テクニカルレディネスステージを強調したアップグレードの図Upgrade journey diagram, emphasizing the Technical Readiness stage

この記事は、アップグレードが行われる技術準備段階の一部であり、ユーザーの準備段階と並行して実行されるアクティビティです。This article is part of the Technical Readiness stage of your upgrade journey, an activity you complete in parallel with the User Readiness stage. 続行する前に、以前のステージでこれらのアクティビティが完了していることを確認してください。Before proceeding, confirm that you’ve completed these activities from previous stages:

ヒント

チームでネットワークを活用する方法と、最適なネットワーク接続の最適な計画方法については、次のセッションを参照してください。 Teams ネットワーク計画Watch the following session to learn how to Teams leverages your network and how to best plan for optimal network connectivity: Teams Network Planning

Teams にアップグレードするためにネットワークを準備するPrepare your network for upgrading to Teams

オーディオ、ビデオ、または会議を展開している場合は、その機能を利用できるようにネットワークを最適化するための追加の手順を実行することができます。If you’re deploying audio, video, or meetings, you can take some additional steps to optimize your network for that functionality. Teams では、オーディオとビデオの技術 (コーデック) が使用されています。そのため、ほとんどのネットワーク条件で対応できます。Teams uses audio and video technology (codecs) that can adapt to—and therefore perform better under—most network conditions. 最適かつ一貫性のあるパフォーマンスを確保するために、Teams 用にネットワークを準備する必要があります。To ensure optimal and consistent performance, you should prepare your network for Teams.

品質の3つの構成要素について説明した図Diagram describing the three components of quality

なぜネットワークを準備する必要があるのでしょうか。Why should you prepare your network?

実行する手順を確認する前に、チームのパフォーマンスに与える影響を理解し、ユーザーのしあわせ度と満足度を高めることが重要です。Before we look at the steps to be taken, it’s important to understand what can affect the performance of Teams and thereby user happiness and satisfaction. 次の3つの主なリスク領域は、ユーザーがネットワークの品質を感じる方法に影響を与える可能性がありますThree major risk areas can affect how users perceive network quality:

  • 利用可能な帯域幅が不足していますInsufficient bandwidth available

  • ファイアウォールとプロキシブロックFirewall and proxy blockers

  • ジッタ、パケット損失などのネットワーク障害Network impairments such as jitter and packet loss

以下で説明する手順は、展開がこれらのいずれかの要因によって影響を受けるかどうかを判断するのに役立ち、解決に向けて役立ちます。The steps described below will help you determine whether your deployment might be affected by any of these factors and will help you move toward a resolution. ネットワークを準備していないと、不満のあるユーザーや、臨時の修正が発生する可能性があります。Failing to prepare your network will likely lead to dissatisfied users and costly, ad-hoc fixes. チームのネットワークと組織を準備することで、成功の可能性を大幅に高めることができます。By preparing your network—and your organization—for Teams, you can dramatically increase your chance of success.

帯域幅の計画Bandwidth planning

Microsoft Teams を使用すると、最高のオーディオ、ビデオ、およびコンテンツのエクスペリエンスをネットワークの状態に関係なく共有できます。Microsoft Teams gives you the best audio, video and content sharing experience regardless of your network conditions. 可変コーデックを使用すると、限られた帯域幅の環境で最小限の影響でメディアをネゴシエートできます。With variable codecs, media can be negotiated in limited bandwidth environments with minimal impact. しかし帯域幅が問題にならない場合は、最大 1080 p のビデオ解像度、最大 30 fps のビデオと 15 fps コンテンツの、ハイファイ オーディオなど、エクスペリエンスを品質に合わせて最適化できます。But where bandwidth is not a concern, experiences can be optimized for quality, including up to 1080p video resolution, up to 30fps for video and 15fps for content, and high-fidelity audio.

