Teams ウェビナーに影響する既知の問題

Microsoft Teams、標準会議の代わりにウェビナー機能を発表しました。 ウェビナーを管理する方法については、「Web セミナーのセットアップ」を参照Microsoft Teams。 ウェビナーの使い方については、「オンライン 概要Teamsウェビナーをスケジュールする」を参照してください。 この記事では、ウェビナーを使用するときに発生する可能性がある既知の問題について説明し、解決方法と回避策を提供します。

"すべてのユーザーの場合" オプションが灰色表示または表示されません

ウェビナーを作成すると、[登録 を必要とする] メニューの [すべてのユーザー] オプションが使用できない (灰色表示) か不足しています。 これは、パラメーター値が既定で WhoCanRegister [すべてのユーザー] に設定 されている場合でも 発生します。

この問題は、会議ポリシーに変更がある場合に発生します。

この問題を解決するには、パラメーター値を WhoCanRegister  Everyone にリセット 、24 時間待機します。 パラメーターをリセットするには WhoCanRegister 、次の PowerShell コマンドレットを実行します。

Set-CsTeamsMeetingPolicy -WhoCanRegister Everyone

注: 会議の設定で "匿名参加" 機能がオフになっている場合、匿名ユーザーはウェビナーに参加できます。 この設定を有効にするには、「会議の設定を管理する」 を参照Microsoft Teams

[新しい会議] メニューにウェビナー オプションがありません

会議を作成すると、[新しい 会議] メニュー に [ウェビナー] オプションが表示 されます。

この問題は、ユーザーがライブ イベントをスケジュールするアクセス許可を持ってない場合に発生します。

注意

この問題の修正プログラムがリリースされました。 それでも問題が発生する場合は、クライアントを更新し、もう一度お試しください。

この問題を回避するには、[会議のスケジュール] オプション を選択し 、[登録を要求する] に設定 して、この 機能を有効にします。

[新しい会議] メニューに [ウェ https://admin.teams.microsoft.com/policies/broadcastsビナー] オプションを表示する場合は、[ライブ イベント] ポリシーを [スケジュールを許可する] に リセットします

注:

  • この変更を行うには、管理アクセス許可が必要です。

  • この変更により、次の スクリーンショットに 示すように、[新しい会議] メニューに [Live イベント] オプションを表示することもできます。

    [Live イベント] オプションを示すスクリーンショットがメニューに表示されます。

さらにサポートが必要な場合  [Microsoft] に移動Community