通話品質ダッシュボード (CQD) とはWhat is Call Quality Dashboard (CQD)?

Microsoft 通話品質ダッシュボード (CQD) https://cqd.teams.microsoft.com - Microsoft Teams、Skype for Business Online、および Skype for Business Server 2019 の通話と会議の品質を組織全体で表示します。The Microsoft Call Quality Dashboard (CQD) - https://cqd.teams.microsoft.com - shows call and meeting quality, at an org-wide level, for Microsoft Teams, Skype for Business Online, and Skype for Business Server 2019.

最新バージョンの CQD では、ほぼリアルタイム (NRT)のデータ フィードが備わっています。つまり、呼び出しの終了から 30 分以内に CQD で通話レコードを利用できます。The latest version of CQD features a near-real-time (NRT) data feed, which means that call records are available in CQD within 30 minutes of the end of a call.

CQD にエンド ユーザー識別可能な情報 (EUII)データが含まれる場合は、 全体を通じて EUII と同じ方法で管理Microsoft 365。Wherever CQD includes end-user identifiable information (EUII) data, it's managed in the same way as EUII throughout Microsoft 365.

CQD は、組織全体のTeams、Skype for Business 管理者、ネットワーク エンジニアが通話と会議の品質を監視するのに役立ちます。CQD is designed to help Teams admins, Skype for Business admins, and network engineers monitor call and meeting quality at an org-wide level. CQD を使用して、ネットワークを最適化 して パフォーマンスの品質を向上させます。You'll use CQD to help you optimize your network to drive performance quality. 特定のユーザーの通話と会議の情報を調ぶ必要がある場合は、ユーザーごとの呼び出し分析と組み合わせて CQD データを使用しますWhen you need to look into call and meeting information for a specific user, use CQD data in conjunction with per-user call analytics.

たとえば、CQD を使用すると、ユーザーの低品質 (ユーザーごとの通話分析を使用して観察した) が、他の多くのユーザーにも影響を与えるネットワークの問題が原因と判断できます。For example, using CQD, you can determine that a user's poor call quality (which you observed using per-user call analytics) is due to a network issue that also affects many other users. CQD は、個々の呼び出しエクスペリエンスと、Teams または Skype for Business を使用して行われた呼び出しの全体的な品質の両方をキャプチャします。CQD captures both the individual call experience and the overall quality of calls made using Teams or Skype for Business. CQD では、全体的なパターンが明らかになる可能性があります。そのため、ネットワーク エンジニアは、通話品質に関する情報に基づいた評価を行います。With CQD, overall patterns may become apparent, so network engineers can make informed assessments of call quality. CQD は、全体的な通話品質、サーバー クライアント ストリーム、クライアント クライアント ストリーム、音声品質 SLA に関する分析情報を提供する通話品質メトリックのレポートを提供 しますCQD provides reports of call quality metrics that give you insight into overall call quality, server-client streams, client-client streams, and voice quality SLA.

通話品質ダッシュボードのスクリーンショット。

CQD では、建物とエンドポイントの情報をアップロードして、Location-Enhanced レポートを使用して、ユーザーの建物内の通話品質と信頼性を分析できます。In CQD, we encourage you to upload building and endpoint information, which lets you use Location-Enhanced Reports to analyze call quality and reliability within a user's building. データを評価して、問題が 1 人のユーザーに分離されているのか、それともより大きなユーザー セグメントに影響を及ぼすのか判断できます。The data can be assessed to determine if the problem is isolated to a single user or affects a larger segment of users. CQD で構築ビューまたはエンドポイント固有のビューを有効にするには、管理者が CQD テナント データの作成またはエンドポイント情報を [CQD テナント データ] ページにアップロードアップロードがあります。To turn on building or endpoint-specific views in CQD, an admin must upload building or endpoint information on the CQD Tenant Data Upload page.

通話品質ダッシュボードの [通話レポート] Location-Enhancedスクリーンショット。

通話と会議品質の管理に関する記事をお見逃しなく。この記事では、Teams でサービス品質の管理を担当する Teams 管理者またはサポート エンジニアに関する詳細なガイダンスを提供しています。Don't miss our Manage call and meeting quality article, which offers in-depth guidance for the Teams admin or support engineer responsible for managing service quality in Teams.

従来のバージョンの CQD (CQD.lync.com)Legacy version of CQD (CQD.lync.com)

現在のバージョンの CQD ( は https://CQD.Teams.microsoft.com) 、従来のバージョンの CQD ( に置き換えました https://CQD.lync.com) 。The current version of CQD (https://CQD.Teams.microsoft.com) has replaced the legacy version of CQD (https://CQD.lync.com). 引き続き CQD.lync.com (Skype for Business 管理センターから利用可能) を使用できますが、2020 年 7 月 1 日の現在、CQD からのデータが使用されています。Teams.microsoft.com、古い CQD (CQD.lync.com) から建物やクエリ データを表示または変更 CQD.lync.com。You can still use CQD.lync.com (available from the Skype for Business admin center), but as of July 1, 2020, it's using the data from CQD.Teams.microsoft.com and you can no longer view or modify your building or query data from the old CQD (CQD.lync.com). このデータを移行していない場合は CQD.lync.com、サポート チケットを記録します。If you haven't already migrated this data from CQD.lync.com and still need it, log a support ticket.

重要

2021 年 7 月 31 日より、従来のバージョンの CQD (CQD.lync.com) が廃止されます。As of July 31, 2021, we are retiring the legacy version of CQD (CQD.lync.com). その日付が終わり、自動的に CQD にリダイレクトされます。Teams.microsoft.com にアクセスしようとすると、CQD.lync.com、および見落とされていない建物またはクエリ データは失われます。After that date, you will be automatically redirected to CQD.Teams.microsoft.com when attempting to access CQD.lync.com, and any unmigrated building or query data will be lost.

CQD Power BI分析するには、次のコマンドを使用します。Use Power BI to analyze CQD data

2020 年 1 月の新機能: CQD Power BIテンプレートをダウンロードしますNew in January 2020: Download Power BI query templates for CQD. カスタマイズ可能Power BI、CQD データの分析とレポートに使用できるテンプレートです。Customizable Power BI templates you can use to analyze and report your CQD data.

詳細については、「Power BI を使用して CQD データを分析する」を参照してください。Read Use Power BI to analyze CQD data to learn more.

Teams の通話品質の向上と監視Improve and monitor call quality for Teams

通話品質ダッシュボード (CQD) を設定するSet up Call Quality Dashboard (CQD)

アップロードとデータの構築Upload tenant and building data

CQD データとレポートCQD data and reports

CQD を使用して通話と会議の品質を管理するUse CQD to manage call and meeting quality

CQD で使用可能なディメンションとメジャーDimensions and measures available in CQD

CQD のストリーム分類Stream Classification in CQD

CQD Power BI分析するには、次のコマンドを使用します。Use Power BI to analyze CQD data

Teams のトラブルシューティングTeams Troubleshooting