この記事では、さまざまなユースケースで、Teamsのリアルタイムオーディオ、ビデオ、およびデスクトップ共有のモダリティで帯域幅がどのように利用されるかを簡潔に説明します。This article describes a concise version of how bandwidth is utilized by Teams real time audio, video, and desktop sharing modalities in various use cases. Teams は常に帯域幅の使用率を控えめにし、1.2 Mbps 以下で HD ビデオ品質を提供できます。Teams is always conservative on bandwidth utilization and can deliver HD video quality in under 1.2Mbps. 各オーディオ/ビデオ通話または会議の実際の帯域幅の消費量は、ビデオレイアウト、ビデオ解像度、1 秒あたりのビデオ フレームなどのいくつかの要因によって異なります。The actual bandwidth consumption in each audio/video call or meeting will vary based on several factors, such as video layout, video resolution, and video frames per second. より多くの帯域幅が利用可能になると、最高のエクスペリエンスを提供するために品質と使用率を増加させるようになっています。When more bandwidth is available, quality and usage will increase to deliver the best experience.

帯域(上/下)Bandwidth(up/down) シナリオScenarios
30 kbps30 kbps ピアツーピアの音声通話Peer-to-peer audio calling
130 kbps130 kbps ピアツーピア音声通話と画面共有Peer-to-peer audio calling and screen sharing
500 kbps500 kbps ビデオ: 30 fps 360 p の呼び出しのピア ツー ピア品質Peer-to-peer quality video calling 360p at 30fps
1.2 Mbps1.2 Mbps 30 fpsでHD 720 pの解像度でのピアツーピアHD品質ビデオ通話Peer-to-peer HD quality video calling with resolution of HD 720p at 30fps
1.5 Mbps1.5 Mbps 30 fpsでHD 1080 pの解像度でのピアツーピアHD品質ビデオ通話Peer-to-peer HD quality video calling with resolution of HD 1080p at 30fps
500 kbps/1Mbps500kbps/1Mbps グループビデオ通話Group Video calling
1Mbps/2Mbps1Mbps/2Mbps HD グループビデオ通話 (1080 p の画面で 540 p のビデオ) HD Group video calling (540p videos on 1080p screen)

ローカルのインターネット エグレスLocal internet egress

多くのネットワークは、ハブおよびスポーク トポロジを使用するよう設計されたものです。Many networks were designed to use a hub and spoke topology. このトポロジでは、インターネットのトラフィックは通常、インターネットに出現 (エグレス) する前に、 WAN を横断して中央データセンターに到達します。In this topology, internet traffic typically traverses the WAN to a central datacenter before it emerges (egresses) to the internet. これは多くの場合、総コストを削減する目的で、ネットワーク セキュリティ デバイスを一元化するために行われます。Often, this is done to centralize network security devices with the goal of reducing overall cost.

WAN でのバックホーリングのトラフィックは待機時間を増大させ、品質とユーザー エクスペリエンスに悪影響をおよぼします。Back-hauling traffic across the WAN increases latency and has a negative impact on quality and the user experience. Microsoft Teams は Microsoft の大規模なグローバル ネットワーク上で実行されるため、多くの場合、ユーザーに近いネットワーク ピアリングの場所が存在します。Because Microsoft Teams runs on Microsoft’s large global network, there’s often a network peering location close to the user. ユーザーの場所に近いローカルのインターネット ポイントから出て、音声に最適化されたネットワークにできるだけ早く入ることにより、ユーザーはより良質なパフォーマンスを得る可能性が高くなります。A user will most likely get better performance by egressing out of a local internet point close to their location and on to our voice-optimized network as soon as possible. 一部の負荷については、最も近いフロントエンド サーバーにトラフィックを送信するために DNS 要求が使用されます。For some workloads, DNS requests are used to send traffic to the nearest front-end server. そのような場合、ローカル エグレス ポイントを使用するときにローカル DNS 解決と組み合わせることが重要です。In such cases, it’s important that when using a local egress point, it’s paired with local DNS resolution.

Microsoft のグローバル ネットワークへのネットワークパスを最適化すると、パフォーマンスが改善され、最終的にユーザーのための最高のエクスぺリエンスが提供されます。Optimizing the network path to Microsoft’s global network will improve performance and ultimately provide the best experience for users. 詳細については、「Getting the best connectivity and performance in Office 365」のブログ投稿をご覧ください。For more detail, see the blog post Getting the best connectivity and performance in Office 365.

