサポートされるプラットフォームに関する記事をご覧ください

これには、次のセットアップが含まれます。

最後に、2016 SP2 Microsoft Identity Managerをインストールする

ドメインとサーバーをセットアップしたら、MIM コンポーネントをインストールし、AD と同期するように構成することができます。