ADO MD のオブジェクト

適用先: Access 2013、Office 2013


オブジェクト 説明

Axis

1 つ以上の次元の選択されたメンバーを含む、セルセットの位置またはフィルターの軸を表します。

カタログ

多次元データ プロバイダー (MDP) に固有の多次元スキーマ情報 (つまり、キューブおよび基になる次元、階層、レベル、およびメンバー) が含まれます。

Cell

セルセットに含まれる、座標軸の交点のデータを表します。

Cellset

多次元クエリの結果を表します。キューブまたは他のセルセットから選択されたセルのコレクションになります。

CubeDef

関連する次元のセットを含む、多次元スキーマからのキューブを表します。

Dimension

1 つ以上のメンバーの階層を含む、多次元キューブの次元の 1 つを表します。

Hierarchy

ディメンションのメンバーを集計またはロールアップできる 1 つの方法を " 表します。 " ディメンションは、1 つ以上の階層に沿って集計できます。

Level

階層内で同じランクを持つメンバーのセットが含まれます。

メンバー

キューブ内のレベルのメンバー、レベルのメンバーの子、またはセルセットの軸に沿ったメンバーの位置を表します。

Position

軸に沿った位置を定義する、異なる次元の 1 つ以上のメンバーのセットを表します。


また、Catalog オブジェクトは、標準の ADO ライブラリに含まれる ADO Connection オブジェクトに接続されます。


オブジェクト

説明

Connection

データ ソースに対して開かれている接続を表します。


ADO MD オブジェクトの多くは、対応するコレクションに格納できます。たとえば、CubeDef オブジェクトは Catalog オブジェクトの CubeDefs コレクションに格納できます。詳細については、「ADO MD コレクション」を参照してください。