Microsoft Teams 内でリアルタイムのメディアを使用して最適なエクスペリエンスを実現するには、Office 365 のネットワーク要件を満たしている必要があります。To get an optimal experience using real-time media within Microsoft Teams, you must meet the networking requirements for Office 365. 詳細については、「Skype for Business Online におけるメディアの品質とネットワーク接続性のパフォーマンス」をご覧ください。For more information, see Media Quality and Network Connectivity Performance for Skype for Business Online.

この2つのネットワークセグメント (クライアントと microsoft edge の間のクライアント) は、次の要件を満たしている必要があります。The two defining network segments (Client to Microsoft Edge and Customer Edge to Microsoft Edge) must meet the following requirements:

Value クライアントから Microsoft EdgeClient to Microsoft Edge Customer Edge から Microsoft EdgeCustomer Edge to Microsoft Edge
遅延 (一方向)Latency (one way) < 50 ミリ秒< 50 ms < 30 ミリ秒< 30 ms
待機時間 (ラウンドトリップ時間、または RTT)Latency (round-trip time, or RTT) < 100 ミリ秒< 100 ms < 60 ミリ秒< 60 ms
バースト パケット損失Burst packet loss 200秒間隔で <10%<10% during any 200-ms interval 200秒間隔で <1%<1% during any 200-ms interval
パケット損失Packet loss 15秒間隔で <1%<1% during any 15-sec interval 15秒間隔で <0.1%<0.1% during any 15-sec interval
パケット間の着信のジッターPacket inter-arrival jitter 15秒間隔で <30 ミリ秒<30 ms during any 15-sec interval 15秒間隔で <15 ミリ秒<15 ms during any 15-sec interval
パケットの並べ替えPacket reorder < 順序が適切でないパケットが 0.05%<0.05% out-of-order packets < 順序が適切でないパケットが 0.01%<0.01% out-of-order packets

両方のネットワーク セグメントをテストするために、ネットワーク評価ツールを使用することができます。To test both network segments, you can use the Network Assessment Tool. このツールは、クライアント PC に直接展開したり、お客様のネットワーク エッジに接続された PC に展開したりすることができます。This tool can be deployed on both the client PC directly and on a PC connected to the Customer Network Edge. ツールに含まれているドキュメントは限定的ですが、ツールの使用についてのより詳細なドキュメントは「Network Readiness Assessment (ネットワークの準備状況の評価)」にあります。The tool includes limited documentation, but a deeper documentation around the usage of the tool can be found here: Network Readiness Assessment. このネットワークの準備状況の評価を実行することによって、Microsoft Teams などのリアルタイム メディア アプリケーションを実行するためのネットワークの準備状況を検証することができます。By running this Network Readiness Assessment, you can validate your network’s readiness to run real-time media applications, such as Microsoft Teams.

注意

これは、Skype for Business を正常に展開することを検討しているお客様によって実行されることをお勧めしているネットワークの準備評価と同じです。This is the same Network Readiness Assessment that we recommend be run by customers who are looking to successfully deploy Skype for Business.

VPNVPN

VPN は多くの組織に対して、価値のあるサービスを提供します。VPNs provide a valuable service to many organizations. 残念ながら、通常は、リアルタイムメディアをサポートするように設計されていないか、構成されていません。Unfortunately, they’re typically not designed or configured to support real-time media. 一部の VPN は、UDP をサポートしていない可能性もあります。Some VPNs might also not support UDP. Vpn は、既に暗号化されているメディアトラフィックの上に、暗号化の追加レイヤーを導入することもあります。VPNs also introduce an extra layer of encryption on top of media traffic that’s already encrypted. さらに、VPN デバイス経由のヘアピンによるトラフィックが原因で、Teams サービスへの接続が効率的でない場合があります。In addition, connectivity to the Teams service might not be efficient due to hair-pinning traffic through a VPN device. さらに、チームが必要とする予測される負荷に対応するために、キャパシティの観点から設計されるとは限りません。Furthermore, they aren’t necessarily designed from a capacity perspective to accommodate the anticipated loads that Teams will require.

Teams トラフィックのために VPN をバイパスする代替パスを提供することをお勧めします。The recommendation is to provide an alternate path that bypasses the VPN for Teams traffic. これは、一般的に分割トンネル VPNと呼ばれます。This is commonly known as split-tunnel VPN. [トンネリングの分割とは、Office 365 のトラフィックが VPN を通過せず、直接 Office 365 に接続することを意味します。Split tunneling means that traffic for Office 365 won’t traverse the VPN but will go directly to Office 365. この変更は、品質に良い影響をおよぼしますが、二次的な利点として、VPN デバイスおよび組織のネットワークの負荷を低減します。This change will have a positive impact on quality, but also provides the secondary benefit of reducing load from the VPN devices and the organization’s network.

スプリット トンネルを実行するには、構成の詳細について、VPN ベンダーに相談してください。To implement a split-tunnel, consult with your VPN vendor for the configuration details.

Wi-FiWi-Fi

Wi-fi ネットワークは、VPN と同じように設計されていないか、リアルタイムメディアをサポートするように構成されていないことがあります。Like VPN, Wi-Fi networks aren’t necessarily designed or configured to support real-time media. チームをサポートするための Wi-fi ネットワークの計画または最適化は、高品質な展開を行うための重要な考慮事項です。Planning for, or optimizing, a Wi-Fi network to support Teams is an important consideration for a high-quality deployment.

Wi-fi ネットワークを最適化するためには、いくつかの要因があります。There are several factors that come into play for optimizing a Wi-Fi network:

  • Wi-Fi ネットワーク上でメディア トラフィックが確実に優先されるように QoS または Wi-Fi マルチメディア (WMM) を実装すること。Implementing QoS or Wi-Fi Multimedia (WMM) to ensure that media traffic is getting prioritized accordingly over the Wi-Fi networks.

  • Wi-fi バンドとアクセスポイントの配置の計画と最適化Planning and optimizing the Wi-Fi bands and access point placement. 2.4 GHz の範囲は、アクセスポイントの配置によっては適切なエクスペリエンスを提供する場合がありますが、アクセスポイントは、その範囲内で動作する他のコンシューマーデバイスによって影響を受けることがあります。The 2.4 GHz range might provide an adequate experience depending on access point placement, but access points are often affected by other consumer devices that operate in that range. 5 GHz 帯は、その密度により、リアルタイム メディアにより適していますが、十分なカバレッジを得るためにより多くのアクセスポイントを必要とします。The 5 GHz range is better suited to real-time media due to their dense range but requires more access points to get sufficient coverage. エンドポイントも、その帯をサポートしており、それらの帯を利用できるように構成されている必要があります。Endpoints also need to support that range and be configured to leverage those bands accordingly.

  • デュアルバンド Wi-fi ネットワークが展開されている場合は、バンドステアリングの実装を検討してください。If dual-band Wi-Fi networks are deployed, consider implementing band steering. _バンドステアリング_は、wi-fi ベンダーによって実装される手法で、デュアルバンドクライアントが 5 GHz の範囲を使用するようにします。Band steering is a technique implemented by Wi-Fi vendors to influence dual-band clients to use the 5 GHz range.

  • 同じチャネルのアクセスポイントが近すぎると、シグナルの重複が発生し、意図せず競合する可能性があり、その結果、ユーザーにとって悪い操作が発生する可能性があります。When access points of the same channel are too close together they can cause signal overlap and unintentionally compete, resulting in a bad experience for the user. 互いに隣接するアクセスポイントが重なっていないチャネル上にあることを確認します。Ensure that access points that are next to each other are on channels that don’t overlap.

各無線ベンダーは、その無線ソリューションを展開する場合の推奨事項をそれぞれ持っています。Each wireless vendor has its own recommendations for deploying its wireless solution. 詳細なガイダンスについては、ご利用のベンダーに相談することをお勧めします。We recommend that you consult your vendor for specific guidance.

ファイアウォールとプロキシの要件Firewall and proxy requirements

Microsoft Teams は、Microsoft オンラインサービスに接続し、そのためにインターネット接続が必要です。Microsoft Teams connects to Microsoft Online Services and needs internet connectivity for this. Teams を正しく機能させるには、クライアントからインターネットへの TCP ポート80および443、および UDP ポート 3478 ~ 3481 をクライアントからインターネットに開く必要があります。For Teams to function correctly, you must open TCP ports 80 and 443 from the clients to the internet, and UDP ports 3478 through 3481 from the clients to the internet. TCP ポートは、SharePoint Online、Exchange Online、Teams チャットサービスなどの web ベースのコンテンツに接続するために使用されます。The TCP ports are used to connect to web-based content such as SharePoint Online, Exchange Online, and the Teams Chat services. プラグインとコネクタも、これらの TCP ポートを経由して接続します。Plug-ins and connectors also connect over these TCP ports. この4つの UDP ポートは、オーディオやビデオなどのメディアに使用され、適切に流れるようにします。The four UDP ports are used for media such as audio and video, to ensure they flow correctly.

これらのポートを開くことは、信頼性の高いチーム展開のために不可欠です。Opening these ports is essential for a reliable Teams deployment. このポートのブロックはサポートされていないため、メディアの品質に影響します。Blocking these ports is unsupported and will affect media quality.

組織で、これらのポートを開く正確な IP アドレス範囲とドメインを指定する必要がある場合は、これらのポートのターゲット IP 範囲とドメインを制限することができます。If your organization requires that you specify the exact IP address ranges and domains to which these ports should be opened, you can restrict the target IP ranges and domains for these ports. 正確なポート、プロトコル、IP 範囲の一覧については、「 Office 365 の url と ip アドレスの範囲」を参照してください。For a list of exact ports, protocols, and IP ranges, see Office 365 URLs and IP address ranges. ターゲット IP アドレス範囲とドメインを制限する場合は、変更されている可能性があるため、ポートと範囲の一覧を常に最新の状態に維持する必要があります。If you choose to restrict the target IP address ranges and domains, you must ensure that you keep the list of ports and ranges up to date because they might change. 変更が発生したときに、この RSS フィードを購読して更新することができます。You can subscribe to this RSS feed to be updated when changes occur. また、 Skype For Business ネットワーク評価ツールを定期的に実行して、すべてのポートを開くかどうかをテストすることをお勧めします。It’s also a good practice to test whether all ports are opened by running the Skype for Business Network Assessment Tool on a regular basis. このツールの機能の詳細については、次のセクションをご覧ください。You can find out more about the functionality of this tool in the next section.

展開されているプロキシサーバーの場合は、すべての Teams サービスについてプロキシサーバーをバイパスすることをお勧めします。In the event of a proxy server being deployed, we recommend that you bypass the proxy server for all Teams services. プロキシを使っても機能する場合もありますが、UDP の代わりに TCP を使うようにメディアが強制されているため、音質が低下する可能性があります。Although using a proxy might work, it’s very likely that quality will be reduced due to media’s being forced to use TCP instead of UDP. プロキシサーバーとバイパスの詳細については、「 Office 365 の url と IP アドレスの範囲」を参照してください。For more information about proxy servers and bypassing, see Office 365 URLs and IP address ranges.

ネットワークに関する追加の考慮事項Additional network considerations

外部の名前解決External name resolution

Teams クライアントを実行しているすべてのクライアントコンピューターが外部 DNS クエリを解決し、Office 365 によって提供されるサービスを検出できることを確認します。Ensure that all the client computers running the Teams client can resolve external DNS queries to discover the services provided by Office 365.

NAT プールサイズNAT pool size

複数のユーザーやデバイスがネットワークアドレス変換 (NAT) またはポートアドレス変換 (PAT) を使用して Office 365 にアクセスする場合、各パブリックルーティング可能な IP アドレスの背後に隠れているデバイスがサポートされている番号を超えないようにする必要があります。When multiple users and devices access Office 365 by using Network Address Translation (NAT) or Port Address Translation (PAT), you need to ensure that the devices hidden behind each publicly routable IP address don’t exceed the supported number.

このリスクを軽減するには、ポートの枯渇を防ぐため、適切なパブリック IP アドレスが NAT プールに割り当てられていることを確認します。To mitigate this risk, ensure adequate public IP addresses are assigned to the NAT pools to prevent port exhaustion. ポート枯渇は、Office 365 サービスに接続するときに発生するエンドユーザーやデバイスの問題の原因となります。Port exhaustion will cause internal end users and devices to face issues when connecting to the Office 365 services. 詳細については、Office 365 の NAT サポートをご覧ください。For more information, see NAT support with Office 365.

侵入検知と予防のガイダンスIntrusion detection and prevention guidance

お使いの環境に、発信接続用のセキュリティレイヤーが追加された侵入検出システムまたはアタック防止システムが導入されている場合は、Office 365 Url が含まれているすべてのトラフィックをその送信先としてホワイトリストにしてください。If your environment has an intrusion detection system and/or intrusion prevention system deployed for an extra layer of security for outbound connections, ensure that any traffic that has Office 365 URLs as its destination is whitelisted.

ネットワークをテストするTest the network

計画とネットワークの準備 (帯域幅のアップグレード、ファイアウォールでのポートのオープンなど) が完了したら、ネットワークのパフォーマンスをテストする必要があります。After you’ve completed your planning and network preparation—including upgrading bandwidth and opening ports in the firewall—you should test your network’s performance. このテストの結果により、Teams の実装を成功させるために必要なネットワーク最適化または修復の詳細がわかりやすく示されます。The results of this testing will paint a clearer picture of any network optimization or remediation required for the success of your Teams implementation.

Skype For Business ネットワーク評価ツールをダウンロードして、自分のネットワークが Teams に対応しているかどうかをテストすることができます。You can download the Skype for Business Network Assessment Tool to test whether your network is ready for Teams. このツールは、2つの機能を備えています。これは、すべての正しいポートが開かれているかどうかをテストし、ネットワーク障害のテストを行うことができます。The tool offers dual functionality: it can test whether all the correct ports have been opened, and it can test for network impairments.

ツールをダウンロードしてインストールした後は、「C:\Program Files (x86) \Microsoft Skype for Business のネットワーク評価ツール」で見つけることができます。After you download and install the tool, you can find it in C:\Program Files (x86)\Microsoft Skype for Business Network Assessment Tool. このツールの使用方法に関する詳細なガイドがそのディレクトリに含まれています。A detailed guide for how to use the tool, Usage.docx, is included in that directory.

開いているポートをテストするTest for opened ports

コマンドプロンプトウィンドウを開き、 cd C:\Program files (x86) \Microsoftを入力してネットワーク評価ツールのディレクトリに移動します。 Skype For Business ネットワーク評価ツールOpen a Command prompt window and navigate to the Network Assessment Tool directory by entering cd C:\Program Files (x86)\Microsoft Skype for Business Network Assessment Tool. コマンドプロンプトで、networkassessmenttool/connectivitycheck を入力して、開いているポートのテストを開始します。At the command prompt, start the test for opened ports by entering networkassessmenttool.exe /connectivitycheck

チェックを実行した後、ツールは、"検証が完了しました" というメッセージまたはブロックされたポートに関するレポートを表示します。After running the checks, the tool will either display the message “Verifications Completed Successfully” or report on the ports that were blocked. また、Connectivity_results という名前のファイルを生成します。このファイルには、ツールからの出力が含まれ\て\おり\、% userprofile% appdata local microsoft\ skype for business ネットワーク評価ツールのディレクトリに保存されています。It also generates a file named Connectivity_results.txt, which contains the output from the tool and stores it in the %userprofile%\appdata\local\microsoft skype for business network assessment tool\ directory.

ポートが開かれ、正しく機能していることを確認するために、接続チェックを定期的に実行することをお勧めします。We recommend that you run the connectivity checks on a regular basis to ensure the ports have been opened and are functioning correctly.

ネットワーク障碍のテストTest for network impairments

ユーザーの満足度を高めるために、ネットワーク上の障害を制限する必要があります。To increase user satisfaction, you should limit any impairments on your network. 最も一般的なネットワーク障害としては、遅延 (待ち時間)、パケット損失、ジッタがあります。The most common network impairments are delay (latency), packet loss, and jitter:

  • 待ち時間: これは、IP パケットがネットワーク上のポイント A からポイント B に到達するまでにかかる時間です。Latency: This is the time it takes to get an IP packet from point A to point B on the network. このネットワーク伝播遅延は、さまざまなルーターの間の追加のオーバーヘッドを含めて、2つのポイントとライトの速度の間の物理的な距離に関連しています。This network propagation delay is essentially tied to physical distance between the two points and the speed of light, including additional overhead taken by the various routers in between. 待ち時間は、一方向またはラウンドトリップの時間として測定されます。Latency is measured as one-way or round-trip time.

  • パケット損失: これは、特定の時間帯に失われるパケットの割合として定義されることがよくあります。Packet loss: This is often defined as a percentage of packets that are lost in a given window of time. パケット損失は、オーディオの品質に直接影響を与えます。これは、音声が完全に途切れることを引き起こすバックツーバックのバースト損失に影響を及ぼすことなく、個々の損失の小さいパケットに影響します。Packet loss directly affects audio quality—from small, individual lost packets having almost no impact to back-to-back burst losses that cause audio to cut out completely.

  • パケット間の着信のジッターまたは単なるジッター: これは、連続するパケット間の遅延の平均変更です。Inter-packet arrival jitter, or simply jitter: This is the average change in delay between successive packets. Skype for Business などの最新の VoIP ソフトウェアは、多くの場合、バッファリングによって一定レベルのジッターに対応できます。Most modern VoIP software, including Skype for Business, can adapt to some levels of jitter through buffering. これは、ジッタがジッターの効果に気付くというバッファリングを超える場合に限られます。It's only when the jitter exceeds the buffering that a participant will notice the effects of jitter.

これらの障碍の最大値については、「メディアの品質とネットワーク接続性のパフォーマンス」を参照してください。The maximum values for these impairments are described in Media quality and network connectivity performance. このような障碍をテストするときは、2つの異なるセグメントを区別します。When testing for these impairments, we distinguish between two separate segments:

  • エッジセグメントとは、ルーターが存在するセグメントのことです。The edge segment is the segment in which your router lives. これは、各地域でインターネットに接続されている最も近い論理ネットワークセグメントです。This is the closest logical network segment connected to the internet at each of your locations. ほとんどの場合、これはルータの接続ポイント、または境界ネットワーク ( dmz非武装地帯スクリーンサブネットとも呼ばれます) になります。In most cases, this is the connection point of the router, or possibly a perimeter network (also known as DMZ, demilitarized zone, and screened subnet). ルーター以外のデバイスに影響を与えるトラフィックは、このセグメントとインターネットの間で行われることはありません。No further traffic that affects devices other than the router should occur between this segment and the internet.

  • クライアントセグメントは、クライアントが存在する論理ネットワークセグメントです。The client segment is the logical network segment in which your clients reside.

ネットワーク評価ツールを使用して、両方のセグメントをテストする必要があります。You should test both segments by using the Network Assessment Tool. セグメントをテストするには、ディレクトリに移動し、コマンドプロンプトでnetworkassessmenttoolと入力します。To test the segment, navigate to the directory and enter networkassessmenttool.exe at the command prompt. 結果は、.tsv という名前のファイルに書き込まれ、各セグメントの要件と比較できます。The results are written to a file named Results.tsv, and you can compare them to the requirements for each segment.

どちらのセグメントも、高品質の展開の要件を満たしている必要があることに注意してください。Note that both segments must meet the requirements for a high-quality deployment. ネットワークのパフォーマンスを適切に示すために、このツールを1時間に複数回実行することをお勧めします。We recommend that you run the tool multiple times for one hour straight to get a good indication of your network’s performance.

ネットワークの修復Network remediation

帯域幅計画、ポートテスト、またはネットワーク要件のテストの結果が、Teams を展開する前に現在のネットワークに修復が必要であることを示している場合は、次の方法で実行できます。If the results of bandwidth planning, port testing, or network requirements testing show that your current network needs remediation before you deploy Teams, you can accomplish this in several ways:

  • 帯域幅が不十分な場合は、接続をアップグレードして、Office 365 へのトラフィックが unhindered に流れるようにします。For insufficient bandwidth, upgrade connections so that traffic to Office 365 can flow unhindered.

  • ブロックされたポートの場合は、ファイアウォールルールを変更して、ポートを再テストします。For blocked ports, change firewall rules and retest the ports.

  • ネットワーク障碍の場合は、常に根本原因分析を実行します。For network impairments, always perform a root-cause analysis.

QoS (Quality of service) を使うと、トラフィックの優先順位付けと分離を行うことができます。Quality of service (QoS) can be used to battle impairments by prioritizing and separating traffic. 一部の組織では、帯域幅の問題を解決するために QoS を展開したり、トラフィックフローの量を制限したりすることを選択します。Some organizations choose to deploy QoS to overcome bandwidth issues or restrict the amount of traffic flowing. これにより品質が向上することはなく、新しい問題が発生する可能性があります。This won’t improve quality and will lead to new problems. 根本原因分析は、ネットワーク障碍が要件を超えたときに常に行われる必要があります。A root-cause analysis should always be performed when network impairments exceed requirements. QoS は解決策として使うことができます。QoS can be a solution. 詳細については、「 Microsoft Teams のサービス品質」を参照してください。For more information, see Quality of Service in Microsoft Teams.

注意

多くのネットワークは時間の経過とともに、アップグレード、拡張、その他のビジネス上の要件によって、進展します。Many networks evolve over time due to upgrades, expansion, or other business requirements. 自分のサービス管理計画の一部として、これらの領域の保守管理のための運用プロセスが確立されていることを確認します。Ensure that you have operational processes in place to maintain these areas as part of your service management planning.

An icon depicting a decision point
判断ポイントDecision point
  • すべてのネットワークセグメントと組織の場所で、適切なネットワーク評価を完了する責任は誰ですか?Who will be responsible for completing proper network assessments across all network segments and organization locations?
An icon depicting the next steps
次のステップNext steps
  • 詳細なネットワーク評価を実行して、Microsoft Teams の展開に向けたネットワークの準備ができていることを確認することができます。You can perform a detailed network assessment to help ensure your network is ready for your Microsoft Teams deployment.
  • 各ネットワークセグメントのネットワーク準備評価の結果に基づいてネットワークの修復を実行します。Perform network remediation based on the results of the network readiness assessment for every network segment.

重要なポイントKey takeaways

以下は、このガイダンスの主要なポイントです。These are the main takeaways from this guidance. しなきゃいけません:You must:

  • チームを使用するクライアントから送信された TCP ポート80および443を開きます。Open TCP ports 80 and 443 outgoing from clients that will use Teams.

  • Teams を使用するクライアントから送信された UDP ポート 3478 ~ 3481 を開きます。Open UDP ports 3478 through 3481 outgoing from clients that will use Teams.

  • チームの展開に十分な帯域幅があることを確認します。Ensure that you have sufficient bandwidth for deploying Teams.

  • ネットワーク評価ツールを実行して、エッジセグメントとクライアントセグメントの両方からのメディアの品質とネットワーク接続性のパフォーマンスについて説明されている要件を満たしていることを確認します。Run the Network Assessment Tool and ensure that you meet the requirements described in Media quality and network connectivity performance from both the edge segment and the client segment.

ビデオ : ネットワーク計画Video: Network Planning